神戸テクノス ステンレス補修 施行事例

神戸テクノスの施工記録

こんにちは!神戸テクノスです。

本日は3回にわたって書いてきた再生研磨×不動態皮膜再生シリーズの最後の記事です!
本日は手すりの補修について書いていきたいと思います✨


厚みのかなりあるステンレスの手すりでした!
潮風や、汚れにより変色&孔食(いわゆるサビ)による穴
が無数にあり、溶接による穴の部分の補修や研磨作業などで全面の補修をしてきました!
経年劣化や、研磨補修により不動態皮膜が欠損しているのでその再生も行いより、耐久性が維持された補修をしてます。

〜before〜
1702981164460

〜after〜
1702981440037

〜before〜
1702981167503

〜after〜
1702981440167

〜before〜
1702981168740

〜after〜
1702981440237

〜before〜
1702981169896

〜after〜
1702981440302

〜before〜
1702981171406

〜after〜
1702981440374


手すりの汚れなどのお手入れの際にペーパーを使っていたようで、その部分からサビが顕著に見られていました!
不動態皮膜とは、何μといった薄い層ですので研磨を行うことでその部分の不動態皮膜は一時的に無くなってしまいます。
不動態皮膜は、実は自然再生するとも言われていますがステンレスに含まれているクロムという物質に、汚れやサビが無い状態といわれています。
研磨作業では、粉塵がステンレスの微細な凸凹に入り込んでしまうので、事実上不動態皮膜の再生は困難な状態にあると言えます。

弊社では、不動態皮膜の再生を行う際には製薬に使われるタンクの内部を処理する時と同じ作業をしておりますので、ステンレスの微細な凹凸に入った粉塵や汚れ、サビなどは極限まで少ない状態で不動態皮膜再生処理を行いますので、より耐久性に優れていると思います。


ステンレスに関する疑問や悩み事がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ🙇‍♀️

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
電話でのお問い合わせは こちら


LINEでのお問い合わせはこちらから


こんにちは!神戸テクノスです✨


前回の投稿に引き続きになります!
本日は天井部分の再生研磨についての記事です😊

IMG_20231231_210051_495



実際、沿岸部にあるステンレスは錆びやすいということは認知しておりましたが、実際ここまでとは思っていなく第一印象強烈でした😅
「マシにはなると思いますが...どれだけ取れるかは...」と言った歯切れの悪いお話を依頼主様とお話するくらいステンレスの状態が悪かったです。
それに加えて、ステンレス自体が目のない2B材を使用しており、研磨をするとテクスチャーが変わってしまい試行錯誤しながら補修をすることに決めました🤔


〜before〜
20231208_085355
〜after〜
20231209_151313

柱の上部と、天井部分の補修です。
2B材のテクスチャーを再現することは困難で、ましてや面積の大きさがかなりあったので、研磨をすることなく補修していく方向性に決めました✨

研磨は無しとは言っても、メンテナンスのしにくい天井ですので、今後のことを考えて弊社のできる最大限の耐食性を維持しつつ美観も損なわないよう施行しました。

〜Before〜
20231208_085401

〜after〜
20231209_151338

2B材の独特な輝き方とテクスチャーはやっぱり補修しにくいです...



〜before〜
1702981070917
〜after〜
1702981567836
〜before〜
1702981075862
〜after〜
1702981567904


今回はエントランス部分で、正面、左右どこからの角度でも天井が見えましたので、どの角度から見ても統一感のある天井に仕上がる様施工してます😃



2B材自体、小さい面積であれば補修することは可能ですが今回の様な大きい面積、且つ耐食性やメンテナンス性、美観を求められるケースは経験が少なかったので今回は良い勉強になりました。


弊社の、ステンレスの補修は傷や凹みの補修はもちろんですが、ステンレス自体の性能(耐食性)まで再生するところまで追求しております。

ステンレスの補修でお困り事がありましたらお気軽にご相談ください!
可能な限り最善の提案が出来ると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電話でのお問い合わせは こちら

LINEでのお問い合わせはこちらから⬇








こんにちは!神戸テクノスです。
本日はとある漁港にある柱、天井、手すりの錆び、汚れを再生して欲しいとの依頼で施工してきました。

IMG_20231231_210255_961


柱、天井、手すりそれぞれで記事を書いていこうと思います。



施工事例を元に何故錆るのか、どのように治って行くのかについてお話して行きたいと思います✨ 


早速ですが、ステンレス(stainlessstill)←日本語訳で、錆びにくい鋼といった名前が付くほど耐食性に優れたステンレスが錆る原因については、
  ①酸化皮膜といった錆ない皮膜が欠損している
  ②錆る環境要因がある
  ③ステンレス自体が錆びやすい種類
といった原因があります。

①の酸化皮膜とは、ステンレスの表層の何μかの薄い膜があります。
この膜は、ステンレスに含まれるクロムから生成され、不動態皮膜とも呼ばれます。不動態皮膜があると、その膜の上では化学反応が"起きない"とされており、化学反応が起きないので、錆ることはないとされています。

②は今回のケースで言うと、沿岸部にあり塩水によって錆び易い環境にあると言えますね😊
身の回りで言うと、キッチンなどではたわし等からの貰いサビなどがあてはまります

③ ステンレスと一括りにされていますが、実はステンレスには種類があります。一般的に建材で使用されているステンレスは、鉄分の多いsus430 と鉄分の少ないsus304があります。
鉄分の含有量が多いステンレスはさびやすくなっています。



前置きは置いといて、早速補修過程をご覧いただきたいとおもいます。


沿岸部でしたので、塩分の付着や経年劣化による不動態皮膜の欠落や傷によってかなり錆や汚れが目立っています。

〜Before〜
IMG_20231116_173542_166

全体でbefore/afterより、施工前後で比較するとわかりやすいので、あえて境目をつけて施工してみました✨

〜After〜
IMG_20231116_173542_193

施工前後でステンレスの、輝き方が違いますよね!?
汚れの除去は当然ですが、弊社では不動態皮膜の再生も図っているので、より錆びにくいステンレスへと再生しています!
 
不動態皮膜の再生は目では分からないのですが、先ほど説明した、錆びやすいsus430をsus304と同等程度まで耐食性をupすることが出来ます!


                                       ↓柱の上部↓

〜Before〜
IMG_20231231_210051_564

〜After〜
IMG_20231231_210051_651


なかなかお掃除が出来ない箇所で、劣化や汚れが凄まじかったですが、見栄えのいいエントランスに補修してきました😊

暗く見えてたエントランスも少し明るくなったような気がします!



これほどの大規模な不動態皮膜の再生、再生研磨はなかなか行う機会がなかったので、いい経験になりました。

手すり、天井の補修記録もまた随時載せる予定ですので、是非✨

ステンレスのお困り事でしたら、交換ではなく補修の選択肢をご提案できると思いますので、是非神戸テクノスまでお気軽にご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電話でのお問い合わせは こちら

LINEでのお問い合わせはこちらから↓

沓摺へこみ

Screenshot_20230911_201322_Gallery

20230911_105810

20230324_123924


20230324_135839




d107da3d

34f3e697


20230221_081645


20230221_101201


手摺

c2593eaa

6cc99c62

IMG_20230807_215401_125

IMG_20230807_215401_164

はしご
20230724_082012

20230724_094229