M男ドリーと愉快な仲間達

M性感デリバリー「神戸M・ing」店長ドリーの業務奮闘記。愉快な仲間達とのネタ話満載!

top







その1(2014/5/22更新)

その2(2014/5/26更新)

その3(2014/5/27更新)

その4(2014/6/1更新)

その5(2014/6/3更新)

その6(2014/7/4更新)

その7(2014/9/3更新)

ドリーが趣味で別名義で描いてるWEB漫画
(ドリーのサラリーマン時代とM・ing開業迄のエッセイ漫画です)
本当にあった後藤健二の話(随時更新)



M・ing求人情報

M・ingでは働きたい女の子・ドライバーを募集しています!
(女の子は夜勤務の女の子が特に足りておりません!
また、ドライバーも週2〜3日は出られる方を募集中!
本業をもっており、別に副業で働いてみたいという方も歓迎です)

求人用サイト

求人お問い合わせメール doryming@ezweb.ne.jp

電話 078-331-1072

こんにちは、神戸M・ingの店長の後藤健二(ドリー)です。

今回はM性感について更にまた詳しく説明していきましょう。
「M性感愛好家のお客様はマナーが良い!」ということについて。

一般的に見ても、風俗利用客のマナーは価格に比例します。
つまり金持ち喧嘩せず。
あくまで一般論ですから勿論例外はありますが・・・。
例えば高級レストランで食事をするにはドレスコードが必要だったりしますよね?
勿論高級レストランですから貧乏人が気軽に食べに行く事はできません。
価格それ自体がお金持ちの方をターゲットにしている。
更にドレスコードを設けることで、利用客に身だしなみ=マナーの良さを求める。
そういうものと同じ事が、風俗店にも言える訳です。
お店で一番高いコースを選んだり、高価格帯のお店を利用するお客様というのは、一般的にマナーがとても良いのです。
さてM性感はというと「ソフトサービスの割に価格が高い」傾向があります。
ですから一般的に見てもマナーは良い方です。
逆に、価格の安い激安店というのは酷いマナーの客が来てしまったりします。
お金が無いと人間余裕が無いというか、がっついてしまう人が多いようですね。

でもマナーが良いのは価格だけが理由という訳ではありません。
M性感は「男性が受身になって女性からの責めを楽しむ」サービス。
一方、ヘルスやソープは「女性が受身になるので男性が責めを楽しむ」サービス。
自分が気持ちよくなりたいのがM男性で、相手を気持ちよくしてあげたいのがS男性。
やはり「受け身が好き」なだけあって、基本的にM男性の方が大人しくてマナーが良い方は多いかと思います。
MであれSであれ、紳士的な方はいらっしゃいますし、逆にマナーの悪い方もいます。M男性でもいわゆる「エゴマゾ」となってあれこれ要求する方もいらっしゃいますし。
それに男性はMであることを恥ずかしがって認めたがらない人が多いように感じますので、かっこつけて「俺はSだよ」と言っているだけの方もいらっしゃいますね。
MとSの見分けは難しいですが、少なくともMを自認して素直にM性感を受けに来られる方はマナーはよろしいかと思います。
ヘルスの店に来られたとしても、「M男性は楽」という声は聞きます。それに対し、S男性はいわずがもな、がっつかれる方が多くて大変であると。
やはり総じて、M男性の方がマナーは良いでしょう。

また当店独自の特色として、「同意書」というシステムがあります。
これはプレイ開始前にお客様に「マナーを守って遊びます」という事を誓約して頂く書類です。
上で例に挙げたドレスコードのようなものですね。
よって当店は、本当にマナーの良いお客様だけが来るお店という訳です。

今回はここまで。
当店では随時求人募集中です。
面接のご希望いつでもお電話下さい。
神戸風俗求人についての疑問点もお答えします!
問い合わせだけならメールでも受け付けていますのでお気軽に!

問い合わせ先
【HP】http://www.m-ing.jp
【TEL】078-331−1072
【MAIL】doryming@ezweb.ne.jp
【LINE】@ dxe3328b

こんにちは、神戸M・ingの店長の後藤健二(ドリー)です。

今回はガールズヘブンのブログネタで日記を書きます。
「疲れたとき、どうやってリフレッシュしていますか?」とのことですね。

これは色々とありますが、一番は「サウナ」です。
そう、あのあっつい蒸し風呂ですね。
当店のすぐ近くには有名な神戸サウナがあります。
あちらのサウナはメインサウナが気温が100度以上あり、ダイナミックロウリュという熱風を浴びせてくる時には116度ほどにも跳ね上がるのです。
全国屈指の暑さを誇るのでサウニストにはとても有名スポットなんですね。
この暑さにどれだけ長く耐えられるかを競うサウナバトルも常時開かれており、男の意地と意地がぶつかり合うホットスポットでもあります。

なぜサウナが疲れた時のリフレッシュになるかと言えば、私は常時エアコンが効いた事務所でパソコンとにらめっこしてるので、とっても肩が凝りますし、目も疲れます。腰も痛くなります。だからサウナで盛大に汗を掻くことで新陳代謝が活発化して血の巡りが良くなり、疲れを癒やせるのですね。その後の水風呂も実に爽快な気分となります。
サウナと水風呂の往復を最低3セット繰り返せば、その夜は非常に寝つきも良いです。
安眠こそ一番のリフレッシュですしね。
あと、サウナに良く通っているとお肌がつやつやになります。
若返った感じになりますよ♪

女性にはサウナはちょっと刺激が強すぎるという話も聞きますので、女性人気の高い岩盤浴なんかもおすすめです。岩盤浴でしたらサウナほど暑さがきついわけではないですから。
参考になりましたら幸いです。

問い合わせ先
【HP】http://www.m-ing.jp
【TEL】078-331−1072
【MAIL】doryming@ezweb.ne.jp
【LINE】@ dxe3328b

こんにちは、神戸M・ingの店長の後藤健二(ドリー)です。

今回は「風俗嬢のお給料」について書きたいと思います。

風俗といっても色んな種類があるというのは、これまでの書いた通りですね。
値段相応という言葉がありますが、〇番があったりサービス内容が過激であればあるほど価格も高くなるというのが普通です。
そして、お客様の支払いが高ければ高いほど、そのお金の中から女性の報酬も支払われるのですから、お給料も多く貰えるはずですね。
まぁ、大変な仕事ほどお給料が多いというのは普通の仕事でも同じですし、至極当たり前の話です。

風俗についてまったく詳しくない方からすると、風俗といえば=〇番がある、体を売る仕事というイメージが圧倒的です。
でも少し調べれば分かる事ですよね。
日本の風俗は世界で最も「非〇番サービス」が発達しています。
その非〇番サービスの中でも、M性感は更に「ソフトサービス」の部類になります。
3ない(脱がない・舐めない・触らせない)が可能な風俗は、エステ、オナニークラブ、M性感ぐらいです。
そしてその3ないが可能な業種の中で、M性感は最もお給料が良い業種なのです。

これは、M性感は「ソフトサービスなのにお客様支払い額がそれなりに高額」だからなんですね。
M性感は基本的にハンドサービスがメインで大変ソフトなのですが、大変マニア向けでもあるので、希少性が高いサービスとなり、高額にすることが可能なのです。
よって、M性感よりハードできつい仕事内容のヘルスでも60分7000〜8000円というのが相場なのに、M性感である当店でも50分で8000円という高額バックが可能となっているのです。

まとめると、
・風俗嬢のお給料というのはハードなほどお給料が高い。〇番があるソープが一番稼げる。
・お給料が高いかどうかは、お客様支払いのサービス料金表を見れば一目瞭然。
・「3ない」のソフトサービスの業種の中ではM性感が最もお給料が高くてヘルス並みである。


今回はここまで。
当店では随時求人募集中です。
面接のご希望いつでもお電話下さい。
求人情報の様々な疑問点についてもお答えしています。
問い合わせだけならメールやラインでも受け付けていますのでお気軽に!


問い合わせ先
【HP】http://www.m-ing.jp
【TEL】078-331−1072
【MAIL】doryming@ezweb.ne.jp
【LINE】@dxe3328b

こんにちは、神戸M・ingの店長の後藤健二(ドリー)です。

先日、「業種について4」という記事でM性感について語りましたが、まだまだ語り足らないところがあるので、もう少し書いていきたいと思います。
「M性感はマイナーな業種だからこそ安定している」ということについてです。
例えるなら・・・大手チェーン店の牛丼屋と、個人経営のスナックの違い!?


◆M性感はマイナーな業種
M性感って?
一般的に言って、まずそこからでしょう。
普通に生活していればまず馴染みがないサービスですから。
M性感とは「女性がS、男性客がMとなり、男性客は完全受身となって女性からの痴女責めを楽しんでもらうサービス」です。
SMに近いですが、SMよりソフトですから女王様になるよりは簡単で、少し勉強すれば誰でもできるサービスです。
いわゆる3ない(脱がない・舐めない・触られない)サービスであり、女性は性感染症となるリスクがありません。
その為、体を大事にしたい女性にはうってつけのサービスでもあります。
男性客も性感染症を恐れてM性感を利用する方は多くいらっしゃいます。
ただ、ヘルスやソープといったメジャーな風俗産業に比べると、いまいちマイナー。
M性感というサービス自体はもう30年ぐらい前からあります。
当店は神戸で初のM性感専門店として誕生して13年になりますが、現在でも同種のお店は神戸に殆どありません。
日本全国で見てもヘルスやソープが何百・何千とあるのに対し、M性感店というのは東京や大阪にはそれなりにありますが、それ以外だと一つの都道府県ごとに1つ2つあるかないかという状況です。
やはりマイナーですね^^;
なぜマイナーな業種にとどまっているかと言えば、世の中の男性って自分がMであることを認めたがらないところが一番の理由かと思います。
興味はあるんだけど、ええかっこしいなんですね。
女性にぶたれたり虐められたりされるのが気持ちいいって認めるのはプライドが許さないのです。そんなくだらないプライドは捨てた方が幸せになれるのですが。
でも、マイナーだからまずいって事はないんです。
その理由について、色々と説明していきたいと思います。


◆大きな市場の難しさ
ヘルスやソープの方が遥かに大きな市場で店の数も多いですが、その分格差が激しく、儲かるお店は良いけど儲からないお店は悲惨です。
風俗店って新規オープンしても1年以内に廃業する率が7〜8割ぐらいあるんです。
ラーメン屋などの飲食店より遥かに高い廃業率です。
潰れている風俗店は殆ど小さな個人開業のデリヘルですね。
昔ならともかく、今は風俗店の新規開業は非常に厳しくなりました。
しばらく赤字覚悟で臨める体力(大きな資本金)がないとすぐに潰れてしまいます。
だってヘルス店のお客様って「同じサービスはどこでも受けられる」訳ですから、別に特定の店に何度も通う必要が無いんですね。
そして一般的に言って、ライトな風俗ユーザーは、宣伝が派手で、価格も安くて、美人で顔出ししている女性がたくさんいるようなヘルスやソープ店に目がいってしまいます。
つまり宣伝の派手な大手ヘルス店は、全国どこにでもある牛丼チェーン店のようなもの。
どこにいっても同じ味(サービス・価格)だから安心して入れます。
小さな零細店なんて怪しんでしまって中々目がいきません。
「風俗経営は儲かる!」と勇んで個人経営のデリヘルをオープンさせる経営者は多いのですが、廃業率が7〜8割というのはこのためです。


◆M性感は小さな市場だが、だからこそ安定している
一方、M性感店は、マニアックなサービスのために小さな市場ですが、お店も少ない為、ユーザーとしては選択肢が限られており、大きく儲かることは難しいものの全然儲からないこともない。
それだけ隙間産業的で、M性感はマニア向けなサービス。
ただ、だからこそ安定しています。
マニアな風俗ユーザーは、少ししか宣伝していないようなお店でも目敏く見つけてくれます。
そしてM性感店は貴重ですから、見た目(サービス・価格・女の子)が少々怪しくても来てくれます。
気に入れば何度でも通ってくれるでしょう。何せ他にありませんから。
ヘルスのお客様がどんな良い店でも2〜3回ぐらいしか通ってくれないのに、M性感だと何十回、何百回と通ってくれるというケースが良く見受けられます。
街角の繁華街にある小さなスナック、20世紀の昭和の遺物と言われている業種ですが、この21世紀の平成でも案外しぶとく残っている理由と同じわけです。


と、長くなってきましたので、今回はここまでにしましょう。
M性感についてはまだまだ語り足らないところがあります。
もう少し語っていきたいところですね。


問い合わせ先
【HP】http://www.m-ing.jp
【TEL】078-331−1072
【MAIL】doryming@ezweb.ne.jp
【LINE】@ dxe3328b







このページのトップヘ