現在、多くの方にエントリーをいただいており、大変感謝しております。
この度、先日のリハーサルで検討した結果、勝ち抜け人数の変更を行う事としました。
後日、各ラウンドのルールの記事でも変更します。

以下、変更となる部分のみを記載します。
①予選・筆記クイズ(シード選手の変更)
・シード選手を8人→10人に変更。(前回大会同様)

②1回戦・空席待ち早押しクイズ(解答席の増加の変更)
・スターティンググリッドを11位~20位の10人に変更
・15人が勝ち抜けたら12席、20人が勝ち抜けたら14席、25人が勝ち抜けたら16席とする。

③1.5回戦・下克上ステップラダークイズ(勝ち抜け人数の変更)
・最大で8セット実施
・各セット2名勝ち抜け→各セット2名または3名勝ち抜け
残留セットが最多である参加者が最終セットにリザーバーで進出→2セット以上残留した参加者全員が、残留セットの多さ→予選上位の順にリザーバーで進出
・2回戦進出人数を2人→5人に増加

④2回戦・7○3×クイズ(組数の増加)
・5人×8組→5人×9組に変更

⑤3回戦・コース別クイズ(参加人数、勝ち抜け人数の変更)
・各コース8人から3人勝ち抜け → 各コース9人から3人勝ち抜け

準々決勝以降は変更ありません。
大きくは、2回戦・7○3×クイズへの進出枠の増加だと思います。
シード選手を10人としたことにより、1回戦で解答席に着くチャンスも増えます。
また、1.5回戦のステップラダー増枠しましたので、より多くの方にチャンスが巡ってくるかと思います。ぜひ最後まで諦めずに頑張ってください。
※7/6追記:赤字の部分を追記、また、これまでの変更点を、ルールに反映させました。