あけましておめでとうございます。福岡店城ノ上です。

年末に福岡店の大掃除でお仏具のお磨きをしました。

DSCN1043DSCN1046
 日頃の感謝を込めてお磨き


DSCN1039DSCN1048
 【お磨き前】                           【お磨き後】
今回はアルボンとアモアを使いました。  
本来の真鍮色の輝きが戻りました。お磨きしたお仏具をみながらの休憩中のコーヒーは格別です。

DSCN1055[1]
左からアルボン、アモア、テガール、ピカールです。

【私が使ってみて感じた特徴】
アルボン
 →研磨剤が粗目なので汚れがよく取れます。磨き粉が彫りに少し残りやすいので気をつけてください。

アモア
 →研磨剤が細かく磨き後の輝きのもちがいいです。磨き粉が固型で延びにくいのでお磨きに時間がかかります。

テガール
 →テガールを水に薄めて使います。その液に浸ける事により汚れを取るのでとても使いやすいです。ただし洗い後の水すすぎは入念に!研磨剤で汚れを取るわけではないので輝きのもちがあまりよくないです。

ピカール
 →半液体状のもので磨きやすく、磨き粉が彫りに残りづらく使いやすいです。

ご自分に合った磨き剤をお選びくださいませ(^_^)