2011年08月03日

スキートのセット

色々な方が色々なセットの方法を語られていますが、
今日はスキートセットについて記述します。

ISSFレフリー用の2011年ルールによると・・・
スキートセットは
・クレーの飛ぶバランスをチェック。(曲がりを最小限にする)
・プールハウスからリングの上半分を通る様にクレーの距離を66m±1mにセット。
・マークハウスからリングの下半分を通る様にセットし、リングとリング右15cmの間でプール側からのクレーと交差。
・プール側の距離が計れない場合はマーク側の距離を測定し、それに準じてプールのクレーの調整をする。

となっていました。
マーク側の距離は計らなくても良いという事ですね
そしてリングを通れば(真ん中)良いのだと思っていましたが、
上半分とか下半分とか、記述されていました

一応国際的ルールではこの様になっているようです…
マークの飛びが低いイメージが有ったのは、
こー云ったルールが存在したからなのかもしれません。

昨日はこのルール通りにセットして数名に撃ってもらいましたが
何にも言われなかったので
基本このセットで古峰ヶ原はセットして行こうかと思います。



kobugahara at 22:24│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔