《ゆ》
アメリカに来て超困っているのがビジネス上、あまりに略語(Acronym)が多いこと。たとえば

● COB 
「コブ(M也)」の別称ではない。

Close of business の略

Please send me your comments by COB next Monday.

次の月曜日の業務終了時間までにコメントを送ってください。

 

● EOM

タイトルだけで、本文なしでメールを送るときに 「title (EOM)」と書いてあったりする。意味はEnd of messageでこれでメッセージ終わりです、つまり本文なし、ということになる。

「Please call me back ASAP (EOM)」
できるだけ早く電話ください(本文なし)

 

流行り言葉にも略語が使われていたりする。 

● Yolo

You only live once(人生は一度きり)の頭文字で流行り言葉と思われる。

一度きりの人生だから、おもいっきり生きよう!ってことですね。

“I am too tired. I want to stay at home this weekend…”
(超疲れてる。今週末は家にいたいな)

“Yolo ! Come on !! Let’s go climbing !” 
(人生は一度きりだよ!ほら!クライミング行こうよ!)
なお隣人のドイツ人に聞いたところ、ドイツでも使われているそうです。

  
アメリカ人同士でも会社や部署、年代が違うと同じAcronym の表記でも違う意味だったりするので。
「What does XXX stand for ?」XXXってどういう意味?と聞くことが多々ある。
日本人的には「だったら略さないほうがよくない?」と思うのだが、Acronymを使わないと、やたらスペースを食うのでプレゼンテーション資料などが作りにくい。そう考えると、漢字って小さなスペースでたくさん意味が持てるから便利だな、と思う。


~ナチュラル英会話(日常編)~
全然クライミング会話じゃないけど、日本で習ったことない便利な日常表現

● What are you up to tomorrow (today) ?

明日(今日)何してんの?

超便利。明日クライミング行くんだったら混ぜてほしいなーとか、明日暇してんだったら遊んでほしいなーと思うときに、とりあえず明日どうしてるの?と聞いておけばいいやつ。

 

● We may want to ~

~したほうがいいかもー的な表現で、職場でわりと使われてます。ちなみに「You had better~」 なんて聞いたことありません。You may want to と相手を主語にすると少し角がたつけど、We may want to (私たちのプロジェクトとしてこうしたほうがいいかもー)的な感じだと、やんわり提案できます。


IMG_1871
写真はキューバの道端で休んでた水牛?トランプがキューバとの国交を元の木阿弥に戻そうとしててビビる今日この頃。行っておいてよかった。


いつもの様に、「今日の料理」なるものを写真に撮って結花に送ったところ、直ぐに電話が掛かってきた。 「何でミートソースに、スモークサーモン入れたの?!」と。どうやらおかしな組み合わせで料理らしきものを作ってしまったらしい事は直ぐにわかったのだが、スモークサーモンなどという高級食材にはあまり馴染みが無かったためか、何がイケないのかまではよくわからなかった。           
           
Y花と私の普段の会話では、料理に関しては比較的素直にY花様の意見を聞き入れているのだが、今回は「なんで駄目なの?」とか聞いてる内に、「じゃあFacebookに投稿して、みんなの意見の聞いてみよう」という事になった。と言うわけで、第三者委員会とほぼ同等の立ち位置を持つと思われるFacebookに投稿し、みんなの意見を待つことにした。           


IMG_0982
IMG_0978


       
           

ありがたい事に、この投稿に対して10人から書き込みがあり、それ意外にも直接結花に届いたメールが数件。 幾つかピックアップしてみると・・・          
           
【意見1】           
スモークサーモンは非加熱で香りを楽しむ食材なのに、ミートソースのように温まったソースの上に載せた時点で、その食材が台無しになってしまう。スモークサーモン殺害事件と言ってもよい。
有罪。           
           
【意見2】           
ミートソースにスモークサーモンは無しです。           
           
【意見3】           
人生は冒険です。
(シンプルなコメント。料理も冒険、いいではないか。というありがたきお言葉)


【意見4】           
スモークサーモンは食材として高いのに、そんな高い食材を入れたのに美味くなるどころか、まずくなっている。           
なので入れる意味がない。安くて美味く仕上がっていれば認める要素があるが、それがない。
スモークサーモンの方を、サラダの上に載せるのであればOK。           
           
【意見5】           
ベーコンと魚介類、アンチョビと肉類、しゃぶしゃぶに昆布だしとかあるので、食べる人が美味しいと感じるならオッケーなのでは?           
           
                  
          
           
料理に関する意見は、各人の育った環境における主観で述べられるので、どれが正解かと言うのは難しい。勝手に総括させてもらうと、「ミートソースにスモークサーモン」は、「ご飯にいちごジャム」や「ほっけにケチャップ」ほどおかしくは無いが、カリフォルニアロールを始めとした「アメリカの寿司」ぐらいの違和感はあるようだ。そもそも「カリフォルニアロールに達していない」という説もあが、まあここは例えなので、お許しあれ。
           
極論を言えば、自分1人で食べる分には自分が良いと思えばいいのかも知れないが、実はミートソースに載せたスモークサーモンはまずかった。しょっぱいし…。せっかく5番の人がフォローしてくれたのだが、私の自滅によりその意見は早くも破綻してしまったのであった。           しかも仮に自分では美味いと感じたとして、そもそもこの料理は誰のために作っているのか、という課題が残る。実は、今でこそ自分で食べるために作っているのだが、Y花が帰国したら自分が作った物を日々食べて貰いたいと思いながら研鑽を積んでおり、そのためのKobu'sキッチンだったりする。Kobu'sキッチンは、その来るべき時に備えた研究機関であるにも関わらず、誰かに食べて貰うという視点が欠落していため、いつの間にか独りよがりな創作料理を生み出してしまう場になっていたようだ。      
     
なんてこった、これは盲点だった。           
料理たるもの、誰かに食べて貰ってなんぼ。           

今回の皆様からのご意見は、時間を明けてから読み直し、その視点が完全に欠落していた事に気づかされた。非常に貴重な意見を頂き、とても勉強になった。


感謝。  

《ゆ》
今週末は土日とも雨予報。というわけで、岩は諦め。

いつもお世話になっている鍼の中国人先生に診てもらうと、眉をしかめて悲しそうな顔をされてしまった。背中と胸が押されているように痛いと説明したが、「これは首の椎間板の問題で、神経に影響があるから結構重症。しょっちゅう来ないとダメ」と速攻、首の椎間板が原因であることを指摘。普段、次回の予約とか聞かないくらい商売っ気がなく、支払いも「しばらく溜まってからの支払いでいい?保険の計算めんどくさい」というくらいユルい先生なのだが、「週2回くらい詰めてきてください」と断言。

その後、仕事したり髪を茶髪に染めたりした後、突然ピザを焼いてみることにする。
「クリスピーなピザはタネを作るのが簡単で、すぐ作れるよ!」と聞いていたが、本当に簡単!

IMG_2256

ピザ用小麦粉、ドライイースト、サラミ、モッツァレラチーズ、トマトソースを買い、後は家にあった塩、砂糖、ベーコン、バジル、マッシュルーム、プロボロンチーズ、オリーブを利用。
ドライイーストと砂糖、暖かい水を混ぜた液体を5分間放置し、塩と小麦粉とあわせて混ぜるだけ。2分間ほどこねて広げて、好きな具材をのせて焼けば、あっという間に出来上がりなのだ。
準備時間は20-30分、この間にオーブンを摂氏240度に予熱してピザ台(Pizza Stone)を一緒に熱しておく。準備ができたら10-14分オーブンで焼く、と大変簡単に作れることがわかった。
自分の料理でいうのもなんだが、本気で美味しい。もうお店でピザ食べなくてもいいかも。

日曜日。
雨は止んでいるが昨日の土砂降りでは到底岩は登れないだろう。というわけで、フィラデルフィアのLGBT Festivalを観にいくことにした。ちなみにLGBTはLesbian, Gay, Bisexual, Transgenderの略語で、レインボーカラーはLGBTのシンボルみたいな感じのようです。
 
IMG_2273
IMG_2276
IMG_2286

フィラデルフィアのメイン通りが通行止めで歩行者天国状態になり、LGBTの山車がたくさん出てる感じのイベントで、見ている側もそれぞれのレインボーファッションを楽しんでおり、私からすると、「ディズニーのパレード」より圧倒的に面白かった。差し支えない画像を選んだが、おっぱい丸出しのおねえさんとか、下半身網タイツのお兄さんとか写真にとってはいけないくらい、「うわーーーー」って思うような人もたくさんいて、ほんとに目が釘付けになりました。

IMG_2275
スターバックスや大手の銀行など、多くの企業が山車をだしていたり、店舗をレインボーデコレーションをしていたり、LGBT Welcome!をアピールしてました。レストランやバーもお祭りモード。
IMG_2287

「Gay Rodeo asspciation」という馬に乗ってるマッチョなゲイ団体や、Gay Men's Chorusというゲイのコーラスグループもパレードに参加してました。このGay Men's Chorus, 普通にめちゃくちゃ歌が上手くて、聞いてて楽しかった。

IMG_2264

そして警察に囲まれながら「LGBT反対!」を訴える人たちも出動。どっちも表立って堂々と活動している人がいて、衝突しているのがアメリカらしいな、と思った。そんな感じで、これぞアメリカの一面だなーと感じさせられる面白いパレードでした。必見です。

その後Reading terminal Marketという市場にて、お買い物。
肉、チーズ、魚、ケーキ、パンからエッセンシャルオイル、布地まで売っており、腹ペコできたら相当楽しい市場。
PAPI4696

味見できるバルサミコ酢&オリーブオイル専門店があり、バルサミコ酢の小瓶4種セットを購入。車で運転しながら、味見しようと思ったらほぼ一本飲んでしまった。これ、超おいしい。危険。
IMG_2299

仕上げはクライミングジムに行き、筋トレ+ヨガ+クライミング。最近ヨガをサボっていて久しぶりにしたら背中がガチガチだった。これも頸椎傷めた原因の一つだろうか。ちゃんとヨガとか頚椎・胸椎・腰椎に良いことしないとなー。

というわけで、大変充実した週末だった。
雨の日万歳!!LGBT万歳!!

↑このページのトップヘ