今週末は日曜日が雨だったため、外岩クライミングは土曜日だけにして帰宅。
翌日は何をしようかと思案していたところ、アメリカから指令が出て「昼飯に親子丼、夕飯は麻婆豆腐」を作ることになった。


【親子丼】
クックパッドでレシピを見て作ることにした。
鶏肉(もも肉)と卵と砂糖が家になく、Y花推奨の「みつば」も併せて買い物に行ったのだが、結局砂糖を買い忘れたので使わない事にした。

まずは、醤油とみりんと酒、水、顆粒だしにたまねぎを入れてフライパンで煮る。
ちなみにみりんは生まれて初めて使った。最近自炊してますなどと言っていても、みりんを使うような料理にまでは手が及んでいなかったということだ。
IMG_0707

次に鶏のもも肉。
小さく切るのが面倒だと思い、最初から切れているのを買ってきてフライパンに放り込んだものの、レシピにある「一口大」より明らかに大きかったので、結局フライパンから出して切り直した。この、何をやっても一発で行かないところが、料理の面倒なところだ。
IMG_0709
あとは、溶き卵を加えて蓋して煮て出来上がり。
IMG_0711
最後にみつばを乗せた。
もう一品は味噌汁というシンプル構成。
美しさに欠けるが味は良し。
余っていた長ネギと大根を使えたのが嬉しい。



【麻婆豆腐】

もともと麻婆豆腐は好きなのだが、最近どこのお店に行っても自分の口に会う味に出会わない。自分で作れば何となく自分の味覚に合ったおいしい麻婆豆腐ができそうな気がする。

これまたレシピはクックパッドを参考にする。
豚のひき肉、にんにく、しょうが、砂糖、甜麺醤、水溶き片栗粉等、家にストックの無い食材がずらりと並んでいるので、再度スーパーに買い物に出掛ける事にした。一方で、「鶏がらスープのもと」や「豆板醤」はこの1年間誰にも使われることも無く、冷蔵庫に眠っていたので、使わせてもらう事にした。自分の知らない所で、Y花がこういった調味量を使って何かを作っていたのだと言う事に、ようやく気付かされる。


IMG_0715

みじん切りにした、にんにく、しょうが、長ねぎとひき肉を炒める所までは順調。
しかし、レシピにある「豆板醤もお好みの量を加え」というのが困る。豆板醤を生まれて初めて使うので、「好みの量」はわからない。取りあえず、豆板醤がひき肉全体に混ざる程度と解釈して先に進むことにしる。ここまでで既に美味そうだ。


次は調味料。
「鶏がらスープのもと」「醤油」「砂糖」「甜麺醤」「酒」「水250cc」を入れるとある。
その後、豆腐を入れて少し煮て、「水溶き片栗粉」でとろみを付けて、「ごま油」を入れたらできあがりと書いてある。
IMG_0719
 
しかし、もっとも困るのは「水溶き片栗粉」の分量が『適量』と書いてあることだ。
それが分かるんだったら、レシピなんか見ねーよ・・・とイラついた所でどうなるものでもない。取りあえず、適当に入れる。

「なんかとろみっぽいものがついてーねーな」

とか思いながら更に追加して入れる。結果、片栗粉を入れ過ぎてしまったようで、最終的にはとろみの塊のようなものができてしまった。

IMG_0720
サイドメニューは昼飯の時に作った味噌汁。



この二つの料理は13時間の時間差のためY花が寝ている間に作り、その都度写真を送っておいた。Y花が起きた後に、悪戦苦闘振りを話して評価を聞いたところ、

Y花:「お前『かわゆす』だな。オレかなわねーよ。」

との事だった。








≪M≫              
出演:Sぎ野さん、Sゅんたろう、Kら田、M也


3月25日(土)も引き続きシーサイド。

登りたいルートはまだまだたくさんあるものの、先週登った「赤道ルーフ」のスタイルが気にあまり納得感がなかったため再度トライする事にした。狙うは、途中でボルトを使わないオールナチュラルプロテクションの、1P目から繋げたワンプッシュ。アップの後に直ぐトライを開始した。
 
ルーフのクラックの中が少し濡れていたため無駄に力を使ってしまったが、何とか越えてルーフの外に出た。そこにボルトが打ってあるのだが、これは隣のルートのボルトと見なして使わないようにし、そこでカムを決めて進うことを試みる。ところがこの周辺のクラックはフレアしていてなかなかカムが決まらない。腕を交互に休めながらキャメロットの#1を、いろんな角度で決め直したが、結局しっかりとは決まらなかった。次に少し小さいサイズのカムを取り出して、再度クラックへのセットを試みる。
これまた決まらない。次第に腕がパンプしてくる。
 
下から眺めて見るのとは違い、この地点に立つと相当なランナウトをしている事がわかる。また、最後に決めたカムはルーフの下に小さいのが2本上向きに刺さっているだけなので、ちょっと頼りない。ここでカムをセットするのは諦めて更に上に進むことも考えられたが、残っている体力を考えると上でカムを決められるかもわからない上、更にランナウトしてフォールすることも十分にあり得る。
 
なので、この時点でナチュプロは諦めて、ボルトにヌンチャクを掛けてからロープを通して先に進むことにした。前回のトライではここから先も簡単にできたので、今回も同様に考えていたのだが、カムのセット等でてこずったためか、それとも1P目から繋げてきたことで疲労が溜まったのか、一度パンプした腕が回復することはなくその上のパートでボルトを使った後にフォールした。
 IMG_0706
このルートを自分の実力でオールNPで登るなら、予め適切なカムのサイズを把握し、セットする場所までわかってないと難しいと思った。


今回のトライについては、岩に取り付く前にSゅんたろうに自分の狙いを話していたのだが、自分がトライをしている間に、ちょっと離れた場所で講習会を開いていたレジェンドSぎ野さんをSゅんたろうが見つけて、赤道ルーフの上のボルトは使っていいのかどうかを聞いて来てくれた。その話しによれば、
 
 ・昔はルーフを抜けた後のところにピトンが打ってあった。
 ・初登者もボルトを一本使っている。
 ・上のボルトが使ってもいんじゃないのか。

ということだ。

その後、自分もSぎ野さんと話す機会があったので、改めて赤道ルーフのボルトについて聞いてみた。内容はほぼ同じなのだが、自分で聞いた方がどういうニュアンスで言ってるのかもわかる。

 ・ルーフを抜けた処に、昔はピトンが打ってあった。
 ・終了点直下のボルトはなくて、そこはみんなカムを決めて登っていた。
 ・今はボルトが2本打たれているが、「あのルートは(そんなにこだわらなくて)いんじゃねーの」

とのことだった。


今回ルーフを抜けたところにはカムを決めることができなかったのだが、やはり先人達も同様の認識で、カムをセットするのは難しいと判断しピトンを打たざるを得ないと考えたのだろう。この地点まで来ると、ランナウトを強いられた上にカムも決まらないので、やはりボルトにクリップしておかないと危ない。危険を楽しむクライミングをするような所でもないな、という感じだ。今回ビレイをしてくれたKらたさんも、ボルトにクリップをするのを見届けるまで見ていて怖かった、と言っている。なのでルーフを抜けた直後のボルトにはクリップし、そこから先はカムだけを決めて登るのが今考えられるベストなスタイルと言えるだろう。
 
しかし今回のように1P目から繋げてきた場合にはカムの回収も大変な上、ギリギリまで粘るようなクライミングをして失敗するとその後の腕の回復も見込めない。そして、その日は本来やりたかったルートもできなくなってしまうだろう。取りあえず、先週のトライは11bバージョンのRPの範疇のようなので、来週以降で再度トライするかどうかは微妙だ。


時間が余った時にワークアウトでやろうかな。




予想外に好評だった前回のKobu'sキッチン。Y花の友人からは「連載希望」のメールまで届いたらしい。そんなあと押しを受けての第2弾は22日の夕食をご紹介。

朝食時に味噌汁を作ってあったので、一品は既に確定していた。これは、ちょっと前に買って余ってしまった長ネギと大根を使い切りたいという理由で作ったもので、いちばん悩まされたのは賞味期限が3月16日と書いてある豆腐を使うかどうかの判断だった。ネットで調べると、5日過ぎまでは平気だったが10日過ぎたやつを使ったら食あたりしたなどと書いてある。実はクライミングに行く前の先週の金曜日と土曜日に熱を出して嘔吐しているので、今の胃腸の調子を考えると「6日過ぎ」はちょっと微妙だ。だが、あれから3日経っている。72時間と言えばイジメた筋肉が超回復している段階なので、多分胃腸の方も超回復して強くなってる頃だろう、ってことで今回は使うことにした。
IMG_0685
14時間経った今でも大丈夫なのでセーフだと思うが、食べた直後から胃もたれ感があるのは多分気のせい。


さて問題は二品目だ。
毎日毎日思いつくものでもないので、スーパーに行った時に写真にあるような調味料を色々買って来てストックしてあり、今ある食材とにらめっこしながら検討する。
IMG_0687
本当は今日はじゃがいも系の何かが食べたかったのだが、朝から胃もたれ感があるので豚肉を使うガーリック炒めは諦めることにした。また、冷蔵庫の中にブロッコリーが余っていて、これを何とか片付けたいという思いが強かったので「ブロッコリーの海鮮とろ旨炒め」を作ることにした。
IMG_0689
裏に書いてあるレシピを見ると、シーフードミックスと下ゆでしたブロッコリーを炒め、しばらくしたら調味料と水を加えて炒めるだけらしい。
IMG_0688
まずはブロッコリーの「下ゆで」から。
IMG_0693
買ってきたばかりのシーフードミックスを解凍して水分を切り、下ゆでしたブロッコリーと一緒に炒める。
しばらくしたら調味料と50ccの水を加えて炒めておわり。

しかし、毎日毎日こんなことを考えている主婦や、毎日お弁当を作って会社に持って来ている女性陣の考え方が少し分かって来た気もする。実際料理の話をすることも多くなってきたのだが、業務上の話が分かりやすい人は料理の話も分かりやすくて面白かったりする。
一方で、「朝の6時半に出社して夜遅くまで働く生活を5年間も続けて出世した若手男性社員の話」を最近聞いたのだが、それに対しては、「(ぬるいな。朝食も夕食も自分で作ったこと無いだろう。それでは女性陣の心は掴めまい。)」などと余裕を持って聞き流し、職務上の階級の差をそれとなく埋め合わせることができるまでになってきた。

Viva Kobu'sキッチン。


IMG_0694

最近は生意気にも、外食した際に「これなら自分で作った方がいい」などと思う様になり、あえて外で食べたいとは思わなくなってきた。20年前からやっとけば良かったな。



↑このページのトップヘ