《ゆ》
最近は二人とも仕事が忙しくなかなか時間がない。で、木曜日は20時に帰れたので、疲れ切っているけどPUMP2に行くことにした。しかし、疲れ切った状態でのクライミングは良くなかったのか。M也はルートトライ中、ちょっと肩が必要なムーブで、右肩に痛みが走って降りてきた。
8月に瑞牆の「雷火」で痛めたらしく、ずっと肩が痛いとは言っていたが、「四十肩だ」とか言って、だましだまし登っていた。しかし、PUMP2メンバーがクライマーの間で流行っている「腱板損傷」の疑いを色々気にしてくれ、とりあえず今週末は戦線離脱。ネットを検索していると、腱板損傷は非常によく見られる症状で、50歳以上の方の4人に1人で「腱板断裂」が起こっているらしい。膝と同様、肩は消耗品なので、加齢と共に傷んでくるから、スポーツをたくさんしているとしょうがないのかもしれない。とりあえず、週末で病院も開いていないので、「徒手検査」を家で試してみる。

以下は、色々検索して、腱板損傷とそのテストが一番わかりやすかったサイトだった。なるほど。腱板って肩のインナーマッスルの腱なのねー。
https://shoulderpainclinic.com/archives/15.html

結果として、M也様は「肩甲下筋」の腱を痛めているのか、内旋筋力が非常に落ちているのがよくわかった。当面安静にして良くならなかったら、整形外科でみてもらったほうがいいのかな。

というわけで、皆様、パートナーがいない私と遊んでくださいませ。

さて、クライミングができないM也様。かわりに、私が帰国してからすっかり戦線離脱していた「KOBU's Kitchen」を復帰。今日の晩御飯は、M也特製「回鍋肉定食」でした。
361905B9-257A-477A-AAF1-3787F6FF4CB0

最近はお米屋さんで、精米したての新米コシヒカリを買ってて、ごはんが美味しくて危険です。



11月25日(土)快晴
こびっきー&少佐の結婚式で、懐かしの二子メンバーに会ったこともあり、何年振りかに二子に行ってみました。結婚式で会ったH田夫妻やらMよっち&きんさんだけでなく、Aジ&チコ夫妻やY幡さん、今井くんとか、もう懐かしすぎるメンツに会えて、「二子来てよかった!!」って思った。おKちゃん、MOTさんにも会えたし、やっぱり外にも行かなくてはいけないな。

しかし、クライミングは本当にダメダメだった。まず前触ったババージュをやろうとするが、最初の核心が全くできず、2ピン目で諦めてヌンチャク回収。そのあと、M也がトライしているペトルーシュカをやってみるが、、最後の核心ムーブができない。10年近く前の記憶では、ノースマウンテンより簡単だったのだが。。。。みんなに「そんなところでブリッ子しなくてもいいから」とか言われてましたが、本気で頑張ってましたよ。。かたやM也さんは、ジムと同様、岩場でも調子がよさそうで、ペトルーシュカはすぐ登れそうだった。思わず「落ちろ光線」を出しまくる嫁。すると絶対登れるはずなのにちゃんと最後のトライまで「テンション!」と言ってくれて、嫁に気遣いサービスをする優しいM也様なのでした。

となりではおKちゃんが、渾身の雄叫びをあげながら、最終便で余裕の「穴のムジナ」をR.P.!!リーチないと結構厳しいルートだと思うのだけど、強いねー!!夜は宴会満喫できたのではないでしょうか。

私たちは、日帰りクライミングでさっさと撤退し、翌日は10時まで寝ていたのにさらにお昼寝してしまい、気づけば17時。最近、平日の疲労っぷりが半端なくて頑張れません。早く今の仕事に慣れて片手間にできるようになって、週末の外クライミングを満喫したいものです。
CB6CFE5E-A5F6-4A66-82AB-A46EC624FF58
黄昏の二子で黄昏ながら帰る私。紅葉がきれいでした。

先週末は幸せのお裾分けいただいてきました。
999F170E-4A6F-4804-B781-FABF4F70AB5C
ずっとニコニコしてて本当に幸せそうな二人だったなー。こびっきーが意外と非常に可愛くてびっくりしたし、新郎もイケメンで輝いてた!
265F513E-C197-4AA4-A6D1-35A71F123F0C
終始みんなも笑顔が絶えない素敵な結婚式でした。
IMG_1183
新婦の胸の谷間もとい、背中の谷。
この業界、その知らぬ者はいないというぐらい有名な彼女。その知名度と比較するとどうしても影に隠れてしまいがちなN越くん。我が家でも似たような現象が起きているためか、そんな彼には親近感を覚えていた。

式に呼ばれた人々も、どちらかというと彼女の人脈をフル活用したそうそたる顔ぶれが色濃く出ている。そんな中、彼はどう振る舞うのだろうかと少し気になっていたのだが、終わって見れば今回の式で一番存在感を出していたのは新郎のN越くんだったのではないかと思った。

彼の謝辞はとてもカッコよかったし、新婦へのサプライズプレゼントとかの辺りは感動した。自分の卓の人達も感動して涙を拭っていたし、帰り道で会った人も同じような事を言っていた。

しかし、新婦コビッキーのテイストを感じる仕掛けは式場の中の至るところに出ていたので、きっと彼女は柄にもなく内助に徹していたに違いない。我が夫婦の席には、コビッキーからの心のこもった手紙が置いてあり、M也宛てとY花宛の手紙を我ら夫婦二人で交換しながら楽しく読ませてもらいました。 IMG_1187
あ、それからEんどうさんの、友人挨拶がかなりイケてて面白かった。あの人さすがです。

↑このページのトップヘ