ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
2014年、映画館で見た映画58本目。

今回は映画「ミリオンダラー・アーム」(公式サイト)を観てきました。ハリウッドではここ数年、MLB、特に裏方(裏側)が題材として人気なんでしょうかね?思い起こせばクリント・イーストウッドの「人生の特等席」(記事)やブラッド・ピットの「マネー・ボール」(記事)。人種差別に重きを置いてはいますが、ハリソン・フォードの「42〜世え界を変た男」(記事)などなど。ま、今までがスカウトだったりGMだったりしましたが、今回はエージェント(代理人)がメインの「ミリオンダラー・アーム」となったわけで。しかし、インドで野球、という話、そして実話メイン、ということですが...、

(以下、ネタバレ注意。)

野球シーンといってもそのほとんどはピッチング、しかもブルペン(もしくはマウンドから投球だけ)なので野球のルールを全くといっていいくらい知らなくても何とかなる、まぁ裾野の広い映画w。
それでもこれがインドでテレビ番組になっていて発掘ネタとなっていたとは「事実は小説よりも奇なり」という気がいたします。

インド人選手として出てきた二人、どっかで観たことあるなぁ〜、と思って調べてみると、あ、あの映画に出ていたのね、というくらい売り出し中の二人ではないですか。確かに若さもそれなりにあって、とメインキャストにタメ張れるくらいの存在感は確かにありましたね。

ストーリー的にも選手発掘を縦糸に、恋愛を横糸に絡めてうまく作ってましたね。ディズニーの実写部門はストーリー的にハッピーエンド、成功が約束されてますが、その人間模様を含めてうまく作るなぁ〜、と思います。そういえばトム・ハンクス主演の「ウォルト・ディズニーの約束」(記事)なども実話を元にしたうまい話作りでした。実写部門は小粒な印象が強いですが、ピリリと辛みの効いたものを相も変わらず出してきますね。(^^ゞ


よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ