ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
2015年、映画館で見た映画65本目。

今回は映画「屍者の帝国」(公式サイト)を観てきました。ノイタミナが枠を1つ削っても映画館上映作を作る、というのは1クール約12〜13話作るよりも映画1本(制作会社を変えて)2時間作った方がより質が高いものが作れると見たか、はたまた地上波放送よりも映画館上映の方がより直接的に収入が期待できると踏んだのか?など様々思いましたが、百聞は一見にしかず、で映画館へと行ってきました。

(以下、ネタバレ注意。)

ストーリーは世界観は見所がありますね。屍者が(奴隷のように)働く世界、というコンセプト。で、こういう世界だとストーリー展開はいずれは屍者の解放、といったような展開に陥りそうなところを、そこをあえてつかずに、主人公とその友人の死体という友人関係を中心に、人間の魂とは、と言う点まで描いたのはおもしろいストーリーだったと思います。
ただ、映画、2時間という時間の制約の中ではあまりに短すぎた感じが過ぎます。ストーリーの展開がよく言えばスピード感がある、とも言えますが、逆説的に言うならあまりに早すぎるような気もいたします。もう後上映時間15分でも長ければここまでいろいろ詰め込みすぎなくても間がとれたのでは、と思います。だからついて行くのがやっと。これは後にレンタルか何か回って来た時にもう一度ゆっくり見たいな、と思います。

作画的には昨今の事情からすればかなり良かったのではないでしょうか。声優さんも人選的に違和感もなくスッと入ってこられる方ばかり。

なので、前述の通り、もう一度確認してそこから、ってな感じでした。(^^ゞ

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ