ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
2015年、映画館で見た映画87本目。

今回は劇場公開版「RWBY Volume1(日本語吹き替え版)」(公式サイト)を観てきました。最初、「え、輸入モノアニメ?」っておもしろいの?と思い、かつタイトルだって読み方すらわからないままTVCMを見ていましたが...、

(以下、ネタバレ注意。)
バカにしてスイヤセンでしたっ!orz
いまではRWBYを「ルビー」って読めるようになりましたw。(^^ゞ

昨今の日本、特に3Dアニメは、如何に綺麗(美麗)に見せるか、という点にシフトしていたと思います。いかにも技術力を競う日本人らしい発想、とも思います。

しかし本作には荒削りながらも、それでいて原石しか持ち得ないような輝きに満ちていました。見せるのではなく「魅せる」アニメだと。

もちろん各キャラが立っていたり、シナリオのツボを押さえていたり、はたまた時にはアニメらしい表現であったり、と。鉄板であるがゆえに言語を超えることができるのだろうと思います。
また日本語キャストもメインキャスト(小清水姉がいいっww!)外にも、井上喜久子さん、井上和彦さん、そして三木眞一郎さんなどなど、昭和生まれアニメファンも納得ですww。(;^_^A ここにも日本語化スタッフの熱意が感じられます。
これだけ揃えれば悔しくも?おもしろい、と言わざる終えないです。

最後になりましたが、監督さんが今年亡くなった、とのこと。遅まきながら慎んで哀悼の意を示すと共に残されたスタッフの活躍にも期待したい。<(_ _)>
アニメはクールジャパンなどど言って日本が上かと思っていましたが、こうしてアメリカ等、いろいろな国で競う合うような作品が出来ることはファンにとっても嬉しいことであると思います。

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ