ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
2016年、映画館で見た映画47本目。


映画館にあった新海誠監督サイン入りポスター。

今回は私の大好きなクリエータの一人、新海誠監督新作「君の名は。」(公式サイト)が公開、しかも私の地元にあるTOHOシネマズ上大岡で監督舞台挨拶があると知って、深夜の発売開始にもかかわらず、開始数分で席を押さえてました。(^^ゞ

もう前作「言の葉の庭」(記事)公開から3年ちょっと経っていたのですね〜。まず見終えて一つ、新海誠監督、あなたは...、

(以下、ネタバレ注意。)

「いったいなんんていう映画を作ってくれたんだ」

と思いました。もちろん褒め言葉、それも最上級です。(*^^)v

いつもならストーリー展開を先に書くのですが、それは後に回しましょう。まずは相も変わらず、というか背景の質の高さです。ビルなどの見た目的な書き込みもそうですが、私が思うに氏の作品に共通するのは「雲の美しさ」があるかと思います。ただ青空だけではなく、アクセントとして夏の空を上手く表現されていると思います。
もちろん作画も。本作ではキャラクターデザインが「あの花〜」などの田中将賀氏に、作画監督がジブリでも作画監督されている安藤雅司氏とありましたが、他にも(作品とどのぐらいつながりがあるか知る由はないですが)作画監督で名前が挙がっているところでも土屋堅一氏(「言の葉の庭」キャラデザ、作画監督。新海作品多し)や黄瀬和哉氏(「攻殻機動隊ARISE」や「攻殻機動隊新劇場版」総監督)等々豪華な感じ。監督が舞台挨拶でスタッフのおかげでシナリオ等に専念できた、という意味も分かるような気がいたします。というかそれができる程度に監督の名前も大きくなり、それに伴い人も集まってきたのかと。昔は確かに手弁当感があって、それがまた氏の(大手とは違う)良さになっていましたが、これからはこういう感じに進んで行くのでしょうね。

声優陣も聞く前までは「やっぱりプロが」と思っていましたが、聞けば序盤から違和感もなく世界観に入ることができたと思います。

音楽も(私は知らないバンドだったのでスミマセンが)映画のイメージと合っていたのかと。これが主題歌、だけでなく「音楽」として全編に関わってくれたおかげで世界観も統一された感じですね。いずれアルバムも聴いてみたいと思います。

それら廻りも確かに素晴らしいのですが、やはりそれを引っ張るシナリオが一番出来が良かったのだと思います。最初はコミカルな感じで(ある意味アニメ・マンガの王道ネタ的な)まだ恋愛もしていないような男女入れ替わりもの、と言う感じで。しかし途中から話が進めば進むほど伏線が明らかになってきて、そしてそれを見事にまとめ上げた、という思いがします。前から監督の作るお話は好きでしたが、本作は殊勝な出来栄えであったと思います。監督から「一分たりとも飽きさせません」的な発言が飛び交っておりまして。でも観れば確かに納得。グイグイとその世界に引っ張り込まれました。


と、映画終了後映画上映後監督登壇。舞台挨拶。(監督のお写真はお帰りになるところ。会場で写真撮影のみ許可は出ていました。)

私が聞いていて感じたのは監督が主役二人の声を誉めていたところです。もちろん良いのは分かるのですが、それを氏は本当に細かいところまで感じているところがあって、またそれを今目の前にいる観客に対して説明する言葉を持っている、という感覚が素晴らしいと思いました。感ずることはできても表現が苦手な人、逆に表現は得意だけど感性が鈍く感ずるものがない人、という方も多いと思いますが、氏は両方を兼ね備えている、だからこういう世界観が作れるのだな、と思いました。

いや〜、3年待ったかいがありました。2時間弱の本作なら夏の地上波TVでの映画枠でも放送できる、幅広い年齢層の映画になったと思います。本当の意味で氏の「代表作」にして「入門編」的な意味合いも持ったのではないでしょうか。本作を見て新海作品を戻ってみる方もおられるのではないでしょうか。
願わくばアニメだから、という思いを持たずいろいろな世代の方に「観てほしい」と思う作品です。

本作も今年の私的映画撰候補にノミネート。というかアニメ枠に限らず、邦画、洋画問わず全ジャンルにおいても上位にくる、ひょっとしたら今年の一位に挙げるかもしれません。

監督の描く「年上女性」好きだわ〜、ホントにww。(少しネタバレ)゜+.゜(*′∀`)b゜+.゜イイネェ

さて、飛騨高山は無理でも都内はしっかり描写されている分、ロケ地、いわゆる聖地巡りのネタを探すのは簡単そうです。来月まではスタンプラリーもある、と言うことなのでこれは聖地巡りマラニックにいってくるしかないか。ポスターは改札外みたいですから、走れば電車代も浮くし、ね。(*´∀`)ノ

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ