ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
2016年、映画館で見た映画60本目。

今回は映画「この世界の片隅に」(公式サイト)を観てきました。アニメ映画だから、というのがメインでさらに前評判が良い感じなので特に事前情報もなくフラッと映画館へ行ってきました。

(以下、ネタバレ注意。)
戦争前から始まり、戦中、そして戦後と渡り歩いた女性のお話ですが、それが本人の主体性なく生きてきた?それでも強く生きてきた、というのがよく分かる映画です。主体性がないことが幸福ではないのか?といったらこれまた違う。しあわせに対して強く生きる姿が感じ取れます。

私としては玉音放送の部分が特に印象的に残りました。今まで観てきた映画やドラマであればすんなり終戦を受け入れていたように見えましたが、この映画の主人公はすぐには気持ちを切り替えられず。私も今までそういう教育を受けてきたのにたった1回の放送でそう簡単に納得できるはずはないよな、と思いました。

主人公ののんさんも私としては特に違和感なく入ってきました。そして脇を固める声優陣もいいところを出演していただけにより引き締まった感じがします。中村氏は特になかなか良かったと思います。

なかなか地味に観客を増やしているだけはあるな〜、と思いました。

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ