ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
2016年、映画館で見た映画65本目。

今回は映画「海賊と呼ばれた男」(公式サイト)を観てきました。原作が「永遠の0」と同じ百田尚樹氏、かつ本作も書籍として売れて、且つモデルが出光興産株式会社の出光佐三氏というところくらいまでしか知識はない中で映画館へと行ってきました。

(以下、ネタバレ注意。)
本当に戦前から戦中〜戦後を駆け抜けた、というにふさわしい話ばかりでした。特に後半日章丸がイランへ向けて出発するに辺り見送るシーンなどは戦中での出来事と重なり胸が熱くなるところでもありました。

主演の岡田准一氏も中堅と言われる辺りかと思いますが、今このクラスでは一番手ではないでしょうか。特に怒ったり、という力強さを本作では特に気合いが入っていたな〜、と思います。今後の活躍もまだまだ期待、というところですね。

もはや百田作品+岡田主演、と言うのは鉄板になりつつあるのかしら?と。(^^ゞ

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ