ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
2017年、映画館で見た映画7本目。

今回は映画「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」(公式サイト)を観てきました。観に行く人の多くはマイルス・デイヴィスをよく知る、または聴いている人だと思いますが、私はほとんど知識なし、それこそ他の映画(記事)などにも登場している、ぐらいしか知らないので劇中歌も分からないものばかり。それでも生き方、のような人物としての興味が立ってすこし遅れ気味ですが(日本公開は2016年12月)映画館へと行ってきました。

(以下、ネタバレ注意。)
本作の主人公マイルス・デイヴィスが演奏していない時期(隠遁生活、であってるのかな?)の5年間にスポットが当てられてますが、実際は過去を行ったり来たり、またラストは復活後の映像もあり、で時系列的にはもっと長い感じがします。
ファンクだなんだと言っても彼にはそれこそチープな感じなんでしょうね。薬にもおぼれる姿などもそのままに。でも自分で作ったデモテープを必死で探す当たりは、そして変革を求める話などにおいては音楽に対する姿勢そのものも見て取れる気がします。

本作で監督も務めたドン・チードルは演じていても若い頃から復活後まで幅広いところを雰囲気良く押さえていたな、と思います。そしてマイルスの相棒?的な役割の雑誌記者を演じたユアン・マクレガー。本作とは関係ないですけど、私は彼は主役を演じるに余りある逸材とは思っているので、もうちょっと主役で観てみたいな〜、と思う俳優の一人。今が雌伏の時、であれば良いな、と思うのですが...。

ま、音楽分からなくてもなんとかなるのが映画、かな?

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ