ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
2017年、映画館で見た映画15本目。

今回は映画「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」(公式サイト)を観てきました。今回さすがに、と思うところは...、

(以下、ネタバレ注意。)
いかにも真面目と言われるドイツ人気質、頑なさ、というか真面目さ、と言う部分が凝縮されたような映画でした。戦後、まだナチスの支配下にいる人々がいる、さらに検察等行政府にも深く入り込んでいることも驚きでしたが、そこには自浄作用と言うべき動きもある、そんなストーリーなのですが、全編「重厚」という言葉がふさわしいような骨太な映画でした。
そういえば先日も映画「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」(記事)を観ていましたが、共に観ると一連の流れとして観ることができる組み合わせかと思います。

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ