ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
2017年、映画館で見た映画18本目。

今回は劇場公開、「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」(公式サイト)を観てきました。ルパン三世シリーズと言えばまさに子供の頃から観ているシリーズで。もう50年になるとは知りませんでしたが、やっぱり好きなシリーズなので劇場へと行ってきました。

(以下、ネタバレ注意。)
今回は主役が石川五ェ門。どうもストーリー的にはまだルパン−次元達と組む前の段階だったみたいですね。

ちょっとここで石川五ェ門役、浪川大輔氏のことを含めてのことを。なんか「ようやく石川五ェ門になれた〜」的なこともありましたが、このルパン三世シリーズは主役級声優さんの世代交代が上手くハマったシリーズだと思います。そこには一つ、「LUPIN the Third -峰不二子という女-」シリーズが大きな転機となりましたね。ここで作画が原作者モンキー・パンチ氏の劇画により近い絵面に変わったことが挙げられるかと思います。それ以前ルパンは替わっていましたが、峰不二子、石川五ェ門、銭形警部らが変更に。しかしこの劇画タッチの絵面が、今の栗田ルパンを始め浪川五ェ門、山寺銭形といった「声のトーンが低い」感じが上手くハマっているのかな、だからこそより大人感のある仕上がりになっているのではないかと思います。

と言うことで話を戻して本作のお話を。ある意味ルパン一味で最強キャラと目される川五ェ門が一旦は負けるわけですから、ファンとしてもえ、と思う出だしでしたが、後は(いつものごとく)上手くまとめたな〜、と思います。

ただファンとしてはやはり「またつまらぬものを切ってしまった」の一言がないとなんとも締まりが悪い、と思うのは私だけでしょうか??( ̄∇ ̄;)ハハハ

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ