ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
2017年、映画館で見た映画26本目。

今回は映画「ハルチカ」(公式サイト)を観てきました。相も変わらず原作未読派なのですが、昨年地上波で放送された「ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜」が良かったので、それでは実写版も一応観に行ってみるか、と思い映画館へと行ってきました。

(以下、ネタバレ注意。)
話の大筋は部員集めから、というのは納得なのですが、このハルチカシリーズ、私が思うに吹奏楽部員としての音楽パートの他に、主にチカちゃん(達)が事件を見つけてきてハルタが解決する探偵パートがもう一つの売りだと思います。これが(相変わらずしつこいようですが、原作未読でスミマセンw)アニメ版なら音楽対探偵の比率が5:5もしくは探偵パートの方が力が入っていて4:6〜3:7かと思うのですが、実写版映画は音楽パートの方が重きが置かれていて、それも割合で言うなら音楽8:探偵2ぐらいの割合になっているでしょうか。この辺は2時間でストーリーをまとめなきゃいけない制約が脚本も務める監督さんのご意向なのかな〜、と思っています。どうなんだろ、それってハルチカシリーズファンにとっては...。確かに映画ではキャラが変わっていたり、という部分や先生ラブ、と言ったネタはカットされてもいましたが、それってハルチカシリーズファンとってはなにか「出がらし」みたいなものになってはいないでしょうか?ホント、部員集めがあっさりしすぎw。( ̄∇ ̄;)エ?

その分、若手を中心とに据えた俳優陣で青春群像劇、としては観られるし、それを狙ったのかな〜、とも思えます。本作は原作やアニメなどを全く知らずに観た人が一番おもしろく観られるのでは?と思う作品です。知ってる人から見たら売れているものに乗っかってちょっと実写で作ってみました、感がプンプンにおって...。

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ