ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
2020年、映画館で見た映画29本目。

今回は映画「オン・ザ・ロック」(公式サイト)を観てきました。主演ビル・マーレー。最近特に味に深みが出てきてるよな〜、と思う俳優で筆者も好きなので、映画館へと行ってきました。

(以下、ネタバレ注意)

といっても主役はその娘、妻であり二児の母でもある女性の物語。忙しい夫は実は浮気をしているのでは〜、というところから話は始まりますが、この女性、確かに物書きではあるようですが、多分シナリオ面でも「ごく普通一般家庭」を画に描いたような話に敢えてしているのでは、と思います。それぐらい日常に徹しているかと思います。

そこに出てくるのがビル・マーレー扮する父親。画商を営んでいるのかお金持ち。そして外面(そとづら)も良ければ女性とあったらすぐに口説きにかかる、という家族からしたらやっぱりちょっと〜、となってしまうかも。でもお金があるから映画観ながら筆者は「ドラ○もん?」と思ってみたり。ごく日常に出てきた、日常を変える人、みたいな。だんだんと破天荒にもなっていきますが、他人からみれば「どこか憎めない人」なんでしょうね。

それでも浮気調査を二人でしながら〜、と。でも結局落ち着くところに落ち着いたな〜、とも思います。それでも父親はやっぱり「自分がこんなんでも娘がかわいい」と言うのは十分伝わってきますね。

家族の物語でもありますが、ビル・マーレーのやんちゃなかわいさもおもしろさの作品でした。

よろしければこちらをお願いいたします。
web拍手 by FC2
ランキング参加中。一読ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ