社会保険関係のマイナンバーについて

我々社労士がかかわる社会保険関係の大半の手続きは、人が入った時に行う資格取得手続き、そして逆にやめたときに行う資格喪失手続である。


平成30年3月5日以降、様式改正が行われ、これらの手続きも原則としてマイナンバーの記入を必要とすることになった。


一方でマイナンバーの取得が困難な場合は、今まで通り基礎年金番号の記入でも良いとされており、当事務所でもこの基礎年金番号の記入で行っている。


現在、基礎年金番号を持っていない人たちは20歳未満の人たちであるので、社会保険関係の場合、マイナンバーが必要となるのは、被扶養異動届時ぐらいだろうか。


もっとも、平成30年4月2日に18歳の人の社会保険の資格取得届を行った際、マイナンバーの部分を空白にして提出しても、保険証は出来て来たので、まだ厳格な対応はされていない。


でも、雇用保険手続においては記入されていないと平成30年5月から返戻されるという話なので、まもなく社会保険関係の手続きも同じようになるのだろうか。


それとも、相変わらず不祥事が続いているので。。。




雇用保険のマイナンバーについて

雇用保険に係るマイナンバーが2018年5月より本格的に動き出す。従来と大きく違うのは、ハローワークへの資格取得届など5つの手続きについて、マイナンバーが記載されていないと返戻されることである。


詳しく知りたい方は、下記HPアドレスを参照のこと。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000087941.html

今までは、マイナンバーを記載していなくても受理されていたことを考えるとハローワークもやっと本気になったと考えるべきであろう。でも、ここまでになるのに2年以上かかったことになる。



また、2018年4月2日の厚労省からのアナウンスによれば、例えば取得届において届出がされていれば、喪失届のときは「マイナンバー届出済」と記載すれば、改めてマイナンバーを届ける必要がない。



つまり、雇用保険関係の手続きにおいては1回マイナンバーを登録すれば良いということになるので、今後のマイナンバーの実務に対しても大きな変更が予想されるのである。



自分がどう変更するかは、社会保険関係の投稿が終わってから。。。













マイナンバーカード

確定申告が終わり、当面、自分の電子証明書を使うことがないことから住基カードをマイナンバーカードに切り替えることにした。


住基カード自体の期限はまだ結構あるのだが、電子証明書の使用期限が今年なので、今のうちに変更することにしたのである。


巷では、このカードについて、いい話を聞くことはないのだが、雇用保険等でのマイナンバーの取扱いがこの5月から本格的に始まることも後押しした。


もっともマイナンバーカードに切り替える最大の理由は、マイナポータルの活用にあるのかもしれない。自分の利用履歴を見れるという。


自分のマイナンバーがどのように使われたかの履歴を見るには、マイナンバーカードでなければ見ることができない仕組みになっている。


市役所で申し込んだのだが、その後は川崎市のセンターに集約され、そして作成されたものが再び市役所に送られ、そこにとりにゆくという段取りだ。


この連絡は葉書が来るというのだが、時間が結構かかるらしい。窓口担当者の話では、1カ月半から2か月ぐらいの時間がかかると言われた。


6月中には出来てくるのではないかと思うが。。。

腕時計

腕時計をなくして、ここ何ヶ月か腕時計のない生活が続いていたので、今後どうしようかと考えていた。プランは3つあり、一つはこのままでゆく。二つ目は新しく買う。三つ目は、この際Applewatchにするだった。


1番目のプランは携帯で済ますというものだったが、やはり習慣というものは恐ろしく落ち着かないので、2番めか3番めのプランで検討を進めてきた。


3番めのApplewatchについては、ジム等で使えることもあり、一時かなり有力な選択肢になったが、色々調べた結果、もうしばらく様子を見ることにした。


そこで、必然的に2番目の新しく買うという選択になったのだが、これもどのようなものにするか迷った挙句、結論としては結局1,000円ぐらいのもので済ますことにした。


ところが、ちょうど確定申告が終わり、書類を整理していた時、無くしたと思った腕時計が机の下から出てきたのである。しかも、新しく買った時計が届いた翌日である。


1,000円位の被害で済んだと考えるのも一つだが、その間いろいろ費やした時間の無駄を考えると1,000円ではとても済まない。新しく買う前にもっと探せばよかったと思ってもあとの祭りである。


今度は無くさないようにというより、机周辺の整理整頓を常にしなさいという「お告げ」か。。。











無期転換 その4

「60歳定年。そして65歳まで1年毎の継続雇用」という会社があったとして、無期転換に係る問題で次に考える例外は、定年後に有期労働契約が更新されて通算5年を超える場合やその会社の定年後に雇用された場合である。


定年後に有期労働契約が更新されて通算5年を超える場合というのは、1年の有期労働契約者の雇用を例えば、57歳で行った場合がこれに当たる。この有期労働契約者が通算5年を超えることになった場合、無期転換権が発生する。


また、定年後に雇用された場合とは、例えば62歳で1年の有期労働契約者の雇用を行った場合でも、この有期労働契約者が通算5年を超えることになった場合にも無期転換権が発生することになる。結構悩ましい問題である。


結局、第2定年は上記のことなどを色々と想定して定めることになるので、何歳が第2定年がいいかはその会社の実情によって違ってくるはずである。なお、最終的には、就業規則で定めることになるので、対応は急いだほうが良いだろう。


自分の場合も早く提案書を作成しないと。。。















無期転換 その3

前回の無期転換その2では、通常の「有期労働契約が更新されて通算5年を超える人」への実務的な対応に述べたところである。そして、結論としては、特別なことが無い限り、粛々と受け入れるほうがよいという結論であった。


しかしながら、次のような場合についても対応を考えておく必要があるのではないかと考えている。つまり、自分が上記で「特別なことが無い限り」という場合の例外の一つと考えている。それは、定年後の継続雇用の場合の対応である。


自分の関与している会社での定年規定で多いのは、「60歳定年。そして65歳まで1年毎の継続雇用」である。この定年後の継続雇用者についても、1年毎の有期労働契約者であることに変わりはないので、更新されて通算5年を超えた場合が問題になる。


例えば、60歳から1年毎の継続雇用だった場合、もし65歳の時点でもう1回更新することになるとすれば、この労働者が65歳から66歳になる間に無期への転換を申し出たとしたら、66歳を超えた時から再び無期雇用者になる。


この場合の対処方法としては、このような無期転換者を想定して第2定年というべきものを設定するか、もしくは「継続雇用の高齢者の特例」という制度を活用することになろう。もし、高齢者の特例を活用する場合は、労働局へ事前に「第二種計画認定申請」が必要である。


第二定年の定年は何歳がよいかについては、次回にて。。。



無期転換 その2

有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約に転換される。


例えば、2013年(平成25年)4月1日から6か月ごとの期間更新契約であれば、2018年(平成30年)4月1日から2018年(平成30年)9月30日までの間に期間の定めのない労働契約に転換したいという申し出が労働者よりあれば、2018年(平成30年)10月1日から期間の定めのない契約に変更される。


なお、一部に申し込みをすれば正社員になるというような誤解があるようだが、これは間違いで期間のある定めのある契約が期間の定めのない契約になること以外の労働条件に変更があるわけではない。もっとも、期間の定めのない契約になることの意味は大きいので、会社としてどう対応するかは大きな課題なのである。


自分の意見としては、期間の定めのない契約になること以外に労働条件が変わらないのであれば、5年間もいたら特別のことが無い限り、期間の定めのない契約になるのも当然であろう。もっとも、特別なことの中に雇用調整を入れるかどうかは意見が分かれるところかもしれない。


関与している会社も、今後申し込みがあれば、粛々と手続きをすることになるのだろうか、それとも。。。










無期転換

2018年(平成30年)4月1日から「有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約に転換できる」制度が実際に動き出す。


自分の関与する会社ではこの有期労働契約を定期的にきちんと更新手続きを行っているところは少ない。しかし、少ないにも関わらず、その会社なりの対応の難しさが存在する。


共通している課題としては、次の3つが存在する。
1)有期労働契約が更新されて通算5年を超える人への実務的な対応
2)定年後の継続雇用の高齢者の特例への対応
3)上記1)と2)が混在する場合の対応


次回よりこれらの対応について自分なりの解決策を提示してみたい。

バッテリー交換 続き

iphone6Sのバッテリー消耗状況とともにシリアル番号もチエックしてもらったところ、なんと自分の持っているiphone6Sはバッテリーが無償交換の対象である「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」だったのである。



通常は、8,800円だったバッテリーの交換代がこの間のAppleの不手際で3,200円になっていたので、これ幸いとして交換を頼んでみようと思って予約したのだが、結果は無償になった。そこで、ちょっと調子に乗って6Sの前に使っていたiPhone5についても聞いてみた。



しかし残念ながらiPhone5のバッテリーの在庫はないということだったので、こちらのバッテリー交換は、しばらくあきらめることにした。でも、今回のバッテリーの交換でiPhone 6s は、まだ後2年ぐらいは持つと思われるので、しばらくはこのままで使おうと考えている。



後2年ぐらいは、バッテリー以外のところが壊れないことを願うだけである。。。












バッテリー交換

今持っているiphone6Sのバッテリーを交換が宮崎でも可能かどうかを調べたところ、可能だということが判った。Apple社の公式アドレスは、以下のとおりである。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power


バッテリー交換の方法は、2つで配送修理と持ち込み修理の2つがある。iPhone6Sは電話としても使っているので、配送修理は無理である。そこで、持ち込み修理となるのだが、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダで予約が必要とあった。


Apple Store 直営店で宮崎から一番近いのは福岡市なので、研修等で出張したときなどでしか無理なので、宮崎でApple 正規サービスプロバイダが存在するかを調べたところ、「カメラのキタムラ」がそのApple 正規サービスプロバイダだということがわかり早速予約した。


申し込んだ宮崎・イオンモール宮崎店のアドレス等は、以下のとおりである。
http://aspblog.kitamura.jp/45/7930/

予約した日に行って早速修理をお願いしたところ、まず、バッテリーの消耗具合のチエックをしてもらたところ82%だった。通常は、80%以上であれば修理は受け付けないのだが、今は希望があれば受け付けるということだったので、当然お願いすることにした。

メール

今メールは、いわゆる迷惑メールを除いても毎日100通以上は来る。そのほとんどが広告メールだったり、購読中のメルマガだったりで、対応しないといけないメールは10通もないのはないかと思う。


このメール整理のために朝、昼、夕方の1日3回ぐらいのメールタイムを毎日設けている。しかしながら、昨年は、このメール整理を怠っていたために、10,000通以上も溜まってしまっていた。


この10,000通以上のメールを昨年末から少しずつ整理して、2018年1月末でやっと未処理のメールをなくすことが出来た。今のところ1日3回のメールタイムのおかげですっきりした状況である。


メールの処理を怠っていたおかげで、大事な連絡メールが10,000通の中に埋もれてしまい、手続きなどがおくれてしまい、お客様などに迷惑をかけてしまったことが思い出される始末だ。


それにしても、洪水のようにあふれ出てくるこのメールをもっと減らす方法はないものかと考えて来た経過もあったが、結局、放置してきたことのつけが回って来たともいえる。


今後は、そういうことが無いようにしたいのだが。。。



マイナンバーカードへ

今自分が持っている確定申告の際に使う電子証明書は、住民基本台帳カードに入っているものである。マイナンバーが始まって、マイナンバーを作るようアナウンスがあった時に、ちょうど電子証明書の切り替え時期が近づいていた。


ところがマイナンバーカードを作ろうかどうか迷っているときに、市役所から今申し込んでもマイナンバーカードの発行が確定申告の時期に間に合うかどうか判らないと言われたため、住民基本台帳カードの方を切り替えることにした。


そこで、今年の確定申告までは住民基本台帳カードの電子証明書を使うことにして、その後、住民基本台帳カードをマイナンバーカードに切り替えようかと考えている。次に電子証明書を使う機会があるのは、7月ぐらいの予定である。


どうでも良いことかも知れないが、この7月が終わってからにするか、それとも早めに切り替えてからにするか悩んでいる。


結論は。。。




外国人雇用

先週、鹿児島の隼人市で鹿児島、宮崎、熊本3県社労士会の交流研修会があった。テーマは「外国人雇用」に関わるもので、技能実習制度、外国人労働法制の動向、トークセッションの3部構成だった。


人手不足が叫ばれる今日、この外国人雇用については、好むと好まざるにかかわらず今後関わらざるを得ない状況に来ている。問題は、我々社労士や行政書士がこの外国人雇用にどうかかわるかである。


現在、外国人雇用の道としてはいろんなパターンがあるが、最近特に注目されているのが、外国人技能実習制度である。そして、この制度は2017年11月1日より大きな制度改革などもあった。


外国人技能実習制度は以前にも紹介したが最たる目的は、「技術移転」にある。ところが、外国人を受け入れようとする企業はどちらかといえば、労働力の確保が目的みたいなところがあるとよく聞く。


別の研修の時にこの「技術移転」と「労働力確保」をどう整理すればよいかを質問したところ、その講師(大学教授)は、「両立させるしかない」と言われた。個人的には、どう両立させるかを聞きたかったのだが。


どちらにしろ、なんらかの形でかかわってゆくことだけは確かである。





社労士会セミナー

「人を大切にする経営を目指して」と題しての社労士会セミナーが下記のとおり開催されます。案内の要請が宮崎県社労士会事務局よりありましたので、ブログに掲載させていただきます。



宮崎会場  平成30年1月24日(水) 14時〜16時30分  場所 ひまわり荘(宮崎市)

http://sr-miyazaki.jp/wp1/wp-content/uploads/2017/12/9405a8832ca54d1637807187cef170c1.pdf



都城会場  平成30年1月26日(金) 14時〜16時15分 場所 都城市ウエルネス交流プラザ


http://sr-miyazaki.jp/wp1/wp-content/uploads/2017/12/fd557438c1cc7d03c4051dbeb78c0708.pdf



申し込み方法等の詳細は、上記HPを参照してください。

意向調査

このような文書を受け取るのは初めてではあるが、2017年の押し詰まった12月29日ころ、都城の農業委員会より「所有農地の利用に対する意向調査表」が送られてきた。


自分は父親からの相続財産として「田んぼ」を持っていたのだが、2年ぐらい前に「都城・志布志道路」の用地買収にかかった。そして、その残りがまだ存在していたのである。


もともとこの「田んぼ」は農業後継者である弟に利用も含めた管理等をすべて任せていたのだが、現在は、「田んぼ」としての利用も考えられないくらいの小さなものになっている。


現在、自分のとなり土地というか買収され土地は、都城・志布志道路工事の真っ最中なので、買い手や借りたいという人もいないだろうし、ましてや自分で作るということも考えられない。


この意向調査については、6か月経っても何も現状が変わらなければ、いろいろ不利益を受けることがある旨が記載されているので、意向調査の返事は書くつもりである。


しかし、何か釈然としないものを感じる。良い解決策はないものだろうか。。。




バッテリー問題

現在、自分が持っているiPhone6Sのバッテリーの持ちが最近頓に悪くなっているなと感じていて、その原因が2年も経つのだからバッテリーの劣化は仕方ないことだと思っていた。


ところが、どうもApple側がアプリで操作していたということが判明したということで、Appleがバッテリー交換の修理費用を8,800円から3,200円に減額したとのアナウンスがあった。


もっとも、アプリだけの原因だけではなく、当然のこととしてバッテリーの劣化も考えられるのだが、Apple側の説明がない、あるいは説明不足として訴訟も起こされていた。


このバッテリー交換費用の減額は、この訴訟への対策として講じられたものなのだが、自分はこれを幸いとして、バッテリー交換を申し込んでみようかと考えている。


バッテリー交換で後2年ぐらいは、6Sのままでもいいかなとも思うのだが、果たして。。。


SSD

今でこそ、パソコンの記憶装置などはSSDになっているものが、多いが自分が現在使っているノートパソコンはまだハードディスク(HDD)である。


HDDとSSDの一番の違いは、スピードにある。今のノートパソコンは、セキュリティなどの関係でWINDOWSやソフトの立ち上げがかなり遅くなってきている。


そこで、昨年、年末の慌ただしい時期に、自分が使っているノートパソコンをSSDに変えた。自分で作業すればよいのだが、万が一のことを考えて業者の人に頼んだ。


出来上がりは、2018年1月5日ころと言われたが、入れ替えが割と順調に進んだみたいで、31日の朝できましたとの連絡があり、早速取りに行った。


その後実家に帰ることになっていたので、ノートパソコンも一緒に持ち帰り、このブログへの投稿もこのSSD搭載のノートパソコンで試しに書いている。


今のところスピードもかなり速くなっていると感じている。ただ、惜しむらくはもっと安くならないかなという印象は受けるのだけど、業務用なので仕方がない。


これでイライラしなくても済むかもしれない。。。

来年の目標を一文字であらわすと。。。

個人的にはちょっと違和感があったが、今年1年を一文字であらわすと何かという発表があり、「北」というのが選ばれたとアナウンスがあった。


自分の場合は、どうも過去を振り返るのが好きでないし、アマノジャクなところもあるので今年1年ではなくて、来年1年を一文字であらわすとに代えることにする。


自分の場合、今年1年を振り返り、来年を一文字で表すとすれば、それは「修」としたい。この「修」の意味するところは、修行の「修」であり、修得の「修」であり、修了の「修」である。



何の修行で、何の修得で、何の修了かは。。。






IE11

現在使っているインターネットのブラウザであるIE11の調子がとても悪い。以前は何とか立ち上がったのだが、最近は立ち上がりもしなくなった。


IE11の調子が悪くなったのは、WINDOWS10にバージョンアップしてからなのだが、たびたびバージョンアップされているので、それが原因だと考えていた。


そこで、出入りの業者の方に頼んで調べてもらい、直してもらおうとしたがうまくゆかなかった。また原因についても結局わからなかったようである。


そこで、IE11をやめて、なるべくEDGEやGooglechromeを使うようにして、現在切替中である。でも、いくつかまだIE11でないと無理なものがある。


その一つにe-GOVがある。また確定申告についてもIE11以外のどのブラウザが可能かを試し切れていない。余り時間がないので、早く結論を出さないといけない。


それともパソコン自体を入れ替えるべきか。。。



マイナンバーカード

先日、本籍のある都城市から案内をいただいた。その案内によればマイナンバーカードがあれば、コンビニで戸籍の証明書が所得出来るようになったという内容だった。


自分はまだマイナンバーカードを取得していないので、この恩恵にあずかれないのだが、この手続きはどうも平成29年4月12日から出来るようになっているようだ。


最近、マイナンバーに関わる情報連携のアナウンスがあったり、また研修などにも最近の動向を知りたいということで研修に呼ばれるようになった。


2年近くたって、やっとマイナンバーやマイナンバーカードに関わる動きが具体的に見えて来たところなので、自分の社労士業界も今後あわただしくなる可能性が高い。


でも、まだまだやることは多いのも事実なので。。。






スポンサードリンク