いのちと健康高知センター

京都府の元労働者と遺族27人が、国と建材メーカー14社に損害賠償を求めたアスベスト訴訟で、最高裁判所は2審の大阪高裁で敗訴した10社中8社の上告を退ける決定を行いました。
内容を紹介した、高知新聞(2021.01.30付)を紹介します。

スベスト(京都)訴訟(2021.01.30付高知新聞)

「ダイオキシン含む除草剤 15道県の山中に26トン」(2021.01.25付朝日新聞)と報じました。
高知県内では、四万十町648㎏ほか3市町ですが、いの町(912㎏)と大豊町(540㎏)は「林野庁の通達と異なる埋設方法」がされ、土佐清水市は埋設量を含めて不明となっています。

ダイオキシン埋設(2021.01.15朝日新聞)

このページのトップヘ