20170711_07

こんにちは、「黒潮SHARK」代表のシバ(@cva_chance)です。

みんなで同じ部屋に泊り込んで、ゲラゲラ笑いながらポーカーに明け暮れる。
そんな多幸感に溢れたイベント、誰しも一度は想像したことがあると思います。

そこに行けば、どんな夢でも叶う、遥かな世界。
憧れのポーカー合宿に友人のポーカープレイヤーと参加してきました。

主催は四国を代表するポーカーサークル『香川ポーカー倶楽部』さんだ!


香川ポーカー倶楽部とは?

『香川ポーカー倶楽部』は香川県のポーカーサークル。
トーナメント開催、初心者講習会、合宿など幅広い活動を行っています。

うどんのエンブレムがチャーミングです!

20170711_01

いわゆる「草の根」のサークルながら、運営スタッフにJOPTファイナリストが在籍し、イベントに県内外の強豪が終結するなど、そのレベルはかなり高め。

四国のポーカープレイヤーにとっては恰好の修練場であり、私自身もプレイヤーとして、またサークル運営の後輩として大変お世話になっています。

マジで楽しくて勉強になるから、高知のプレイヤーはぜひ遊びに行くといいよ!


風光明媚なホテル「セカンドステージ」

今回、高知から合宿に参加するのは私と中四国最強店舗決定戦『PBL』でチャンピオンに輝いた若手強豪プレイヤー・178君。

いつかの香川遠征と同じメンバーです。

ポーカープレイヤーらしく「最近ポーカーで一番ビキビキ(#^ω^)きた話」とかで盛り上がりながら、車を駆って目的地へ。

20170711_02

今回の合宿を行う高松市・塩江温泉郷ホテル「セカンドステージ」

溢れんばかりの自然に囲まれた、風光明媚なところです。
初夏の新緑、光輝く湖、遠くに聞こえるウグイスの声……窓から景色を眺めるだけで贅沢な気分に浸れます。

20170711_03

おまけに温泉とポーカーまで楽しめるとか、控えめに言って楽園だよね。


イベント① ハンド公開トーナメント

で、到着するやトーナメント開始です。
6人シット・アンド・ゴーを3回行い、それぞれの上位2人で決勝を戦う形式。
香川プレイヤーの技術を思えば突破率1/3はかなりの狭き門といえるでしょう。

そしてなんと、今回のトーナメントはハンド公開配信つき!
トランプにQRコードが印刷されており、ギャラリーはディスプレイでプレイヤーの手札をチェックできます。

WSOPのテレビ中継みたいでカッコいい!

20170711_04

新しいことに挑めるフットワークの軽さって大事だな、とか思いつつ。

意気込んで臨んだトーナメント……ですが、手札がふるわずフォールドを繰り返し、徐々にジリ貧へ追い込まれるキツい展開。

クローバー_K クローバー_8 で参加したらエースが4枚めくれてナッツになったり、クローバー_A ハート_9 でのブラフをキャッチされて万事休すと思ったら相手も スペード_A ダイヤ_9 で引き分けだったり……面白い場面はあったものの、終わってみれば6人中4位で予選脱落です。

20170711_05

ぐぬぬ、手札の弱さに怯えず、もっと積極的に仕掛けるべきだったー!


イベント② 徹夜でだらだらポーカー三昧

とはいえ、トーナメントだけが合宿じゃありません。
夜になって参加者が増えるにつれ、会場のあちこちでミニトーナメント、リングゲーム、飲み会などがスタート。

「せっかくだし私も色々やってみよう!」ってことで、参加者が主催するセブンカードスタッド ハイ/ローのリングゲームに参加してきました。

20170711_06

セブンカードスタッド ハイ/ローは「表向きの手札」と「裏向きの手札」という2種7枚のカードで「最強の5枚」と「最弱の5枚」を作るゲーム。

強い役と弱い役、両方が完成すればチップ大量獲得のチャンスです。

テキサスホールデムに比べて運の要素が強いし、初体験のルールに戸惑ったし、勝てなかったけど……これはこれでめっちゃ面白い!

20170711_07

他にもチャイニーズポーカーやオマハ、ポーカー以外のボードゲームなどなど夜を徹して遊び尽くし、午前5時、布団が敷き詰められた寝室にダイブ。

大満足の1日になりました。

20170711_08

なんかハムスターの寝床みたいだね。


イベント③ メイントーナメント

翌日(?)は『香川ポーカー倶楽部』の定例トーナメント。
二日酔いと寝不足で気だるい空気が流れる中、総勢20名でスタートです。

レギュレーションは初期チップ$30,000(600bb)の30分ブラインド。
チップが多いので駆け引きを仕掛けやすく、それだけにプレイヤーの技量が試されます。

20170711_09

空調のキツさに耐えかねてモコモコになる人が続出したり、一睡もせず釣りに出かけていた178君が戻ってくるなり光の速さで破産&就寝したり。

おもしろハプニングがありつつも、ゲーム自体はハイレベルです。

20170711_10

序盤から仕掛けるプレイヤーが多く、ゲームがぐいぐいと動きます。
私も負けずにブラフでポットを奪ったり、状況次第でイマイチな手札でも参加したり。

おかげでゲーム開始から2時間で$45,000までチップを増やせましたが……お昼休み直前にとうとう見破られて$10,000まで急転落。

最後は スペード_J スペード_9 でのオールインを スペード_A ダイヤ_8 にキャッチされ、あえなく敗退となってしまいました。

すっごく楽しいトーナメントだったし、もっと楽しみたかったー!

20170711_11

この後、AJPC予選の練習を兼ねたサイドトーナメントに参加し、全チップの75%を独占しての圧勝を決めたところで、私のポーカー合宿は終了となりました。

なんだか最近、サイドイベントだけ強い人になっているみたい。
狙ったイベントで勝ち切れるよう、地力をつけなきゃいけませんね。


まとめ

というわけで『香川ポーカー倶楽部』主宰のポーカー合宿レポートでした。

遊びすぎて寝不足気味だけど……いやー、楽しかった!
トーナメントは面白いし、ポーカー仲間は増えたし、素敵な2日間を過ごせました。

自分の中でポーカーの世界がぐぐっと広がったような感じ。

こういったイベント、いつか高知でもできるといいなー!


20170529_01

こんにちは、「黒潮SHARK」代表のシバ(@cva_chance)です。

5月21日(日)、下知コミュニティセンターにて、ポーカーイベント『黒潮SHARK TOURNAMENT Vol.4』を開催しました。

初夏のさわやかな空気のなか、会場には総勢18名が集結!
招待制トーナメントを模したルールで真剣勝負を繰り広げました。

参加者の皆さまに心から感謝しつつ、イベント概要や反省点についてご報告します。


★ イベントの開催案内はこちら!

トーナメントの概要

トーナメントのレギュレーションは次のとおりです。

  • 採用ルールはノーリミット・テキサスホールデム
  • 初期チップは$15,000(300bb)
  • チップのリバイ(買い足し)なし
  • ブラインドは$25-$50でスタートし、20分ごとに上昇
  • 途中参加はレベル7開始時まで
  • 詳細なストラクチャーはこちら

今回のトーナメントのコンセプトは仮想『KRPC Final』!
その名の通り『Las Vegas』で開催される招待制トーナメント『KRPC Final』と全く同じストラクチャーを採用しています。

すでに招待されたプレイヤーにとっては数少ない練習の場に。
そうでないプレイヤーにとっても普段とは違うストラクチャーを楽しめるトーナメントにできたと思います。


イベント開催に向けた準備

会場はいつもの下知コミュニティセンター……の小会議室。

広い部屋がどうしても取れなかったのです。

C2LwX4SUAAANdwl

この部屋を使うのは1月のイベント以来。

2テーブルしか設置できませんが、170円/時間というコスパはやっぱり魅力です。
壁のアルコーブを荷物置きとして利用できるのも地味に嬉しいポイント。

大規模トーナメントを開くには窮屈ですし、今回のイベントもキャパぎりぎりでしたが、ポーカー勉強会などのイベントにはバッチリの場所だと思います。
広い会議室と上手く使い分けしたいですね!

トーナメント優勝賞品は前回に引き続きアミューズメント・カジノバー『Las Vegas』様からご提供いただいた「定例トーナメント招待券」。

20170509_03

定例トーナメントは毎月第2月曜日・第4土曜日に『Las Vegas』にて開催。
優勝すれば全国規模のトーナメントの参加券が手に入ります。

ハイレベルなシーンへ挑戦したいプレイヤーは奮って参加すべし!


当日の様子

今回のトーナメントは13時30分スタート。
同日に中四国規模のトーナメントが開催されており「これは人が全然集まらないのでは……」とハラハラするも、初参加の方を含めた17名にご参加いただきました

高知のポーカー人口の広がりが感じられて本当に嬉しい!

笑い声のあがる和やかな空気の中、会場をパンパンにしながらゲーム開始です。

20170529_06

トーナメントは比較的ゆったりとしたペースで進行。

とはいえ開始から2時間半が経過し、最初の休憩が明けるころにはテーブルのそこかしこで「オールイン!」の声が聞こえ始めます。

追い詰められた者にとっては起死回生のダブルアップを狙うため。
富める者にとっては所持チップを増やして揺るぎない優位を掴むため。

いずれにせよ、負けられない戦いです。

20170529_04

そして幾度とない衝突の結果……とんでもないモンスターが誕生しました

ファイナルテーブル開始時点でトーナメント全体の50%弱のチップを持ち、その後もプレイヤーの挑戦を退けながらジワジワと成長。

文字通り「山のような」チップでテーブルに君臨し続けます。

20170529_05

結果、ヘッズアップは$210,000 vs $40,000という大差の勝負に。
準優勝のプレイヤーも確かなスキルを持つ強豪でしたが……さすがにこのチップ差を覆すことは叶いませんでした。

ファイナルテーブルの魔王として暴れまわり『黒潮SHARK TOURNAMENT Vol.4』の頂点に輝いたのは……DMプレイヤー・流星さんです!

20170529_02

ちなみに今回のトーナメントには代表・シバも参加していたのですが、オールイン勝負で流星さんにサクッと飛ばされて12位終了。
彼が独走する一因になっちゃいました。

的確な判断と思い切りの良さがあり、ノッた時には手がつけられない。
今後も高知のポーカーシーンを騒がし続けるプレイヤーになってくれるはずです。

流星さん、優勝おめでとう! 今後も活躍をお祈りしています!

賞品の「定例トーナメント招待券」を持ってパシャリ。

20170529_03

最後は皆さんにご協力いただきながら撤収作業。
いつもながら感謝の気持ちでいっぱいです。

参加者のみなさん、今回もイベント運営を手伝ってくれたMちゃん。
本当にありがとうございました!


まとめ

というわけで『黒潮SHARK TOURNAMENT Vol.4』についてのご報告でした。

日程調整のミスがありつつも大勢の方に参加していただき嬉しい限り。
この調子なら3テーブル以上でのトーナメント運営も夢じゃありません。
今から体制を整えておかなきゃいけませんね!

次回のイベント開催予定は7月開催予定。

1ヶ月のお休みをいただいてしまいますが……これからも高知のポーカーをより一層盛り上げるために頑張っていきます!


vol4

こんにちは、「黒潮SHARK」代表のシバ(@cva_chance)です。

初夏の風がすがすがしい季節になりましたね。
せっかくだし日曜日は外出して……ライブポーカーしよう、ライブポーカー!

そんなわけで5月21日(日)、下知コミュニティーセンターで「黒潮SHARK TOURNAMENT Vol.4」を開催します。

どうか奮ってご参加ください!




★ 前回のイベントについてはこちら!

日時・場所

平成29年5月21日(日)13:00~21:00

下知コミュニティセンター 会議室A(高知県高知市二葉町10番7号)
  • 路面電車「知寄町一丁目」から徒歩4分
  • 高知ICから車で10分




施設利用にあたっての注意点
  • 駐車場がありません。近隣のコインパーキングをご利用ください
  • 館内は全面禁煙です

★ さらに詳しい下知コミュニティセンターの情報はこちら!

トーナメントについて

今回のメインイベントは大量チップをやり取りするディープスタック・トーナメント。
序盤から中盤にかけて多彩な駆け引きを楽しめ、破産しても1回だけ復帰できます。

20170509_07
(前回優勝者・フルヤさん)

山のようなチップをかき集め、頂点に立つのは誰だ!?


トーナメントとは?

トーナメントとは、ポーカーの競技形式のひとつです。

参加プレイヤーは定められた金額のチップを持ってスタート。
破産した方から退場していき、最後までチップを持っていたプレイヤーが優勝、その次が準優勝……といったように生き残った時間の長さに応じて順位が決められます。


レギュレーション

トーナメントのレギュレーションは以下のとおりです。

  • 採用ルールはノーリミット・テキサスホールデム
  • 初期チップは$15,000(300bb)
  • チップのリバイ(買い足し)は1回だけ
  • ブラインドは$25-$50でスタートし、20分ごとに上昇
  • 途中参加はレベル7開始時まで
  • 詳細なストラクチャーはこちら

今回のトーナメントは仮想 KRPC Final!
半年に1回、アミューズメント・カジノバー『Las Vegas』で行われる招待制トーナメントと同じストラクチャーで運営しちゃいます。

KRPC Final の雰囲気を味わいたい方も、本番前にストラクチャーを体験しておきたい出場者の方も奮ってご参加ください!

その他の規約についてはこちらをご覧ください。


タイムスケジュール

トーナメント開始は13:30、終了は20:00予定です。
また、3~5レベルごとに15分の休憩を設けます。

タイムスケジュール
(クリックで拡大版を表示)


優勝賞品

前回から引き続き、優勝者にはアミューズメント・カジノバー『Las Vegas』が主催するKRPCトーナメント参加チケットをプレゼント!

チケットの詳細は以下のとおりです。

  • アミューズメント・カジノバー『Las Vegas』で毎月第2月曜日、第4土曜日に開催される定例トーナメント参加費が無料に!
  • 同店舗のSit & GoおよびKRPC Finalでは使用不可
  • リエントリー、アドオンは参加者負担

なお、賞品についてはアミューズメント・カジノバー『Las Vegas』さんのご厚意によりご提供いただきました。

ありがとうございます!


参加費

800円


定員・参加申込

トーナメントの定員は18名です。
会場の都合でいつもより少なめの人数しかお受けできません、ごめんなさい!

参加申込は下記リンク、もしくはイベント当日に会場で受付します。
ただし参加者が定員に達した時点で応募を打ち切りますので、どうかご了承ください。



20170509_01

こんにちは、「黒潮SHARK」代表のシバ(@cva_chance)です。

4月30日(日)、下知コミュニティセンターにて、ポーカーイベント『黒潮SHARK TOURNAMENT Vol.3』を開催しました。

会場には「GWだってポーカーしたい!」というベテラン勢から非ポーカープレイヤーのフレッシュな面々まで総勢17名が集結!

リニューアルした優勝商品を奪い合い、熱いゲームが展開されました。

参加者の皆さまに心から感謝しつつ、イベント概要や反省点についてご報告します。


★ イベントの開催案内はこちら!

トーナメントの概要

トーナメントのレギュレーションは次のとおりです。

  • 採用ルールはノーリミット・テキサスホールデム
  • 初期チップは$10,000
  • ブラインドは$25-$50でスタートし、20分ごとに上昇
  • リエントリー・アドオンは1回だけ 
  • 途中参加はレベル7開始時まで
  • 詳細なストラクチャーはこちら

チップがなくなっても1回だけ復活できるトーナメント。
初期チップも多めに設定しており、思う存分ポーカーを満喫できる仕様です。

本当は初期チップを$15,000にしたかったんですが、参加者が予想以上に多かったのでやむをえず減額することに。

嬉しい悲鳴……とはいえ、企画段階の目論見が甘かったことは要反省ですね。


イベント開催に向けた準備

会場はいつもの下知コミュニティセンター。
50人を収容できる会議室を使用して、のびのびとプレイできる環境を整えました。

3テーブル設置しても余裕たっぷり。
それでいてコスパも良好という最高なスペースです。
窓が大きくて部屋が明るいこと、風通しがいいことも個人的にはグッド!

20170509_02

そして!
今回から新しい優勝賞品を導入しました。
トーナメントの頂点に立ったプレイヤーには、アミューズメント・カジノバー『Las Vegas』様からご提供いただいた「定例トーナメント招待券」が進呈されます。

20170509_03

『Las Vegas』の定例トーナメントは毎月第2月曜日・第4土曜日に開催。

『黒潮SHARK』のイベント常連さんにも毎回のように参加しているレギュラーが多く、より魅力的な賞品を提供できたと思います。

プライズって参加者のモチベーションにすっごく影響する部分だし、これからもよりよい内容を目指して工夫していきたいですね!


当日の様子

今回のトーナメントは13時スタート。
午前中からポツポツと人が集まり始め、最終的には過去最高の17名がトーナメントに参加することになりました。

このペースなら3テーブルで進行する日も遠くないかもしれません。
本当にありがたい限りです!

そして、今回のトーナメントは参加者がとってもフレッシュ!
Twitterでイベントを見かけて興味を持っていただいた方、過去のポーカー体験会に参加された方など、イベント初参加のプレイヤーが大勢いらっしゃいました。

20170509_04

特に活躍したのがTCG『デュエルマスター』のプレイヤーたち。

もともと対戦ゲームに慣れているからか、はたまた伝道者である宮本たちうお君の指導の賜物か、ベテラン相手に一歩も引かず熱い勝負を繰り広げます。

ニュージェネレーションの台頭、胸が熱くなりますね!

とはいえ、旧来のプレイヤーだって負けてはいません。
互いに技術と運の限りを尽くしてぶつかりあい……とうとう、最後の2人が残りました。

20170509_05

ヘッズアップは『Las Vegas』常連 vs 『デュエルマスター』プレイヤーという新旧世代の雌雄を決するがごとき組み合わせ。

互いに$150,000以上のチップをかき集め、じりじりと鍔迫り合いを繰り広げます。

負けられない、負けたくない。
そんな気持ちが伝わってくるような緊迫感溢れるゲーム展開。
ギャラリーたちが見守る中、山のようなチップが右へ左へと揺れ動き……トーナメントが7時間を越えた頃、ついに決着の瞬間が訪れました。

『黒潮SHARK TOURNAMENT Vol.3』の頂点に立ったのは『デュエルマスター』からの刺客、フルヤさんです!

20170509_07

一度は崖っぷちまで追い込まれながらタフコール連発で盛り返し、最後は会心のフロップツーペアで頂点への道を切り開きました。

優勝おめでとうございます! これからも高知のポーカー界隈を盛り上げてくださいね!

そして、今回もサイドイベントとして参加者主体のミニトーナメントが開催。
いつもながら頭の下がる思いでいっぱいです。

みなさんのご協力で『黒潮SHARK』は成り立っています!

20170509_06

もちろん撤収作業も迅速に終了!
ゴミも余さず持ち帰り、無事にイベントを終了することができました。

参加者のみなさん、今回もイベント運営を手伝ってくれたMちゃん。
本当にありがとうございました!


次回への改善点

ここからは反省会です。


トーナメントは午後スタートに

トーナメント開始時刻が午前中だと間に合わない参加者が増えちゃうんですよね。
レイト・レジストレーションはできますが、初期チップのままブラインドが上がるとプレイの選択肢が狭まるし、どうせなら最初から楽しんでもらいたい!

そのためにも今後のトーナメントはできるだけ午後スタートにします。
13時~19時くらいで優勝者を決めることができればベストかな?

すべてのプレイヤーにベストな開始時刻、トーナメント時間を探していきたいですね。


新しい企画を立ち上げる

普通のトーナメントも楽しいけど、それだけじゃ物足りない!
サークル活動も軌道に乗って来たし、新しいことにチャレンジすべきだと考えています。

やってみたいことは色々。
ふたりひと組でポーカーするチーム戦、ヘッズアップによる勝ち抜き戦。
いっそテキサスホールデムから離れ、別種目のポーカーでトーナメントを開催するのも面白いかも知れません……ポットリミット・オマハとかやりたいな。

夏ごろまでに企画をまとめて、よりポーカーを楽しくするナニカを仕掛けたいですね!


まとめ

というわけで『黒潮SHARK TOURNAMENT Vol.3』についてのご報告でした。

参加者も増加傾向だし、ひとまず軌道に乗ったかな?
この調子で、より楽しいイベントを目指したいと思います。

次回のイベント開催予定は5月21日(日)

高知のポーカーをより一層盛り上げるため、皆さんのお越しをお待ちしています!


20170324_05

大きなトーナメントに出場して、強敵を蹴散らして、頂点に立つ。
競技ポーカーのプレイヤーなら誰もが抱く夢です。

そんな憧れの舞台に、高知のプレイヤーが挑んできました。

目指すは上位入賞、そしてその先の海外トーナメント出場だ!


ポーカー甲子園とは

参加したのは第10回ポーカー甲子園
NPO法人日本ポーカー協会が主催するトーナメントです。

ポーカー甲子園2017

前回の開催では本戦に647人、予選に7,000人以上のプレイヤーが参戦するなど、国内のポーカーイベントでは最大級の規模を誇ります。


20170324_09


まさに日本を代表するモンスタートーナメントであり、それゆえ賞品も超豪華!

優勝者に海外トーナメントへの参加経費100万円が贈られるほか、上位入賞者にもそれぞれ参加経費がサポートされます。

つまり、この大会で勝てば憧れのラスベガスやマカオに行けちゃうってこと。
未曾有のチャンスに胸がトキメキますね!


決戦のステージはダイニングバー『Arekey』

勝負の舞台は兵庫県・西宮市のダイニングバー『Arekey』。
ポーカー、ブラックジャック、バカラ、ルーレットが楽しめるほか、お酒やお食事だけの利用もできるオールマイティなお店です。
ペンギンのワンポイントつきウッドサインがオシャレ!

20170324_02

店内は広々として、カジノゲームのお店とは思えないほどクリーンな雰囲気。

フロアにはプロジェクターやスクリーンが設置されており、ディナーミーティングや結婚式の二次会にもよさそうです。

20170324_03

プロジェクターはブラインド表示にも活躍してくれました。

そして、最大の特徴がこちら!

20170324_04

ペ、ペ、ペ、ペンギンだー!
お店のマスコット、ケープペンギンのペンペン(♀・18歳)です。
 
犬小屋ならぬペンギン小屋に住み、付属のプールでのんびり泳いでいました。
かなりのお婆ちゃんですが、それだけに動きがおっとりしてて可愛い!

テンションが上がって写真を撮りまくっちゃいました。
動物園以外でペンギンを見るなんて贅沢な体験だ!


トーナメントの概要

ポーカー甲子園はDay1とDay2の二部構成。
ダイニングバー『Arekey』ではDay1トーナメントだけが開催されます。

トーナメントのレギュレーションはこんな感じ。

  • 採用ルールはノーリミット・テキサスホールデム
  • 初期チップは$15,000~$30,000(私は$25,000)
  • ブラインドは$50-$100でスタートし、30分ごとに上昇
  • リエントリー・アドオンは不可 
  • 途中参加はレベル7開始時まで
  • 参加者は48人。残り4人になった時点で終了

ゆったりとしたペースで進行するトーナメント。
それだけに運の要素が薄く、プレイヤーの腕の差がモロに現れます。

トーナメントを勝ち抜いて、Day2に進出できるのはたったの4人。
 
タフな戦いになるでしょうが……ここまで来たからには勝ち残りたい! 
レッドブルを一気飲みして気合を入れ直し、いよいよゲームスタートです。




仲間たちと「ファイナルテーブルで会おう!」とエールを交わして。

いざ、Shuffle up and Deal!


ポーカー甲子園 Day1 レポート

さあ、勝負の始まりです!

トーナメントはアグレッシブなプレイヤーのリードで進行。
ほかのプレイヤーが様子見してる隙をつき、テンポよくチップを獲得していきます。

このまま好き放題されるのもアレだし、なんとか衝突してスローダウンさせなきゃ……と思っていたところで、手札は絶好の クローバー_A スペード_K
 
件のプレイヤーのレイズ$500に対してリレイズ$2,200、相手が降りて今大会初のポット獲得となりました。

20170324_08

さらに同じ相手がコールしたのを見て ハート_A ハート_9 でレイズ$800。

フロップでの9ペア完成からベット$1,400はコールされ、ターンでのフラッシュに見せかけた相手のベット$2,800をコールして、リバーはお互いチェックチェックで……相手の手札は クローバー_6 ダイヤ_6 でこちらの勝ち!

トップを叩きつつ$5,000以上のチップを獲得できました。

好調な滑り出しに心のなかでガッツポーズ。
この調子で突っ走ってチップを増やし続ければ、すわ初日突破!?……なーんて皮算用を始めたところで人数調整によるテーブル移動です。

20170324_07

新しいテーブルはひっきりなしにオールインが飛び交う激戦地。
おまけにチップリーダーは推定$100,000の莫大なチップを持っています。

きっと恐ろしいことがあったんだろうなあ、とか想像しながらプレイに参加しますが……先ほどまでの順調さと打って変わって、配られるのは紙クズばかりです。

1時間にわたってエースはおろかキングすら手に入らないって流石にどうかしてる!

気付けば所持チップは$20,000以下。
緒戦のリードも吹っ飛び、頭を抱えていたところで……結果的にこのトーナメントで最強の手札となる スペード_A スペード_Q が到着しました。
 
20170420_04

これまでと比べれば宝石のようなカード。
手前では$9,000ばかりのオールインが入っていますが、この手札なら十分過ぎるほどの勝率が望めるでしょう。 
 
なにより、ここで勝ってチップを増やさなきゃ生き永らえても未来はありません。
呼吸を整え、祈りを込めてオールインコール!

相手は ハート_T ダイヤ_T

勝率はほぼ五分五分でしたが……ターンで クローバー_T がめくれたってことは、この日は私の日じゃなかったんでしょうね。

そして、この後も起死回生のチャンスは訪れず。

20170420_01

最後は スペード_A スペード_7 でオールインし スペード_T クローバー_T にキャッチされて決着。

私のポーカー甲子園は4時間足らずで終わりを迎えました。
最終順位は31位。本気で突破を狙ったにしてはあまりにも不甲斐ない成績です。

ちくしょー! こんなはずではー!!


Day1終了、勝負の行方は……!?

とはいえ、戦いはまだまだ続きます。

トーナメント開始から8時間が経過し、死屍累々の果てにファイナルテーブルが決まったとき……そこには1人の高知勢の姿が!

20170420_06

アミューズメント・カジノバー『LasVegas』常連であり『黒潮SHARK』トーナメント準優勝の経歴もある強豪プレイヤー・まりも君です。

いつも物静かな彼ですが、この日はマジで輝いていました。

テーブル4番手の$190,000でファイナル突入したと思いきや、驚異的なアグレッションでスタックを倍増させてチップリーダーへと大躍進!
 
その後、チップを大きく減らすも起死回生のストレートで戦線復帰!

敗退した仲間たちの視線を背に、たったひとりで戦い抜きます。

20170420_07

上昇を続けるブラインドのなかでプレイヤーはひとり、またひとりと脱落し……。

そして、運命の瞬間がやってきました。

20170420_08

トーナメント終了! まりも君は4位でDay1突破です!

本当におめでとう! Day2での健闘をお祈りしています!!

20170420_05

ちなみにその頃、私はサブトーナメントに出場して無駄に準優勝してました。

ぐぎぎ、この勢いが本戦で欲しかったー!


まとめ

というわけで第10回ポーカー甲子園レポートでした。
Day2進出のまりも君、そしてほかのプレイヤーの皆さんに、まずはお疲れさまと言いたい気持ちでいっぱいです。

私自身はダメダメな成績でしたが、県外プレイヤーと真剣に戦った経験はこれからのポーカー人生で大きな糧になるんじゃないかと思います。

なにより、デッカいトーナメントは超楽しい!
これからもチャレンジを続けて、よりよい結果を目指したいですね!

↑このページのトップヘ