「人間も捕まりそう…」壮大なクモの巣がミズーリ州で発見される

毎週木曜日のヒルここ“渡邊武蔵のRadio’s High”では・・・

画像1

アメリカ・ミズーリ州の自然遊歩道で、人間も捕えられてしまいそうなクモの巣が見つかったそうです。

現地の自然保護スタッフが撮影した写真が、アメリカ全土で話題を集めていました。

Missouri Dept. of Conservation


画像2

恐ろしくも美しい……。

正確なサイズは不明ですが、大きさよりもその密度と乱れのない正確性に驚かされます。

これほどの巣を張るのだから大きなクモと思いきや、コガネムシ科の平均0.5インチ(1.27cm)くらいの小さなクモだそうです。

場所はスプリングフィールドの自然遊歩道(トレイル)。

もし暗い時間にここを通ったらと思うと怖いですが、クモが小さいのが救いですね。



世界の不思議や名所、文化を学びながら日本を知る

毎週木曜日のヒルここ”Radio’s High”今週はアメリカで見つけた生き物の神秘をご紹介しました☆彡

その場に行かなくても感じることのできる・・・

could feel the emotion