月曜ゆうココ「アスリートのチカラ」!!
今日は、福島ファイヤーボンズ 栗原貴宏ヘッドコーチを
お迎えしました!


IMG_7390

郡山出身の栗原貴宏ヘッドコーチ。
現役時代は日本代表としても活躍なさいました。

選手時代から変わらない入念な準備を大切にしながら、
指導者としての経験を積み重ねてこられました。
そんな中、今シーズンはご自身も初めて経験した

「シーズン途中でのヘッドコーチ交代」

経験した事のない状況に加え、そのヘッドコーチが自分自身。
初めての大役に最初は不安だったそうですが、
ヘッドコーチを引き受けた事で、アシスタントコーチの時以上に
多くの経験をされたそうです。

真面目な選手達が多く、オフも休まずトレーニングに取り組む選手を心配したり、
選手だったからこそ選手への言葉掛けを考えすぎて遠慮したり、
あーすれば良かったと思う事もあったそうです。
そのすべてがヘッドコーチ1年目の経験として、これからも忘れられないのだろうと
感じました。

シーズンの中で感動した試合は、1月初めのアルティーリ千葉とのGAME2。
苦しいチーム状況の中、ヘッドコーチとしてどう判断するか悩んだ時。

「選手達は誰もあきらめていなかった」

選手達のその姿にグッときた。と仰った栗原ヘッドコーチ。
その時の感動を思い返したのか、感慨深げな表情が印象的でした。

選手との信頼関係を築き、チームスタッフと一丸で走りきった今シーズン。

「結果は出なかったけれど良いシーズンだった」

と思えた事は、次に繋がるはずです。

そんな栗原ヘッドコーチのチカラになっていたのは「ブースターの声炎」

昨年以上に多くの方が会場に駆けつけチームを応炎してくださった事は、
チームだけでなく栗原ヘッドコーチの背中も押し続けていた事でしょう。

栗原ヘッドコーチ、今シーズン本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!