メタビート




ほぼ罠しか変えてないですね。

よくよく考えれば、賄賂よりもアドが取れるスタロを優先した方がいいことに今更ながら気づきました。
それに伴い御前も抜けました。
反転世界ですが、これは閃光と喧嘩する問題以前に光との相性が良すぎるので採用するしかないなと思います。
あとはメイン醒めないですね。
ほぼメインにあっても困らない上に見なきゃならない相手が多いので…。
やはり無限コズサイは強いです。

サイドですが、普通のサイクロンを投入しました。
追放者が立ってるならノーコストコズサイですしね。


なかなかバランスが取れてきたんじゃないかなと思ってます!
これからも精進いたします。

メタビート





CSで結界像使って1-3で、今度こそけじめをつけないとならないなと思いました。
というわけで追放者ビートです。


・モンスター
追放者6枚ですね。
こいつら以外の余計なモンスターを入れるとそこから突破されるので6にしました。
もうこれしか手がないと思います。

・魔法
積めるドロソは目いっぱい積んでます。
モンスター6なのでこれぐらいしないとまず引けないですからね。

・罠
メタビートはここが肝ですね。

好敵手の記憶を入れることで、光の追放者でライフ取りができない問題をある程度解消できます。
反転世界と違い、閃光の追放者とも喧嘩しないので使いやすい1枚ですね。
これで真竜のモンスターをパクれればかなり優位に立てます。
ドラDの上昇分はお互いですからね…。

それと御前試合です。
ジズキ・サンダー以外の壊獣を防ぐのと恐竜ケアですね。
追放者しかモンスターが入ってないので無理なく入りました。
脱出や破壊輪が入っていないので、相手を縛る永続が欲しいというのも理由の一つですね。

・サイド
壊獣スイッチやめて普通のにしました。
普通に環境にあんまり刺さってなかったのが理由です。

月書サイドは、「返せてなおかつ守れる札」っていうのを探した時に一番しっくり来ると思ったからですね。
後攻からこれ打って削りにつなげる動きもいいです。

醒めないは単純に割るカードが足りてないと思ったのと、追放者が立ってる状況なら無限コズサイみたいにできるので採用に至りました。
割りたい永続が結構増えてきたので、サイドにあって損はないと思ってます。



結界像好きだったんですけどね…。
まあ仕方ないです。

このデッキで切り替えて頑張ります!!


余談ですが、近々動画作ろうかなって思います。
リプレイ撮れ次第作っていきますので、乞うご期待。
期待されてなくても作っちゃいますけどね。

結界像





タイトル通りですね。
もう結界像使いたい欲がマックスまで来てしまって…。


構築自体はかなり基本に忠実ですね。
聖槍・勅命で相手の月書をケアできたらなって感じです。
全体的にメインには守る札を多く積みました。
エアフォピンがちょっとしゃれてますね。


真竜さえ消えればなって思いますが、もうその辺は割り切ることにしました。
使いたいデッキ使うのが一番ですからね。

もう1回、結界像と向き合ってみます。
では、また!

↑このページのトップヘ