結界像







サイドスイッチやめてソフトにしました。
これの方が色々融通効いて使いやすいのと、スイッチ自体が強くないです。

メインデッキにディメンションガーディアン投入です。
破壊耐性が欲しいシーンが結構多かったですね。
幻影剣の耐性使ってしまうと打点が落ちますし、はじめから耐性つけるためだけのカードというのも悪くないかなと思えてきました。
魔術師の紫毒に強くなるのが個人的にポイント高いです。

サイドデッキはソフトになったため、インスペまで入れることができました。
以前まではこういう結界像の裏目ケアは追放者の枠でしたが、今はこういうカードがあって心強いですね。
後手捲りの時に入れてもなかなかです。
ラストリゾート付きのボルテックスがいても、その他のリンクを除去できれば捲るチャンスができますからね。


だいぶ固まったので、あとは練習あるのみですね。
頑張ります!

結界像







スイッチを大掛かりなものにしました。
全部スイッチパーツになってしまいましたね。

メインはちょっと前まで使ってたやつに戻ってます。
この感じが安定感ありますね。


具体的な捲りプランとしては、
①Gを引く
②壊獣でラスリゾボルテックス除去から、拮抗か簡易にトライゲートを使わせてブラホか妨げ
③簡易でミレニアム出して効果を使わせる行動をしてトライゲート使わせてから拮抗、残った1体を除去
④拮抗2発からブラホか妨げ

といった感じですけど、なんにせよ噛み合いですね…。
きついことには変わりないですけど、一歩でも前へ進めてたらいいなって感じです。
具体的に捲れる方法が出てきたのは大きいと思ってます。

とりあえずサクリを買おうと思います。
これからも頑張ります!!

結界像




主に大きくいじったのはサイドデッキです。
ミレニアムアイズサクリファイスの登場で簡易融合をサイドに入れられるようになりました。
詳しく解説します。


メインデッキ

醒めない・通告をメインに持ってきました。
警告にあまり強みがなかったので、モンスターが出た後にラストリゾートを付ける動きに対応できる通告や醒めない優先しました。
前回は守る札を多く採用しましたが、守れない札もこのぐらいだったら積んでもいいかなと思い採用です。
僕の中でのボーダーラインは守れない札9枚ですね。これを超えてしまうと守れない札過多になってしまい本末転倒になってしまうケースが目立つように感じます。
今回は8枚ですが、サイチェンも注意して10枚以上にならないように工夫してるつもりです。

サイドデッキ

ガラッと変えてますね。
昔やってた壊獣スイッチに、簡易融合まで入れた捲りプランを採用しています。
その分誘発はGのみになっていますが、なんにしても現状Gしか頼れる誘発はないのでGで捲り札引き込む感じです。
簡易ミレニアムでうららやトライゲートを強引に踏み越えていきます。
ミレニアムは効果発動にチェーンして吸収したモンスター効果を無効にできるので、トライゲートを貫通させたブラホ妨げを打つことができます。
妨げやゴードンにうららをもらいそうな時でも、墓地のうららを装備すれば無効化できるのでありがたいですね。
壊獣は小さいの4つです。 だいぶ前も解説しましたけど結界像でも超えられる見込みがある打点なのはこいつらしかいないですからね。
壊獣で置物を掃除してから簡易ミレニアムでさらに掃除していければ理想ですね。
サウサクも一応入ってます。 送った壊獣を処理しきれないときに役に立ちますからね。



まだまだ通用するかは未知数ですけど、これぐらいしか捲りプランが思いつかないのでひとまずはこれに賭けてみます。
しばらく修行ですね。

これからも精進いたします。

↑このページのトップヘ