メタビート





ドロソを削って罠型にしました。
魔封じ勅命が入るのが強みですね。
先攻盤面は強くなりそうです。

それとパンドラですね。
ドロソを削った分モンスターを補填しました。
この構築なら特に噛み合いが悪いわけでもないですし、普通に運用できると思います。

最後に、この構築の目玉は好敵手の記憶ですね。
SS封じてないのでこういうカードも入るようになりました。
光の追放者のみのビートだとライフ取りが遅くなってしまうので、相手モンスターも利用してさらに叩いていきます。
余談ですがこのカードは昔、僕が結界像ビートする前に愛用していたカードだったので思い入れはあります。


なかなか固まってきたんじゃないかと思ってます!
本格的に動画用のデュエルを集めていこうと思います! 

頑張ります!! 

メタビート






どうしても真竜に勝てないため、視点を変えてみました。

見てのとおり、2種類の追放者でマクロビートしていく形をとります。
光の追放者が100打点しかないため、そこをカバーするのが…


・カルコス
これでロックをかければ高い方しか殴れないので、光の追放者を守れます。 
閃光の方に守ってもらうのが主な使い道ですね。
500上げて600にできるのもポイント高いです。

・幻影剣、幻影翼、ロケハン
おなじみのカードですね。
こいつらで多重パンプをかけて守ります。
しかし、ロケハンの効果をよく見ると「800以上のモンスター」にしか付けれないので、なにかで800以上にした後で処理後ロケハンを付けていきます。


あとは、SSを封じていないため脱出破壊輪通告警告虚無空間といったパワカを惜しみなく投入しています。
特に虚無空間は追放者と相性抜群で、追放者が場からいなくならなければ壊れないという状態にできます。 
こういうパワカが無理なくガン積みできるのは強いと思いますね。


あとは、相手が純十二とかのSS多用だった場合に備えパキケジョウゲンをサイドインさせてスイッチ想定です。 
ジョウゲンも光の追放者みたいな原理で多重パンプできるので、結界像より穴のないこちらを選択しました。
起動効果で十二展開を捲れるのも大きい要素ですね。


CSが大方終わったころに自信ある構築にたどり着いてしまいました…。
もっと早くこういう路線に行けばよかったです。

かなり勝てるようになったので、このデッキで動画作成を考えています。
リアルカードも買わないとダメですね。

 
これからも頑張ります。 

メタビート






またまたサイド変更版です。


よく考えたらG入れてなかったですね…。
これは欲しかったです。

それと生贄封じとアンワですね。 
真竜メタを手薄にしてはいけないです。


もうメインもいじってないので、書くことほとんどなくなってきました。
やっぱりサイドとサイチェンって大事ですね。 

近々動画作れたらな、と思ってます。
頑張ります! 

↑このページのトップヘ