結界像









結構変えたので、とりあえず順を追って解説します。

・モンスバランス
前から使ってた8成金に戻しました。
最近調べたんですが、8成金と9成金無しだと初手モンス率がそれぞれ73%と74%で1%しか違わなくて、その1%を捨てて被り率を抑えた方がいいことにだんだん気づき始めました。
実際に数字で出るとはっきりしますね。
まあこれは他のドロソ考慮してないのでもっと高いんですけどね。

・月書
リブート下でも使える貴重なバックです。
結界像なら一撃をいなせれば止まってくれるので、こういう使い切りフリチェはありがたいです。
最近またトリックスターやHEROが強いので、それへのメタとしても有効です。
そいつらが積んでくるグラットンにも有効なのが素晴らしいですね。

・賄賂
タイトルにも書いた通りですね。
とにかくレッドリブートがきついのと、最近はメイン帚もちらほら見るようになってきて止めたいカードが多くなってきたので採用しました。
SPYRAL時代によくやった、盆回しされてきたフィールドを止める使い方もしていきます。
サブテラーの決戦や時空のPグラフといった天敵も幅広く見れていい感じです。

それと結界像が減ったことにより、インスペ3プランができるようになりました!
トリスタ・サブテラー等の苦手を一気に見れてかなり優秀だと思います。


環境が見えてきて面白くなってきましたね!
近年まれに見る大混戦になって興奮します。

2月下旬のCSに向かって調整を繰り返していきたいですね。
これなら頑張れそうです!
では、また。