40代でも妊娠した方法。自宅不妊治療

40代でも妊娠できます。私は38歳で一人目、41歳で二人目を妊娠し、無事元気な子供を出産する事ができました。これもアキュモード式妊娠術と、私の中で子供を諦めない気持ちが強かったからだと思います。

40代手前の私が妊娠できた方法

アキュモード式妊娠術
不妊症の悩み

もし貴女が上記のような事がいくつも当てはまっても
妊娠を諦めないで下さい。

なぜなら、今から私が高額で辛い不妊治療や投薬・漢方・サプリを使わずに、
あなたを自然妊娠させる方法をお伝えするからです。
私も半信半疑でしたが、38歳で妊娠する事ができました。
子作りを始めて10年が経ち、諦めかけていた時に起きた奇跡です。


まずは実際の体験者の成功例を見てください
体験者の声
本当に妊娠できますか

私は基礎体温を測り、排卵日を予測したり、それを2年続けましたが
妊娠できなかったので次は産婦人科に通い、ホルモン注射や排卵誘発剤等を試し
5年目には姑の小言が気になって精神的にも参ってしまい、うつ病にもなってしまいました。
うつ病が良くなった頃に体外受精を試みましたが、費用が安い大学病院で受けたので
肉体以上に大学院生等に見られる事で精神的苦痛の方が大きかったです。

しかし私はやっとアキュモード式妊娠術のお陰で妊娠する事ができました。


私が行った不妊治療は下記の通りです。
  • まず、不妊症の通院をする
  • 排卵をうながす薬を飲んだり、サプリメントを飲む
  • 医師の指示通りにタイミング療法を行なう
  • そして、最終的に体外受精を行なう

上記方法では思った成果を得ることはできませんでした。

私は私と同じように不妊に悩める友人やインターネットで知り合った知人に
アキュモード式妊娠術を進めてきました。
何故なら彼女達の方法に足りないものがあったからです

それは、受精し着床する「妊娠力」と、胎児が順調に育つ「妊娠維持力」。

赤ちゃんを授かるのに必要な「産む力」が足りていないからです。

そこで、一般の方でも自分で妊娠力をつけられる妊娠術をまとめ、
不妊症に悩む方たちに試してもらいました。


すると、1ヶ月もしないうちに、

「検査薬で陽性! 妊娠しました!」
「冷えや生理痛がなくなって、体質が変わった!」
「5年ぶりに薬無しで排卵しました!(* ^0^ *)」

など、たくさんの感謝の声をいただいたのです。


SETP1

妊娠を邪魔する冷え・子宮や卵巣の問題を取り除くと同時に、
リラクゼーションも取り入れて、心身ともに赤ちゃんを受け入れる準備を整えます。

SETP2

元気な卵子を作り、排卵・受精し、無事着床し安定していく「妊娠力」を備えていきます。

SETP3

流産、死産を防ぐために、ふっかふかの子宮のベッドと、
赤ちゃんに絶え間なく栄養を送れる“理想的な子宮環境”を準備します。

また、ハンデの無い元気で健康な赤ちゃんを授かるポイントをおさえておきます。


クリック
たったこれだけで、この妊娠術を試した4,000人と同じように、
薬や体外受精などの不妊治療に頼らず、妊娠体質に変われるのです。


不妊治療は高額で肉体的にも精神的にも家系的にも辛いので自宅でできるのは本当に有り難いです。

妊娠・出産を “自信と余裕を持って” 迎えられるでしょう。


ですから、あなたもこの方法さえ知ってしまえば、

自然妊娠

と、嬉しい悲鳴を上げる事が出来るのです。

具体的にどうすれば妊娠
はい、そんなあなたの為に、

“アキュモード式不妊症改善セルフケア”

という、特別DVDを紹介いたします。


このDVDには、あなたを妊娠しやすい体に変える方法から、
子宮の問題を解決し、妊娠・出産まで導く全ての方法を詰め込んでいます。



あなたが、不妊治療の苦痛から解放され、
元気な赤ちゃんを授かるための全てを、
具体的に、明確に伝えるものです。

ですから、どんな状況でも、

「こういう場合はどうすればいいのか?」
「具体的に何をすれば、妊娠するのか?」


が一目で解るようになっています。

不妊症に苦しんだ人のために

「こんな方法があれば・・・」


と思い描いていた方法を実現させ、明確に解説しています。

赤ちゃん授かりました
エコー画像

あなたは本気で、赤ちゃんが欲しいと望んでいますか?


もし、そうでないのなら、この先は読まずにホームページを閉じて下さいね。

なぜならこのプログラムは、
「自宅で妊娠体質になる方法や、
子宮の問題や生理不順など関係する症状全てを改善する為の
全てが詰め込まれた」プログラムです。



どんなに効果のある治療方法でも貴女の妊娠したいという気持ちが
強くなければ思うような効果は得られません

「北村さん、私は本当に悩んでるんです。
冷やかしではありません。

でも心配なのが、治療費ってスゴイ高いし、
きっとこのDVDも高いんですよね・・・」



不妊治療に通院すると100万円以上はかかります。


一般的には以下のような価格が必要になりますよ。

不妊症改善の方法 薬・サプリメント 受診・治療費 合計
体外受精 ¥103,210
(投薬・検査)
¥315,000
(採卵~胚移植)
¥418,210
(1回ごとに)
サプリ・ヨガ・整体 ¥9,450
(1ヶ月)
¥60,300
(整体月4回・ヨガ1ヶ月会費)
¥837,000
(年間)
アキュモード式
不妊症改善セルフケアDVD
¥0 ¥0 DVD代のみ

通院ならばこのまま医師に任せるばかりですが、
このDVDではあなたの手で妊娠体質に変えていくことが出来ます。

不妊治療のように手術や投薬に何百万円も費用がかかる事もありません。

さらに、薬の副作用に悩まされ、
不妊のストレスから心身のバランスを崩してしまう事もありません。

もし、あなたが自然妊娠し、
元気な赤ちゃんを無事に産めたら・・・
お金で変えない価値が有ると思います。


アキュモード式妊娠術
赤ちゃんに会いたい
全額返金
きちんと実践したのに効果がなかったら・・・?

はい、実践したのに妊娠せず、赤ちゃんを授からなかったらお代金を頂く訳にはいきません。
ですから、全額返金させて頂きます。

ただし、実践された方達の結果からもわかるように、
私達はこの不妊症の改善方法に誇りと自信を
持っていますので、しっかりと実践していただいた方のみを返金とさせていただきます。

アルコールと不妊

研究者は男性を見て、研究は、アルコールやカフェインは、実際に生殖能力に影響を与えるかどうかを証明するものではありませんと、彼女は言った。

他の研究は、アルコールがに毒性があることを示唆している精子、また生殖医療のためのアメリカの協会の会長であるソコルは言った。

カップルは、研究からの情報で何をすべき? 「私たちは認識しているように、これはこれが報告されたのは初めてです」と彼は言った。
 「誰もが患者への強い勧告を行うことができます前に、もっと多くのサンプルが存在する必要がある。」


しかし、不妊夫婦の男性のための "我々は非常に多量摂取でのアルコールは良いものでは無いことは他の研究者も知っている"と彼は言ました。
 「この研究では、アルコールのレベルは非常に控えめである。」

ソコルも節度を助言した。 
「すべてが潜在的に影響を与える可能性があるので、それは彼らが薬や化学物質の使用を中等度の妊娠を開始しようとしているカップルの最善の利益である生殖能力を高める」

農薬から残留物を含む果物や野菜を食べることが精子の質に悪影響を及ぼす可能性があることを示唆しています。
有機食品は、より良い代替手段となる場合があります。


 

男性のコーヒーと不妊の因果関係

2014年10月20日(月曜日)コーヒーは妊娠の成功妨げる可能性があると新しい研究が示唆している。

しかし、父親による軽度のアルコール使用を通して妊娠の確率を高めるに役立つかもしれないと調査結果は示している。


ボストンの研究者はコーヒーの消費量を削減し、それでも、これらの予備的な結果であり、間違いなく驚くべき研究成果である「研究共著者のドクターは、ボストンのハーバード大学公衆衛生学部での栄養と疫学の助教授は語った。

「我々はフォローアップし、それがそのような自然に妊娠しようとしているカップルのような、中で複製かどうかを確認したいと彼は言った。」

研究では、ホノルルの生殖医療年次総会のためのアメリカの社会で提示されるべきである。

これまでの研究で男性の生殖能力は、アルコールやカフェインとの科学的な測定値の間の接続は見つからなかった精液の質を。
これらの測定は、女性に含浸させるために人間の能力に重要である男性の生殖能力の他の側面を反映していないかもしれないと言いました。

IVFの出生率に雄飲料の消費量の影響を評価するために、精子の質の測定を越えて見える新しい研究です。

研究者は105人の男性に焦点を当て、2007年と2013年の間に彼らの食事についての質問に答えた。

全体的に、より多くのカップルの半数以上が、サイクルで妊娠を達成し、研究者が発見した。 男はほとんど消費されているカフェイン (コーヒーの3つ以上の8オンスのカップの日に相当)は、男性が(コーヒー、毎日のカップ未満)以上のカフェインを摂取カップルとして妊娠を持って半分として可能性が高かった、研究者は言った。

しかし、ライブ妊娠率52%の男性が少なくともカフェインを摂取しカップルのための60パーセントにした、研究著者であるDr. Anatte Karmon、
マサチューセッツ総合病院の生殖内分泌学および不妊の研究員は語る。

女性の豆知識
Amazon
アーカイブ
  • ライブドアブログ