クリスマスプレゼント(12月にいただいた嬉しい声)!

自律神経専門こだま整体院の兒玉です。


当院の年内の営業は、残すところ明日の1日だけとなりました。


年内最後のブログは、12月にお客様から頂いた大変ありがたいメッセージをご紹介させていただきます(^^)!




①40歳 Y・Mさん 体外受精

5561

不妊治療(体外受精)を4年ほどしても、なかなか妊娠できなかったのに、こだま先生に通うようになって、

3カ月余りで妊娠しました!

先生、ありがとうございました。

(撮影時は、妊娠7カ月)




②35歳 女性  めまい 頭痛 首の痛み 耳鳴り 不安感 息苦しさ 食欲不振 など

5565

今までは、ボキボキ鳴らす整体へ行っていましたが、なかなかすっきりは良くならず、最後にはこわい思いをしました。体調不良がずっと続くなか、HPを見つけて、何ヶ月か悩んで通うことに決めました。

こだま先生の施術はとてもソフトで、優しく話も聞いてくれて、思わず涙があふれてしまいます。施術はなにをされているのかわからないけれど、不思議な感じです。まったく痛くないです。

頭の奥の方が痛くて、首もずっと痛かったのが3回目くらいから毎日つらかった痛みがなくなりました。めまいも1カ月後くらいにはほぼ気にならないくらいになりました。不安感や息苦しさも改善してきました。胃腸の調子が悪いときも、ここに来たら食欲も戻ります。これからも通っていきたいと思います。

 



③細谷亮介くん 16歳  朝起きれない 学校に行けない

5567

通院する前は、朝起きれず昼夜逆転のような生活をしていたので、学校になかなか行けませんでした。

施術後は、体が軽くなり気持ちが落ち着きました。

通院を続けると、朝起きれなかったのが起きれるようになり、今では毎日学校に行けるようになるまでに改善されました。

やさしい先生で心が自然に開いていきました。兒玉先生のおかげで学校に行けています。

兒玉先生ありがとう!!!!!





今月いただいた3名の方々からの感想、メッセージは、どれも胸が熱くなり涙が出そうになりました。

とっても贅沢なクリスマスプレゼントです(^_-)-☆


本当にありがたいです。



来年もこのような声をいただけるように、さらにさらに心も技も磨いていきたいです。



今年一年、通ってくれたお客さん、私を鍛えてくれた患者さん、ご指導くださった先生方。

皆さまのおかげで、楽しく実り多き一年となりました。

誠にありがとうございました。



新しい年号に変わる2019年、どんな世の中になるのか?

自分の人生はどんな展開を見せてくれるのか?

どんな人たちとの出会いが待っているのか?



楽しみですね(^_-)-☆


来年もよろしくお願い致します(^^)!






こだま整体院のホームページはこちら(*^_^*)
 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
http://kodama-seitai.com/



症状を悪にしてしまう

自律神経専門こだま整体院の兒玉です。


症状は悪ではありません。
症状は、いまの、あるいは過去の心と体の状態を教えてくれているのです。
そのことによって、健康を維持することができます。
だから、症状は悪ではないのです。

9875e7ca076fc3a90cfec0982639fd74_s


症状というと、だいたい痛みとか不調とかをさしますが、ふつうは皆さん嫌がりますよね?
症状があるのは不快だし苦痛だし、だから症状は悪いものだととらえます。

しかし、反対に症状がなかったらどうでしょう?

たとえば、痛み。

痛みがなかったらどうなるでしょうか?

かなり極端な例ですが、あなたが包丁を扱っていたとします。
何かを切りながら、ふと子供に目を向けると子供が遊んでいる姿に気を取られてしまいました。
そのとき包丁の刃が反対の手に当たったとします。
このとき、あなたは包丁を見ていないのにもかかわらずスッと手を包丁から離すことができます!
なぜ、そのようなすご技が出来るのでしょうか?
それは、痛みを感じたからです!
痛みを感じた反射で手を離すことが出来たのです。
逆に考えると、痛みを感じなかったらあなたの手は血まみれになっていたということです。

つまり、痛みは必要な感覚です。

自分の身体でありながら、いまいちよく把握しきれないこの身体の状態を本人に教えてくれる教師でもあります。


何もかもインスタント化された現代では、ほとんどの人がインスタント思考に陥っています。
そのため、結果しか見ない。
結果以外に関心が向かない。

どこかが痛くて苦痛だったとしたら、とっととその苦痛だけを取りのぞきたい。
その手段として、鎮痛剤、アンメルツ、湿布、精神安定剤を利用し、それでだめなら即効で痛みを取ってくれるすご腕カイロプラクターや整体師を探し求める。

それでも苦痛を取り除けない場合は、絶望的な気分になり、誰も自分の痛みを「治してくれない」と被害者意識に陥る。
意識が痛みや不調に完全にフォーカスしてしまい、おまけに誰も私を救ってくれない。



いやいやいやいや・・・



被害者意識を持つ前にもっとちゃんと考えましょうよ!

なんで痛くなっちゃったのかを!



先に言ったように、痛みや不調は心と体が何かを教えてくれているわけです。
ですから、何を教えてくれているのかな~?って考えてみましょうよ!


もしかしたら、精神的なストレスが原因かもしれませんよ。
もしかしたら、日頃の姿勢や身体の使い方に問題があるのかもしれませんよ。
もしかしたら、不平不満が溜まって筋肉が緊張してるのかもしれませんよ。
もしかして、内臓が疲れているのかも?
もしかして、考えすぎのせいかも?
食べすぎ?甘い物の摂りすぎ?飲みすぎ?
ひとの悪口ばっかり言ってるから?
感情を表現できていないから?
コンプレックス?


よ~く自分を中も外もふりかえってみて下さい。
自分にしか分からない何かがあるはずです。
それを解決しないと痛みも不調も解決しない。
それを解決しないまま、痛みや不調を解決しても、また別の姿形で現れてきます。
一生追いかけられます! (怖っ!!)

痛みや不調が何を教えてくれているんだろう?と探求していくと、自分のことを深く知ることができます。
自分の知らなかった自分に出会えることがあります。

だから、慢性的な痛み・不調があるということは実はラッキーなこと。

生きている間に生まれ変わるための非常に強力な相棒となります!



また、痛みや不調は心身の疲れを知らせてくれる警報でもありますから、症状が出てきたということはちょっと休んだ方がいいかも?とか、こだまのところに行って整体してもらった方がいいかも?と考えるといいわけです。



このようにして、痛みや不調と向き合っていくと、心、身体、魂、体質などにおいて自分のことを深く理解していくツールであることがわかります。
治療する際にもこのように自分と向き合っていく方が治りがいいです。
それに、自分のことをよく知るというのは、生きていくうえでの大きな喜びの一つではないでしょうか?
インスタント的に表面的に生きていくよりも、濃密な時間を生きられるような気がします。



いかがでしょうか?


症状は悪ではない。


症状とまっすぐ向き合うことで見えてくるものがありますし、人によっては症状と一生付き合わないといけないかもしれない。

でも、それは大事なものに気づくために生まれる前に自分で設定してきたことです。

だから、それと向き合って、受け入れて、様々なことに気づいていけたら、こうするためにこの人生を選んだんだなって納得できると思います。

そうなれたら、もしかすると症状は消えているかもしれません。

役目が終わったからです。



最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。







こだま整体院のホームページはこちら(*^_^*)
 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
http://kodama-seitai.com/




授かるタイミング

自律神経専門こだま整体院の兒玉です。



私はスピリチャル系の本を読むのが好きなのですが、先日おもしろい本を見つけました。


ザックリ言うと、スピリチャルな観点から不妊症について語られている対談本です。

20181105_110558


この本の中で、なかなか妊娠しない原因の一つとして星の配置ついてのお話があり、それが面白いなと思ったので紹介させていただこうと思います。


星の配置とは、つまり惑星の配置のことです。



私はこれまでいくつかのツールを使って自己探求というものをしてきましたが、そのひとつに西洋占星術というのがあります。

西洋占星術については、自分を理解するために学んだレベルなので人の運命とかそういうのは分からないのですが、それでも少しは知識が身につきました。


西洋占星術、あるいは四柱推命というのは、人の生まれた年月日と時間、そして場所をもとにその人の生まれたときの生まれた場所から見て、太陽系の惑星がどのような配置になっていたか?ということを割り出して、それを基にその人の人生や性質を見ていくものです。

地球に住む私たちは、おもに太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10の天体から影響を受けているといいます。

そして、それぞれの天体がどの星座どのエリア(ハウスという)に位置するかによって、性格や活動分野などが決まってくるのです。


このような占星術の考え方でいくと、生まれたときの星の配置によって人生があらかじめ決まっているということになります。


人は自分が今回の人生でどんなことにチャレンジしたいかということを決めてから生まれてくるそうなんですが、それは星の配置によってコントロールすることが出来るんですね。


ですから昔の王子様は、占星術の観点からこの日のこの時間に生まれなければならない、というのがあって自然分娩ではなく、人為的にお腹を切開して生まれてきました。

このことを帝王切開といいます。



王子様でなくても、皆一人ひとり目的をもってこの世に生まれてくるので、その目的にあった惑星の配置のときに生まれてきます。

なので、子供が生まれてきたいタイミングにならなければ授からないというのです。



その子が「目的のためには何年後の何月何日に生まれなきゃいけない!」と明確な使命を持っている場合には、お母さんはその時まで待ってなくてはいけないのです。



親の都合で授かるのではなく、子供のタイミングでやってくるんですね!




だとしたら、不妊症という考え方がおかしいのかもしれませんね?






医学的な考え方に固執してしまっているときには、

結果が出ないことで行き詰まりを感じてしまうと思いますが、

ときにはこのような非現実的な考え方に触れてみると、

考え方に余裕が持てるかもしれません。



ぜひ、参考にしてみて下さいね。



こだま整体院のホームページはこちら(*^_^*)
 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓
http://kodama-seitai.com/



本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました(●^o^●)


ギャラリー
  • クリスマスプレゼント(12月にいただいた嬉しい声)!
  • クリスマスプレゼント(12月にいただいた嬉しい声)!
  • クリスマスプレゼント(12月にいただいた嬉しい声)!
  • 症状を悪にしてしまう
  • 授かるタイミング
  • 脳の触診
  • 脱水状態のときの身体の反応
  • 新しくとりいれた検査方法
  • 自分の感覚を信じる