けい太の不動産投資日記

アラフォーのサラリーマン大家けい太のブログです。都内在住で、神奈川県、埼玉県に5戸の貸家、1戸のファミリー区分、2棟のアパートを保有しています。
無借金で貸家と区分をコツコツ買い進めてきましたが、レバレッジを効かせ新築アパートを2棟購入しました。年間CFはちょうど1,000万円です。

■2010年01月 : 1号戸建購入(神奈川県相模原市) ※2017年12月に売却済
■2010年05月 : 2号戸建購入(埼玉県富士見市)
■2010年10月 : 3号戸建購入(埼玉県富士見市)
■2012年10月 : 4号戸建購入(神奈川県相模原市)
■2013年06月 : 5号戸建購入(埼玉県志木市)
■2014年12月 : 6号戸建購入(埼玉県入間市)
■2016年06月 : 自宅ファミリー区分購入(東京都23区内)
■2017年05月 : 1号ファミリー区分購入(埼玉県志木市)
■2017年10月 : 1号新築アパート10室購入(神奈川県横浜市)
■2018年03月 : 2号新築アパート8室購入(神奈川県横浜市)
■2019年12月 : 3号新築アパート12室購入(神奈川県横浜市)に向け奮闘中!

【良記事】区分マンション12戸を購入してハッピーリタイアした私が本当に伝えたい7つのこと

ぴおほうさんのハッピーリタイアに関する記事はすごく参考になりました。

ハッピーリタイアのメリットだけでなくデメリットについても実際の経験者の視点から書かれています。とても良い記事なのでぜひ読んでみてください。

区分マンション12戸を購入してハッピーリタイアした私が本当に伝えたい7つのこと

記事の中では結構厳しいことも言っていますね。長期的視点での資産形成を行い、自己責任で正しい意思決する能力を身につけないと、幸せなハッピーリタイアは迎えられないということです。

最後の熱いメッセージはとても共感しました。

ハッピーリタイアは、従前の仕事・社会から単純にドロップアウトするようなことではなく、自分で仕事を創り出し、より生産的なビジネスを生み出す「新しい価値の創造」を自分の好きな時に、好きな仲間と好きな場所で行い、そして磨き上げていくことだと思います。
そうすることで、有限な時間をより有意義に使う。これこそが、現代のハッピーリタイア像ですし、多くのサラリーマンの方にこういう新しい生き方、ライフスタイルを目指していただきたいと思います。


新しい価値の創造に挑戦するために会社を辞めるのがハッピーリタイアなんですね。もうリタイアと正反対の起業じゃないですか!と突っ込みたくなります(笑)

でも、僕はこの考えにとても共感しています。

会社を辞めてダラダラしたいなんて全く思いません。限りある人生です。自分のビジネスを持って、自分の行きたい国に出張して、好きなだけ自分のビジネスに時間を使う人生がとても幸せだと思います。

そんな人生を手に入れるために、今日も会社で一生懸命働いて、貯めたお金で不動産投資をしていきます。

不動産投資は貯金が大切

融資が益々厳しくなり、不動産投資に新規参入するのが難しくなっているようです。

数年前までは年収500万円、自己資金100万円という人でも(不正を駆使することで)2億円、3億円と物件を買うことができました。

今では年収700万円、自己資金1,000万円はないと土壌に上がるのは難しいかもしれません。

ちなみに全財産1,000万円ではなく自己資金でです。銀行は自己資金を使った後にいくら残るかも当然、見てきます。

ですので、全財産は1,500万円あり自己資金として1,000万円使っても500万円残るというような状態を作らないと銀行は安全と見てくれません。

もし全財産1,000万円だと自己資金として使えるのは700万円位でしょう。

銀行は今では最低2割は自己資金を求めてくるので、そうなると3,000万円程度の物件しか買えない計算になります。

できれば2,000万円位は貯金を作ってから不動産投資に参入した方が良いかもしれません。

僕もやりましたが、とにかく貯金することが大切です。

共働きで質素に生活すればお金はどんどん貯まります。

5年、10年先を見据えしっかりと貯金することがとても大切だと思います。

7月末は40%OFFで買い物できるチャンスです!

今日は不動産投資や仕事のこととは関係の無い内容になります。

イオンカードを新規で申し込みイオン銀行を支払口座に設定すると、7~9月の月末限定ですが、カード利用のうち20%がキャッシュバックされるキャンペーンを行っています。ただし、1回の買い物でのキャッシュバックは1万円が上限です。

また、7月はd払いによる20%ポイント還元というキャンペーンも行っています。d払いはドコモユーザでなくても利用できます。d払いができる店舗やサイトは限られていますが、高島屋、伊勢丹、ビックカメラ、ひかりTVショッピング等でも利用可能です。ただし、こちらは合計で1万ポイントが上限です。

そこでd払いの支払い方法にこの新規作成したイオンカードを設定すると、キャンペーンの両取りができるようです。

7月25日~7月31日のイオンカードのキャンペーン対象期間にd払いで5万円の買い物をするとします。

イオンカードのキャンペーンで20%の1万円がキャッシュバックされ、D払いのキャンペーンで20%の1万ポイントがキャッシュバックされますので、実質40%オフで購入できることになります。

例えば、普段あまり値下げされないiPadなどが40%オフで購入できるのは良いですよね。

ただし、上限が各1万円なので10万円の買い物をしても1万円+1万ポイントの還元になる点は注意が必要です。

僕は楽天トラベルで8月の旅行を現地払いで予約していますが、7月25日~7月31日の対象期間にイオンカードでオンライン決済してしまえば、旅行代金の20%がキャッシュバックされるかもしれません。(楽天トラベルはd払いは使えないのでイオンカードのキャンペーンのみ。)

お得だからと不要なものを買っては意味がありませんが、旅行代などもともと支払う予定のものがキャッシュバックされるとうれしいですよね。

本ブログはアフィリエイトでは無いので、興味がある方は自分で検索してみて下さい。
プロフィール

けい太

神奈川県、埼玉県で5戸の戸建、1戸のファミリー区分、2棟18室の新築アパートを運営してるサラリーマン大家です。

記事検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文