新築アパートの売り込みメールに以下の文言がありました。

「劣化対策等級3を取得していますのでりそな銀行さんで期間30年、金利1.8%以下でフルローン近くまでご融資いただけます。」

実際はどの程度の金利か分かりませんが、りそな銀行は新築アパートに1.0%前後で融資を出していましたので融資金利が上がっているように感じます。

もちろんお得意様には今でも優遇金利を出しているとは思いますが。

りそな銀行で期間30年・金利1.8%だとすると、オリックス銀行の期間35年・金利2.3%と差が縮まっているように感じます。

僕はオリックス銀行の金利2.3%も高いと思っていますが、他の銀行が金利を上げてきているので、割高感が少なくなってきたのかもしれません。

オリックス銀行は耐用年数には厳しいですが、年収700万円以上のサラリーマンには積極的に融資を出してくれるので、今から不動産投資を始めるならオリックス銀行を使うのが現実的かなと思います。