何回か記事にしているHARUMI FLAGの最初の販売が終わりました。以下引用です。

三井不動産など10社は7日、東京五輪の選手村を活用するマンション「HARUMI FLAG(ハルミ フラッグ)」(東京・中央)の第1期分譲の供給戸数600戸に対して、2.57倍の1543組の応募があったと発表した。最も人気の高かったのは、14階建ての最上階にある販売価格が1億960万円の部屋で倍率は71倍に達した。

第1期の申し込みは7月26日~8月4日にあった。売り出されたのは2LDK~4LDKで、価格は5400万~2億3000万円。申込者は30代(31%)と40代(31%)が最も多く、家族数は2人(32%)が最多だった。複数の購入希望があった部屋は5日に抽選を実施。売れ残った部屋の販売は年内に始める。

ハルミフラッグの分譲の総戸数は4145戸。最寄り駅まで徒歩20分だが、平均坪単価は300万円程度で、近隣のタワーマンションに比べて安く東京湾を一望できる環境が人気だ。敷地内に商業施設や保育施設も整備され、注目度が高い。(日本経済新聞)


以前に異常に安いと書いた坪単価240万円の部屋などは予想通りかなりの倍率だったみたいです。

倍率を見ると大盛況に見えますが、まだ600/4145戸の販売時点で既に売れ残りが発生している点にも目が行ってしまいます。

有名投資家の内藤忍さんも購入されたようですね。

「晴海フラッグ」は買うべきか?買わざるべきか?

ところで、新築マンションの申し込みは1人で複数の部屋に申し込みができるのですね。これは知りませんでした。

HARUMI FLAG(晴海フラッグ) 抽選結果ご報告

HARUMI FLAGの販売はこれからも続きますので、注目していきたいと思います。