このクリーニングこだわりブログは、門外不出の特殊技術を、
プロのクリーニング屋さんのために、こっそり公開したものです。
 
 
先日、取れなかったシミのことを書きました。
 
すると、驚いた事に、父から連絡があり・・・ 
「あの取れないシミは、なぁ〜」なんてレクチャーされました。
 
不思議なもので、同じクリーニング会社にいた時は、何一つ教えてくれない人だったのに、
私が独立して、上下の関係がなくなると、何かと妙に親切に教えてくれます。
 
今でもそうですが、私は何かあると・・・ 
「堀さん、堀さん・・・」というので、父も面白くなかったのかもしれません。
 
で、今回、父がレクチャーしてくれた事は・・・ 
その後、ちょうど私が考えていた事と同じでした。

このことを書く前に・・・ 今日は、ちょっと色素のシミのことを、書いてみましょう!
 

まず、油性インクと水性インクはどこが違うのでしょう?

 

この2つの違いは、インクを溶かす溶剤の種類によって区別されています。

 

油性インクは、有機溶剤に溶かしたものであり、

水性インクは水とアルコールに溶かしたものなのです。
 

ここで言う有機溶剤は、トルエン・酢酸エチルなど約9種類の化学物質を指します。

 

 油性インク:トルエン、キシレン、酢酸エチル、酢酸n−プロピル、

      メチルエチルケトン、メチルイソブチルケトン、

      イソプロパノール、エタノール、n−プロパノール

 

 水性インク:エタノール、水

 
 

溶剤の違いから、水性インクと油性インクでは人体に与える影響も違いますよネ!

 

水性インクの場合、溶剤がアルコールと水なので、
誤って吸引してもあまり健康に被害がでにくいです。

と言っても、気をつけましょうネ!

 

油性インクは上述の通り、有機溶剤を使用しているので残留溶剤問題が発生します。


誤飲していなくても、刺激臭がしたり人体に吸引されると健康被害を及ぼしますし、
環境に与える影響も大きくなります。
 

このためトルエンやキシレンを含んだものは作られなくなってきているはずです。

 

 


  ここからは、「クリーニング関係者用記事」とさせていただきます。

  クリーニング関係者用のパスワードでログインして下さい。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。