2007年01月18日

防犯講座

昨日、ピノコの保育園で地元の警察による誘拐予防の講習会が行われました。講習会には父兄同伴て゛ママも参加しました。
警察の講習会でよくありがちな腹話術を使ったもので人形を持った婦警さんがナレーションをし、誘拐犯役の男のお巡りさんが子どもたちに言葉巧みに誘惑するというデモンストレーションです。
最初はクラスの優等生であるL君が誘惑される子供役で、さすがに誘われても、毅然と断ったそうです。その後、婦警さんが「じゃあ、もう一人、今度は女の子にしましょうか。」
その時、ママは嫌な予感がしたそうです。園児達はみんなハーイ、ハーイと手を挙げて婦警さんにアピールしていました。ピノコも出来もしないくせにいっしょになって手を挙げていたそうです。ママの悪い予感が的中しました。
婦警さんが徐に「そこの緑のリボンの子。」と言うと周りが一斉に「えー!」の声。「ピノコちゃん、できるとー!大丈夫?」下級生からも言われてたそうです。問題のデモですが、L君のまねをしたのか、犯人役のお巡りさんの言うことは理解できないものの、一緒に付いていくことはしなかったようです。しかし、難関がありました。最後に防犯ブザーを鳴らすのですがピノコはブザーの鳴らし方が分からずじーっと、つっ立ったままでした。すると周りが「ピノコちゃん、引っ張って、引っ張って。」と教えてくれたのです。園児達に助けられよいやくブザーを鳴らしデモが終了しました。その場にいたママは火がでそうな程恥ずかしかったそうです。


kode41 at 22:10│Comments(0)TrackBack(0)投稿 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
MyShop
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories