鼓動館ブログ - livedoor Blog(ブログ)

鼓動館ホームページはこちら

2017年07月26日

ショベルが壊れる理由!Part 2

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

とにかくHarley-Davidsonは楽しいのです。
EVOやショベルは特にたまらない魅力があるのです。
これは乗って見ないとわからないのですが、一度乗ってしまうと”病みつき”になってしまいます。
鼓動館オープンして12年。
数百台のHarley-Davidsonをお売りして、一人として新しいハーレーに乗り換えたお客様はおられないのです。ビジネスとしては失敗かも知れませんが、それだけビンテージハーレーは魅力たっぷりなバイクなのです。

その為に日々コツコツとフルオーバーホールを行なっております。
「ただ乗りたい時にツーリングへ行けて問題なく帰ってくる為に!」
それだけの為に・・・・・
でもそれが大きいんですよ。

で、続きです。
それから各パーツを組み上げて行きます。
やっとHarley-Davidsonらしいスタイルへ
_V0A7891

各箇所は外部も内部もピカピカになっております。
_V0A7894
_V0A7895
_V0A7896
_V0A7897
_V0A7901
サンダンスマフラーを装着!
_V0A7903
_V0A7905

ここでやっと今日、初火入れです。
これからキャブレターのセッティングを出して行くのです。
パシュン!パシュン!と言うのはまだまだセッティングが出ておりませんぬ!

で、ちょっとクラッチを切ってみれば・・・・・

あかんやん!クラッチが切れていない。
また開けて再度、調整するのです。
_V0A7907
_V0A7913


そしてやっと出来上がりました!
整備前
IMG_7552

整備後
IMG_3438

(これは以前組み上げた車両で別物です。また出来ておりません。
出来上がればまたアップいたします!)

とても同じHarley-Davidsonとは思えません!
こんな事も出来ちゃいます。
理由はパーツが入手出来る為です。

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!



kodohkan at 00:30コメント(0) この記事をクリップ! |

2017年07月25日

ショベルが壊れる理由!Part 1

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
今回フルレストアを進めている1978FXS!
いつも行っている作業なのですが、作業前と作業後の姿が明らかに違うので分かりやすいですね。

そもそも鼓動館でショベルをフルオーバホールするようになったのは、私自身初めてEVOに乗りそれからショベルを入手した。
EVOも文句無しに楽しいHarley-Davidson。
お金は無かったがどうしてもEVOを売る事が出来なかった。

ショベルも一度乗ったらやめられない!
しかしトラブルが連続した。
それを自分で治す面白さを味わってしまい、結果「鼓動館」をオープンするまでになりました。

そこで!
ショベルが壊れる理由

1.新車の組立て方が雑!

1970年から生産されたショベル。
AMFに買収されてHarley-Davidson本社のスタッフのモチベーション低下による製品管理が悪すぎた。
当時を知る方に聞いた話ですが「AMFになってからFLHのカウルもタンクも全て塗れていない箇所があってもそのまま製品として出荷していて各ショップの納車整備のマニュアルも整っていないので、トラブルが多かった」と言う事。

新車にも関わらず、組み上げ方が荒い為にアメリカでは「AMF Harley-Davidsonは乗っているより押している時間の方が長い!」と揶揄されていました。

ただ各パーツは粗悪な物を使っていた訳でなくあくまで組み上げ方が雑だったのです。

2.経年劣化によるトラブル。

これはいつもこのブログで報告している通り、経年劣化によるゴム製品等は使えないのです。また走行距離に比例して各ベアリングや消耗品は交換しないとまともに走れないのです。

で結論としてその対策として鼓動館ではフルオーバホールを行っております。
そうする事によってAMF時代の新車よりもコンディションが良い?ショベルが仕上がる訳なのです。

さて前置きはここまで!
1978FXSが新車へ変身して行きます。
とにかく全ての箇所を分解してチェック、交換をして行きます。

この1978FXSが新車のように蘇るのです!
IMG_7552
IMG_7588
IMG_7633
IMG_7647
IMG_7670
IMG_7732
IMG_7745
IMG_7762
IMG_7778
IMG_7840
IMG_7855
IMG_8457
IMG_8866
IMG_8891
IMG_8900
IMG_8901
IMG_8912
IMG_8920
IMG_8922
IMG_9289
IMG_9312
IMG_9315
IMG_9361
IMG_9368
IMG_9375
IMG_9385
IMG_9399
IMG_9412
IMG_9457
IMG_9548
IMG_9555
IMG_9575
IMG_9585
IMG_9589
IMG_9919


これが今日はここまで組み上がりました。

明日につづく。

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!


kodohkan at 06:18コメント(0) この記事をクリップ! |

NOW ON SALE !!

今月号のPRIMARYに5月に行った鼓動館キャンプツーリングの模様を画像たっぷりで掲載されていますよ。
image
image

プライマリーマガジンVol.39
7月24日(月) NOW ON SALE !!
二輪高速料金半額への記事も掲載されていますよ。

是非お近くの書店か?
Amazonで!

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!


kodohkan at 00:08コメント(0) この記事をクリップ! |

2017年07月24日

念願のショベルに!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

昨日の日曜日、念願のショベルへEVOから乗り換えされました!
「もうこの色合いがたまりません!」
で、いつものようにEVOとショベルの違いを説明して、さあ!ちょいと試乗です。
もうドキドキワクワク!
昨日は寝てなんていられなかったのでしょうね!
来店された時の顔!もうニヤケてしまって・・・・
気持ちは十二分にわかります。
でもね!Harley-Davidsonってそのテンションが納車から10年20年経っても変わらないんですよ!
それだけ魅力たっぷりなHarley-Davidson!
だからビンテージハーレーは一生物なのです。
レインボーカラーの1974FLH
_V0A7870

さあ!ドキドキの出発です。
_V0A7873
_V0A7879
_V0A7880

試乗されて「あきませんわ!想像以上の乗り味です!」
でしょ!
_V0A7883

本当にショベルは面白いバイクです。

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!




kodohkan at 10:29コメント(4)納車記念 この記事をクリップ! |

1981FXWG発見!in U.S.A

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
Scottがファイヤーパターンの1981FXWGを見つけてくれました。
このショベルも1980,1981年と2年のみの生産で非常に貴重な車両です。
もともと当時のアメリカの若者はカスタムするためにこのワイドグライドを購入されたのが殆どです。
今の現行車もオリジナルで乗ろう!って方が少ないのと同じです。

「カスタムしてカッコよく乗るぜ!」

そんなユーザーが多かったのでオリジナル車両って極めて少ないのも事実。
これはFXS LOW RIDERでも同じです。
FLHですらオリジナルが今では貴重なのですが、生産台数がFLHと比較して少なかったFX系。
なのでFX系のオリジナルって現地米国でも非常に少ないのです。

そんなショベルをスコットは片道8時間かけて引き取りに行ってくれました。
これが1981FXWGです。
IMG_1659
IMG_1657
IMG_1656
IMG_1655
IMG_1651
IMG_1650
IMG_1648
オリジナルのメーター、プライマリーケース、シーシーバー、キャブもございます。
IMG_1647

スコット!
20245653_10154868769813123_7144588654804242146_n

以前から鼓動館へこの車両を探して欲しいと数名の方よりリクエストがございました。
もしこのブログをご覧いなってお気に入れば、ご一報くださいませ。
そのリクエストされた方が優先となってしまいますが、みなさんからのお問合わせもお待ちしております。

1981FXWG
お名前
ご住所
誕生日
携帯電話
を描いていただき下記アドレスへ

hd@kodohkan.com

まで、よろしくお願いします。

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!



kodohkan at 09:43コメント(0) この記事をクリップ! |

2017年07月23日

次のショベルは?

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
お待たせしております。
これからやっとこの1972FLHをフルオーバホールして納車準備をして参ります。
_V0A7867
こんな感じで1978FXSを組み上げて参ります。_V0A7866
今日は朝の6時から息子と親子で嵐山へ!
image
image
image
朝から良い汗をかきました。往復60km!
曇り空で助かった。
もしもカンカン照りだと死んでました。
鼓動館からずっとあるサイクリングロード。車は一切走っていない。
信号もない。
ゴールが嵐山の渡月橋。
なんて恵まれたロケーション!

無事に鼓動館へとうちゃこ!

するとFLHXに乗ったお客様がご来店してくれました。
初めてのご来店。
「鼓動館へ行くのを迷ってました。もし行くと絶対にハマってしまうのが分かっていたからねえ〜!」
とおっしゃって予想通りに、このFLHXを下取りに出して1978FXSへ乗り換えです。
ありがとうございます。
新車仕様に仕上げて参ります。
_V0A7865
こんな感じで1978FXSを仕上げて行きます。image
image

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!


kodohkan at 12:51コメント(0) この記事をクリップ! |

2017年07月22日

ハーレーから自家用機へ!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

新車同様のEVO発見!
1995FLSTN Nostalgiaである。
走行距離わずか1370mile(2192km)
勿論ワンオーナー車両。
なぜ新車同様で保管されていたのか?
オーナーさんの裏話が実に深い。
IMG_1524
IMG_1525

このオーナーさん、このEVOを買ってすぐにガンに犯されて闘病生活に!
その間、この車両はガレージに駐車されたまま。
数年後、彼はやっとガンを克服した時だった。
彼は飛行機を購入し、飛行機に残りの人生の全てを掛ける事にした。
で、今も元気で自家用機をご自分で操縦されているそうです。
というストーリーがある1995FLSTNです。
いかにもアメリカならではのお話ですねえ!
日本だとガンを克服しても自家用機を買おう!という方程式がないもんねえ!
まあ、アメリカを走っていると農薬散布で複葉機がバンバン!飛んでいる風景はよく見かけます。

スケールが違うよねえ!アメリカは!

IMG_1529
IMG_1526
IMG_1528
IMG_1530
IMG_1517

スコットは本当にこんな車両をよく見つけて来てくれると感謝しています。

入荷はこれから輸送の手配をしますので10月くらいでしょうか?

詳しい事はお問い合わせください。
hd@kodohkan.com

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!


kodohkan at 00:30コメント(0) この記事をクリップ! |

2017年07月21日

猛暑日でも!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
今日、梅雨明けの真夏日!
最高に暑い日でしたねえ!
大変お待たせをいたしました!
三重県からやっと完成したと連絡を受けてやってこられました。
めでたくショベルの納車日です。

1979FXS どこから見てもFXSはカッコいいですね!
_V0A7853

鼓動館では出来上がった車両に一度試乗していただいております。
いきなりバイバイ!はちょっと不安という声も多く、また実際に乗ってみないと分からない点も多いんです。
で、試乗されて「想像以上の乗り味です!もーたまりません!」

でしょ!

本当にEVOやショベルは乗り味最高なのですよ。
大切に乗り続けてくださいね!

で、こちらはうだるような猛暑の中、鼓動館のピットは黙々と整備に精を出しております。
1982FLHも着々と進んでおります。
_V0A7771
_V0A7793
_V0A7795
_V0A7770
_V0A7796

エンジンも組み込みました。
_V0A7857
_V0A7856

こちらは1974FLH
_V0A7797

やっと納車準備が出来ました。あとはETCを付けるだけです。
_V0A7861

BADBOYも整備を終えて納車準備OKです。
_V0A7798
_V0A7859
_V0A7860

こちらのフルオプションの1997FLSTSは商談中となりました。
ありがとうございます。
_V0A7862

着々と整備を進めております。
次のショベルは真っ赤な1972FLHです。
乞うご期待!

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!


kodohkan at 00:30コメント(0)納車記念 この記事をクリップ! |

2017年07月20日

ロスアンジェルスからのお客さん!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
私が30歳。いつかは行きたくて憧れだけで初めて行った事もないロスアンジェルスにスーツケースひとつで渡米した1991年。
何らコネもなくリトル東京で「羅府新報」と言う現地日本語新聞に寿司職人募集があったで!と言う幼なじみの秋やんからの情報だけを頼りにLAへ!
そんな情報だけでよく渡米したと思います。

今から思うと良く渡米したなぁ〜!と思います。
その「羅府新報」の募集欄を頼りに何軒も問い合わせて、やっと仕事にありつけたのが、トーランスと言う街にある日本食レストラン。この街は日本人街だった。
お客さんは全て日本人。メニューも日本語のみ。
「あれ?」
ここで働いても渡米した意味はない。
とすぐに辞めてビバリーヒルズのお寿司屋さんでイメージ通りのお店で働く事が出来た。
しかし寿司職人として働くのが目的ではなく、あくまで寿司屋をLAで出店したかったので、情報収集のために違う店でも働く必要があった。

そこでUCLAという大学前にあったお寿司屋さんへ働く事になり、そこの店長がNickさん。
彼には本当にお世話になった。
日本へ帰ってからも何度もLAに行くといつも彼の家に泊めてもらった。
夜はいつも2人で地元の美味しい店へ連れて行ってもらった。
そのニックさんが来日すると連絡があった。会うのは哲男と「アメリカ大陸横断」した3年ぶりだ。
ここで美味いお店と言えば
「幸蔵」でしょ!
image
image
image
image

LAの寿司屋も辞めて「リタイヤ」されたと聞いて驚いた。
でもニックさんも66歳。
リタイヤしてもおかしくはない。
これから奥さんはフィリピン人なのでミンダナオ島へ移住するという。
フィリピンなら紙幣価値が違うので老後は楽だと言う。

昔話でも盛り上がりましたが、日本の報道とアメリカの現状の違い。
特にトランプ大統領への報道の裏話を沢山聞けて「日本もアメリカも報道の体質は同じなんだ。」とも感じました。

奥さんは英語は理解出来るのだが、私は大阪弁しか出て来ない。
英語スイッチが入らない。
「これ美味しいから食べてよ」とか
「嫌いな物ありますか?」てな簡単な英語すら出て来ない。
あれ?
これも高齢による劣化かな?
来月が心配である。
英語が話せるのはこのメンバーで私だけなのだ。

Facebookやブログをニックさんも見ていてくれていて「初めまして!」という来月、アメリカ大陸横断するメンバーをニックさんは知っていた。

インターネットで本当に情報は瞬時に世界を駆け巡るんですね!

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!



kodohkan at 07:13コメント(0) この記事をクリップ! |

あれ?ひょっとしてこれバチもん?

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
先日、ダイビングを久しぶりにしてきた。
まあ透明度は高く、洞窟も沢山あって最高のダイビングでした。
IMG_1472
IMG_1436
IMG_1382
IMG_1383

ボートダイビングを2本を終えてシャワー浴びて、ふと時間を確かめると・・・・

「あれ?時計が止まっている!」

一瞬、頭が真っ白になった。
昔から大切にしている時計です。
今迄使っていて止まった事がない。

これって1220mまで大丈夫ちゃうの?
さっきはせいぜい15m潜っただけやん!

まさか!海水が時計に入ったの?
シャレにならへんやん!
機械に海水?絶対にダメやん!

えっ〜!
あれ?ひょっとしてこれってバチもん?

ダイバーウォッチってダイビングする為の時計やろ?
ダイビングに使ったらあかんの?

パニックになってしまった。

気を取り直して、慌てて小野先輩へ電話する。
小野さんは時計も扱っていたので詳しいのです。
すると
「オーバーホールはいつした?」
「調子が良かったので10年以上も一度もしてないんです。」
「そりゃあかんわ!海水が入ったのだったらROLEX正規販売店へ行き!心斎橋にあるよ!」

了解!有難いアドレス。

あかんわ!すでに海水入ってるやん。
最悪である。
IMG_1476

それを聞いたがすぐには行けない。
気持ちはどん底!
めちゃくちゃブルー・・・・。

絶対に復活しないだろうなぁ〜!
痛恨のミス!
もし直すとなればシャレにならない金額が要るだろうと凹んでいました。

帰ってきてすぐに心斎橋にあるROLEXへ!
IMG_1478

海から帰ってきたばかりで短パンにTシャツにサンダルだが構っていられない。
敷居が高いが勇気を出して店内へ!
すると10名程のお客さんがすでにおられ、みんな同じスタイルの短パンにTシャツだ!

「ん?なぜ?」

聞こえてきたのは中国語!
店内は全員中国人でした。
恐るべし!

奥の修理カウンターへ
バチもんってバレるかも知れない。
恐る恐る手渡すと、シリアルナンバーもあり本物でした。

ホッ!

しかし
「いつオーバーホールされました?
通常は5年に一度、最低でも7年に一度はオーバーホールしていただかないと防水機能は保証出来ないんですよ。
オーバーホールの基本料金は45,000円です。
それから必要な交換部品代金が掛かります。後日、郵送でお見積りをお送りしますのでその金額を確認されてから修理するかどうか?お決めになって下さい。」

あかん!
これはシャレにならない程の金額になるぞ!

そして遂に今日、その見積書が郵送してきた。
ドキドキしながら封筒を開けると
ズラズラっと細かな部品と価格が書いてある。

ひょっとして?
文字盤、日付版、針、ムーブメント等々?
これって時計のケースとレンズ、ベルト以外は全て交換やん。
最悪である。
もう新品にするのと同じやん。

鼓動館でいつもショベルをオーバーホールしているが、なんかドキドキする。
3枚もある見積書。

最後の合計金額は?

えっ?

223,500円

あれ?
これは高いの?
安いの?
決して安くはないが全て新品になるのなら安いのか?

ROLEXもHarley-Davidsonも一生物。
Harley-Davidsonはメンテナンスしなくちゃダメよ!って昨日も自分で言っているのに!
時計はほったらかしかえ!

時計もバイクも大切に使わないとあかんねんなぁ〜!

ええ勉強になりました。

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
読まれたらプチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!











kodohkan at 00:30コメント(1) この記事をクリップ! |

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック