鼓動館ブログ - livedoor Blog(ブログ)

鼓動館ホームページはこちら

2016年06月29日

Take Me Out To The Ball Game

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
先日、立呑旬鮮 すーさん の創業7周年記念事業?で馴染みのお客さんたちと野球観戦へ。
6V0A0510

お店の前で集合
6V0A0460_2

いつも楽しく美味しく飲める立ち飲み屋さんのす〜さん。
IMG_2130
IMG_7443
IMG_7444


京セラドームへ行ってきました。
6V0A0491

6V0A0522
6V0A0580


彼女は誰やったかな?始球式
6V0A0557
6V0A0566

試合は始まったのですが、みんなテンションが高くって呑んだくれてしまって野球観戦どころではありませんでした。
6V0A0606

6V0A0584
6V0A0642


試合中にポップコーンでゲーム開始
6V0A0745


昼間からベロンベロンになっての野球観戦を終えて、秋やんが「天満橋商店街へ行こう!」
と案内されました。
まあ、ディープな大阪ってな感じの街です。
6V0A0767

そこで見つけたまたまた立ち飲みBAR めちゃ狭い空間にあるBARでした。
6V0A0768
6V0A0765

ここの彼女がとっても良い雰囲気でした。
近所だったら通ってしまうだろう。
6V0A0775
6V0A0779


いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!

kodohkan at 00:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

2016年06月28日

平和な月曜日

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
昨日は以前、鼓動館ツーリングでお邪魔した鳥取県隼駅の近くのBASE 8823のスタッフがわざわざ遠路はるばる鼓動館まで来てくれました。
IMG_5074
IMG_5073


先日1979FXSを納車したばかりの神下さんたち
今日はみんなで鼓動館近くのサントリー工場へ見学だそうです。
IMG_5070


FLSTCに乗っておられる角先生。
IMG_5080


いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!

kodohkan at 09:22コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

2016年06月27日

行列のできるハーレー屋

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
今日は久しぶりの天気だった日曜日。
朝から「行列のできるハーレー屋」になってしまいました。
様々な思いでご来店していただいた方々でごっちゃ返していました。
十分な対応も出来ない方々も多く申し訳ありませんでした。
オイル交換の上仲さん
IMG_5028

いきなりリアブレーキがあ!と修理で
IMG_5031

東京からもう少しで仕上がる1978FXSをご覧いなりに!
IMG_5037

いつも仲良し上田くんと今枝くん
IMG_5036

ナイスなジェケット!
IMG_5067

「僕は1年と1週間待って納車だったんですよ!ショベルはメチャ面白いですわ!」
ともう直ぐ納車の大木さん夫妻と。
IMG_5049

美山からの帰りのヨコちゃんたち
IMG_5051

ハンドル交換したFLSTN
渋い!
IMG_5064

偶然にキャラの被ったお二人です。
1979FXS澤田さんと上田くん
IMG_5053

まいどです。1998FLSTSの田之上さん。
IMG_5056
IMG_5061

もうHarley-DavidsonはEVOしかないと心に決められてご来店されたご夫妻。
IMG_5058

三重からわざわざツーリングがてら鼓動館へ
これから美山へ
IMG_5032
IMG_5042
IMG_5043
IMG_5044
IMG_5045
IMG_5046

もっと沢山の方々が来ていただいたのですが、撮影する間も無くってすみませんでした。
ふぅ〜!本当に忙しかった1日でした。
またいつでも遊びに来てください。

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!


kodohkan at 00:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

2016年06月26日

最新入荷情報

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
今日、ご紹介するHarley-Davidsonは1998 FLSTS 95thモデルです。
車両は文句なしに極上です。
走行距離20300mile
6V0A0876
6V0A0885
6V0A0887
6V0A0891
6V0A0880


先ほどアメリカのスコットから連絡があり1996 FATBOYをGETしました。
IMG_4855
IMG_4853
IMG_4854

たった今、スコット自宅にとうちゃこ!
プールがある庭ってええなあ!
IMG_4863
IMG_4864
IMG_4866
IMG_4870

今夜はダンとケニーとで飲み会だそうです。
元気そうで何よりです!ダン!
IMG_4844


今日はわざわざ愛媛県からお越しになりました。
IMG_5027



いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!

kodohkan at 00:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

2016年06月25日

昨夜の報道で

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
昨夜、深層NEWSをご覧になられた方も多いと思います。
民放の日テレが1時間もの枠で放送してくれた事が実に嬉しく意義多い番組だと見ておりました。
私が野口健さんと一緒に遺骨収集活動を始めて8年になりますが、今までじっくりと特集報道された事がありませんでした。
IMG_4858

この帝京大の浜井和史教授なのですが、遺骨収集を研究されている教授っておられたのも驚きでした。
さすがに専門家で詳しい方でした。

この遺骨収集活動って「やらせ」がある訳もなく、いつも黙々と壕の中の土を掘り返す作業。
沖縄もフィリピンも暑い中、かなり地味な作業でキツイのですが、殆どの場合にご遺骨が出てきます。
それだけ未だに帰れない将兵の遺体が多いのも事実です。

遺骨収集は誰からも「ありがとう」の一言も言ってはもらえない活動なのですが、誰かがやらないとその英霊はずっと土の中です。
戦後71年もの時間が経っても現場では時間が止まったままで当時の空気を感じてしまいます。

海外で亡くなられた戦没者数240万人のうち未だ帰れない戦没者数は約113万人。
この一人一人には親兄弟がいて家族があったのかと思うと先の大戦の悲惨さがわかります。

沖縄ではカメラには写らないようにしていたのですが、健さんが気を使ってなのか?
フィリピンでの遺骨収集した写真を提供してくれていました。
IMG_4847
IMG_4849

この報道された事で多くの日本の方々が知る事になり、その意義は大きい。
今回放送してくれた日テレに感謝します。
遺骨収集活動は問題も多く予算が付いたから一気に進む活動でもありませんが、
これで更に遺骨収集が進み英霊が一体でも多く内地に帰れる事を期待したい。
本当は国家の責任で遺骨収集はするべき活動なのですがねえ!

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!


kodohkan at 00:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

2016年06月24日

発見!84年前の日本最古のサービスマニュアル

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
息子が「これ!」ってくれたのがインデアン自動自転車説明書なるもの。
「おぉ!」すごく古いぞ。

中を読んでこれは驚いた!
今年で84年前の昭和7年1932年 初版発行のインディアンの日本語サービスマニュアルなのだ。
Harley-Davidsonはまだナックルもこの世に誕生していなかった時代です。

その年の主だった出来事
ロスアンジェルスオリンピック開催
満州国布告
この時代から10年後に日米開戦となった。
まだこの時代トヨタ自動車も車は作っていなかった。
勿論、ホンダ、スズキは会社がまだ誕生していなかった。
ヤマハ、カワサキはバイクを作っていなかった時代だ。
IMG_4833


これは本当に凄いですわ!
紙の状態もすごく良いんです。
IMG_4835

定価50銭

日本インデアン自動自転車株式会社
本社 東京市四谷区東信濃町十番地 東京都でなく当時は東京市。
電話四谷4144

オートバイという日本語は当時はなく「自動自転車」って呼ばれていたんですねえ!
きっとMotor Cycle の英語をそのまま直訳したんですね!

慣らし運転
「最初500里は時速30里以下」いいねえ!時代を感じるねえ!

最初約2000kmは時速120km/h以下?
きっと英語をそのまま翻訳したのだろう。
当時日本の道路事情はアスファルトがあったのだろうか?
高速道路は無かった筈だ。
しかしそもそも120km/hもスピードが出るのだろうか?

IMG_4837

またカタカナもヒアリングからなのか?現在の日本語では使わないカタカナです。
例えばヴアルヴ調整とか。
現代では使われなくなった漢字やひらがなも「行きましょう!」が
「行きませう!」的な表示ばかりである。

「熟練工に数分間の工賃を支払う方が御自身で数時間作業されるよりも遥かに経済的であります。」
この一文も昭和7年日本の時代、車もそれ程多くは走っていなかったでしょう。
ましてインチ工具を持っていて、しかもご自分で整備されていたとは考え難い。
これも英文を直訳したんでしょうねえ!
IMG_4836

本当に貴重な資料です。
現在でも通用する細かなセッティング方法や整備方法が書かれてします。
IMG_4839
IMG_4840


しかし当時の貧乏な国だった日本で車も輸入車のみ、果たしてどんな方がインデアン自動自転車を購入して乗っていたのだろうか?
きっと陸軍や警察、消防が主だったのだろう。
個人のレジャー用では買えなかっただろう。
6V0A0444

84年もの昔の昭和初期の時代を垣間見れたようです。

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!


kodohkan at 00:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

2016年06月23日

今夜22時に放送ですよ!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
今夜、6月23日(木)22:00〜23:00 BS日テレ 「深層NEWS」に野口健さんが出演します。
沖縄での遺骨収集活動に関しての報道特集です。

今までフィリピン、硫黄島、沖縄と遺骨収集活動していてTV番組が1時間も特集を組んでくれた事がなかった。これはある意味、快挙です。
今まで何故かメディアは「遺骨収集活動」について取り上げてくれなかった。
日テレのスタッフも今回は本当にジャングルのような現場で汗だく、泥だらけになって取材してくれました。さてさてどんな報道番組になっているのか?楽しみです。
IMG_4467
IMG_4368
IMG_4357

これでまだまだ沖縄にも先の大戦で亡くなられた多くの島民や将兵たちのご遺体がそのままになっている事が多くの人々に周知されるだけでも意義は大きい。
ぜひ、ご覧下さい。
IMG_4478

ちなみに私はカメラマンの後ろに常にいてましたので、絵面も汚いし一切写っておりません。

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!

kodohkan at 14:46コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

アーリーショベルとショベルの決定的な違い!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
アーリーショベルは1966〜1969までのたった4年のみ生産されていました。
なので通常のショベルと比較しても生産台数も極めて少なく、
この2台のように当時のままの状態で50年も保存されていたのは極めて貴重な車両と言えます。
またナックル、パンヘッドとの流れの中でパンヘッドからのパーツの流用が多く、
その形状を見ていてもなかなか良い雰囲気を醸し出しています。

ただ良く言われる「ショベルは壊れる!」という噂。
これはある意味では本当です。
正確には50年も昔のバイクを整備もしないで絶好調な訳がありません。
同じ時代のCB750FourやZ750.Z900も同じです。
経年劣化で各所は痛んでいて当然なのです。
通常ゴムパッキンなどは劣化して使い物になりません。
しかしキッチリと整備さえすれば普通にロングツーリングも問題なく走ってくれます。
Harley-Davidson社が粗悪なバイクを生産していた訳では決してないんですよ。
鼓動館にも
「私はメカに弱いので・・・・」
「旧車は不安だ!」
と言われるお客様も多いのですが、そこは全く心配ご無用です。
ショベルが扱いにくい車両でもありませんし、エンジン始動もセルを回せば誰でも始動できますよ。
一度乗ってしまえば不安は飛び去りショベルの”とりこ”になってしまいますよ。
それだけ一番Harley-Davidsonらしい走りをしてくれます。

1970年からのショベルとの違いは?
エンジンの腰下がパンヘッド時代の物を使用されていたので、形状が全く違います。

1967FLH
エンジンの下の部分が違うでしょ?見比べてください。
6V0A0844

こちらは1976FLHです。
IMG_0931


車両全体から放たれるオーラが凄いんです。
6V0A0841

フロント、リアともにドラムブレーキ。
6V0A0854

スイッチコントロール周りのシンプルさ!
当時のバッグも付いています。
6V0A0846

リアのウィンカーステーの短さ
リアレンズもアイアンと同じくガラス製。
6V0A0848

左側もGood!
当時のマフラーは極めて貴重です。
6V0A0849

パンヘッド時代のフットクラッチの形跡が残るマウストラップ
(ねずみ捕り)と呼ばれたクラッチのシャフトが残っています。
BlogPaint


続いて
1968FLH
基本1967と大きくは変わらないのですが・・・・
6V0A0858
6V0A0860
6V0A0861
6V0A0863
6V0A0864
6V0A0871
6V0A0870

細かな改善点があります。
1967FLHに見られたマウストラップがない。
クラッチワイヤーへの変更されました。
またオイルポンプもオイル量を多く回せるポンプに変更されました。
6V0A0873

リアビューも格好いいねえ!
6V0A0866

鼓動館でフルオーバーホールを行えば本当に一生物のHarley-Davidsonとして末長く乗り続ける事ができますよ!


いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!


kodohkan at 10:58コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

2016年06月22日

アイアンスポーツと883との決定的な違いは?

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
先日入荷したアイアンスポーツ2台をご紹介します。

1971 XLH です。殆ど当時のまま。
オリジンルの状態です。
とっても格好良いねえ!
IMG_4973
IMG_4975

フロントブレーキはドラムでした。
IMG_4976

リアのテールレンズがパンヘッドの時代のものと同じで上部は透明なガラスが使われています。
IMG_4981
左側もかっこいい!
IMG_4989
900の文字が誇らしげ!900ccです。IMG_4992
IMG_4994

ハンドル周りはドラムブレーキの為に「シンプル」
IMG_4984


続いてご紹介するのは同じくアイアンスポーツ
1977年式XLHです。
IMG_5006
IMG_5009
IMG_5014
IMG_5015
IMG_5011
IMG_5017

こちらは1969XLH
IMG_9656
IMG_9663
IMG_9667

リアビューもご覧の通り!
IMG_9669

アイアン用シートもいいねえ!
IMG_9668

1972XLH
IMG_9775
IMG_9777


いやあ!どれも本当にかっこいいですねえ!
で、スポーツスターとの決定的な違いは?
IMG_4915

一番の違いは
実は1974年まではリアブレーキペダルとシフトペダルが逆さまだったんです。
慣れたら問題ないのですが、パニックの際、リアブレーキを踏んだつもりが、シフトペダルを踏み込んでしまいシフトダウンしてしまうんですねえ!

ガソリンタンクも小さいのでかっこいいんですが、当然、航続距離が短くなってしまいます。
排気量も900cc,1000ccとありました。
ドコドコ感を味わいながらキビキビと走ってくれるんですよ!

各年式の細かなデザインの違いも見ていて楽しいです。

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!



kodohkan at 00:00コメント(4)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

2016年06月21日

Harleyの豆知識!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
偶然、先日と同じ年式1979 FXS LOW RIDERの納車でした。
やっぱりFXSはかっこいいねえ!
IMG_4962
6V0A0832
6V0A0835
6V0A0838

こちらのオーナー様。以前はTC88に乗っておられてました。
このショベルFXSをちょっと試乗してきたら・・・
「TCとは全く別物のHarley-Davidsonですねえ!
トルク感が全く違いますねえ!乗っていてニヤけて来る。
っていうのが実感としてわかりますわ!
こりゃたまらん!」

今まで鼓動館ブログを穴の開くほどに読み込んでくれていて、果たしてショベルの乗り味って?
実際に乗ってみるまでワクワク、ドキドキ!
「これかぁ〜!ショベルが人気があるのがわかりますわ!」
もうこれから一生物のHarley-Davidsonになることでしょう!

で、ここでちょっと豆知識。
1979年にHarley-Davidsonは1200ccから1340ccに排気量をアップしました。
原因は当時の排ガス規制が厳しくなり、マフラーの抜けが悪くなりパワーダウンした分だけ排気量をアップするという伝統芸がこの年から始まりました。
で、現行車は限界の1800ccまで上がっています。

しかし1979年から1340ccになった訳でなく、途中からなんです。
なのでFLHもFXSも1979年は1200ccと1340ccが混在しています。
前期は1200cc
後期は1340cc
という具合です。

FXSの場合フレーム番号で区別が付く。
2Fから始まるフレーム番号は1200cc
7Gから始まるフレーム番号は1340ccなのだ。


日本企業ではちょっと考えられないのだが、在庫があるだけ1200ccで組んで、無くなれば1340cc
そんな感じなのだ。
こんな事はこのモデルだけではない。

初号機のLOW RIDER 1977 FXSもモーリスの7本スポークのホイルが有名ですが、
同じ年にも9本スポークもあるんですよ!
よく詳しいお客様から色々と指摘されるのですよ。
ある意味正しいのですが、そうでない車両も結構あるんですねえ!
日本人の思っている以上にアメリカ人っておおらかですよ。
Harley-Davidsonに定説は色々とありますが、絶対ではないんですよ!
結構、ざっくりと生産されていました。
1977,1978年のガソリンタンクの形状もバラバラなんですよ!
マニアの方でも「えっ?」ってなるんですよね!
でも実際にこの時代って試行錯誤していたのがわかりますよ。
本当に微妙にタンク形状が違うんですよ。


先ほど愛知県からわざわざご来店!
彼女とは4年程前に色々と相談されてアドバイス通りに2003年までの883に乗っておられます。
「883すごく楽しいです!」
「でしょ?本当に2003年までの883は最高に面白いハーレーです。」
旦那さんはEVO FXR とFLHX CVOなんですって!
凄いねえ!
IMG_4970


いつかは生まれ年の憧れの1968FLHが目標です!
IMG_4968



いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!



kodohkan at 00:30コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! |

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック