鼓動館ホームページはこちら

2008年11月

2008年11月24日

第15回 鼓動館ツーリング in 篭坊温泉 

11月22日(土)〜23日(日)GYPSY TOUR 1st.

船場さんとの合同で一泊ツーリングに行って来ました。

前日からは1部屋しか空いていなくって、限定5名で参加して来ました。

私はワンボックスでの参加で、朝から目的地までは近いので、昼食を何にするかってことになり、現地近くのキャンプ場でカレー鍋をすることになりました。

朝はR171が何と事故で通行止めに

もう周辺は渋滞で動きませんでした

丁度、お昼に宿についてバイクを置いて、近くにあるキャンプ場へハイエースで出かけました。

もうこんなに寒くなれば、キャンプ場には管理人もお客さんも誰もいなくって、寂しいねんやろうなあって思って細い山道を登って入ってみると・・。



もう、満員でした

早速、カレー鍋をダッヂオーブンで作りました。

カレー鍋はたはた











2しょっとシカノさん堀江さん













息子はアルコールがダメなので、いつも最高のドライバーです。

もうと焼酎で大盛り上がりです。

最高に美味しかったです


でもダラダラと夕方まで食べていたので、宿の「湯の壺」のせっかくの「猪鍋」が誰も食べれなくなってお土産にしてもらいました。


一見、ここの温泉街は3軒しか残っていなくって、さびれているのか?とおもいましたが、その日この宿も満室でした。

温泉は源泉掛け流しで、料理は最高に美味しくって、朝食も最高に美味しい「自然薯」とたまごかけご飯がもうたまりませんでした。

で、一泊1万ポッキリ

手作りの素材と料理が本当に美味かったですよ。
家族でされていたスタッフ全員の心温まる応対が最高でした。


きめ細かい、心のこもったサービスが全員の心を射止めてしまいました。


「また、絶対に行こう」が合言葉になっていました。


湯の壺  篠山市後川新田96
 (079)556−3685

平家落ち武者の伝説が残るこの温泉は、かっては、有馬温泉と名声を二分していた湯治場だったそうだ。今は木造の小さな旅館が3軒、武庫川支流羽束川に沿って、時の流れに置き忘れられたようにひっそりと佇んでいる。
なんとも懐かしい日本の原風景だ。
また、川べりに湧く源泉から採取した炭酸ガスは、アサヒビールの前身の一つ、帝国鉱泉がサイダー(後の三ツ矢サイダー)の原料として使われていたそうです。



かやぶき朝食温泉












しし鍋2紅葉













窓から見える紅葉は最高に綺麗な風景でした。

朝からミーティングの開始です。

昨夜、一緒に飲もうと約束していたのですが、宿の時間制限でアウトでした。朝からは「クラブハーレー」高橋編集長やLike a windw のスタッフが来ていて話が盛り上がりました。


勿論、いつも大変お世話なっている船場さんのスタッフも全員来られておりました。


旧車全景22












疾走2オールディーズ













学さん全景UL











ハンドラ軍用ナックル

2008年11月17日

京都 清水寺

先日、めずらしく夜のドライブに出かけました。

目的は清水寺がライトアップしているそうなので、写真を撮りに出かけました。

ここ高槻に住んでいると京都って近すぎて「観光」へ行くという感覚が全くありません。

でも、行ってみるとわざわざ地方から沢山の方言まじりの観光客が来ていました。

いつも行っている清水寺ですが、こうやって見ると綺麗なもんです。


42



























35














夜の10時も過ぎたころ、帰りに普通に走っていると、山崎IC近くの検問所で数台の車が止められていました。

飲酒検問かなっておもって通り過ぎようとしたら・・・

「ピッ〜」って笛で吹かれて

「運転手さん、こちらに入って


何事かと思って聞くと何とスピード違反でした。

「15kmオーバーです。」

私「せこいな〜京都府警は

警官「わかりまます。でも9kmオーバーで先ほど捕まった方がおられるんで


私「言い訳にならへんわ
えっ普通に流れに沿って走行車線を走っていましたやん

問答無用でした

その前の車も同じ速度で一網打尽にされました。

生活給付金と同じ額の12000円の罰金です。


ええ日やったんか ついていない日だったのか

2008年11月13日

アルピニスト野口健さん

今日、野口さんから小包が届きました

何が入っているのかとワクワクしながら開封すると、

そこには手書きの手紙と彼の本が入っておりました

手紙には先日のレイテ島の話題と参加のお礼でした。

本には何と

すべてにサインまで書いてくれていました。

本当に感動ですねえ 

メールでやり取りも便利なんですが、手書きのよさ、温もりを感じました。

こんな私に「代筆で送っといてくれ」って事務所の方に指示するだけでも、有り難いのに・・・・・・・

本当に彼のお人柄が出ていると感じました。

野口健さんとの5日間、彼の言動、行動に完全に惚れちゃいました

有名人だからではなく、純粋に彼を尊敬してしまいます。

世界のアルピニスト野口健、ほんまにエライ


本サイン入り

忘年会のお知らせです。

今年も残り一ヶ月と少しとなりました。
お陰様で鼓動館も無事に2008年度も越せそうです。
これも皆様のご支援の賜物と心より感謝いたしております。

さて、今年の忘年会も「幸蔵」で行います

日時 12月2日(火)19:30〜

場所 大阪府高槻市富田町1-7-7-102 ライオンズマンション1F
  TEL 072-696-9981

HP  http://r.tabelog.com/osaka/A2706/A270603/27010733/


今から参加者募集いたします。

定員16名です。お早めにメールにてご連絡お願いします。
定員になり次第に締め切らせていただきますので、ご了承ください。



2008年11月06日

久しぶりのツーリング

昨日は最高の天気でしたね。

久しぶりにチョコッとだけツーリングへ行きました。

今日は木津にあるメチャ旨い「無鉄砲」という豚骨ラーメンでは超有名店です。

1時間ほどで到着しました。

今日は大将も奥さんもおられないのか

でもラーメンは最高でした。

無鉄砲とんこつ海鮮系











店内哲男

























食べ終えて外でカメラで撮影していると・・・・。

「藤岡さんじゃありませんか

って大将が「麺工房」という前の小屋から出てきました。


大将1大将











「久しぶりですやん

ってなことでラーメン談義になりました。

無鉄砲の大将の赤迫さんとは以前にもここの店に2階で朝まで呑んだことがあって、非常にお世話になりました。

「息子さんはしょっちゅう来てはるでえいつも隅の方で黙って食べてるんやけど、体はおやじと同じくデカイのですぐわかるわ
おやじは元気かっていつも聞いたんねん


そう言えば、息子は無鉄砲のTシャツをきていました。

長男はかなりのラーメン通です。

赤迫さんのラーメンに掛ける情熱にはいつも頭が下がります。
本当にラーメン大好き情熱の塊です。

でも大将は数年前から比べると本当にまるくなられました。

以前はラーメンのスープを混ぜている顔は人でも殺しそうな雰囲気をかもし出していましたから・・・・・

内の息子たちには「親の言う事を聞かへんかったら無鉄砲のスープの中へ入れてしまうでえ」が脅し文句でしたから・・・・・・


久しぶりにお会いして、赤迫さんのパワーをもらいました。



わんこは4匹、友人たちに引き取られて行きました。

残りは2匹、名前も決まりました。

ブチが「あずき」そのままです。
加藤ローサににてるので茶色が「ローサ」です。

あずきローサジャンプ











2匹バトル競争











みんな元気一杯です

2008年11月04日

納車3連発

先日、納車させていただいた1999年最終FATBOYと1981年スタージスです。

3台ともの車両も最高のコンディションです。

FATBOYなんか走行2000kmしか走っていません。新車のようです。
FXBスタージスも新車のようにレストアーされた車両です。
広島から張本さんが1997年のFLSTS 95THモデルです。
大切に乗ってくださいね。

阿部さんFXB張本さま













先日の連休も沢山のお客さんが起こしになられました。
クラブハーレーを見てきた。と言う方が多かったですね。
もっと早く鼓動館を知っていたらって悔しがっておられる方も数名おられました。

新車を買われてインジェクションがどうも面白くない。って感じられているところへ、クラブハーレーを読まれて鼓動館へ来て、実際にナックル、PAN、ショベル、EVOのエンジン音と三拍子を聴かれてると、違いは誰の耳でも明らかですよね 何故そうなるかを5名のお客さんに同時に講演みたいに一度にエンジンのメカ的なことから説明させていただきました。

これかっって感じて帰られたお客さんが多かったようです。


お陰様で、アメリカから入荷したばかりの車両がHPへアップする間もなく、次々と売約済みになってしまいました。遠方の方すみません。

これからもより良い車両を1台でも多く輸入しますので、乞うご期待



月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ