鼓動館ホームページはこちら

2009年09月

2009年09月29日

この頃の若い者は・・・・。

「この頃の若い者は・…」というフレーズが大昔から使われてきたそうですが、一面そう言う側面もあるのもわかる。

バイクだけを見ても年間販売台数は前年同期比22.2%マイナスの20万5678台。このままこのペースが続くと、
今年は40万台前後となり、ピーク時の1割強まで落ち込む見通しだといいます。

これは明らかに我々の時代とは物質的に恵まれてしまった社会的な現象でしょう。

私は小学校4年生の頃に見たCB750K0、Z750(Z2)が衝撃的で、それからTVでやっていた【ワイルドセブン】を見て16歳になり免許を取ることを夢見て来たもんです。

おやじは中卒で和歌山から丁稚奉公に大阪へ出て来て、若くして独立し、「3丁目の夕日」じゃないけれど、オート三輪からスタートし、

トヨタTVCMの「いつかはクラウンに」というキャッチコピーで奮起し、
額に汗を流しながら一生懸命働いて、
ついに新車のクラウンを買った時の誇らし気な顔を今でも忘れられません。

そんな戦後の貧しい国から先輩諸兄が頑張って今の豊かな国「日本」になりました。

しかし、ふとわが子を見ると、生まれたときから「カラーテレビ、ビデオは勿論あり、家には自分の部屋まであり、ガレージにはHarley-Davidson、セルシオが普通にあれば、「いつかはクラウンに」というフレーズは全く彼らの耳には届かないでしょう。

そういう私も年を重ねるにつけ、「感動」をするポイントがかなり、違ってきました。

バイクを初めて手に入れたときには死ぬほど嬉しかったもんです。

高校生の時にアルバイトをして319000円のホンダフォーク兇鯒磴辰討ら納車まで、持ちきれなくって、先に買ったフルフェイスのヘルメットを鏡の前で被ったり、脱いだりしていたときのワクワク感は今でも忘れられません。

家にそのバイクが配達されたときの感動って死ぬほど嬉しかったです。

でも、今でもナイスはHarley-Davidsonが見つかったとき、鼓動館へ入ってきたときは似た感情が込み上げてきますが、これはあくまでも商品、売り物なんだ。と自分に言い聞かせます。

でもあの時の感動には遠く及びません。

で、鼓動館やってて本当にその自分が気に入ったHarley-Davidsonをアメリカから輸入し、整備し、それを買っていただいて

「ほんまに面白いわぁ〜最高やなあ
ってお客様から言われたときに感動と幸せを感じます。

そんな中、今では友情や絆や縁で、そんなことからはじまるドラマに感動してしまいます。

アメリカへ行かなくても、メールや電話で事足りるんですが、人と人は絶対に会わなくっては伝わらない事て多いんですよ。

逆に店にいると色んな営業的な電話は毎日のように掛かってきます。

そんな電話は絶対に無視してしまいます。

だから例えば、今回もアメリカへ行って、スコット仲間と色んな事を話が出来、仕事にとってすごくプラスになりました。

この世は、人の思いって絶対に伝わるものだと確信しております。

JALに先月乗って「最低や」と思ったのも、スタッフや経営陣にその大切な”気”が全く感じることが出来なかったんです。

10年程まえに貯めに貯めたマイレージでファーストクラスでNYまで行った事がありますが、そのときって特別なシートに座っている感を演出してました。

初めには「藤岡さま、今回担当させていただきます。○○と申します。よろしくお願いします。」から始まり、ドンペリ、キャビヤ等々王様気分にさせてくれました。

NYに着き降りる際にはスタッフとも心やすくなり、「藤岡さま、これもう処分するので・・・よかったらどうぞ」と言って袋にフタの空いたドンペリやワインやお寿司をテンコ盛りくれました。

私には食べ物を上げたら一番喜ぶとバレタんでしょうね

今回のJALに関しては、明らかに「やる気」がなく、こなしでやってる感が前面に出過ぎてました。

あのデカイJALという組織を改革し、経営再建するパワーは並み大抵ではできないだろうな

小さな会社でも改革ってぬるま湯につかっていた社員に、急に厳しくして尚且つ、モチベーションを上げるって大変なことです。

どれも、これも豊かさがもたらした弊害なのか



2009年09月22日

1976FLH建国200周年記念モデル、1998FLSTS95周年記念モデル

今日は1976FLH建国200周年記念モデルの納車でした。

本当に奇跡の1台です。新車の香りの残ったFLHですよ。

彼はこれで1984FLHXと2台目のオーナーになりました。
しかも生まれ年と同じの1976年式です。

「スタイリングといい、エンジンの鼓動といい、'76FLHは旧車の味がしますね〜 
'84FLHXはこれぞハーレーという図太いトルクと鼓動があり、
それが完成している感じがしますが、AMF時代のショベルは旧車の香りがします。
(よりアナログ感が強いといった感じでしょうか。。。)

どちらも最高ですね。」
とのメールを先ほどいただきました。
2台とも非常に貴重なHarley-Davidsonなんで大切に乗ってくださいね


続いて、1998FLSTS95周年記念モデルの納車です。
これもアメリカで探した最高のコンディションのFLSTSです。
アメリカで見つかってから今日までがさぞ長かったでしょう

本当にお待たせしました

200th95周年

2009年09月21日

整備風景

鼓動館ではいつもの風景で普通なんですが、来られた事のない方の為にショベルの整備風景をアップします。

newピストンこれから











腰下のOHも必要ならば行います。
オイルポンプもOHします。
腰下OHエンジンを下ろした状態











新旧のピストンです。
オイルラインも新しく引き直しします。

新旧ピストンオイルライン










クラッチ完成まだまだ










ばらばらパーツエンジンOH










リフターFフォークOH










作業中ヘッド










ヘッド周りも整備し、通常バルブ、バルブガイド等は新品に交換します。
トリプルツリーエンジン組み立て










NEWピストン組み込みピストン取り付け










毎回ショベル以前のHarley-DavidsonはこのようにエンジンからFフォークやクラッチやバラバラにして各部を確認して、必要ならば新たなパーツに交換して整備しております。

従って納車までに時間が2ヶ月程掛かってしまいます。


で、オリジナルの1967FLHなんと上記整備をすべて自分でやり終えて、ハンドシフトに交換して
いざ出発です。時間は掛かりましたが、1/1の模型を組み立てている感覚で他の楽しんで整備されていました。勿論、判らない箇所はスタッフがフォローしながら完成です。
スタートドキドキ












フットクラッチがイマイチ難しいと嘆いておられますが、私も誰もが同じでしたよ。

すぐに慣れてしまいますよ

2009年09月20日

獅子が出たあ!

昨夜、近くにある温泉「美人の湯 祥風苑」へいつものように行って来ました。
駐車場の奥に昔から摂津峡へと続く農道があります。

そこには街灯もなく、いつも真っ暗です

そこへいつもワンコを散歩させるのが日課になっておりました。

アキに「お風呂へ行く?」と聞くといつも「クンクン
と鳴くくらいにお気に入りの場所です。

で、昨夜もいつもの通りにそこへ散歩させていると、4匹のワンコたちが急に

「ワンッワンッ」と吠えて走って行くので、
きっと野良犬でもいるのかと思って付いていくと

懐中電灯で照らして見ると

そこには目だけかライトで光って見えます。

その目と目の間隔が広いので、「鹿かなあ

と更に近づくと、牙と豚のような鼻がハッキリと見えました。

なんとそこには1m50cmはありそうなデカイ

オスのイノシシが立ちはだかっているではありませんか


ワンコたちはその「おっことぬし」イノシシの怖さを知りません

牙で突かれたら、ひとたまりの無く、その農道は道幅1mほどしかなく、
「おっことぬし」はワンコたちのが4匹もいるので、対応に困っているようです

しかし私たちも身動き出来ない程、恐怖に包まれてしまいました。

で、ある瞬間にその獅子はこちらに突進して来ました

ワンコたちはクモの巣を散らすように、一目散に退散するのですが、
私たちはその農道の横には水路があり、反対側には2mほどの高さの下に田んぼがあるんで、逃げるしかないのですが、スリッパでイノシシとカケッコは明らかに歩が悪く、自分だけ逃げるのもおかしな話で、ワンコや妻や守る者が多すぎて、本当に頭がパニックになり、恐怖に体がこわばって冷静な判断が出来ない状況です。


で、とっさに出た行動が大声で

「殺される〜


と叫びながら結局、みんなが逃げるのを確認して私も逃げました

本当に死ぬかと思うほど怖かったです。

でも、向こうのイノシシは私を見て「こんな所で熊がでたあ

って思っているんでしょうね

高槻はまだまだ自然が多く、こんなこともあるんですねえ

あとで、何で携帯で写真を撮らなかったのかとも思いましたが、
あの現場では無理でした

逃げろおっことぬし













で、先日スコットからメールを送ってくれて、インディアナポリス モトGPを見に行ったときの画像を送ってくれました。

逮捕されたのは

逮捕BMW













スコット誰?













観客席コース












ピットにてmotoGP













本当に「米国産鉄馬専門店 鼓動館」を十二分に宣伝してくれています。

スコット、ありがとうね



2009年09月17日

休日ツーリング

やっと社会復帰できたので、久しぶりにツーリングに行ってきました。
ナイスな画像を求めて走りました。
スコットが毎日ものブログをみているので、「日本っていいなあ
って思って欲しいんですが・・・・

イエローストーンよりもナイスな画像を撮って帰ろうとがんばりましたが、
中々カメラマンの腕前が悪いので良いのがありません。
同じカメラなんですがねえ

カメラを取る際に首にカメラをぶら下げて撮るんですが、ナックルで片手で走るのが非常に難しいのを改めて実感しました。
クルーズコントロールがないのと、日本は真直ぐな道が極めて少ないんです。

ナックルはスロットルの戻りがない為に片手で走ると、「ブオォ〜ン
と勝手にアクセルが回ってしまい、非常に危険でした

でもやっぱり日本がええねえ

田園3台











49ELFATBOY










2台プラグ










山3171










山2山1











47FL久しぶりに乗った1947FLと1949ELでしたが、プラグかぶっただけで絶好調でした。
でもこの純正バディーしーとはシャレにならないくらいに痛いんですよ。

丸太にまたがっている感覚です。
もうギブアップです

すぐにシングルシートに交換します。


お待たせしました。納車3連発です。
アメリカのブログに追われていて遅れてスミマセン

76FLH71FLH











03FXD

1976FLH、1971FLHと2003年FXDです。

皆さん、大切に乗ってくださいね

2009年09月15日

弁護士ケニーの家でパーティー

スコットの家に到着して、すぐに今度は買い付けです。

ここは企業秘密なんでカットします。

1970FLHと1980FXWGと1977FXSを3台ゲットしました。

今頃、船で大阪港へ向っています。

今回の旅で買った、色々と店の装備品やお土産は荷物になるので、それと一緒にコンテナで運びました。
また関税でややこしいことにならない事を祈ってます。

で、最終日に私の為に今回Sturgisに行けなかったメンバーが全員ケニーの家に集まって、なんとパーティーをやってくれる事になりました。

それだけでも嬉しいことなんですが、昨年メンバーに会える喜びと噂でケニーの家はシャレにならない程「デカイ」と聞いてましたので、色々楽しみでした。

到着すると「えっ〜屋敷やん

ご覧の通り、私の創像をはるかに超えた規模の「お屋敷」でした。
屋敷裏から屋敷












早速、ケニーに家を案内してもらいました。
どの部屋も凄いとしか言いようがありません。
ベッドルームダイニング










ちびっ子ルームトレーニングルーム










お風呂ピット












ダンからの説明











驚いたのは家の中にピットがあって、そこでカスタムバイクを自分で作っていました。

「いや〜冬は寒くってバイク乗れないのでバイクをコツコツ作っているんだよ


ウソのような絵図らです。日本では絶対に見れない光景ですよね

私が「ケニーは実は麻薬の売人でもやっているの

ケニー「なんで知ってるの

周りは爆笑でした

スコットとは高校からの同級生で、一代で弁護士で頑張ったそうです。

「エライ

エンジンテラス










ケニーのお兄さんのトラビスです。
驚いたのは、昨年お土産にあげた鼓動館Tシャツにトラビスってカタカナで入れてプレゼントしたんですが、それをそのまま腕に刺青にしてくれていました。

ちょっと感動です

そこまでしてくれたの

今はHarley-Davidsonディーラーで働いているんですが、そのカタカナの意味をしょっちゅうお客さんから聞かれるそうです。

刺青トラビストラビスと私












トラビス夫妻と












ダンとスコット息子たち























実は昨年一緒だったダン(画像のおじいちゃん)はケニーの奥さんのお父さんでした。
今年まで知りませんでした。ダンは非常に紳士です。とっても良い方です。
彼はベトナム戦争時代は海軍でしたが、仕事はシカゴでコンピューターのエンジニアで現役です。

義理の父のダンはローキンに乗っています。今年はコロラドをツーリングしてきたそうです。

トラビス、ケニー兄弟ダンディーなダン












Danのローキンえっ?











気温は決して暑くはないんで、プールに入るのをためらう気候です。
でも温水プールになっていて一度入ると中々出られないです


で、こんな気候なのにプールがあるのがアメリカやねえ

Danとケニーと私










プール飛べ










全景1余興中










急に「グリース」のテーマソングが流れてきて余興が始まりました。
これも爆笑でした

余興その2











BBQチキンフルーツ野菜










ベランダでスコットがBBQを焼いてくれています。

チーズバーガーBBQを焼くスコット










ケニー夫妻パーティー











TJ飛び込みケニーの息子










次男ジャッキー











3人ショットケニーの息子












ケニーの息子もメチャクチャ可愛い子です

私のセサミストリートのモノマネで大笑いしてくれました

氷事件だめ!


























その3その2












泣き顔

上の画像を見てください。スコットの次男がビールを冷やしているバケツの氷を取って口に入れたので、「汚いのでダメ

って注意したら、泣いてしまいました。

でもダンの奥さんが「ダン、氷取って」というと

ダンはそのバケツの氷を取って奥さんに「ハイどうぞ

私たち親子はお互いの顔を見合わせて笑ってしまいました

これこそ文化の違いですねえ


今回も実感した事ですが、家族や友人の絆は日本人のそれよりも強いのが意外でした。夫婦も本当に仲がいいんです。

普通、男同士で旅行なんか行ったら絶対に本音を言うじゃないですか今回の旅でもみんな奥さんのことが大好きなんです

「嫁さん愛してるんだ」って、今私が書いてても寒くなるフレーズを平気で連発して、それが本音というのはすばらしい光景です。

義父とも同じHarley-Davidsonつながりと言えども、ずっとプールの中で話し込んでいるダン夫妻とケニー夫妻が素直にうらやましかったです。

でも、みんなが言っていたのは「ケニーは普通だろだから今でも友人でいられるんだ。これが成金で態度もそれなりになると友達になれないだろ

私も彼は今までこんなに金持ちだとは、本当に全く気づきませんでした。
いつも至って普通なんです。

そんな彼は凄いと思いました。

日本人でもそうじゃない方々が多いですもんねえ

年を重ねるにつけ、感動することって少なくなった中で、今年も本当に感動の多い旅になりました。

スコット並びに全員に感謝です


夜のプール3











お兄さん

今年はスコットのお兄さんジョーは子どもが生まれたので参加できませんでした。

とっても幸せそうです。

2009年09月13日

Harley-Davidson本社 博物館

帰りにHarley-Davidson本社の博物館に寄ってきました。

3人とも到着した時にはテンション上がりまくりで

「フォーフォー」と叫んでました。

到着全景











入場するやいなや初期型のHarley-Davidsonが所狭しと並んでいます。
初期型47EL










1947FLナックルがディスプレイしてると思いきや

実はバラバラに置いてました。
ナックル?ばらばら










手で回すエンジンやフライホイルもあり、エンジンの仕組みやいかにして、リアホイルが回るのかが、本当に手に取るように理解できるスペースです。

手回しエンジンフライホイル











歴代エンジン1949FL










1948EL1956FLH










キャプテンアメリカダブルナックル










1951FL1947FL











もうマニアにはたまらない車両は勿論ですが、パーツやグッズも沢山ありました。
オプションその3











チャンピオンベルトその2









歴代のタンクのディスプレイがありました。
しかし、こんなマニアの3人が揃えば「ダメだし」の連続です。

この色違うでこれはオリジナルはシールやったのにそんな事で盛り上がっておりました。

でも本社なら、もう少しこだわった塗装して欲しかったです。
鼓動館がいつもお願いしている塗装の職人の方が当時のカラーにこだわってますよ。
全体タンク80WGタンク










71タンク70タンク










写真日本人











1967FLHおみこし











ショベルの展示スペースに行くと、もう3人はため息が出ると思ったんですが、違う意味でのため息でした。

もうちょっとコンディションの良いショベルを並べていて欲しかったです。
1980FXWGのタンクなんか凹んでいるんですよ。

鼓動館にある車両の方がなんぼ良いコンディションか

て言うとスコットが「俺が集めたHarley-Davidsonやからな

「おっしゃるとおりです。

1977FXS1980FXWG











1976FLH200th1971FX











ここは1日中いても飽きないスペースです。

お腹が空いたので隣のレストランに行くとHarley-Davidsonだらけの店でした。
ステーキピザ











レストランモニュメント

2009年09月12日

Cody

今日はCodyというまちへ戻ってきました。
あの「四季」というすし屋のあったまちです。
「また来ます。」との約束通りに帰ってきました。

これでやっとまたお寿司が食べれる喜びは大きいものがあった。

その前にこのまちでは「西部劇」が毎日行われています。

前回はホテルでTVをも見ていたら偶然に「ヒロシマナガサキ」という日系人が監督の映画がやっていて全員「西部劇を見に行こう」なんて言える空気ではありませんでした。

この日は偶然にも原爆投下記念日でした。

勿論、スコットもこの映画を見るのが初めてで、アメリカ人である彼と我々日本人が一緒に見ると非常に気まずいものがありました。

やはり歴史認識と教育の違いは大きいと新たに実感しました。

その2巨人

























国家のイントロが流れただけで、全員起立して斉唱します。
これ日本なら・・・・

以前、ワールドカップにて国家を歌えない選手がいて、バッシングされてましたけっけ

国家斉唱観客











ナイスショット劇










西部劇1記念撮影











BAR & カモ











前回と同じBARでスコットがまたまたポーカーをやると言って聞きません。

「きっと負けるでえもうやめとき、十分勝ったやん

「今回はメチャついてるねん

「・・・・・・・・・・・・・

上のおじいちゃんは彼の昨夜のカモにした老人です。
彼も地元に住んでいて、毎夜ポーカーをしに来るそうです。

その日も彼は勝ちました
更に調子に乗っていきます

で、我々は近くにあるロデオに行ってきました。
なかなかの迫力でした。

これも毎日やっているようで、何もない小さなまちの観光収入源なんでしょうね。

ロデオロデオ2











ロデオ3ロデオ4











翌日はそのまちを発ち、デッドウッドというスタージス近くのまちでキャンプです。

アメリカでは非常に珍しい軽トラです。
軽トラVIBES












珍しいショベルがGSに止まっていて、カメラを向けると「日本人かい VIBESの××さんを知ってるかい

「知ってますよ。」と答えると、「今まで一緒だったんだ。」

へぇ〜 バイクに乗った日本人を今回見たかったなあ


こんな車も走ってました。
注目率100%でした。
フェラーリよりも目だっているよねえ

レトロレトロ













ここには可愛い交通整理のバイトが沢山おりました。
スコットは道を聞いているだけです。決してナンパしてるんじゃないですよ。

工事現場歴史的なBAR










この上のBARは100年以上前からあるんですって
驚きの歴史的なホテルとBARでした。

やっとデッドウッドに到着し、キャンプです。

彼とはレイテ島の遺骨収集ネタで盛り上がりました。
彼は本当に「誇りに思うよ
で、BARなんかでも見知らぬ現地の人に「彼はフィリピンのレイテ島で第二次世界大戦で亡くなった日本兵の遺骨を収集しているんだぜ
って自慢げに話をしてくれます。

これは日本ではあまり受け入れられない話かも知れませんが、アメリカでは国費を掛けて遺骨を収集しているので、「何でボランティアでやるの
って質問もよくされます。

面白いのが、よく「バンザイ」って意味は
「アタックって意味かい
「やったー」って意味かい
これは昨年もよく受けた質問です。

昨年は正確に答えられませんでした。


調べましたら、バンザイ→万歳→天皇陛下万歳

直訳すると、天皇陛下が万年まで続いてください。

要約すると「日本の国家永遠なれ」となります。

すなわち彼らがイメージする太平洋戦争で日本兵が「バンザイ」と叫びながら玉砕する姿が強いようです。

これで当時のバンザイの意味が伝わりましたでしょうか

だから「やったー」の時に使うバンザイは本来、間違った意味で使われているのが多いようです。

更に両手の手のひらを前にするバンザイは間違いです。

「硫黄島からの手紙」でも渡辺謙さんもやっておりましたが、手のひらを内側に向けてバンザイとやるのが本当なんですって

その細かい演出をなんでクリントイーストウッド監督が出来たのでしょうか

そんな話をスコットともしておりました。

でも、英語で通じなかったのは日本語ですでにカタカナになっている単語は通じませんでした。

レイテの話では、ゲリラがいて今でも危険だ。というのがゲリラというのが何度アクセントを変えて言っても「んっ」となります。

でも言い方を変えながら何とかなるんですが、これがビールで酔っ払うと頭が悪いのに更に頭が回らない状態になり困ったもんです。

その2キャンプ場











飲んでますキャンプ











デッドウッド元米兵











デッドウッドの街並みです。
昨年はこの通りにバイクだらけだったんですが、今年は駐車禁止で誰も止めていません。
彼は地元の方で元米兵で佐世保に駐留していたそうで、日本語も少し話せます。
こんな場でも遺骨の話をするんですよ。

でも私は彼に中華料理店がないかって聞いておりました。

今は何より米が食べたいのよ
中華スロット
























やっとありつけた中華です
本当に美味しかったです。

となりは当たれば上のカスタムバイクが当たるスロットルです。

残念ながら私はギャンブルはやりません。
私は仕事が、いや人生そのものがギャンブルですから

キュートリブ










近くに1936年からオープンしているステーキ屋があると聞き、期待して行くと
こんなに可愛いウェイトレスがいました。

えらいこれだけで盛り上がりました
またまた朝食











あれだけ忠告したにも関わらず、またスコットはポーカーに夢中です。

中華行ってくるからと言うと、「春巻き買って来て

お土産に春巻きを買ってくると、忠告通りに負けておりました

ほらぁ勝ち続けるって難しいでしょ

このまちデッドウッドはプチラスベガスみたいな所です。
朝食はこれで52セントです。52円ってどうよ

水泳2人水泳










次の日の移動は今回初の猛暑でした。
息子は顔が焼けど状態になり、非常に痛がっておりました。

ここで泳ごうというスコットのアイデアでしばしクールダウンです。気持ち良かったなあ

でもちょっと淀川的なロケーションでした。

2009年09月11日

最高の景色のイエローストン

イエローストンは本当に綺麗な景色がいつまでも続きます。

本当は三脚を立ててワンショットにこだわってカメラを撮りたいんですが、いつも走っている状態でクルーズコントロールをオンにしてファインダーを覗かないで適当にショットをとります。

当然ミスショットも沢山ありますが、そこはデジタルの強みで下手な鉄砲を数打ちゃ当たる理論で綺麗なショットが沢山撮れました。

今回の旅では合計4000枚位撮ったと思いますが、編集するのが本当にだるいです。

カメラもCANON D5という良いカメラにしたのは良いんですが、画素数が大きいとメモリーが食うわ!編集にも時間かかるわ!

でもやっぱり綺麗な画像が撮れて嬉しい限りです。

このときはいつも3台の後ろに走っておりましたが、勝手に止まって三脚で望遠レンズに交換して撮りました。

最終的には目の前まで来て、このバッファローが怒って
「ブフォ〜ブフォ〜」って追っ払われました。

本当に殺された人も多いようで、彼らは危険な動物です

連射4連射3










連射2連射1










ムースドローレストラン内部










バッファローチキンステーキ










ケーキ飯屋にて











トイレに入るとこんな入れ物があり、ノリピーの様な覚せい剤中毒者の為の入れ物と驚きました

中には注射器だらけです。

スコットにあれはジャンキーの為にああいう物を置くのは、さすがにアメリカだね

というと「あれは糖尿病患者のインシュリンだよ。イエローストーンで麻薬中毒患者はいないでしょう

ここには本当に吸殻一つも落ちていないんですよ。

アメリカ人のモラルの高さに驚きました。

でもスコットは「アメリカ人と言っても色々いてるよ

「そらそうだでもここの観光客はすばらしい


注射器朝食










3人で急流











バイソンバイソン2










クネクネバイソン渋滞











元気一杯スコット渓谷
























ピックアップトラック











家族でリス












スコットは毎年のようにスタージスへ行っています。
これがその時に買う記念シールです。ちなみに1ドルです。

イエローストンは本当に自然公園なんで、山火事が起きても消火作業はしません。
だからはげ山が多く点在しています。

バッファローが道をふさぐと、ごらんの通りに渋滞してしまいます。

Sturgis シールバッファロー渋滞










湖畔ツーリング3湖畔ツーリング











YS絶景










無題写真












岩3影











岩陰綺麗なツーリング











岩風景綺麗な











ツーリング風景山と湖畔











コルベットやっとCody












遅い滝滝3
























ホテルで「スコットが爪を切るのはこんなナイフで切らなくと男じゃないよ。
ランボースタイルだぜ

息子は大笑いです

でもほんまかいな

ランボースタイルプラブ交換











彼はEVOのプラグを良くチェックします。
なかなかの几帳面です。

滝、滝うっとり











内装ムース











レストラン内部庭からの風景











この当たりでは最高のレストランだと地元の人から聞いていったレストランです。
内装も最高の雰囲気です。

期待に胸を躍らせておりました。

ハンバーガーサンドイッチ










なんや 結局ハンバーガーかい

でも美味しかったです。

段々とハンバーガーの味の違いがわかってきました

うどんかラーメンが非常に食べたい今日この頃です。

ますスコットくん













3人でアルプス?











雄大な道山











湖畔ツーリング










旧車ヤス












魔のスカスカエンジンの2009年のHarley-Davidsonウルトラです。
思い出のバイクです。


こんな山の中でジョギングって何処まで走るの?
でも空気は最高です。

かなり寒いです。日本の10月の気候です。

魔のレンタルジョギング











滝とスコットシャッタースピード

2009年09月10日

富士山麓、東京へ出張

9/8.9に東京へ納車と輸入車両を引き取りに行ってきました。

今回は息子2人も同行です。

8月は仕事にならない状態でしたので、今回の東京は色々とご迷惑をお掛けした方々に申し訳ないくらいに待たせてしまった旅となりました。

8月中には整備も終わっていたんですが、納車がこんな時期になってしまいました。
本当にスミマセンでした。

朝から出発して、富士山のふもとまで納車です。

近くには安部元首相の別荘なんかもあり、とっても良いところでした。

品川さま、本当に綺麗な極上の1984FLHです。大切に乗ってくださいね!
また何かあればすぐに対応いたしますので、ご連絡お待ちしております。

納車富士山










今回は金多楼寿司の大将からお願いされていた陶器でできた巨匠中川自然坊 作「不動明王」(通称お不動さまと子どもの時から、実家にあるのでそう呼んでおります。)でも今回は値段は怖くって聞けませんでした。

万が一割ってしまったら・・・・・

金多楼は器も非常にこだわっていて、味のある陶器ばかりあるんですよ。
これが大将のこだわりの良い演出になっていて非常に美味しいお寿司をいつもいただいております。

しつこいですが、金多楼寿司は決して高額じゃありませんよ。

そのお不動さまを世田谷のお店まで運ぶという任務を任されていました。

これも8月は忙しかったので、こんなに遅れての配送です。スミマセン

でも店の前に車を止めるやいなや、大将も女将さんも剛くんも全員すぐに店に出てお出迎えです。女将さんなんかデジタルカメラで記念撮影してくれました。

気持ちって伝わるもんですねえ

どれだけ待たしたのか実感しましたが、みんな大歓迎です。

それだけ大切なものを、私に任してくれた事に感謝です。

私はただ豊中のギャラリーから運んだだけですのに・・・・


で、そこでは前回8月にあった遺骨収集を私は参加出来ませんでした。が野口健さん一人で参加されてジャングルの中に車で二泊した苦労話や裏話を聞いて、参加できないで申し訳なかったなあ〜と実感しておりました。


不動明王金多楼












でもどこも折れたり、割れたりしていなかったので良かったです。



次男が今回は原宿へ行きたいとか言っておりましたが、
国会へ行こうという私の発案で、急遽変更です。
この鼓動館号(ハイエース)はいつも遺骨収集の際にも国会駐車場の警備員にすでに覚えられていて「看板付いている車両は止められないんです。っていつも言っているでしょ普通の車できてください。」
と断られてばかりでしたので、靖国神社の駐車場へ参拝してから、国会までタクシーで移動です。

残念ながら私は普通の車は持っておりません。

地元代議士と国会で会うのは初めてです。
でも両議員総会で自民党総裁を決める会議中だそうです。


靖国




なにより平和への感謝

その礎になられた犠牲への感謝の気持ちを込めて靖国神社へはいつも参拝させてもらいます。
















国会国会中











総裁席に座らせてもらいました。

この席に今までの歴代総理大臣が座っていたんだと思うと、歴史の重みと、正直えらいところへ入ってきたという気持ちになりました。

総裁席証人喚問











会議が終わり、会えました。国会で会っても普段通りの代議士でした。

代議士記者会見











いつもTVで見る風景が全体像と場所がわかっただけでも値打ちもんです。

閣議記者












色々と秘書に説明をしてもらい、非常にわかりやすい国会見学でした。

ただ今回の国会見学にて天皇陛下は特別なんだと改めて感じた事とバッジを付けた議員しか入れないスペースがあり、国会の威厳を感じさせられました。

もし私がバッジを付けてここ永田町へ来たら、3日で勘違いしてしまい、偉そうな態度へ急変身してしまうんやろなあ

国会の天辺の小さな部屋があるんですが、敗戦後にGHQがそこの部屋を「ダンスホール」にいて毎夜飲んで踊っていたんだそうです。

勝戦国のマッカーサーが日本の威厳のトップの国会のトップで酒のんで踊るって敗戦国の屈辱的な行為やけど、逆の立場なら理解出来ないでもないか

でも現在は立ち入り禁止だそうです。

翌日は2台アメリカから輸入したHarley-Davidsonを積んで帰りました。

これがまたナイスな車両ですよ

2009年09月07日

From Sturgis to Yellow stone

とうとうラストのスタージスになりました。
昨日もディスカバリーチャンネルで「世界最大のバイクラリーSturgis」という題で番組があり、見てみると昨年の様子が編集されていました。

でも、クライムヒルやジャンプ競技やカスタムコンテストやバーンナウト(リアタイヤを空回しして、煙を上げる大会)の様子を放送してました。

ほら〜実はスタージスってそないに見るところがないんですよ。

国内で言えばバイブスミーティングを毎年同じ場所で行われているような感じです。
まだバイブスの方が旧車が多いですよ。

TCばかり並んでいても、そないにテンション上がりませんよね

スタージスのメイン通りは1日あれば十分です。
まちにはお土産のTシャツ屋かBARばかりです。

もっと違う遊び方があるのかも知れませんが・・・・

で、スコットはスケジュールを決めようと、私に相談して来ました

「いつイエローストーンへ行く

「もう行こう

ということになり2泊三日でスタートです。

朝から曇り空でやばい雰囲気です。


フリーウェーを走るとシャレにならない程の霧で全く前が見えません。

スコット、息子、私の3台の順番でスタートしたんですが、息子のバイクすら見えない状態です。

私は危ないのでハザードランプを点灯させながら50km/hくらいで走っていると、もう前のバイクを見失ってしまいます。

ここはアメリカやから道はまっすぐなはず

そう思っても怖い怖い

日本だったら絶対に通行止めの濃霧でした。

しかし、その日スタージスではテニスボール程のヒョウが思いっきり降ってきて、車のガラスは割れるわ

勿論、バイクのタンクやフェンダーはボコボコになってしまったとニュースでやっていました。

ケニーやROB、マイクはガレージに入れていて大丈夫だったそうです。

キャンプしていたバイカー達はもう散々だったそうです。

こうその日は寒くって寒くって凍えそうでした。

全般的な気候なんですが、北海道の気温に沖縄の日光が混在する日本では経験しない気候です。

影に入るといつも涼しいんです。
冷や汗はよくかきましたが、汗は全くかきませんでした。

霧2霧3










霧1向う










スタージスからイエローストンまで800km以上あるのに、いつまで濃霧なのか?
不安でしたが、50kmも走れば天気に恵まれました。

ご覧の通りの快晴です

岩道GSにて











途中給油

























給油のときに会った方々です。

「日本人か 東京や大阪へ仕事で行ったことがある」と良く話かけられます。本当に日本人は珍しいようです。

彼はブリジストンの社員だそうです。

赤壁道道










ランチBAR レストラン?










ウェイトレス店内










ハンバーガー2ハンバーガー










MEノリック











スコット道











Codyというイエローストンの入り口にあるまちまでもう少しです。

昨年見つけた日本食レストラン「四季」へ行こうや

スコットは「日本食

私「もし中国人や韓国人がやっている日本食なら出よう

という約束で行くとなんと日本人のオーナーでした。
久しぶりに味噌汁の味に涙が出そうでした。

四季三浦さん










寿司ポーカー










三浦さんというオーナーさんが今回初めて会った日本人です。

こんな旅はあらへんでえ


スコットは昨夜、デッドウッドというスタージス近くの町でポーカーで$1200ほど勝って有頂天です

「おれがおごるから」
と言って聞きません。

このまちでも夕食後はポーカーです。

この日も$800ほど勝ちました。

「バクチはそんない続けて勝てるもんやないでえ
と私が言うと

「ポーカーは運じゃなくって、テクニックだから大丈夫

「ほんまかいな」「本当ですか


そうそう日本で携帯を海外でも通話できるように設定していたんで、安心していたんですが、全くと言って良いほど通じません。

フィリピンのレイテ島でもdocomoは通じたんですが、大きな町でないと通じませんでした。時差も丁度14時間ほどあり夜と昼が逆さまで、非常に苦労しました。
メールも確認できませんでした。


この広大な土地にアンテナなんか全く見えないので無理もないか

ホテル着ホテル 全景












昨年と同じホテルに予約してくれていました。

受付の女性が「あなた昨年も来てくれた日本人でしょ

覚えていてくれてました。
ほんまに日本人は珍しいんやね

へび露天風呂全景


























風呂です。露天風呂










バッファロー渋滞牛











温泉へ行こう!みち










絶景絶景2










風景まち










レストラン昼食











ステーキバーガーロッキングチアー













やっぱりツーリングはこんな大自然の中がいいですよ。
人工物の見学より、自然の雄大さにはかないませんねえ

Yellowstoneは最高です

でも結構高度があって寒いんです。

ノリノリノリノリ2









ノリノリのおじさん、100周年のウルトラに乗っています。家にはEVOのFLSTCがあるそうです。
道行く人といつも語っておりました。

ええ感じの旅がつづく

倒木




スコットはバイクを止めて奥地へ奥地へ進んで行きます。

「TAKACome on

そこにはこんな倒木だらけのナイスな風景がありました。
















無題川










Scott滝スコット











温泉綺麗な










温泉2硫黄











バスドイツ人











「あなたは日本人ですか

またか?でもアクセントが変だと思ったらドイツ人の観光客でした。

彼ともたわいもない事を話、楽しいひと時でした。

日独伊三国同盟のなごりがあり、ドイツ人は日本人には友好です。
これはLAでもドイツ系は日本人びいきの人が多かったです。



戦後は引きずっておりますねえ

NYホテル











この一家はニューヨークから来た一家です。
バッファロー渋滞で暇だったので、話込みました。

彼はこのバイク350万円ほどで買ったそうで。スズキのGSXR1100を売らないと勝ってはダメと奥さんから言われて、こっそりとこの自分の息子に1ドルで売ったんだそうです。

もうバカウケでした。

奥さんも一緒に笑っていたので、ホッとしました

HPハンバーガー










ステーキ2人











藤岡、スコット岩道

2009年09月05日

Sturgis 

さて今日は何処へ行こうか?

スコットはデッドウッドというスタージスの隣町でポーカーしに行くわ

ということになり、我々親子はケニーとロブの奥様たちが近くの空港に飛行機で来るので迎えに行ってからツーリングすることになりました。


初めてお会いするケニーの奥さんとロブの奥さんに挨拶して、さあ出発です。
でもケニーの奥さんはどこかセレブの香りが漂っておりました。


ロブ夫妻2ケニー夫妻3










同じくすってぷ











空港へ付くと私のペダルが無くなっており、ロブも全く同時に同じパーツが無くなっていました。

「偶然やねえ

お互いに顔を見合わせて大笑いです。


早速、近くのディラーへペダルを買いに行きました。

そこの駐車場はバイブスミーティングよりも多いバイクがあたり一面に並んでいます。

新しいHarley-Davidsonは全く興味がないので、トラックやグッズばかり見ておりました。

空港お迎えケニー夫妻










スタージスガールツーリング風景










親子迫力のピックアップ










Harley-DavidsonF-150PARKINGにて











ミステリーエリアへ初めて行って、本当に目の錯覚とはわかっていてもネタがわからないまま次のエリアと進んで行きました。

???










下の石は水平器で測っても平行なのに並んで入れ替わると、ご覧の通りです。

あれえ?恭典
























私がこの斜めの格好を一人でやっていて、頭に手をやり帽子を押えたマネをして

「マイケルジャクソンみたいでしょ

って言うと周りの観光客にバカうけでした。


斜めミステリーワールド











それから近くのツーリングコースを回りました。

そこでTC96が山道になるとまったくと言って良いほど、走りません。
トルクがまるでないんです。私のバイクだけか?と思い息子に聞くと、

「ショベルやPANの方が断然トルクあるなあ

腹立つほど、坂道は登りまでん、ローでスタートするときも

「カラカラ〜

とノッキングしよります。二人乗りしても平坦な道でもスタート時は同じでした。

6速は高速で100km以上のみ使用しますが、坂道では3速4速5速とチョコマカ、チョコマカと変速しないとカラカラ言い出します。

国産の400ccのバイクと同じ感覚です。

シャレにならへんやん

普通300万円以上で買ったウルトラがこのザマだと、通常の感覚ではクレームものでしょう。

このパワーが無い感覚は全く初めてバイク乗られた方でも絶対にわかってしまうほどです。

利点は高速で130km以上クルージングしても快適。
荷物も沢山詰めて、しかもカメラで撮影しないといけないので、クルーズコントロールが絶対に必要なんですが、もう二度とこんなバイクはレンタルと言えどもお断りです。

この事実がわかってから、本当にツーリングの楽しさが半減してしまいました。

走らないトルクの無いHarley-DavidsonはHarley-Davidsonじゃないって

帰国して250ccのフォルツァに乗ったら、まったく加速感が同じで、まだフォルツァの方が早いくらいです。
乗り味も殆ど同じ

本来、Harley-Davidsonは国産とは比較する土俵にいてはならないバイクなんですけれどねえ

来年はフォルツア現地で買えるくらいのレンタル料金払うんやったら、自分のナックルかショベルかPANを運んだ方が絶対に楽しいやろうなあ

でも高速であれだけの距離を走るんやったらTCしか無理かも

ロブ夫妻ROBと嫁











バッファロー群れ










風景黒人










BOSSボスホス











ご自慢のバスホスです。

でも周りの白人連中が「意味わからん

って小言を言っておりました。

チョッパーカスタム










FIRE MANFATMAN










キーストーンにて窓から
























昨年も行ったキーストンというスタージス近くのまちです。
やかり昨年とは台数が少ないように感じました。

カスタムバイクの画像もアップしますが、こんなバイクは1%未満ですよ。

殆どがツーリングモデルかTC96のソフテイルモデルです。
ダイナやスポーツスターは比較的少ないですねえ!

旧車はもっと少ないですよ。

集合写真KEYSTONE











ポリスナックル











トライク湖










ケニー夫妻5ROB夫妻5














岩岩岩トンネル











この岩のトンネルがこのニードルマウンテン(針山)という所には沢山あります。










ニードル岩トンネル











つづく

奥様たち見学

2009年09月03日

スタージス ツーリング

昨夜にスタージスへ到着し、朝からツーリングです。
ええ大人が本当にキャキャとテンションの高いこと。

本当に彼らは1年1回のこのスタージスに掛けているのが感じられます。

レンタルハウスの全景です。
裏庭はキャンプ場かと思うほど広い芝生の庭がありました。

レンタルハウス裏庭











キッチン出発











ROB

ROBという彼はケニーの友人で、ホンダやヤマハの国産を扱っているバイク屋さんです。

モンキーは10台ほどコレクターしているそうです。

とっても良い奴です。

このタトゥーがナイスなんで、ワンショット撮らせてまらいました。
ご自慢の刺青です。
日本じゃ、ヤクザが刺青を彫っているというのもご存知でした。

でもここはアメリカですって

そのとおりです。





スタージス ツーリングパンク全景










パンクスターウォーズ












途中でパンクで走れないバイクが1台いました。

みんなでレスキューです。

ここは日本もアメリカも同じですねえ!


洗車ガール洗車ガール2











洗車ガールたるものが存在しておりまして、15ドルでこのような可愛い彼女が洗車してくれます。

休憩だよ。グループ











このグループの方々の日本人は珍しいので、声を掛けられました。

「日本人かい日本の何処から来たんだこのバイクは何処で手に入れたのか

もう質問攻めです。

本当に日本人は全くいませんでした。

日本人だけは本当に親近感があるようです。日本人には悪いイメージはまったくと言って良いほど、ないようです。

中には「JAP]という輩もいるそうですが・・・・


マッチョ
お兄さん、ええ体してるやん 私はホモじゃないけれど写真撮らせてといったら、大喜びです。

「こんなポーズでええか

「ええですよ

そんな会話で、盛り上がります。

スコットが昨年はウソで「彼は日本の有名なHarley-Davidson雑誌のカメラマンやでえ」と言って写真を撮るのをスムーズにしていたんですが、今年は本当に「HOT BIKE JAPAN」の取材なんで、そのネタを盛んに援護射撃してくれます。

この一眼レフのカメラがそれっぽく演出してくれました。



ショベル迷う











今回の旅では非常に珍しいショベルです。

左のショットはスコット道に迷うです。

何度も行ったり来たりで、本当に迷ってしまいました。

コーラトレーラーステーキ休憩










両手に花バドワイザー










ナイスガール雨宿り










メインストリートFLSTS










ナックルヘッド2台










スタージスへ戻り、彼らはまたまたバーでビールを飲みます。
ちょっと位、ビールのアテくらい食べようよ

今回1947ナックルヘッドがエンコしてました。
ここまで来て思いっきり注目浴びて「エンコ」はないやろう
ちゃんと整備しときやあ

周りは殆どTC88かTC96なんで、こんな旧車は本当に目立ちます。

来年は1947ナックルと1949PANで来たら、シャレにならないほど目立つに違いありません。

でも何で日本人が乗ってるねんって思われてしまうのも覚悟しないとね
でも昨年より全体のバイクの数が少ないですねえ!

ポリスガール
























彼は全身刺青だらけです。
HOT BIKEネタで彼も大喜びです。
でもちょっとやり過ぎ
刺青男2台










ナックルバーナックルバー2

2009年09月01日

Sturgisへ


デッドウッドと言うまちには西部劇そのままのまちがあり、そこでもしばし休憩です。

westanbar2











S Kboy











ladyminnminndaha











hotdogoldbike










毎日こんなHOT DOGみたいなものばかり食べています。

米国やのに米が全くないんです。
なんで米国って名前にしたんやろ

うどん、ラーメン、寿司が目茶苦茶食べたい心境です。

panGS










MeACE











スコットご自慢のヘルメットです。
おじいちゃんが1949FLに乗っていたときからの愛用のヘルメットです。
勿論、BUCOでACEはおじいちゃんのニックネームです。

私がヘルメットを被って走っております。
ノーヘルでOKなんですが、ヘルメットを被ると風切り音が消えてFMラジオが良く聞こえます。

ただひたすらフリーウェーをまっすぐ走るんですが、このころは追い越し加速がこのバイクはシャレにならない程、遅いなあっていう程度でした。

これから峠道に入り、インジェクション驚愕の事実があ


フリーウェーではスコットだけEVOで、全員TCなんで150km/hくらいでバンバン走ります。スコットは必死で付いて来てます。

EVOは120km/hが限界かな



1955年のPANです。非常に珍しい旧車です。

高速の最高速が75mile(120km/h)になった為に殆どTCになっております。
自宅にはEVOやショベルがガレージにあるそうです。

こんな長距離ではトレーラーに乗せてトラックで引っ張って、ベースキャンプで寝泊りしてから、毎日スタージス近辺をツーリングしているバイカーも多いです。

トレーラートレーラー2











keny meGS2












インディアナ州からスタージスまでが丁度1800kmほどです。
それを2日で走り抜けます。

弁護士ケニーが「今年のスタージスは一軒家をレンタルしたんだよ。
一人4日で350ドルで割り勘にしよう

スコット「ケニーは金持ちやねんから、お前が出しといて

ケニー「なんで俺が全部出さなくてはいけないの

スコット「じゃあ、俺はポーカーで稼ぐわ

二人は高校からの同級生で、非常に仲が良いんです。
bafaro bageryuuyake











SMBAR










beeramerca












夜にようやくスタージスに到着です。
レンタルした一軒家は予想をはるかに超えるデカさでした。
地下に部屋が6つもあり、各部屋にはシャワートイレ付きです。

おばさんが住んでいて、とっても良い方でした。

今夜は歩いてスタージスのメイン通りまで行けるので、思いっきり飲もう

ということになり、またまたビールだけで盛り上がりました。

息子はいつもコーラ
おやじと違ってアルコールはダメなんです。

おまえは何本コーラ飲むねん



月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。