鼓動館ホームページはこちら

2012年08月

2012年08月31日

宝物の1979FXS

先日、輸入したての1979FXS です。
オリジナルペイントでなかなか良い感じです。
IMG_9533

1977年に販売されたFXS LOW RIDER です。1978年の2年間だけがガンメタのカラーリングでした。
1979からこのツートンカラーとブラックの2色がありました。
この色もダントツに人気のあるカラーリングです。

見た目も非常に格好が良いローライダーですが、何と言ってもショベルの乗り味がたまりません。
三拍子も大きな魅力ですが、何と言っても乗り味です!あの鼓動感!
ショベルのツーリングはたまりませんよ!

この車両、昨日ご夫婦で来られたお客様がおられて、偶然にあったこの1979FXSに一目惚れ!
今までショベルFX系を購入する為に、家まで購入してガレージを造り、
ガレージに盗難防止用のアンカーまで作られていて、毎日鼓動館のHPやブログを見ていていただいてたそうです。
奥様が「もし万が一主人が事故か何かで死んでしまったら、私が免許を取って主人の意志を継ぎ、主人の魂と一緒にショベルで走りたいと思っています。」

すごい思い入れの籠ったご夫婦だと感心されられました。

だから私も毎回真剣です。お客様の立場で何がベストなのか?そこをポイントにしてアドバイスしています。

ただこのFXSはまだHPにアップしていなかったので、その日、いきなりな話です。
私はいつも一生物のHarley-Davidsonです。勢いやノリで「これや!」と決めるのではなく、一度、クールダウンして、1週間後、それでも「これや!」って思えるHarley-Davidsonを購入するようにアドバイスしています。コンビニでお弁当を買うんじゃないんです。
思いっきり迷って迷って、悩んで悩んで「最終的にこいつと一生付き会おう!」
っていうHarley-Davidsonが最高なんですよ。
しかも新車のように色やモデルも選ぶ事が出来ないのもビンテージハーレーの魅力です。
縁っていうのも絶対にあります。また同じコンディションのハーレーっていうのは無理なんですから。

鼓動館のお客様でもFLHかFXSかを最終最後まで迷っておられる方が多いんですが、
フレームもエンジンも同じなので、結論、好みの問題です。

FXSは何と言ってもスタイル抜群です!
ただロングツーリングの際はFLHの方が積載能力が高いので、キャンプ用品なんかをドンドコ積み込めます。

時代に流されない流行に左右されないスタイルってどれだけ眺めていても飽きません。
純正スタイルって本当に良く出来ていると感心します。
逆にカスタムバイクを見れば、1970年に流行っていたカスタムだ!とか1990年に流行っていたスタイルだとか分かります。
オリジナルは何十年経っても飽きない素敵なスタイルをしています。
きっと50年後も100年後もこの格好良さの感性はナックルやパンのスタイルと同じように永遠なんでしょうねえ!
だから一生付き合える人生最後の終のバイク。私のように息子へ引き継げれば尚良しですよ。
きっと孫子の代までずっと引き継がれたら嬉しいですねえ!
IMG_9511
IMG_9519
IMG_9528
IMG_9516

鼓動館のホームページに歴代エンジンインプレッションという項目があります。
久しぶりに読み返してみたのですが、異論は全くありません。今も同じ気持ちです。
各歴代エンジンのインプレションを書いておりますので、同じ文章ですが、
まだ読まれていない方、一度参考にしてみてください。


【ショベルヘッド1965〜1984】

鼓動館の最も得意とする車両です。私は個人的に一番好きな乗り味の車種です。

特徴

なんと言っても非常に綺麗な「三拍子」がアイドリングの状態で奏でてくれます。
「ポテコン〜♪ポテコン〜♪」とか米国では「POTATO」って言います。
綺麗な三拍子が出ないとなると、どこかしらトラブルを抱えていると言っても過言ではありません。一概には言えませんが健康かどうかのバロメーターにもなります。
乗り味は歴代切って一番「おもしろい!」というフレーズが似合います。とにかく走っていて楽しい車両です。乗り味と「三拍子」とデザインが今でもショベル人気を支えている由縁でしょう。

30年も前の車両という歴史認識もさることながら、エンジンのコロコロ感!80〜100kmくらいで流しているときは、脳みそが溶けそうなくらいに気持ちが良いんですよ! ハイテクでは決してないところが、人間らしくって乗っていて面白いんでしょうね!アナログ感がショベルまでは楽しめます。

逆にEVO TC88は一気にデジタルチックなエンジンの動きをします。
あとスタイルがなんと言ってもカッコいい!ストリップでもフル装備でも70年代〜80年代を感じさせてくれます。ナセルヘッドとフロントフェンダーの間が狭い。 すなわち車高がEVOやTC88 TC96に比べて車高が非常に低いんですよ。これはフレームの位置が根本的に低いんです。手作り感がまだまだ残っていてデザイン重視で設計されていたのがわかる部分です。

TC88からは横から見ればエンジン周りから向こうの景色が見えるんですよ。これは大量生産をする為にロボットを多用して組み上げられているからです。
またエンジン形状が見ていて飽きないですね!丸いシリンダーやバルタン星人をホウフツさせるショベルヘッド周り、アルミ無垢なので磨けば何とも言えない輝きになります。

1200ccと1340ccの違い

1200ccは1970年から1979年の前半まで生産されました。1979年後半からは1340ccです。乗り味は1340ccの方がゴツゴツしたパワーは感じます。 でも1200ccが非力か?と言えばそうではなく優しいし鼓動感が感じれます。 どちらも乗ってしまえば、やはりショベルの乗り味ですよ。 ただエンジンの排気量と関係なく1970〜1976年までの車両の作りと1980年のショベルFLHの造りの違いはありますねえ!
前期の方がこだわりがあって個人的には好きです。決して80年代が悪いわけではないですよ。
1984年FLHXは特別で920台しか生産されていなく、当時のHARLEY-DAVIDSONのスタッフの意気込みが感じられる車両です。 非常に丁寧な組み上げをしています。

始動性

オリジナルショベルはセルのみです。後からキックを装着されている方が殆どです。
理由はセルスターター系のトラブルが多い。
キックスタートしている自分の姿が好き!
キックを着けても四速なので違和感がまったくない。
の3点の理由が主でしょう。

ショベルのキャブのセッティングがガスが濃い目なので、慣れないうちはよくプラグがガソリンでベタベタになり、 「カブル」という状態になりやすいんです。その為にプラグの予備は絶対に必要です。

コーナーリング特性

ショベルのコーナーリング特性 特にFLHは、う〜ん!言いにくいですが、歴代HARLEY-DAVIDSONでは最低です。曲がれないことはないですが、 毎回「ヨイショ!」って感じで寝かし込みます。しかも当時の純正のタイヤは断面が四角いのでコーナーリングの際にフラフラしてしまいます。 でもその分アメリカ大陸横断仕様!直線安定性能はピカイチ!です。私はよく長距離ツーリングの際にアクセル固定して、 リアのバッグに寝そべってもそのまま直進してくれますよ。でもEVO、TC88は左のプライマリーが重たくってどうしても左に曲がってしまいます。
但しFXS(ローライダー)系は非常に寝かしこみが容易です。ヒラヒラと軽く曲がってくれます。これは車重が影響しているんでしょうね。 フレームもエンジンも同じですから、FLHとFXSはミッションのギアー比率が違うので、FX系の方が加速が軽やかですよ。

ツーリングインプレッション

長距離ツーリングでも間違いなくショベルは楽しいですよ。FLHのフル装備だと積載能力も十分ありキャンプ道具一式も十分に積む事ができます。
どの機種も楽しさはあるのですが、ショベルのアナログ的振動が、なんだか人間に近いものがあり、直線を走っていても非常に楽しいですよ。
但し、トラブルを避ける為に日頃の整備は欠かせませんが・・・・。

メンテナンス

ショベルは壊れるって噂はたえないのですが、実際はどうなんでしょう?

最終年度(1985年FLHX国内登録車両)のショベルでも旧車と言われる車両です。 走行距離に関係なくパッキン類は間違いなく要交換です。その為によくあるトラブルでマニホールドから二次エアーの吸い込みが発生して 「クシュン!クュシュン!」とキャブレターからの吹き返しや、アイドリングが下がらない等の不具合が発生してしまいます。
これらの現象はショベルだからというものではなく、20〜40年以上も前に生産された車両だから起きてしまう現象と言えます。 当時生産されたホンダのCB750KOやZ750Fも同じです。

だからEVOやTCのように乗りっぱなしでは順調に走ってくれません。
しかし、EVOやTCが30年経てば同じ現象が起きるのか?
答えは YES です。しかしEVOからは飛躍的に今までの欠点箇所を改善しており、耐久性はかなり向上しています。 ただショベルは設計上で甘い部分もあり、オイル漏れは気にしないという気構えであった方が楽ですよ。 TC88を新車で買ってオイルがにじんで来て気絶しそうな友人がいましたが、それではショベルは精神的に維持出来ないでしょう。

キッチリ整備されたショベルはロングツーリングでも問題なく行けますよ。
でも予備のパーツは要積載ですよ。プラグ、コイル、ポイント等 これは古いEVOでも同じです。
鼓動館ではすべてのショベル以前の車両はエンジンをオーバーホールして納車しております。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

2012年08月30日

天国からの“お迎え”

昨夜NHK「クローズアップ現代」を見て考えさせられた。
誰もが絶対に避けられない「死」に付いて自宅医療を受けた患者の40%が「お迎え」を経験しているという。それを体験すると死に対しての恐怖がなくなり、安楽からに死を迎える事が出来るという。

「死んだ親父が会いに来た・・・」
「飼っていたペットが走り回っている。」
「友人が会いに来た」など、死を間近に体験すると言われる“お迎え”現象についての日本初の学術調査が進んでいる。在宅医療の専門医と東北大の社会学者たちが、文科省の助成を受けて高齢者や遺族500人あまりを調査、自宅で看取られた人の4割が“お迎え”を体験し、そのうちの8割が死への恐れや不安が和らぎ、穏やかに看取られていったことが分かった。
その一方で、「生」を追求する過剰な延命治療が、“お迎え”ばかりか、患者が「死」と向き合う妨げになっている現状も浮かび上がった。
調査を行った岡部健医師は、「死を受け止める力」に注目した新たな在宅医療を模索している。自らも末期ガンを患う岡部医師の活動を通じて、自然な看取りをいかに実現していくのか考える。という番組だった。

NHKなのでオカルト番組では決してなく、学術的な見方で「お迎え」を説明していたが、ちょっと無理があると感じた。超常現象でいいんじゃないか?って見ていて思ってしまった。
”天国からのお迎えが来たので安らかに旅立てる”と解釈した方がいいではないか!と・・・・。

現に病院で亡くなる方が全体の8割だそうで、その方々は見る事が出来ないという。
自宅及び終の住処の老人ホームなどで亡くなる時に見れるそうだ。
それを亡くなるまで密着取材していたのだが、「お迎え」を経験した方は本当に安らかに天国へ旅立つ様をみると、延命治療って?と考えさせられる。

実際に延命治療に携わっていた医師が末期ガンになり、
「私にとって寿命を1分1秒でも延ばすということは絶対、いいことなんだと思ってたのに、患者さん受け取る、受け取った側の患者さん側は、ちっともそう考えてなかったんだね。
これで、ちょっと、がく然としましてね。人工臓器をくっつけて最期の時期をなんとか延ばそう、なんてとんでもない間違ったことを我々はやり始めたんじゃないのかな。」
とおっしゃていたのが印象的でした。

下記をクリックするとNHKのHPが開きます。

クローズアップ現代



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

昔の車も味があっていいよねえ!

先日、鼓動館のお客様で以前からフルレストアーをされていたアルファロメオがやっと仕上がってきました。
昔の車もバイクも味があっていいよねえ!
IMG_9294

エンジンのサウンドもしびれる懐かしいサウンドでした。
IMG_9292
IMG_9300
IMG_9298



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

2012年08月28日

ハーレーデザインの原点

今、1948 ELの整備中。
もう少しだけキャブ調整を行えば大丈夫です。

でもこのバイクのデザインは完璧です。
IMG_9362

1936年にこの基本デザインが出来上がり、それが75年以上経っても引き継がれている。
凄い事です。
当時のデザイナーは100年以上も自分の考えたデザインが後生に引き継がれて行くとは考えもしなかったと思います。
しかし、このデザインが現行車のHarley-Davidsonにも全く同じコンセプトで引き継がれています。

それにしても1948のデザインは格好良いねえ!
流行に一切流されないで、75年後の我々でも魅了されてしまいます。
古さは感じても、古臭さは一切感じない。

何処から見てもセクシーなスタイルです。
このタンク2分割スタイルとメーターの位置とデザインは今でも同じです。
IMG_9360


IMG_9359



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

2012年08月27日

眠れない納車前夜

この週末、やっとお持ちかねの納車日でした。
もう前日は大人になっても興奮して寝れない前夜を過ごして来られました。

この為に大型免許を取って憧れのHarley-Davidsonです。

まずはこのブログでご紹介してきました1980FXWGです。
前日は一睡も出来なかったそうです。
IMG_9335


実はお父さんもハーレー乗り!EVOのロードキングに乗られています。
昔は1980FXSに乗っておられました。
ショベルの乗り味が忘れられなくって、息子さんの購入に協力され、実はお父さんも乗りたいんだそうです。その気持ち凄く判ります。
IMG_9342


取説をさせてもらい、いよいよ出発です。
緊張のエンジンスタート!
IMG_9348


お父さんも満面の笑み
今では仕事になってしまいましたが、初めて息子とHarley-Davidson2台で走った日は私も忘れません。
何とも言えないええもんですよね!

IMG_9351


寝不足なんで「気をつけて!」と言って別れました。緊張のスタートです。

IMG_9356


無事に着いたとメールが来ました。三重県まで帰られたのですが、途中SAでお父さんと車両交換!

「EVOとはまったく違う乗り味です!脳みそトロけてしまいそうな振動がたまりません!
乗っていて楽しくて!楽しくて!顔がゆるみっぱなしでした!」

とメールが届きました。
ありがとうございます。9月のツーリングに親子で是非参加してください。
お待ちしております。

続いて1999FLSTC最終のEVOです。
もう鼓動館のホームページを穴が開く程、見ておられました。
こちらも同じくこの為に大型免許を取得されました。
マフラーを交換し、凄いサウンドと奇麗な三拍子に納車に駆けつけた友人たちも
「うわ〜!めちゃくちゃええ音やなあ!これやな!ハーレーのサウンドは!」
と興奮しきりでした。
IMG_9319
IMG_9330

普段は仕事でスーパーカブや小さなバイクに乗っておられるんですが、Harley-Davidsonは初めてで、乗れるか?不安だというので、鼓動館近くをプチ教習してきました。
「緊張でドキドキですわ!」と言いながらスタート。
普通に走る事ができました。
ただ一緒に走るとエンジンブレーキの使い方やブレーキの掛け方は、カブとは全く違うので、
一緒に走って良かったと実感しました。
私は理屈抜きで体がハーレーの乗り方を憶えてしまっていて、いざ説明せよ!と言われても
自分では判らない時もあります。でも、こうやって一緒に走ると様々なハーレーの乗り方のちょっとしたポイントが判って説明が出来て良かったと思います。

で、この日もお友達と初ツーリングに出かけられました。
こちらのお客様からも
「今日はありがとうございました。
むっ茶楽しくツーリングできました!」
とメールを頂きました。

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
皆さんと淡路島ツーリングに是非参加してください。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。



2012年08月26日

ハーレー乗りにお薦め映画!

最近の民放番組は報道番組以外は殆ど見なくなってしまった。
バラエティーもドラマも本当につまらなくなってしまった。
景気が悪いので予算が無いんでしょうが、作り手の熱い思いが伝わってこないのである。
「龍馬伝」「江」などはワンカットに大道具、小道具、照明、衣装、メイク、カメラ、俳優等、
そして監督との一帯感が伝わって来ていた。
「このカット、こだわって作っているなあ〜!」と感心されられました。
NHK朝ドラ「カーネション」でファンになった尾野真千子さんが出ているので、
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」を毎週見てたのだが、素晴らしい役者が揃っていても、
何故か余りにも”寒くって”途中で見なくなってしまった。非常に残念です。
バラエティーも島田紳介さんが引退してからつまらない。
NHKも朝ドラ「梅ちゃん先生」は毎日欠かさずにみていますが、「カーネーション」程のパンチがない。
大河ドラマ「平清盛」もいつの間にやらまったく見なくなってしまった。

で、久しぶりにDVDを借りてきたスピルバーグ監督の「戦火の馬」である。
この映画は鉄馬ではなく、生馬なのです。
WarHorse01a

これは実に良い映画でした。
さすがスピルバーグ監督です。
沢山の馬が殺されるシーンもあり、かわいそうに!と思っていましたが、現場には動物愛護協会の女性がおられて、撮影現場へ厳しい目を向けていました。
スピルバーグもその女性に「もし、馬が疲れていると思えば、遠慮なく私に言ってくれ。撮影を中止して休憩を取りますので。」という裏話もあるので安心した。
本当にこの映画はお薦めです。

そこでイージーライダーのようなメジャーではありませんが、
ちょっとマイナーだけれどHarley-Davidsonが出ている映画でお薦めな作品を紹介します。

1.「エリン・ブロコビッチ」
作品は文句なしに最高に良い映画です。
123562503063716330453

ジュリアロバーツ主演で実話も元に描かれてします。弁護士事務所長役のアルバート・フィニー(オリエント急行殺人事件のエルキュール・ポアロ役で有名) や脇役も最高の演技を見せてくれる。
ここに出てくる前後ローダウンされたEVO FLSTC ヘリテイに股がるジュリアの彼氏役ジアーロン・エッカートが実にかっこいいである。
今でも広大な一直線の道の向こうから走ってくるシーンが忘れられません。

2.「恋のためなら」
e6fddad658

何をやってもダメな弟が好きな彼女の為にかっこ良く変身するのだが、その時もEVO FLSTC に股がったポリスアカデミー、コクーンのスティーヴ・グッテンバーグが見事に格好いいスタイルに変身するんです。彼の来ていたジャケットを当時真剣に探して買ってしまいました。それほどカッコいいんです。

3. 映画「Born To Run (邦題 ボンバーライダース)」
___549

これは第二次世界大戦の時にアメリカ軍の兵隊がスパイ活動の為、ヨーロッパで行われるレースに出場する映画ですが、ここには多くのナックルやWLAが数多く出て来ます。

お近くのTSUTAYAであると思いますので、是非みてください。

続いては、この動画を見てください。
オフィス北野所属のマキタスポーツの替え歌ですが、我々おじさんが憧れのHarley-Davidsonを買ったときの気持ちを上手く歌っています。




毎日沢山のクリック本当にありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

2012年08月25日

ショベル整備行程ダイジェスト

昨日のFXWGの作業行程をダイジェストでご紹介します。
毎日、すべてのショベル以前の車両に同じような作業を行っております。
だから一台に時間も費用も掛かりますが、一生物のビンテージハーレー!
手抜きは致しません!

外装を外して
ヘッドを外し
IMG_1845
IMG_1928

エンジン下ろして
IMG_1846

腰下もバラして
IMG_1903

オイルポンプもオーバーホール
IMG_1910

ヘッド、シリンダー のビフォー アフター
施工前です。
IMG_1917

ヘッドのバルブ、バルブガイド交換しました。
IMG_2008

シリンダーボーリング後です。勿論ピストンは新品です。
IMG_2006

IMG_2005

ブレーキも分解清掃及びパーツ交換して
IMG_1943

ブレーキキャリパー内部です。
経年劣化でブレーキオイルがドロドロです。大抵のショベルはこんな状態になっています。
IMG_1973

奇麗に洗浄して
IMG_1975

パッキン類は新品に交換です。
IMG_1976

フロントブレーキもO/Hします。
IMG_1979

こんなにボロボロになっています。
IMG_1985

純正パーツで組み直します。
IMG_1984

IMG_1986

キャブレターもO/H
IMG_1990

出来上がり
IMG_1967

フォークも分解清掃及びパーツ交換して
IMG_1954

セルモーターもO/Hします。
IMG_2038


クラッチO/Hし、チェーンも新品に交換して
IMG_2053


やっとこさ出来上がり!
IMG_9307


上記のような作業を一台一台愛情込めて日々整備を行っております。
だから納期の時間は掛かりますが、憧れのショベルが安心してお乗り頂けます。

日々多くのクリックありがとうございます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

2012年08月24日

やっとショベルの完成だあ!

やっと1980FXWGが完成しました。
SUキャブも装着し終えて完璧です。
三拍子もいい感じで奏でてくれました。
なんとも愛おしいフォルムです。
IMG_9317

鼓動館のショベルはブレーキからフォークからすべての箇所、随所に整備が施されています。
だから苦労もあった分、愛情もひとしおなんです。
仕入れて洗車して、ちょこっと整備して売っていたら、きっとこんな思いは湧かないと思います。
でも、これから長〜い人生を共に走り抜けるビンテージハーレー!
だから我々も一台一台に入魂です。
IMG_9315
IMG_9314


試乗も繰り返して、問題なし!絶好調!
次の日曜日が納車予定です。天気が良ければいいんですが。
IMG_9307

IMG_9309


でもこのワイグラも2年しか生産されていない為、アメリカでも滅多に見つかりません。
逆にお金を出しても入手不可能なHarley-Davidsonってスイッチ入るよねえ〜!
本当に大切に乗り続けてくださいませ!


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。


沖縄遺骨収集 募集 

10月にまた沖縄へ遺骨収集へ行く事になりました。
一般募集も行っておりますので、参加されたい方は下記要領で応募してください。

このブログを読まれている方はご存知だと思いますが、遺骨収集作業は決して楽な作業ではありませんよ。あらかじめご了承ください。

名称未設定1



『第3回 野口健と行う沖縄遺骨収集』
今春より開始した沖縄県での弊社主催遺骨収集活動の第3回目を10月に開催する次第となりました。


皆様のご参加をお待ちしております。

==募集要項==

*日程:10/09(火)8am-5pm活動 7pm-懇親会
    10/10(水)8am-2pm活動

*集合場所:沖縄県庁北口バス停前 
*活動場所:沖縄県本島南部

*参加費:両日参加3,000円、1日参加2,000円(昼食・保険込み*10/10は、昼食なし) 
*懇親会費:3,000円程度
*定員:30名(先着順)      
*主催:野口健事務所       
*旅行取扱:富士急トラベル株式会社
*申込方法:名前、住所、電話番号、当日の連絡先(携帯番号)、年齢、性別、参加日数、懇親会参加有無を明記の上 info@fujimura-ken.comまでご連絡をお願いします。
*問合せ:担当藤村 090-1248-8100
http://livedoor.blogcms.jp/member/
詳しくは野口健ホームページにアップされていますので、ご覧ください。

野口健ホームページ


最近、アクセス数も沢山あり、ランキングも驚く結果になっております。
感謝いたします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

2012年08月23日

WEST COAST CHOPPERS TOKYO

久しぶりの東京である。
もう東京へは何度も輸入したHarley-Davidsonを引き取りに来ているので、目新しい事はないのですが、やはり世田谷三宿にある「金多楼寿司」が何と言っても楽しみ!
上京している息子と2人で行きました。
たまたま大将が特別に出前で作っていたお寿司です。

IMG_9264

たっぷりと太ったシャコ
IMG_0129

有名人も沢山来る世田谷のお寿司屋さんって凄く高いんじゃないの?って思われるかも知れませんが、実はとってもリーズナブルです。またとっても粋な大将、女将さん、剛くんたちとのやり取りもとっても楽しく、これがまた良いんですよ。カウンター10席のお店で雰囲気は抜群です。
機会があれば是非行ってみてください。
大阪では絶対に味わえない本当に美味しいお寿司が頂けますよ。

食べログ金多楼寿司

IMG_0128



いつもなら息子のアパートに泊まるのだが、彼女が遊びに来るそうで、邪魔だ!と言う事で、いつものお台場の「大江戸温泉物語」へ。

朝起きて、目的のHarley-Davidsonを積むのですが、お台場でWEST COAST CHOPPERSがオープンしたと聞いて見に行ってきました。
実はこの店の看板を鼓動館前にある看板屋の後輩が作ったと先日、自慢してきたので知っていました。
なんとこの店はお台場のど真ん中にありました。
まだ朝早いので開いていませんでしたが、中を見るとバイクはなく、シャツ等ばかりのアパレルのお店のようです。
一台だけXR1000が飾られてしました。
IMG_9269

IMG_9266

IMG_9268


いつもの大井埠頭へ
1979FXS オリジナルペイントです!
IMG_9274

もう一台の1978FXSは売約済みです。申し訳ありません。
この1979FXSもオリジナルへ戻して、近日ホームページにアップします。

終戦記念日からは遅れましたが、東京へ来た際は靖国神社へ参拝させていただいております。
IMG_0131
IMG_9276


靖国神社から歩いてすぐ、皇居横に「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」があり、そこへも参拝させていただきました。ここは先の大戦で海外で亡くなられ遺骨収集をしたが身元が特定できない35万人以上もの将兵、軍属等の遺骨が納められています。勿論、以前私たちがフィリピン遺骨収集で持ち帰った多くの将兵の遺骨も納められています。

靖国神社は沢山参拝者がおられましたが、ここには誰もいませんでした。
IMG_9281

丁度、「野田佳彦総理大臣」からの花束が寂しく片付けられていました。
IMG_9283

皇居のお堀。
IMG_9285


帰りは息子が是非、「ラーメン次郎」でお昼を食べてみて!というので行ってきました。
お店のルールが色々とあるようで、トッピングを言うタイミングや、食べ終わればテーブルを奇麗に拭いてドンブリをカウンター上に置くという事や、スタッフは基本笑顔でないという事も聞かせれて
「絶対キレたらあかんでえ!そういう店だから・・・。」と注意されて行ったのですが、
強烈なパンチのあるラーメンでした。
とっても美味しかったです。
IMG_0133

で、無事帰ってきました。

ヤレヤレ!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。


2012年08月21日

理想の三拍子を求めて

昨日も真夏の日射しの中に、ほんの少しだけ秋の香りがする風の中、
1980FXWGの試乗を繰り返していました。
IMG_0120


エンジンも新品のピストンを入れて、絶好調!
他の箇所も問題ありません。
しかし、三拍子だけが気に入らない。
奇麗なリズムが取れないんです。粘りが足りない!
元々、S&Sキャブレターはハイスピードキャブなので、低回転の際の奇麗な三拍子が出ないんですが、
何とか頑張ってみました。
2日掛けて奇麗な三拍子を目指して調整を繰り返していました。
点火時期とキャブ調整を繰り返してもなかなか理想のサウンドになりません。
この車両にはオリジナルキャブもありましたが、程度は良くありませんでした。


で、結局SUキャブへ交換する事にしました。SUキャブは三拍子が得意なキャブレターです。
このキャブに期待して作業開始!

これで、奇麗なシャベルらしい三拍子を奏でてくれるか?

フゥ〜!こんなに時間を取られてしまうのは不本意ですが、一台一台新たなオーナーさんにしてみれば、一生物のHarley-Davidsonです。出来る限り最高の状態で納車したいというのが本音です。


さあ!私は今から東京へ行って来ます!



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。


2012年08月20日

EVO、ショベルが三拍子が奏でる訳

今、丁度ピットでショベルの腰下を組んでおります。
そこで、旧車(EVO以前)のエンジンが奇麗な三拍子を奏でる事ができるのか?
を説明いたします。

これがショベルのエンジンの腰下です。
IMG_9256

この鉄の塊がフライホイルと呼ばれる物で、Harley-Davidsonの強大なトルクを生み出している一番大きな要因です。


ちょっとフライホイルを動かしてみます。
これで実際にエンジン内部で何が起きているのかがお分かりになると思います。

先ほど撮影したんですが、動画youtubeの処理が遅いので、昨年Harley-Davidson博物館で撮影した画像がありますので、これを見てください。




極端な話ですが、Harley-Davidsonのエンジンはこの重いフライホイルを回す為に2個のピストンがある!と言っても過言ではありません。
この重いフライホイルが回る事により、アクセルを開けると「ドッ!ドッ!ドッ!」と後ろから押されるようなHarley-Davidson独特トルクを生み出しています。それがEVOやショベルの乗り味となっています。

で、ここでやっと三拍子の出る訳ですが、この重いフライホイルの回る惰性で低回転でも止まる事なく、回り続けてくれます。三拍子は、あくまでも副産物であり、本来の目的はトルクを稼ぐ為でした。
でも、ハーレー乗りで三拍子が嫌いなライダーは殆どいません。
奏でるハーレーと奏でないハーレーなら絶対に奏でる方が良いに決まっています。

ただ、このエンジンの短所は120km/h以上での高速巡航が厳しいと言う事です。
この速度あたりから異常に振動が嫌な振動に変わってうるさいんです。
走れない事はないですが、楽しくはないです。
100km/hまでで走るショベルやEVOのエンジンは最高に気持ち良いんです。
乗り味は「脳みそが溶けてしまいそうな心地よさです。」

ただ、クリントン政権時に米国のフリーウェイの最高速度の規制緩和が行われました。
今まで65mile(104km/h)だった最高速度が75mile(120km/h)に上がりました。
実際にアメリカのフリーウェイを走ってみると殆どの車が125〜130kmで流れています。

これでは当時のEVO以前のエンジンではちょっとツラい!
その為に2000年から発売された現行エンジン ツインカム(以降TC)はこの重いフライホイルの軽量化を計り、振動も無くすようにバランサーを付けました。またフレームとエンジンの間にゴムで止める
ラバーマウントという方式のモデルもあります。これも振動を無くすためです。

だから、基本設計の段階で高速を130km/hでも気持ちよく走る事を目的とされたTCエンジンが開発されました。軽いフライホイルに変更されたので高回転で高速巡航が出来るようになりました。
だから逆に三拍子がなかなか出ないエンジンなんです。

キャブレターが廃止になったのは環境保全の規制が厳しくなり、すべてコンピューターで制御し、速度と回転数をすべてセンサーが感知して適正なガソリンをエンジンに入れるシステムになりました。
だからインジェクションの加速は滑らかな加速をしてくれます。
また回転数はコンピューターで制御されているので、どんなに寒い日でも一発でエンジンが掛かり、
適正な回転数を維持してくれます。

これで少しはご理解いただけましたでしょうか?

今日のピットです。

やっとこさヘッドもシリンダーも新品のピストンもすべて揃いました。
これから組んで行きます。
IMG_9257

その間に足回りの整備を受ける1974FLH
IMG_9258


奇麗な三拍子を出すのに苦労している1980FXWG
S&Sのキャブは奇麗な三拍子は出にくいんです。
IMG_9259


もうすぐで仕上がる1970FLH
IMG_9260


明日から東京へ輸入したHarley-Davidsonを引き取りに行ってきます。
1978FXS
1979FXS
が入荷します。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

2012年08月19日

ルーズベルト大統領への手紙 

先日の終戦記念日のブログの続きです。
「終戦の詔勅」の内容ともうひとつ、日本ではあまり知られていない手紙があるのでご紹介したいと思います。

硫黄島の戦いの概略を説明します。
かなり長文ですが、最後までおつきあい頂ければ幸いです。

硫黄島(いおうとう)の戦いは数年前にクリント イーストウッド監督が「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」を日米両軍からの目線で作り分け2本を制作し、世界中に広くこの史実を広めました。
かなり史実に忠実に再現されていたと思います。この映画を見られた方も多いと思います。
小笠原諸島の南端のこの島は、その名の通り硫黄の蒸気が噴出す火山島であり、川は一本も無い。昭和二十年二月、島に迫った米軍は五日で落とすと見積もったが、二万余の将兵率いる栗林忠道中将(大将)は、島じゅうに地下壕を掘らせ、全員が地下にもぐり徹底抗戦する戦法を採った。日本兵は地熱と渇きに苦しみながら、米軍の地下壕封鎖作戦等に対抗、三十六日間の持久戦の末三月玉砕した。今も地下壕に閉じ込められたまま一万三千柱が眠っている。

栗林忠道陸軍中将
451px-Tadamichi_Kuribayashi1


1944年7月7日サイパン陥落し米軍の手に堕ちました。
サイパン テニアン島の飛行場から原爆を落としたB29 エノラゲイが飛び立った有名な島です。


B29の航続距離6600kmあり、これでやっと日本上空へ飛び立てる距離にありました。
それから日本上空へ空爆が始りました。
saipan1


ただ、ここからだとB29がやっと日本上空へ到達できるが、日本上空で迎え撃つ零戦等の戦闘機からB29
爆撃機を援護する為の米軍の戦闘機が必要でした。
b-29

当時米軍戦闘機P−51マスタングの航続距離が2655kmなので、テニアン島からでは援護が出来ませんでした。
North_American_P-51_Mustang


その東京とテニアン島の丁度真ん中にあったのが硫黄島です。
日本上空で被弾したB29も沢山あり、テニアン島まで戻る事が出来ない機体も多くあり、援護する為の戦闘機を一緒に飛ばす為にも米軍側は何が何でも硫黄島が必要でした。
(終戦までの間に延べ2,251機のB-29が硫黄島に不時着し、アメリカ軍は自国の硫黄島での死者6,821名と負傷者22,000名の代償として、延べ25,000の航空機乗員が硫黄島の恩恵をうけた。)

逆に栗林中将率いる硫黄島の日本軍は、日本への空爆を阻止する為には、2万1000名の将兵の命を掛けて、
一日でも長く硫黄島を守り抜く必要があったのです。

1945年2月16日から米軍の艦砲射撃が始り、同月19日から上陸作戦開始。
それから地下壕に潜伏していた日本軍と米軍との最も激しい戦いが始りました。

日本軍に増援や救援の具体的な計画は当初よりなく、守備兵力20,933名のうち96%の20,129名が戦死或いは戦闘中の行方不明となった。
一方、アメリカ軍は戦死6,821名・戦傷21,865名の計28,686名の損害を受けた。太平洋戦争後期の上陸戦でのアメリカ軍攻略部隊の損害(戦死・戦傷者数等の合計)実数が日本軍を上回った稀有な戦いであり、また、硫黄島上陸後わずか3日間にて対ドイツ戦(西部戦線)における史上最大の上陸作戦・ノルマンディー上陸作戦における戦死傷者数を上回るなど、沖縄戦とともに第二次世界大戦屈指の最激戦地のひとつとして知られる。

摺鉢山(スリバチ山)に建てられた星条旗のこの写真はアメリカでは誰でも知っている有名なショットです。
映画でもメヂィアでも語られていませんが、実は翌日から日本軍とこの国旗の争奪戦が繰り返されました。次の日は多くの犠牲者を出して日の丸が掲揚され、その翌日は星条旗、その次の日、また日の丸と3度に渡って争奪戦が行われました。
最後は日本兵は日の丸が無いので、自分の白いシャツに血染めで日の丸を書いて掲げました。

d0043213_2251766


2月19日米軍上陸から36日間、死闘が繰り広げられました。
食料もなく、まず水がありません。雨水だけが硫黄島では頼りです。
しかもこの島は至る所に硫黄が吹き出していて、壕の中はサウナ状態です。
現在でも常に45℃以上あり、しかも水なし、補給される食料なしで良く戦ったと思います。

3月26日栗林大将(大将に昇進)以下約400名の将兵がアメリカ軍陣地へ攻撃をかけた。この最後の攻撃は栗林が戦闘前から戒めていた決死の万歳突撃ではなく必至の夜襲であり、また攻撃を受けたアメリカ陸軍航空軍の野営地には整備員など戦闘の訓練を受けていない者が多く、当地は混乱に陥った。アメリカ側では53名が戦死、119名が重傷を負ったとされる。

その最期の攻撃をかけ自分の命と引き換えに、アメリカ大統領ルーズベルトへの手紙を書いた指揮官がいました。
市丸利之助少将です。
427px-Ichimaru_Rinosuke

市丸少将は遺書としてアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトに宛てた『ルーズベルトニ与フル書』をしたため、これをハワイ生まれの日系二世三上弘文兵曹に英訳させ、アメリカ軍が将校の遺体を検査することを見越して懐中に抱いて出撃した。司令部に勤務し、生還した松本巌(海軍兵曹)によれば、書簡文日本文は村上治雄(海軍通信参謀)、英文は赤田邦雄(第二十七航空戦隊参謀)が体に巻いていたという。状況から、『ルーズベルトニ与フル書』は目論見どおりアメリカ軍の手に渡り、7月11日、アメリカで新聞に掲載された。それは日米戦争の責任の一端をアメリカにあるとし、ファシズムの打倒を掲げる連合国の大義名分の矛盾を突くものであった。

現代語に翻訳されています。是非この文面を読んでいただきたい。
メディアでは一切報道されませんが、当時の指揮官としての思想やアメリカに対する考え方等、今まで私が全く知らなかった当時の日本の大東亜という理想及びこの戦争の大義、天皇陛下へ対する考えが数多く書かれています。当時の日本の置かれていた状況を知る上で貴重な資料とも言えます。

「ルーズベルトに与うる書(ルーズベルトに与える手紙)」

 日本海軍市丸海軍少将が、手紙を「フランクリン ルーズベルト」君にしたためる。私は今、私の戦いを終わるに当たり、一言あなたに告げたいと思う。
 日本が「ペルリー」提督の下田入港を契機として、広く世界と国交を結ぶに至ってから約百年、この間日本は国の歩みが困難を極め、自ら望んだわけでもないにかかわらず、日清、日露、第一次欧州大戦、満州事変、支那事変を経て、不幸にも貴国と戦争をするに至ってしまった。このことをもって日本を見て、ある者は好戦的な国民だとし、ある者は黄色人種のもたらす災いとして非難し、ある者は軍部の勝手な判断だとする。これらは全くの考え違いだと言わなければならない。
 あなたは、真珠湾の不意打ちをもって対日戦争の唯一の宣伝資料としているようだが、日本がその自滅から逃れるため、この戦いをするほかになくなるような窮境にまで追いつめた様々な情勢に関しては、あなたが最もよく熟知しているものと考える。
 おそれ多くも日本天皇は、皇祖皇宗建国の大いなるみことのりに明らかなように、養正(正義)、重暉(明智)、積慶(仁慈)を三つの大綱とする八紘一宇の文字によって表現される皇道の大計に基づき、地球上のあらゆる人類はその分に従って、その郷土においてその命を享受させ、それをもって永久的な世界平和の確立することを唯一念願されているにほかならない。
 これはかつて、
「四方の海皆はらからと思ふ世になど波風の立ちさわぐらむ

(世界全て皆兄弟だと思う世になぜ波風が立ち騒いでいるのだろう)」

 という明治天皇の御製(日露戦争中御製)は、あなたの叔父である「テオドル・ルーズベルト」閣下が感嘆したものであって、あなたもまた熟知している事実であるにちがいない。
 私たち日本人は、各階級があり、各種の職業に従事するとは言え、最終的にはその職業を通じて、この皇道の大計、すなわち天皇の御事業を補佐しようとすることにほかならない。私たち軍人もまた武器をもって天皇の御事業を広めさせていただいているにほかならない。
 私たちは今、物量を誇るあなた方空軍の爆撃および艦砲射撃のもと、外見上は勢いを失わざるをえない状況に至っているが、精神的にはいよいよ豊かで、気持ちはますます明朗に感じられ、歓喜しないではいられないものがある。これは天皇の御事業補佐の信念に燃える日本国民の共通の信念であるが、あなたや「チャーチル」君たちは理解に苦しむところであろう。今ここにあなた方の精神的な貧弱さを憐れみ、以下の一言をもって、少し教えたいことがある。
 あなた方のしていることを見ると、白人、特に「アングロ・サクソン」が世界の利益を独占しようとし、有色人種をその野望の前に奴隷化しようとするにほかならない。このために卑怯な方法によって有色人種をだまし、いわゆる悪意の善政をもって彼らを失意無力化させようとしている。近世に至り、日本があなた方の野望に抵抗し、有色人種、特に東洋民族をあなた方の束縛から解放しようと試みたのだが、あなた方は少しも日本の真意を理解しようと努めることなく、ひたすらあなた方にとって有害な存在として、かつての友好国を公然と仇敵野蛮人だとして、日本人種の絶滅を叫ぶに至った。これがどうして神の意志に叶うものだと言えようか。
 大東亜戦争によって、いわゆる大東亜共栄圏が成立し、それぞれの民族は私たちの善政を謳歌し、あなた方が今これを破壊することがなければ、全世界にわたる永久的な平和が訪れることは、決して遠い未来のことではない。
 あなた方はすでに充分に繁栄しているにもかかわらず、それに満足することなく、数百年のあなた方の搾取から逃れようとするこれら憐れむべき人類の希望の芽を、なんのために若葉のうちに摘み取ろうとするのだろうか。ただ東洋の物を東洋に帰すに過ぎないのではないか。あなた方はどうしてこのように貪欲でかつ狭量なのか。
 大東亜共栄圏の存在は少しもあなた方の存在を脅かさず、かえって世界平和の一翼として世界人類の安寧幸福を保障するものであって、日本天皇の真意が全くこれ以外のことではないということを理解する心の大きさがあることを希望してやまないものである。
 ひるがえって欧州の事情を観察しても、また相互の無理解に基づく人類闘争がいかに悲惨であるかを強く嘆かざるをえない。今「ヒットラー」総統の行動の是非について述べることは慎むが、彼の第二次欧州大戦開戦の原因が、第一次大戦終結に際し、その開戦の責任の一切を敗戦国ドイツにおしつけ、その正当な存在を極度に圧迫しようとしたあなた方の先輩の処置に対する反発にほかならなかったことを見過ごさない必要がある。
 あなた方が善戦し「ヒットラー」総統を倒すことができたとしても、どのようにして「スターリン」を首領とする「ソビエットロシヤ」と協調しようとするのか。だいたいにおいて、世界の強者の立場を独占しようとするならば、永久に闘争を繰り返すことになり、いつまでも世界人類に安寧幸福の日はないであろう。
 あなた方は今、世界制覇の野望を一応成し遂げようとしている。あなた方は得意に思うにちがいない。しかし、君の先輩「ウイルソン」大統領はその得意の絶頂において失脚した。願わくば、私の言外の意をくんで、その轍を踏むことのないように。

 市丸海軍少将

私はこの手紙を読んだ時、彼はドイツが敗北する事やソビエトとアメリカの冷戦まで予測していた事に驚いてしまった。市丸少将は1944年8月に着任している。半年近く内地から遠く離れた硫黄島へ来て、毎日、新聞が配達される訳でもない状況で何故、世界情勢を読み解けたんだろうか?

この平和な日本で暮らせている事を本当に有り難く思い、またこの国を守らんと命を掛けて亡くなられた多くの英霊に感謝しご冥福を心からお祈りします。


最後に栗林忠道大将が本土へ最期の電文を送った詩です。

国の為 重き努を 果し得で 矢弾尽き果て 散るぞ悲しき


今上天皇皇后両陛下が平成六年に慰霊に硫黄島を訪れられた時に栗林大将の詩の返歌として読まれた詩です。

今上天皇陛下  御製
     硫黄島      

精根を 込め戦ひし 人未だ 地下に眠りて 島は悲しき


何故か最近ランキングが大きくアップしております。
本当にありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

2012年08月18日

北海道ツーリング 報告

ヨコちゃんが先日、無事に大阪へ帰ってきました。
先ほど、鼓動館へ来られ気になる点をチェック。
リアに荷物を沢山積んだ際に発生するハンドルの走行中のフラつきを直すため、ステムベアリングの調整をしました。

で、楽しい北海道ツーリングの土産話をお聞きしました。
トラブリましたが、今では良い思いでだそうです。
それと現地のショップやタイムトンネルのマスターに助けてもらったと報告を受けました。
北海道はめちゃくちゃ楽しかったそうです。

やっぱり北海道はええなあ〜!

無性に北海道へ行きたくなりました。

IMG_9241




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

2012年08月17日

1980FXWG 仕上がりましたが・・・。

たまらない暑さが続きますねえ!

やっと1980FXWGが仕上がり、試乗をしたのですが、ブレーキの不具合やキャブ調整を行っております。
もう一歩!もう一歩で仕上がります。
オーナーさんも待ち遠しくって仕方が無いでしょう!
大変お待たせして申し訳ありません。
でも、キッチリと作業を進めております。

でも、ここが一番大切な最終整備です。あれだけバラバラにしてから組み上げて、試乗してみないと判らない箇所があります。
これで試乗を繰り返して、完璧な状態まで仕上げて行きます。
一生物のビンテージハーレーです。一台一台真剣に仕上げて行きます。

IMG_9235
IMG_9236



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!
ワンクリックが10票になります。

月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。