鼓動館ホームページはこちら

2020年01月06日

お代官さま!そんな殺生な!ご勘弁を・・・・

5日より2020年鼓動館の営業開始です。
昨年FATBOYを探して欲しいと御来店頂き、偶然にスコットが最高の1998 FATBOYを探してくれました。
本当に極上車両で新車のようなコンディション22年前のHarley-Davidsonとは思えない程です。

順調に日本へ輸入して毎回同じ様に陸運局へ「諸元」の資料集めて提出して、
「これがHarley-Davidsonの1998年式で間違いない。」
と確認してもらってから車検を通してめでたくナンバーを取得する事が出来ます。

この諸元の資料が膨大でナックルからEVOまでの詳細な当時の資料を添えて
全長、全幅、車重、馬力、最高出力/回転数等を証明する当時の資料を揃えないといけない。
これが凄い量の資料が必要となるのです。
フレーム番号、エンジン番号の説明やナックルやパンヘッドならばフレームが純正か?社外品か?
各部の溶接部分の画像を提出しないといけないのです。
あとは4面画像を添えて。

資料とはネットはNG。当時のマニュアルか出版物の本でなければならないのだ!

最初はこの資料を集める、探す作業が大変なのです。一度集めて通ってしまえばコピーでOK。
しかし、今回の新たな担当官は「この資料ではHarley-DavidsonのFATBOYとは判断できません!
職権打刻になります!」

「えっ?今まで15年間これで問題無かったのですが、おっしゃている意味が解りません。」
「EVOはフレーム番号とエンジン番号が統一されていません。簡略されてますよね!
その資料が無いんですよ。」
「このマニュアルに書いてあるじゃ無いですか?」
「これは略例と書いてあるだけです。エンジン番号とは書いてませんよね?」

意味不明な問答が延々と続いた。

これがその問題のマニュアルの資料 1998年のものである。
0A055A2F-3C31-4359-98DB-F097401DC18C_1_105_c
この資料の一番下に小さく書いてある文言の捉え方の問題なのだが・・・・・
FECBC868-B9D8-4925-BA0C-DB9AE761C5A8_1_105_c4595686C-5021-40E3-B038-91C6601BDA04_1_105_c

検査官「エンジンのVIN例 BJLW10000 と記載されているが
これがあくまで例なのでエンジン番号とは言えない。
エンジン番号はこうです!と言う資料が無いと職権打刻になります。」

???????
「お代官さま!そんな殺生な!ご勘弁を!」と懇願してもどうにもらない。

しかしこれはどうしても阻止したい。
職権打刻とはフレーム番号が無い場合は行うが通常はありえない。
ナックルやインディアンにはフレーム番号が当時から無いので職権打刻になるのです。
これは仕方がない。
これが職権打刻です。
11C9632F-07D6-45BF-8D5A-FBBEC4F03C19_1_105_c
DD1E332E-BE3F-46FB-891E-E77B32C60746_1_105_c
しかしこれで妥協してしまうと、これから輸入する全てのHarley-Davidsonの車検証にフレーム番号では無く職権打刻になるのは許せない。
しかし必死で資料を探すが見つからない。

不正改造車を無理やり車検を通そうとしている訳では無い。
あくまで当時のオリジナルのFATBOYである。
ここはいくらお上のお代官さまのご指摘でもなんとかしないと・・・・・

そうだ!ハーレー専門誌の Primayの所編集長に相談しよ!
焼きそば おやじにて 所編集長
8088C004-8157-4AC2-9E7F-3DC4485FEDA8_1_105_c
事情を説明すると、すぐに快諾してくれました。
それではHarley-Davidsonのフレーム番号の歴史を永久保存版で次号に出版します。
本当にありがたい。これで各年式や各モデルのフレーム番号とエンジン番号が一目でわかる!
ナックルから現行モデルまでのフレーム番号とエンジン番号の詳細な説明を出版してくれました。
A805FD27-FF90-414B-AE7C-9C79FF791436_1_105_c
6629A8C4-CAF7-44A8-9C44-DABD0FCB1B12_1_105_c
これを早速、陸運局の検査官へ「お代官さま!これでいかかでしょうか?」と提出させてもらいました。

検査官「これなら問題なかろう!良しとする。」っと

これでやっと無事に車検を通す事が出来ました。

本当はもっと色々あったんですけどね!
毎回なのですが、担当者が変われば理屈も変わるのです。
これには本当に苦労する。

で、やっとの事で、めでたく昨日納車でした。
取説を行って試乗をしてもらって
「わあ!イメージ以上の強烈な乗り味!ドコドコ感、トルク感は半端じゃ無いですね!綺麗な三拍子!
これは面白い!絶対にハマりますわ!」
と本当に喜んでいただきました。
F385738D-EB9B-4B59-99B0-6D25E49F96F4_1_201_a
AB59CA2E-1EAB-40C5-91C0-BE950CF925E9_1_105_c
6805AAB7-CAE7-4317-A3F3-E8D09CA9BA90_1_105_c
本当に一生物のHarley-Davidsonです。

これからも大切に乗り続けてくださいね!


こちらから直接、二輪高速料金半額化の署名して頂けます。
http://2rinhangaku.jp/sign.html

二輪高速料金半額化署名
よろしくお願いします。
アドレス
http://2rinhangaku.jp/

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!



kodohkan at 10:44コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ