鼓動館ホームページはこちら

2020年01月14日

ビンテージハーレーは壊れない。

昨日も成人の日の祝日で朝から多くのお客様が来られて鼓動館は大にぎわい!
残念ながら画像を撮影してなかった。
新規に来て頂いた方々や遊びに来て頂いた方々。
ちょっと見てください。と修理やオイル交換等々。有難い事です。

年末年始とツーリングに出かけた73年前のナックル爺さんのタイヤ交換とブレーキ調整も無事に終えました。思い返せばこのナックルのタイヤ交換をしたのは20年ほど前かな?
ハッキリと思い出せない。
大昔にセンバさんでタイヤ交換したっきりでした。

それだけ走ってなかったのか?
前後タイヤ交換中
5A505160-9F03-4E70-8D95-9F7F69B37161_1_105_c
19FE4E0F-2717-4087-BDC7-705685942E6C_1_105_c
新品のタイヤとドラムブレーキ

A3D19911-4735-47D4-9484-749EAE6A6AB1_1_105_cIMG_2790

いつもビンテージハーレーはそろばん。
EVOは電卓
最新型ハーレーはスマホと例えていますが、本当にその通りでナックルは作りがシンプル。
前後ドラムブレーキで調整も超アナログ。
現行車両のABSの付いたディスクブレーキではそうは行かない。
ブレーキ調整やパッド交換もかなりの手間ひまが掛かってしまう。
現行車両は半世紀後にも各パーツがあるのだろうか?
半世紀後のミルウォーキー8の車両価格が高ければ部品メーカーも作っているんでしょうね!
こればかりは50年後の株価を予想するのと同じでわからない。

これはナックルのドラムブレーキです。
超アナログです。
IMG_5474

これは1960FLHドラムブレーキです。
油圧になったので下にピストンが付いてます。
このピストンのゴムは要交換です。半世紀も経つと必ずゴムは劣化してしまいます。
ちょっと複雑になるとメンテが増えてくる一例です。
IMG_9677

ナックルはシンプルなのでチョチョイのチョイ!
これであと20年は問題なく走ってくれるだろう。

今まで1次チェーンと呼ばれるクラッチ板とエンジンを繋ぐチェーンとリアタイヤを結ぶ2次チェーンは普通のチェーンだった。
1次チェーンにはオイルが垂れ流しでポタポタと流れるシステム。
プライマリーオイルなんて無いのです。
そのためにオイルは常に漏れている状態です。
プライマリーからポタポタと地面にオイルが落ちるシステムなのです。
こちらはパンヘッド
そのオイル漏れを防ぐ為にベルトに交換されています。
通常は画面真ん中の穴からパイプがあり常にオイルが落ちるんです。
IMG_9694
こちらはアーリーショベルセルモーターが付いたので徐々に複雑になって来ました。
この頃はプライマリーオイルはエンジンオイルを循環していました。
EVOからはプライマリーだけ別オイルとなりました。
DSC00008.1
パンヘッドまでは停車していたら五百円玉ほどのオイルが漏れているのが正常です。
温泉で例えるとパンヘッドまでは源泉垂れ流しです。
ショベルからは循環湯になりました。

でもそのチェーンをサンダンスの無給油チェーンに交換してからはポタポタオイル漏れは無くなりました。また頻繁にチェーンが伸びていたのが一切無くなってしまいました。
通常チェーンは必ず伸びます。
そして片伸びしてしまいます。
伸びている所とそうでない所がどうしても出て来ます。
それで走ると「ギクシャク」してシャクってしまいます。
高速で走ると「ガタガタ」と嫌な振動が増えてしまいます。

そうなればチェーン交換なのです。

しかしこのサンダンスのチェーンはとっても画期的なチェーンです。
無給油で伸びないのだ。
さすがサンダンス!

前後新品タイヤに交換してジャジャーン!
E3DEFC58-D09B-47E0-8276-480ECBCD5A05_1_105_c
734BD7C2-D14C-4E21-9451-CA0D34D515B7_1_105_cDCC9CA6D-8BBA-487D-8D0A-C0C031B726B9

昔はビンテージハーレーは壊れる。
高速は100km/h巡航で走れない。なんて思っていました。
今ではその逆でビンテージハーレーの方が一度整備すると壊れにくい。

理屈は簡単です。シンプルなので部品点数が少ないので壊れにくいのです。

エンジンもIndianはフラットヘッド。
Harley-Davidson WL WLAもフラットヘッド。
フラットヘッドの方が作りがシンプルなので整備性は高い。
4BEBE270-E08B-459E-A41B-DDBA004BB6E3_1_105_c
5165FEC5-E564-45D7-9E2B-A9F51D2466DE_1_105_c60252214-AC80-44BB-BEB5-7DA939C900E0_1_105_c

この90年前の1929 Indian Scout101も1947 Indian chiefも現在のエンジン構造の基本は変わっていない。

昔からキャブレターからガソリンの混合気が入り吸気、圧縮、爆発、排気を繰り返しています。
しかし環境問題で基準が厳しくなってコンピューターで制御したガソリンを入れて綺麗な排ガスを出すシステムへ変わって来ました。

でも昔も今もエンジン構造は不変ですね。

これは400年前の戦国時代の火縄銃と現在のライフルも火薬がカートリッジの薬きょうとなっただけで
基本構造が変わっていないのと同じです。

ハリウッドスターもロックスターも日本の芸能界やお笑い芸人も車はベンツやフェラーリ等の高級車に乗っておられるんでしょうがバイクになるとちょっと違います。
ビンテージバイク好きな方々が多いのはメカニック的な事はさて置いて
優越感と乗って楽しいからなんでしょね!

こちらから直接、二輪高速料金半額化の署名して頂けます。
http://2rinhangaku.jp/sign.html

二輪高速料金半額化署名
よろしくお願いします。
アドレス
http://2rinhangaku.jp/

いつもいつも面倒なクリックありがとうございます。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
読み終えたら応援のクリックよろしくお願いします。
一日一回ポチッと押してくださいね!



kodohkan at 10:44コメント(4) この記事をクリップ!

コメント一覧

4. Posted by 長田暢夫   2020年01月15日 13:08
うちの父は昭和25年頃自営業してて、営業には陸王の750、ハーレーの1200に乗ってて、定時制高校の兄ちゃん達も仕事、学校に乗って行ってました‼️時代が車社会になり初めたのでバイクを売ってコロナのワゴン車をかいましたが近くの会社が陸王を買ったら直ぐ借りて乗り回してました❗佐世保から阿蘇迄ハーレーでツーリングの話ばかりしてました❗
3. Posted by 通りすがり   2020年01月15日 11:03
せやろか
2. Posted by 鼓動館   2020年01月15日 00:24
そうやで。
1. Posted by 大阪のバイク乗り   2020年01月14日 23:50
1 ハリウッドスターもロックスターも日本のバイクが大好きやで。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ