2008年08月

2008年08月30日

歓喜の歌5

志の輔市民ホールの主任が、似たような名前のママさんコーラスグループを同じ日にダブルブッキングしたために起こるを顛末を描いた、立川志の輔の新作落語。
落語好きじゃなくても誰が聞いても面白い噺です。

これが映画になって、最近DVDにもなりました。
歓喜の歌だいたい、こういうのは原作は面白いけど、映画はね・・・ 
となるのですが、これはよく出来てる! 

落語とは違った(当たり前ですけど)面白さがある。
映画にした、そのふくらませかたが無駄がなく上手い。
小林薫もいい。安田成美もいい。特別出演の談志もいい味出してます。それほど話題にならなかったのが惜しいです。
落語を知らなくても、笑えます。泣けます。楽しめます。

kodomobushido at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)番頭の独り言 

2008年08月29日

東北新幹線4

東北新幹線東北新幹線はトンネルが多いです。
とくに盛岡〜八戸間はトンネルだらけと言ってもいいです。景色を楽しむことができません。
もうちょっとトンネルを減らすことはできなかったのでしょうかねえ。

『男はつらいよ』の映画で寅さんは、鈍行電車より急行電車のほうが値段が高いことに納得できず、「不忍池のボートだって、いっぱい乗ってるほうが高いんだよ」と言って笑わせてくれます。
寅さん的に言えば、景色が楽しめない分もうちょっと安くなんないの? です。

『男はつらいよ』は、第15作「寅次郎相合傘」と第16作「葛飾立志篇」が傑作だと思います。


kodomobushido at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)番頭の独り言 

2008年08月28日

新渡戸記念館その35

稲生川記念館を訪れた帰り道。
新渡戸傳(つとう)翁のつくった稲生川を見てゆきました。不毛の原野だったこの地が、この川のおかげで潤ったのです。感慨深いものがあります。
帰りの電車の時間まで、しばらく眺めていました。

kodomobushido at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)こども武士道解説ページ 

2008年08月27日

新渡戸記念館その25

新渡戸記念館には、五千円札になった稲造さんのほかに、稲造さんのおじいさんの傳(つとう)さん、傳さんの子どもの十次郎さん、十次郎さんの子どもで稲造さんのお兄さんにあたる七郎さんの偉業・遺品・資料が展示されています。

むかしむかし、不毛の原野だったかつての十和田に人工河川「稲生川」をつくった新渡戸傳さん。
碁盤の目のような都市計画を行った新渡戸十次郎さん。
おじいさん・お父さんの事業を完成させた七郎さん。
十和田のこの3人の先人は、稲造さん以上に地元では尊敬されているのです。

「この人たちがいなければ、いまの私はいなかったかもしれないんです」

記念館を案内していただいた十和田出身の学芸員の方が、私に話してくれました。

あ! と思いました。

こういう人たちにこの記念館は支えられているんだ。
そして、学芸員の方の了見の素晴らしさ。

いま自分が生きていられるということが、誰かのおかげであると、意識して暮らしている人が、いまの日本にどれだけいるか。

そういう感動も、記念館訪問にはあったのです。

kodomobushido at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)こども武士道解説ページ 

2008年08月26日

新渡戸記念館その15

新渡戸記念館青森県十和田市にある新渡戸記念館に行ってまいりました。
『武士道』を著した稲造氏が有名ですが、稲造氏のおじいさんにあたる傳(つとう)氏も地元では大変尊敬されている人物で、いまの十和田の街の基礎をつくった人なのです。
決して大きな記念館とは言えませんが、地元はもちろん全国から新渡戸氏の偉業を称えに来館者が絶えません。
ほんとうに、新渡戸氏代々の郷土への思い、愛情、稲造氏の志というものが感じられる、いい記念館なのです。スタッフの方からも、傳(つとう)さん、稲造さんを尊敬しているのが伝わってきて、館長をされている新渡戸明さん、ご子息で館長代理の常憲さんにも、稲造さんはじめご先祖の思いがしっかり受け継がれているなあ、と感動して帰ってきました。
こども武士道をはじめた自分も、これはなまなかのことではないぞと、思いを新たにした次第です。
もっと早くに行けばよかった。でも、ほんとうに行ってよかったです。
新渡戸記念館のことは、また何回かに分けて書いてゆきます。


kodomobushido at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2008年08月24日

武士道ゆかりの場所5

明日から武士道ゆかりの場所へ行ってまいります。
さて、その場所とは何処でしょうか?

正解は明日、いや明後日かな。

kodomobushido at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2008年08月23日

武道必修化4

武道が必修科目になるそうです。ていうか、いままで必修科目じゃなかったのか。
現行、中1は武道とダンスのいずれかを選択し、中2と中3は球技、武道、ダンスから二つを選択していたそうです。つまり、中1でダンス、中2中3で球技とダンスを選択すれば3年間武道とは無縁の生活を送っていた子がいたわけですね。
それじゃだめですよ。
新指導要領では原則、中1と中2で武道とダンスが必修。武道は、柔道、剣道、相撲から選択だそうです。
しかし、武道で大事なことは勝つことではありません。勝利至上主義になると、相手の失敗や失格を喜んだりすることになります。そういう精神は本来の武道精神から、はずれることを、どうか先生方は教えてくださいませ。

kodomobushido at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)番頭の独り言 
和の助
番頭和の助
  • 性別:男性
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京
  • ■みんなへの一言!
  • ブログの管理人をしております番頭の和の助でございます。
    「かずのすけ」ではなく「わのすけ」です。
    柔術をたしなんでおりますが、まだ白帯なのでございます。
  • 最新コメント