2008年12月

2008年12月28日

WALL・E(ウォーリー)4

081227PIXARのアニメ『WALL・E』を子どもたちと見てきました。
前半ほとんどセリフがなく、ビジュアルだけで魅せるクオリティの高さに驚きました。そしてすごくリアルなのです。
ただ、後半の宇宙船のシーンで人間が出てくるところで、そのリアルが欠ける気がしたのですが。見られた方いかがだったでしょうか。
でも面白かったです。子どもたちも喜んでおりました。

kodomobushido at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 

2008年12月26日

おはなしこども武士道5

081226ためになる道徳アニメ、おはなしこども武士道がもうすぐ完成いたします。先日声を収録して、現在アニメーションを制作しております。長らくお待たせいたしましたが、本当にもうすぐです。1月下旬には第一話「八丈から東京へ」を公開いたします。

さて、ブログの更新でございますが、基本的には明日(27日)より1月4日までは休日仕様となりますので、更新は不定期(気の向くまま)になります。悪しからずご了解くださいませ。
それではみなさま、一年間ご支援ご指導ご鞭撻ありがとうございます。よいお年をお迎えくださいませ。

kodomobushido at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2008年12月25日

『師匠噺』その25

081225立川志の輔。ためしてガッテンの司会者。ペヤングのおじさん。
世間一般のイメージはこうでしょうか。しかし、この志の輔師匠、いま日本で最もチケットが取れない噺家さんであります。毎年一月にPARCO一ヶ月口演をやります。一ヶ月ですよ。それが発売5分で完売するのです。料金も独演会では最高価格と言ってもいい6000円。運良く、チケットが取れましたので来月志の輔落語を聴ける幸運に浴しました。

さて、先日ご紹介いたしました『師匠噺』で、志の輔さんの子育て論がありましたので、こちらも紹介させていただきます。

最近よく、父親が忙しすぎて、ろくに親子の会話もしないから親子が断絶する、親子での触れあいがないから家庭が崩壊するなんて言いますけど、私からすればそれは嘘だって思いますね。だって遠洋漁業に携わっている人たちの家族はみな崩壊してるかっていったら、そうじゃないでしょ。だから時間は問題じゃないんですよ。質が問題なんですよ。いかに親が自分の背中を子供に見せるかってことなんですよ。

子育ては理屈じゃないんですね。
お父さん、かっこいいな。お父さん、やさしいな。お父さん、強いな。お父さん、えらいな。と、子どもが思えればいいんです。

写真:立川志の輔公式HPより


kodomobushido at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 

2008年12月24日

LEGO5

081224愚息のクリスマスプレゼントはLEGOの青いバケツにしました。
しかし、ちょっと待って、お父さんが作ってあげるから、とか何とか言いながら大人がハマっています。

kodomobushido at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)番頭の独り言 

2008年12月23日

イルミネーション3

081223近所で評判のイルミネーションのお家です。このお宅の前を通るたび、うちの子たちはキャッキャッ喜んでおります。
とはいえ、電気代が通常の3倍になると聞きました。ご苦労なこってす。

kodomobushido at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)番頭の独り言 

2008年12月22日

『師匠噺』5

元「SWITCH」の編集者で現在は「笑芸人」の編集をやられている浜美雪さんにお会いすることがありました。落語好きが高じて落語雑誌の編集者になられたのです。幸せな人生です。立川一門や柳家一門はみなお友達で、故志ん朝師匠とも昵懇だったようです。いろんなエピソードを伺うことができました。
浜さんの近著『師匠噺』を買わせていただきました。これから読みます。またこれも幸せな時間です。

081222

kodomobushido at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 

2008年12月19日

大人からはじめましょう4

本日の朝日新聞「声」欄にたいへん共感した投書が二つありました。

親子の会話で振り込め防げ(中村信雄さん)
親子の会話がひんぱんにあれば、老後の蓄えを失うような被害者をこれ以上出さずに済むのではないか。

専用車両より優先席意識を(松川美佐子さん)
私が子どものころは、先生に座席には座らないように指導されたものです。「元気な人は立っていましょう。どの駅で座席が必要な人が乗ってくるかわかないですから」。すべての車両がお年寄りや弱者の優先席という考えを広げていきましょう。

激しくかぶりを振りました。
ほんとです。ふだん会話があれば、振り込め詐欺なんぞに引っかかりませんよ。まあ、非常に巧妙な手口のものは別ですが。
そして、すべての席が優先席、という考え。当然です。当然が行われていません。
そうやって子どもに躾けましょう、はもちろん賛成なのですが、まず親が、大人がやらなくてはいけません。元気な大人はそうそう席に座ったりしないものだ、ということを子どもに見せつけねばなりません。

kodomobushido at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)番頭の独り言 
和の助
番頭和の助
  • 性別:男性
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京
  • ■みんなへの一言!
  • ブログの管理人をしております番頭の和の助でございます。
    「かずのすけ」ではなく「わのすけ」です。
    柔術をたしなんでおりますが、まだ白帯なのでございます。
  • 最新コメント