2009年09月

2009年09月30日

有楽町で逢いましょう3

09093001昨日のコンサートで佐藤マサノリさんが歌った「有楽町で逢いましょう」が沁みました。

かつてフランク永井が歌ったこの歌は、もともとそごうデパート(いまビックカメラがあるところ)のキャンペーンソングだったのです。それが大ヒット! 「コンテンツ」とはこういうことを言うのです。
「そごうデパートで逢いましょう」だったらヒットはしなかったでしょう。
「そごうデパート」ではなく「有楽町」と歌ったところに、作った方々の頭の良さを感じます。

広告はジャンルを押し上げなくてはいけません。

近頃は、自分さえ良ければいい、という宣伝が多くて、ジャンルに関しては無頓着。ジャンルを押し上げることができないから、自分のとこも沈んでしまう。

バレンタインデイもそういう意味で「コンテンツ」ですね。バレンタインデイもチョコレートメーカーの販売戦略に過ぎなかった。でも、○○製菓チョコレートデイみたいなあほな名前にしなかった勝利。

広告ではなく、「コンテンツ」を作ることが結果「広告」になる。ということをみなさん、もう一度思い出して欲しいですね。

kodomobushido at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)番頭の独り言 

2009年09月29日

COLORFUL JAZZ CONCERT5

09092901こども武士道サポーターのうめ吉さんが出演する「オーケストラで巡るジャズの名曲と昭和歌謡」コンサートに行って参りました。

本日はうめ吉さんと一緒に、うめ吉事務所社長佐藤マサノリさんも出演。甘く低音のジャズボーカルを聴かせてくれました。うめ吉さんの存在もかすむほどの社長の存在感。
いやぁ、凄かったです。

うめ吉さん、休む間もなく明日からはウィーンへ旅立つそうで。お気をつけて行ってらっしゃいませ。

ところで、うめ吉さん、飛行機も着物で乗るのかしら?

kodomobushido at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 

2009年09月28日

落語のピン(マニアックな感想)5

09092201少しずつ大事に観ています。

「紺屋高尾」で号泣してしまいました。何度も聴いている噺です。まさか「紺屋高尾」で号泣するとは。。。

VOL.壱の「人情八百屋」でも号泣しています。
VOL.弐の「鼠穴」でも号泣しました。

号泣する数分前に、家元は猥談などしているのです。猥談のあと数分後に号泣。。。

なんて凄い芸なのでしょう! 

私が言うのもナンですが、了見のなりきり方が半端ないのです。
高尾に惚れまくった久蔵が、そこにいるのです。
悔しさに全身を震わす竹次郎が、そこにいるのです。
本物の久蔵や竹次郎を目の当たりにするのです。胸を打たれないはずがありません。

家元は、「落語とは人間の業の肯定だ」と言いました。
その「業」の底の見えない深さに嵌ってしまいます。

不世出の天才とは、まさにこういう人のことですね。


kodomobushido at 12:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 

2009年09月26日

「常識」の日本史 井沢元彦5

09092501井沢さんの歴史観にはいつも目からウロコが落ちます。

徳川綱吉の「生類哀れみの令」。

あほみたいな法律と思っている方が多いと思います。私もそう思っていました。
ところが、この法律には深遠で壮大な意味があったのです。

まず常識で考えること。しかし常識に囚われすぎてはいけない。

井沢さんはいつも教えてくれます。

井沢さんが歴史の教科書を作るべきだと、私は思います。絶対みんな歴史が好きになります。

kodomobushido at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タメになった本 

2009年09月24日

子どもの将来は「寝室」で決まる5

09092401寝方で育ち方が変わる、というお話です。
親子で川の字で寝ると、親子の愛情を感じる子になりますが甘えん坊になるとか。
お母さんが真ん中で寝ると、お母さんが強い家になるとか。
お父さんが別室で寝ると、子どもとお父さんの関係が希薄になるとか。
欧米式に子どもが別室で寝ると、早く自立するが情緒障害が起こる可能性があるとか。
どれも一長一短があるようですが、

3〜4歳までは、できれば日本家屋に住んで添い寝をし、親子の信頼感をしっかり育てておけば、後はなるべく早めに子ども部屋を与えたほうがいい。

と著者は結んでいます。

kodomobushido at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タメになった本 

2009年09月23日

落語のピン VOL.参5

0909220193年の半年間、フジテレビ深夜に放送された伝説の落語番組「落語のピン」のDVDを買いました。VOL.参で完結です。

家元の落語を映像で収めているものとしてはいちばんクオリティが高いです。

いま空前の落語ブームなどと言われていますが、落語の番組はありません。ないこともないのですが、NHKとBSーTBSが早朝にやっているくらいですね。なぜ、ゴールデン、せめて深夜でもやらないのでしょう。ゴングショーのようなお笑い番組ばかりで辟易します。NHKの深夜で一組が30分くらいネタをやるお笑い番組があります。見応えがあります。
金曜の23時くらいから1時間の落語の番組とかやってくれないかなぁ、どこか。

kodomobushido at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 

2009年09月22日

ららぽーと新三郷5

09092202先週オープンしたららぽーと新三郷に参りました。
いやぁ、すごい人でした。外環道も渋滞でした。
広大な敷地に、ららぽーととIKEAとコストコがあります。

あまり、人がたくさんいるところには出向かない和の助でございますが、たまには連休の家族のレジャー気分を味わってみました。

kodomobushido at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)番頭の休日 
和の助
番頭和の助
  • 性別:男性
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京
  • ■みんなへの一言!
  • ブログの管理人をしております番頭の和の助でございます。
    「かずのすけ」ではなく「わのすけ」です。
    柔術をたしなんでおりますが、まだ白帯なのでございます。
  • 最新コメント