2009年11月

2009年11月30日

思い通りには行かぬ3

09113001これは一体落語のブログなのか? 武士道のブログではないのか?

と、誰かに怒られたわけではありませんが、武士道的記事が最近少ないので、増やしていきます。

『新渡戸稲造一日一言』という本があります。この本から、新渡戸稲造先生の一言を紹介していきます。

一言=つぶやき=Twitter

というわけで、Twitterとも連動しますよ。ふふふ。

十一月三十日
三度食う飯さえ硬し軟らかし、特製の品さえ注文通りには行かぬ。
(物事はひとつとして、思ったとおりには行かないものだ)

明治天皇も「何事も思ふがままにならざるが かへりて人の身の為にこそ」という歌を詠んでいます。どんな偉い人でも、そうなのですね。

kodomobushido at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新渡戸稲造一日一言 

2009年11月29日

志の輔らくごinPARCO1

09112901もはや冬の風物詩であります「志の輔らくごinPARCO」。
会員先行予約の情報をいただきましたので、その先行予約がはじまる日にパソコンに向かって、さて、予約をしようと思ったのですが、もう先行予約は終了している?!

そんなばかな、と思って日付をよく見てみると、
私が先行予約開始日だと思っていたのは、先行予約抽選発表日だったのです。
つまり、先行予約申しこみは既に終了していたのです。
せっかくのチャンスをみすみす逃してしまいました。

なんで、こんな大事な日を勘違いしているんだろう?

自分がこんなにボケているとは知りませんでした。
そう言えば最近、昨日食べた晩ご飯が思い出せません。
CTを撮ったほうがいいのでしょうか?

これで、あとは一般発売日にローソンに並ぶしか手はなくなったのですが。。。

kodomobushido at 11:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 

2009年11月27日

深夜に有楽町で中華が食べたくなったら5

09112701深夜どうしてもチャーハンと餃子が食べたくなり(そういうことってありますよね)、彷徨してたどり着いたのが有楽町駅前の「中園亭」です。


地の利だけで、商売してんじゃないの〜?

という疑念を見事に晴らすおいしさでした。
お客さんも次から次へとやって来ます。しかも、みんな常連さんっぽい。
知る人ぞ知る名店だったのかもしれません。
朝4時までやってるそうです。

kodomobushido at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)銀座周辺の話題 

2009年11月26日

銀座の歯ブラシ屋さん5

09112601歯磨きは好きではありませんが、歯ブラシは好きですね。一月に一本は買っているのでは?

銀座を歩いていましたら、歯ブラシ屋さんを見つけました。
外国製のかわいい歯ブラシがいっぱいあります。お値段もお手頃。

メガデントというお店です。

kodomobushido at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)銀座周辺の話題 

2009年11月25日

おかしのまちおか5

09112501上から読んでも下から読んでも、「おかしのまち・・・」、あ、違いました。

私が子どもの頃には、駄菓子屋というのがありました。
まちおかは、いまの子どもたちにとって「駄菓子屋」的な存在です。

もちろん、大人も買い物をしています。お菓子が安いですからね。

そう考えると、ちょっと前までは何でもかんでもスーパーで買い物してたような気がしますが、いまはそうでもないかもしれませんね。
「餅は餅屋で買う」的な行為が増えているかもしれません。

kodomobushido at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ファザーリング和の助 

2009年11月24日

強心臓3

09112401あるお寿司屋さんで。


家族連れの母親と板さんの会話。



母「さっき、さびぬきの中トロ頼んだけど、さびぬきじゃなかったわよ(怒)」
板「すいません。取り替えます(汗)」
母「食べちゃったわよ、もう(笑)」
板「え、そうすか(驚)」
母「だから、もう一回つくり直してよ(勝)」
板「あ、はい(負)」


板さん、気おされていました。
私には、とてもこんなこと言えません。
このおばさんの強心臓が羨ましいです。

kodomobushido at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)街で見かけたこんな親 

2009年11月23日

NHK新人演芸大賞5

09112301本日OAでした。
大賞は古今亭菊六さんとは知っていましたが、改めて拝見すると、やはり大賞は菊六さんで文句なしですよ。

落語家さんらしい佇まい。口調のよさ。耳もよさそう。大物になりそうな風格。でも愛嬌たっぷり。円菊一門は粒揃いですね。

落語協会も年功序列に拘らず、上手い二つ目さんは、どんどん真打にしちゃったらどうでしょう? 一之輔さんとかね。

お二人の上方の落語家さんも上手かったですね。

落語界には、ちゃんと若い才能が育っていて一安心です。



kodomobushido at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 
和の助
番頭和の助
  • 性別:男性
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京
  • ■みんなへの一言!
  • ブログの管理人をしております番頭の和の助でございます。
    「かずのすけ」ではなく「わのすけ」です。
    柔術をたしなんでおりますが、まだ白帯なのでございます。
  • 最新コメント