2010年02月

2010年02月26日

うめ吉さん出演情報5

10022801こども武士道サポーター・うめ吉さんが今週末NHKの「笑いがいちばん」(13:05OA)に出演されます。

うめ吉さんは結っている日本髪は自毛で、365日着物で暮らしているという「歩く日本」のような方です。そんなうめ吉さんですから、ちょんまげで刀を差している菊千代にも共感していただいたのだと思います。

こども武士道×うめ吉プロジェクトも進行中です。お楽しみにお待ちください。

kodomobushido at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)こども武士道を支える人々 

2010年02月25日

春の気配4

1002250117時40分ころの東京の空です。

ついこの間まで17時には真っ暗でしたが、ふと気づくと日が伸びています。
この少しずつ日が伸びていく季節がほんとうはいちばん好きなのですが、同時に花粉も飛んできます。

どうしようもないときは薬を飲みますが、何とかオーガニックな方法で良くなる術はないものでしょうか。







kodomobushido at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)番頭の独り言 

2010年02月24日

新宿末広亭下席5

10022401今年は寄席に行くのは控えめにしようと思っていたのですが、落語禁断症状が出たので行ってしまいました。新宿末広亭下席夜の部。

開口一番の林家扇さんは女性ですが、なかなか歯切れもよく楽しみです。扇かこはるかってなもんです。
柳家さん弥さんも、テンションの高さが面白かったです。
本日いちばん面白かった桃月庵白酒さん「三十石船」。落語初心者も落語通も楽しませてくれる、これぞプロです。
柳家はん冶さんは「年寄りの任侠話」。聴くのは今日で3度目。さすがに飽きました。
林家正雀師匠を楽しみにしていたのに、代演でがっかり。
夢葉さんのマジックと笑組の漫才、面白かったです。
川柳川柳師匠の代演に花緑さん。お客さんは大喜びでした。私は川柳師匠を楽しみにしてたんですが。
三遊亭圓丈師匠はさっくりと漫談。
柳亭左龍さんは「短命」。独特な味わいで、私の好きな噺家さんのひとりです。
トリは柳家さん喬師匠「芝浜」。抜群の安定感。さん喬師匠の他の噺も聴きたくなります。

新宿末広亭下席は28日まで。

kodomobushido at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 

2010年02月23日

WEBサイトちょっとだけ更新5

10022301こども武士道WEBサイト「おのおのがた」に不二丸が加わりました。3歳になる菊千代の弟です。

さらに、こども武士道書籍情報をコーナー化しました。
WEBサイトTOP画面「走る飛脚」をクリックしてください。こども武士道の書籍のニュース、内容のご紹介などさせていただきます。


「こども武士道〜大切な教え篇〜」は講談社から6月に発売予定です!

kodomobushido at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2010年02月22日

東京マンスリー古今亭菊志ん独演会5

10022201いまのところあまりメジャーではありませんが、私が贔屓にしている噺家さんに古今亭菊志んさんがいます。

先日も定例独演会があり行って参りました。

演目は「道灌」「安兵衛狐」「抜け雀」「紀州」の4席におまけの「馬場」。

落語って、おじいさんが座って同じ話してるんでしょ、という方もまだいらっしゃるかもしれませんね。
落語は「話」が分かっていても楽しめるという、不思議な芸能なのです。それは話を聴きに行くのではなく、落語家さんを観に行くからです。

たとえば「抜け雀」というお話。
私も、何度も聴いていますから、自分で筋だけでなく、落語っぽく話すこともできます。それなのに、なぜ聴きに行くの? と思われますか?

それは、古今亭菊志んさんが面白いからです。古今亭菊志んさんなら「抜け雀」をどう口演するか、という興味に尽きるのです。落語は、「話」ではなく、「人」を観に行く芸能だからです。

だから、同じ話をしていても、志の輔さんとか談春さんとか超人気の落語家さんもいれば、全く売れてない落語家さんもいるわけです。それは同じ「話」のようでも、実は落語家さんによって演出や人物描写・情景描写が全然違うわけです。さらに、そこに落語家さんの技量や口調やセンスが加わるわけですから、同じ「抜け雀」でも雲と泥の「抜け雀」があるのです。
そこが落語の面白さですね。

さて、菊志んさんは35回に及ぶ、築地本願寺のブディストホールとおさらばし、次回から違う場所で独演会を開催するそうです。
どこでしょうね? 楽しみです。
私のお薦めは内幸町ホールです。

※写真は菊志んさんのWEBサイトから拝借いたしました。

kodomobushido at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の助エンタメ帖 

2010年02月19日

「こども武士道」書籍化決定!!5

10021902ついに発表いたします。「こども武士道」が本になります。

企画は一昨年から進行してました。出版社の方と打ち合わせを重ね、何度も書き直し、来週半分ほど校正が上がってきます。

まだまだ書かなくてはいけないところや、イラストはどうする? 漫画は? など仕事はいっぱい残っていますが、6月に発売する予定で進行しています。

書籍の情報はWEBサイト「走る飛脚」をクリックしていただくと、詳細をご紹介できるようになっています。

実際のページの中身が出来ましたら、そちらも少しずつ紹介させていただきます。


kodomobushido at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

怖いおまわりさん5

10021901昨日の夕方の話ですが、ここに怖いおまわりさんがいました。

この場所は一方通行の道路にかかる横断歩道があるので、一方さえ注意すれば信号を渡る人が多いのです。

そんな状態に業を煮やしたのか、このおまわりさんは渡ろうとする人を身を呈して止めていました。それだけでなく、「こら、だめだろ! なんで渡る? 赤信号だろ、何考えてる?」と情け容赦ない注意警告。
さらに、青信号の点滅で自転車で渡ろうとした人にも、「こら、信号が点滅してるときに渡ってはいかん!」

「いかん」という言葉を久しぶりに聞きました。
「いかんおじさん」と名づけます。
機会があったらインタビューしたいです。


kodomobushido at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)銀座周辺の話題 
和の助
番頭和の助
  • 性別:男性
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京
  • ■みんなへの一言!
  • ブログの管理人をしております番頭の和の助でございます。
    「かずのすけ」ではなく「わのすけ」です。
    柔術をたしなんでおりますが、まだ白帯なのでございます。
  • 最新コメント