2008年09月30日

立川流三人の会5

0809291熾烈を極めたチケット争奪戦を勝ち抜いて行ってまりました、立川流三人の会。
立川流の三人とは文字助・里う馬・キウイではありません、とキツいギャグをかましたのはプロデューサー高田文夫さん。これで笑える人は落語通ですな。
ほんとうは、志の輔・志らく・談春の三人。この三人の噺を同じ日に聴けるなんて落語ファン冥利に尽きますです。
0809292
プログラムにありますように、まず三人のジャンケンで出演順を決めます。ジャンケンの結果、一番・志の輔、二番・志らく、トリが談春ということになりました。
まず志の輔が「忠臣ぐらっ」を披露。ほんとうは討ち入り行きたくなかった岡野金右衛門という噺。この日いちばんウケましたね。志らくは「源平盛衰記」と、講談話が二題続きます。談春はその流れを全く無視して「妾馬」。談春はうまいですねえ。志らくにも「アニさん、うまくなったねえ」と誉められてました(?)
しかし、個性の強すぎる三人ですから、三人ともやりにくそうな感じはありましたね。聴いてるほうも、トンカツと寿司と天ぷらを一度に食らったようで、ちょっとした落語酔い。でもまたやってください。

kodomobushido at 12:14│Comments(0)TrackBack(0) 番頭の独り言 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔 
 
 
 
和の助
番頭和の助
  • 性別:男性
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京
  • ■みんなへの一言!
  • ブログの管理人をしております番頭の和の助でございます。
    「かずのすけ」ではなく「わのすけ」です。
    柔術をたしなんでおりますが、まだ白帯なのでございます。
  • 最新コメント