街で見かけたこんな親

2009年11月24日

強心臓3

09112401あるお寿司屋さんで。


家族連れの母親と板さんの会話。



母「さっき、さびぬきの中トロ頼んだけど、さびぬきじゃなかったわよ(怒)」
板「すいません。取り替えます(汗)」
母「食べちゃったわよ、もう(笑)」
板「え、そうすか(驚)」
母「だから、もう一回つくり直してよ(勝)」
板「あ、はい(負)」


板さん、気おされていました。
私には、とてもこんなこと言えません。
このおばさんの強心臓が羨ましいです。

kodomobushido at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月10日

人の振り見て4

0907101本日は早く帰宅して、子どもたちと郊外のショッピングモールに出かけました。
金曜日ですが、結構な数の親子がいます。

親子がいますと、その家の普段のしつけというのがおぼろげに見えてきます。
真っ赤な顔で子どもを叱っている親がいます。子どもは叱られても関係ない顔でふざけています。いくら叱っても全く効き目がありません。子どもは叱られ慣れているのか、それとも普段はあまり叱られてないのか、分かりません。
分かりませんが、人の振り見て何とやらで、他所様のしつけの様子を垣間見ると、いろいろ勉強になります。反省もいたします。

それはともかく。きれいな夕焼けでした。

kodomobushido at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月08日

食事中のゲーム3

昨日家族で外食をしていて、となりのテーブルにも我が家同様食事をしていた家族がいました。
うちの子より大きな兄弟でしたが、食事が来るまでずっと携帯ゲーム機でゲームです。で、親もまたずっとメールなのか何なのか分かりませんが携帯電話を見つめています。4人家族が4人とも会話もなく手元の液晶画面を見ているのです。

同様の投書が朝日新聞(2008年11月30日「声」欄)にあります。

「ゲームの時間 けじめつけて」 子どもがゲームにのめり込むきっかけが「親がゲームをしているから」という理由が多いそうです。

私が見た親子は料理が来たらさすがにゲームはやめましたが、投書にあった子どもは料理が来てもゲームをつづけ、それを親が見て注意もしなかったとありました。

悪い習慣として子どもにやめさせたいと親が思っていることが、実は親の悪い習慣だった、ということはありそうですね。

kodomobushido at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月19日

「挨拶は時の氏神」3

この意味ご存知でした?

挨拶をすることはその時に氏神を呼ぶようなものだ、と思ってました。
ほんとうの意味は、ケンカなどをしているときに仲裁をしてくれた人がいたなら、その人を氏神と思いその仲裁に従え、という意味なのです。
「挨拶」とは仲裁の意味を持っていたのですね。

挨拶といえば。

私の職場のビルの1階に警備の方が立っています。警備の方は毎朝元気に、出社してくる社員一人ひとりに「おはようございます」と声をかけてくれます。
これに対して「おはようございます」と返す人の何と少ないことか・・・
こういう人が子どもに、きちんと挨拶をしなさい、と言っても説得力ありません。
だいたい、親が近隣にきちんと挨拶をしていれば、子どもは自ずと挨拶をする子になるでしょう。

最近の親は、自分ができていないことを子どもに躾けると言います。だから、子どもは混乱し、ストレスが溜まり、ひいては大人を信用しなくなるのではないでしょうか。


kodomobushido at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月17日

大トロ一家3

銀座のあるお寿司屋さんでのことです。
そこは超高級というほどのお店ではありませんが、銀座のお寿司屋さんでカウンタに座わるのは勇気がいります。
知人と二人で入った私はテーブルに着きました。
ふと見ると、カウンタに親子連れがいます。父、母、お姉ちゃん、弟くんの4人。
で、このお姉ちゃんと弟くんのオーダーに、耳を疑います。

お姉ちゃん「大トロください」
弟くん「僕も大トロ」
お姉ちゃん「大トロもうひとつ」
弟くん「僕も」
お姉ちゃん「また大トロ」
弟くん「僕も」

親はどうしてるかと言うと、べつだん焦るでも、子どもたちをたしなめるでもなく、同じようにお寿司をつまんでいます。
私が親だったら、油汗だらだらです。ていうか、大トロ禁止です。いやいや、子どもを連れて銀座のお寿司屋さんに来ません。

さらにお姉ちゃんと弟くんは、大トロをオーダーし続けています。聞いているこっちがハラハラします。

でもきっと、大トロの10貫や20貫が何よ? というセレブのご一家なんでしょうね。

kodomobushido at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月06日

困ったママと怖いママ3

新しいカテゴリーです。
街で見かけた、または人から聞いた、困ったパパやママの話を書いてみます。まあ、笑い話として読んでください。

あるお豆腐屋で、ママと5歳くらいの男の子。
男の子がお豆腐の水槽に手を入れて遊んでいる。
そこでママの叱責。
ママ「こら、そんなとこに手入れて、お洋服が汚れたらどうするの!」


※お豆腐の心配もしてくださいね。


通りを歩いているママと小学校低学年の男の子。
男の子がダダをこねている。
そこでママの恫喝。
ママ「いいかげんにしないと、ぶん殴るわよ!」


※「ぶん殴る」+「わよ」って組み合わせが変!

kodomobushido at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
和の助
番頭和の助
  • 性別:男性
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京
  • ■みんなへの一言!
  • ブログの管理人をしております番頭の和の助でございます。
    「かずのすけ」ではなく「わのすけ」です。
    柔術をたしなんでおりますが、まだ白帯なのでございます。
  • 最新コメント