では、中学生、高校生の年頃の男子のニキビを治す方法を具体的に説明していきます。
※女の子編は、次回の記事で書きますね

基本的に男子も女子もニキビができるメカニズムは全く同じ。
でも、男子の方が、皮脂の量が多いからどうしてもニキビになりやすい。

私も男子なのですが、当時はいろいろな商品を使ってニキビケアをしましたが、なかなか効果のある商品に出会う事はできませんでした。

その中で効果のあった商品と具体的な使い方を公開していきます。

私がニキビを治すのに使った洗顔フォームはファーストクラッシュという洗顔フォームです。

特徴などは、下で紹介するサイトに詳しく書いてあるので見てくださいね。
洗顔をするだけで保湿までできるので使い方は簡単。

でも、男子の場合は、綺麗に皮脂汚れを落とさないといけないので私の場合、洗顔の前に毛穴を広げるという事をしました。

当時、髪を切るには床屋に行ってたのですが、髪を切った後に蒸しタオルを顔に乗せてからヒゲを剃るんですね。

「なんで蒸しタオルを乗せるのか?」と聞いたところ「毛穴を広げるからヒゲが剃りやすいし、ヒゲが柔らかくなる」からです。

まぁ、蒸しタオルを当てる事で、毛穴がどこまで広がるのかわかりませんが、少しでも広がったほうが毛穴の皮脂汚れを落としやすいのは紛れもない事実じゃないですか。


だから、ニキビで悩む私は、とりあえず何でも取り入れてみる。って勢いで続けました。


蒸しタオルを当てる → 洗顔する を夜だけですが、毎日毎日繰り返すワケですね。

やはり1週間、2週間で劇的な効果はでませんが、1か月もすると下のような特徴が出てくるんです。

・ニキビが確実に増えにくくなってきた

・既にあったニキビが確実に小さくなってきてる

・顔の色が明るくなってきた


私なりに解釈をすると、毛穴の汚れが確実に落ちているからニキビができにくい、また、小さくなっている。
それに毛穴の汚れが原因で肌の色って暗く見えるから、それが改善されたワケですね。

最後は、風呂上りに化粧水で広がった毛穴を引き締めて終了。

ファーストクラッシュの場合、洗顔だけで保湿もできますが、ニキビができやすい人は、+αで保湿をしたほうが効果的でした。


また、使う化粧水も私は市販の化粧水ではなくて、自分で作った化粧水でした。
今考えると、自分で化粧水を作る高校生ってのも、なかなかいませんよね(笑


私が作った化粧水は、また次回説明をしますが、まずは、ニキビを治すことができた洗顔フォームを確認してみてくださいね。

子供のニキビを治したいなら