男女 産み分け 方法 に挑戦中!

どうしても男の子を授かりたい管理人が 男女の産み分け 子作りに挑戦中!

排卵検査薬を初めて使用

今月の生理が3日に開始したので、次回も3日頃だろうと予測し

(この時は何日周期かはっきりしていなかったので、

30日か31日周期と予想していました)

その次回の生理予定日より2週間前の前後4日間を

排卵日と想定し、その初日が17日だったので

ちょっと早いかなぁ~と思いながら、本日初めて排卵検査薬を

使用してみました。

 

私が使ったのはドゥーテストLH。

スティックの先端に3秒以上、尿をかけてキャップをし

15分経過してから判定します。

妊娠検査薬の時は1分だったか3分だったか

もう少し早かったようなl気もするんですが…。

ですので、検査薬によって判定する時間が違いますので

間違えないように気をつけて下さいね。

 

で、説明書に判定の見本が3種類書いてあり

(真っ白の陰性・薄い縦線の入った陰性・濃い縦線の入った陽性)

初日の結果は「薄い縦線の入った陰性」より

もう少し薄い縦線でした。あ~やっぱり早かったか…

でも真っ白な陰性よりも、薄い色が付いているということは

全くの見当違いってことでも無かったようなので

良しとしておこう…(意味不明)

明日はもっと濃い色になってますように。。


本日の基礎体温  一般値36度4分 OV値18

体を冷やしてはイケナイ

妊婦さんになりたいのなら、体を冷やすのは厳禁だそうで。。

何故かというと、排卵後に卵巣内で黄体という組織ができ

子宮内膜を厚くするために子宮へ向けて黄体ホルモンを

分泌するらしいのですが(これが妊娠する為の準備)

この黄体ホルモンが体温を上昇させる作用があるものの、

人間の体は生命を維持するための臓器へ

優先して熱を送るようシステム化されており、

直接生命の維持に無関係な卵巣や子宮には

率先して熱を送ってくれないのだそうです。

ですから、夏でも冬でも体を冷やしてはいけないらしいです。

 

もともと私は平熱が低いですし、数年前に職種が変わってからは

座りっぱなしの仕事になりまして…この座りっぱなしが

また冷え性を酷くするようで。。

というか、基礎体温を計り始めて高温期は

まだ2度しか経験していませんが、

参考にさせて頂いたサイトにあった

黄体機能不全の症状と、どうもグラフがよく似てる。。

私はてっきり高温期と低温期の二層になっていないとか

高温期の日数が短い人だけが黄体機能不全だと思っていたんです。

でも、高温期を保ちきれずグラフがガタガタするのも

黄体機能不全の症状らしく、このグラフが私のとそっくりで。。

 

これからもう少し基礎体温を計ってみて

黄体機能不全の疑いがあれば、まずは冷え性対策から

考えてみようと思います。


本日の基礎体温  一般値36度2分 OV値14

排卵検査薬を購入

今週末から排卵検査薬を利用しようかな…と思っているので

そろそろ準備が必要かと思い、ドラッグストアへ行きました。

確か妊娠検査薬と同じ棚にあったような無かったような…

なんて思いながらウロウロしてたんです。

妊娠検査薬の棚は見つかりましたが、排卵検査薬は無い。。

店員さんに聞くと薬事法が改正されたとかなんとかで

薬剤師さんが常駐している薬局でないと販売していないとのこと。

(そのドラッグストア内では売っていなくて、外に併設された

処方箋薬局で販売してますと教えて下さいました)



2種類見せてくれましたが、あまりお金も無かったので

5日分のものを購入しました。

私が購入したのは「ドゥーテストLH」。お値段は2380円。

結構なお値段しますよねぇ…。

でも某オークションで売っているような、凄く安い海外のものは

なんとなく買う気が無いというか、買うのをためらってしまう。。

とブツブツ言いながらドラッグストアを後にしました。

「子作りは~作る前から金が要る~」

若干お下品な川柳となってしまいましたが。。

初めてのテストは15日、日曜日の予定。うまくいきますよーに。


本日の基礎体温  一般値36度25分 OV値15

基礎体温計測開始から2ヶ月

やっと基礎体温を計測し始めてから2ヶ月が経ちました。

きちんと高温期・低温期に分かれているし

高温期も9日以下ではなかったので、黄体ホルモンの問題もなし。

(高温期は時々36度7分を下回る時もありましたけど

 計測している時、いつも半分寝ながらなので

 口が開いてたり舌下からズレかかっていたりしたから

 計測ミスもあったかもしれない)



ということで、今月の排卵日から仕込みを開始しようかと♪

今月の生理は3日から始まったので、

私の周期を28日か29日で計算すると、排卵日は11月16日頃。

でも、これまで2回排卵日があったはずだけど

高温期直前の低温期でガクンと下がった所が無いなぁ…。

(一般的には高温期前にガクンと下がる日が排卵日と言われています)

だから、基礎体温のデータだけではアテにならないし

排卵日少し前に排卵検査薬を買いに行こう。ドラッグストアに売ってるのかなぁ?

いくらぐらいするんだろ?まさかネット通販で買えたりしないよねぇ?

謎だらけだけど、あんまり時間もないしとりあえずドラッグストアに行ってこよう。


本日の体温  一般値36度2分 OV値14

ビリングズ法?!

このビリングズ法というものも、子作りについて調べる過程で

初めて知った単語ですが、先日書いた「福さん式」と

ほぼ同じ“おりもの”を観察していく方法なのですが

こちらは外国の方が科学的に裏付けている妊娠法だそうで

福さん式も含めて、一度はチェックしておいた方が良いですね。

http://www.woomb.org/index_jp.html

 


福さん式とビリングズ法の大きな違いは

おりものをチェックする時期。

福さん式は排卵日付近だけ(だったと思いますが)

ですが、ビリングズ法は基礎体温のように

毎日、おりものの状態をチェックし記録する必要があるのだとか。

通常は2~4週間を記録するらしいですが、その間は性交を行うと

おりものなのか愛液なのか分からなくなるので

その記録をつけている間は性器を接触させたり、感じさせてはいけないようです。

 

と、こういった内容が図を用いて詳しく説明されているのですが

数ヶ国語で表記できるようになっているので

恐らく翻訳ソフトか何かを利用しているのか

若干日本語が分かり辛い箇所もあります。。


本日の基礎体温  一般値36度4分 OV値18

福さん式?!

またまた新しい単語を発見。「福さん式」とありました。

産み分け…というよりは、子作り全般に関してのことで

元助産師の方のハンドルネームが「福」とあったので

その方が発見した妊娠しやすい方法…といったところでしょうか。

 

福さんのHPのリンクを貼ってくれていた方のブログには

子宮口の位置と硬さ&おりものの状態をチェックして

性交のタイミングを計る、と書いてありましたが

実際に「福さん」のサイトを確認すると、子宮口のことまでは触れておらず

(私が探せなかっただけかもしれない)

おりものの話と、受精できるタイミングについて、

それと妊娠後の過ごし方を紹介していました。

 

福さん曰く、排卵日当日にセックスをしても妊娠しない。

午前中に排卵痛があって、その日の夜にセックスをしても遅いのだそう。

では、どうやって調べるのかというと、おりもの。

排卵日の4日前頃から卵白のように、比較的ドロっとした感じor

糸が引くおりものが出るので、そのおりものが始まったら

糸が引かないおりものになるまで、1日おき もしくは毎日仲良しする。

その糸を引くおりものが膣にある状態でないと、精子を奥まで運べないんですって。

 

福さんは、「排卵日の2,3日前が1番妊娠しやすい」と書いてありましたが

男の子は排卵日当日が良いと聞いていたのに…

でも、おりものの話もごもっともな気もするし

基礎体温のみのタイミングで妊娠しなければ、この「おりもの式」も試してみようと思う。


本日の基礎体温  一般値36度75分 OV値25

ルナ排卵とは?!

妊娠について色々調べていると、また新しい単語に出会った。

それは欧州では比較的ポピュラーな「ルナ排卵」というもの。

詳しいことはググってもらった方が良いかと思うんですけど

端的にお話すると、毎月生理後にある排卵とは別に

満月の力?を利用して、自主的に排卵を促す…という感じ。

一応いくつかのサイトを拝見しますと、そのルナ排卵日を知る

方法としては、自分の生年月日と時刻で月と太陽の位置を調べ

今のルナ排卵日を算出するらしいのです。



それが最初に調べていたサイトに1つのリンクが貼ってあって

そこへ行ってみると、どうも英語のサイト。。

一生懸命、部分的にコピペしながら読んでみました。

(サイト全てを翻訳する手だてを知らなかった)

でも、その英語サイトを紹介していたブログでは

「無料でルナ排卵日が算出できますよ」とあり

翻訳を頑張って読んでいたのですが、

どうもいつからか有料になってしまったらしい。。

(その後ブログを読み直したら、

きちんと有料になったことが書いてありました)



そこで、ずっと探していたら無料で計算してくれるサイトを発見しました。

その名も「妊活。」
http://www.ninkatsu.com/index.html

(ただ、偶然みつけたので その排卵計算機が正確なものかも

分かりませんので、利用する場合は自己責任でお願いします。)

先に書いた英語のサイトには、不妊治療をしたり

ご夫婦共に何の異常も無いのに子供が出来ない人達を

数十人集めて子供を授かるか実験をしたら、

かなりの高確率で妊娠できた…と書いてありました。

これって、ほんと藁にもすがる思いで試したくなる子作り対策ですよね。



あ、とても肝心なことを書き忘れていました。

そのルナ排卵日が分かったら、その日の48時間~15時間前までに

旦那様と仲良しし、その際女性がオーガズムに達すること。

そのオーガズムに達する行為が、脳を通して排卵を促すのだそう。

ですから、オーガズムに達するということは

濃密なセックスが必要ですし、どちらかというと

男の子の子作りに向いているのかしら?

(でも確かルナ排卵でも上手くいけば男女の産み分けができると

どこかのサイトに書いてあったような。。)


本日の体温  一般値36度7分 OV値24

産み分けの成功確率

何を根拠にそのデータを提示しているのか分かりませんが

男の子の産み分け成功確率は80~85%、

女の子の産み分け成功確率は70~80%、

という数字があるサイトに書いてありました。

 

男の子の産み分けを希望している私は

どちらかというと高確率な方で、なんとなく「ホッ」。

8割以上も成功する確率があるのなら

望みは高い方かな~と思うし、頑張ってみます。

 

でも、産み分けブログのタイトルやサブタイトルを見ると

断然女の子の産み分けチャレンジをしている人の方が多い。

私は第一子から本当は男の子が欲しかったんだけど

女の子が生まれて、「そんなに貴重だったのか…」と改めて思う。

けどやっぱり男の子が欲しい。

今度は姓を残す為の男の子が生まれるまで頑張る!!


本日の体温  一般値36度8分 OV値26

出産予定日の概算予測

産み分けのお話とは少しズレますけど、

たまたま見つけたサイトに出産予定日を逆算するものがあったので

試しに数字を入れてみました。

ちなみに、おおよその算出方法は

妊娠前の最終生理開始日から280日経過したのが出産予定日だそう。

 

一応3ヶ月は基礎体温を計測してから子作りに励もうと思っているので

受精できそうなのが11月中旬と思われる排卵日から。

その月の最終生理開始日(予定)を入力すると8月初旬頃。

う~ん…娘が8月下旬生まれで、分娩の時は暑かったしなぁ…とか

もうひと月ずらせば、私と同じ誕生日に生まれてくれるかなぁ…とか

ちょっとワクワク、ドキドキ。

 

でもよく考えると、生まれてくる赤ちゃんの運命は

勝手に受精する私達が決めてしまっているのかもしれない。

干支や誕生月・星座、そして性別。

自分が医者になって、人工授精している訳ではないけれど

こうして、男女の産み分け方法なんかを調べチャレンジするということは

本来なら女の子として生まれてくる予定だった子が

男性になってしまうかもしれない。そのまた逆も然り。

 

だから、男の子の産み分けにチャレンジして

実際に男の子が生まれたとしても、こちらがその運命を

変えてしまったのかもしれないし、たとえその子が

「女の子になりたい」と言っても、否定せず受け入れてあげようと思う。


本日の体温  一般値36度65分 OV値23

性交前のカフェイン摂取

男の子の産み分けをしたい場合、旦那様には性交の50分~70分前ぐらいに

“コーヒーを飲んでもらう”という一説があるんですけど

これはコーヒーに含まれているカフェインが

男の子の性別を確定するY精子を活発にさせるからだ言われています。

(絶対にそうだとは言い切れませんが、こういったことが書かれているサイトが多いです)

 

私は嘘か本当か分からないことに関しては、とりあえず産み分けの方法として

取り入れるつもりです。「やっときゃよかった~」なんてことにはなりたくないので。

でも、カフェインってコーヒーよりも紅茶の方がキツイんじゃないの?と

疑問に思ったので、一応調べてみました。

実は紅茶よりもカフェインが多いものは緑茶で

その他、ココア・コーラ・栄養ドリンク等にも入っているそうです。

 

いわゆる、眠気覚ましのドリンクや錠剤でもカフェインが含まれていれば

効果があるのかもしれませんね。(あくまで推測ですので、実際は分かりません)

緑茶であれば350mlのペットボトルで販売されている

花王のヘルシア緑茶というものが1本あたり80gのカフェインを

含有しているとのことで、これが多いかどうかは定かではないですけど

旦那様に飲んでもらおうかな…なんて考えてます!!


本日の体温 一般値36度8分 OV値26

バイオリズム?で産み分け?

またまた別の産み分け法を発見してしまいました。それは「バイオリズム」です。

バイオリズムとは生体の活動周期?!なんだそうで、

外国の博士数人が研究に研究を重ねて発見・承認されたのだとか。

で、このバイオリズムというのは、人間が生まれた時から

ある一定の間隔で「身体」「感情」「知性」というリズムが流れている?のだそうです。

ですから、自分のリズムを計測し相性の良い人(リズム相性の良い人)を探したり

リズムの良い日と排卵日が合えば、産み分けの手段としても使える…とのこと。

 

私もちょっぴり興味があって、あるサイトに誕生日を入力すると

自動で計算してくれるものがあったので、私と旦那様との誕生日を入れ

相性の良さを計測してみました!でも……見事に悪い相性(笑)

意外とこういうのって気にしてしまうタチですけど

これだけ悪い相性なのに結婚生活が続いている奇跡に感謝って感じですね。


本日の体温  一般値36度7分 OV値24

リンカルとは?

昨日のグリーンゼリーの続きみたいなものになりますが。。

男の子の産み分け方法を色々調べていると

「リンカル」という単語によく遭遇します。

リンカルはリン酸カルシウムの略で「リン・カルシウム・鉄分」等を含んだ

栄養補助食品。これも産婦人科でしか手に入らないのだそう。

 

それに、2ヶ月間以上飲まないと効果はないらしく

飲んでいる途中5日間以上飲み忘れると、効果がリセットされ

再度2ヶ月間以上飲まないといけないらしい。。

(基礎体温は最低3ヶ月、リンカルは最低2ヶ月、

産み分けは1日にしてならず…ですなぁ)

 

で、このリンカルというものがナゼ男の子の産み分けに

使われるようになったのか…それは無脳児を予防するために

カルシウムを飲んでいた方が男の子を産む確率が高かったから。

偶然の発見といいますか、何といいますか。。

でもこれはサプリなので毎日飲むだけ。

膣内に入れるグリーンゼリーよりも使用しやすい感じですね。


本日の体温  未計測

グリーンゼリーとは…

男の子の産み分け方法を調べていると

「グリーンゼリー」と言われる単語がよく出てきます。

何だろうなぁ…知らないことが山ほどあるなぁ…と思いながら

あっちこっちのサイトを覗いてみました。

 

以前、ブログに書きましたが男の子の性別を決めるのはY精子。

そのY精子をできるだけ死なせない為の環境=アルカリ性の環境を作る為のものが

グリーンゼリーだそうで、ゼリー状のものを性交前に膣の中へ入れ使用するとのこと。

これは、薬局では取り扱っておらず、産み分け指導をしている産婦人科等でしか

手に入らないそうです。(通信販売をしている産婦人科もあるらしい)

 

経済的余裕がなく、いきなりグリーンゼリーの為に産婦人科へは行けないけど

病院へ行かずして、男の子を産み分ける方法で、できる限りの努力をし

女の子ができてしまったら、その次に子作りする時は

必ず産婦人科へ行って産み分けの指導をしてもらったり

グリーンゼリーのことも聞いてみようと思う。


今日の体温  一般値36度6分 OV値22

子作り精子の注意点

こないだは男の子ができやすい体位を書きましたが

今日は、その仲良し子作りの細かい注意点について。


精子の数を増やす方が良いのか、元気な方が良いのか…

(そりゃあもちろん、どっちの条件も揃っている方が良いにきまってる)


先日の日記には「男性側は1週間ぐらい禁欲せよ」と書いていました。

でも色んなサイトを見ると、3日ぐらい開けなさいとか

4,5日とか、長い人なら1ヶ月とか。。伝えていることがバラバラ。

ただ、あるサイトにはこんなことも書いてありました。

 

『数日おきに射精した方が造成能力が活性化され

元気な静止がたくさん作られる可能性が高い。

でも排卵日の直前になったら精子を温存しておいた方がいいかもしれない。』

うんうん、なるほど。一理あるような気がする…。

あとは、睾丸を温めすぎてはいけないそうです。

コタツに長い間入ったり、かなり熱いお風呂もダメなんだとか。

けどこれも普段から気を付けておかないといけないのか

仲良しする直前のことなのか…わからないですね(泣)


本日の体温  一般値36度55分 OV値21

男の子ができやすい体位

男の子が欲しい場合は、できるだけ膣の深い位置で

射精するのが良いと言われています。

これは、男の子を性別を決めるY精子が酸性に弱い為、

酸性である膣の中を短時間で通過させてあげるのが目的です。

実際の体位としては、バックと呼ばれる後背位、

正常位の女性膝曲げ(膝上げ)版の屈曲位、

後背位の横向き版である横側位、

こういった3点などが深く挿入できる体位だと言えます。

また、女性が気持ちよくなればなるほど、膣内がアルカリ性になる分泌物が出るらしく

前儀も性交も濃厚なものが良いとのことです。

また、男性の方も1週間ほど禁欲をして

元気なY精子を作っておかないといけないそうです。

それから、排卵日当日も膣内がアルカリ性になるらしいので、

よほど男の子が欲しい場合は病院で排卵日の特定をされる方が無難ですね。

今日の体温 一般値36度4分 OV値18

性別が決まるのは染色体

受精時に人間の性別を区別しているのは、染色体の中でも

性染色体と呼ばれるもので、

X精子が卵子と結合すれば女の子

Y精子が卵子と結合すれば男の子

になると言われています。



精子の数は全体的にY精子の方が

2倍ほど多いということが分かっています。

でも、それは酸性である膣内での弱り方が激しいため

わざと最初から多くつくられているのだそう。

(X精子も弱るが、Y精子よりはマシ ということ)



で、逆に膣内がアルカリ性になるとY精子は動きが活発になるとのこと。

ちなみに、排卵日近くになると膣内は自然とアルカリ性になるらしく

子作りの時に前儀も含めて性交中にも女性が感じれば感じるほど

(オーガズムに達すると尚宜しい)膣内がアルカリ性になるんだとか。

ほほぅ~こんな科学的?な理論があったなんて知らなかった。。

明日は男の子ができやすい体位のお話を。


今日の基礎体温 一般値36度45分 OV値19

そろそろ産み分けについての勉強

ではそろそろ産み分けについて、少しずつ勉強していきたいと思います。

まず、私は男の子が欲しいので排卵日当日に性交するのが望ましく

排卵日の特定が必要とのこと。

(女の子が欲しい場合も排卵日の特定は必須で、2~3日前の性交が望ましい)

その排卵日を特定するには、やはり「基礎体温の計測」。最低でも3ヶ月間。



3ヶ月間と聞いて、最初は「それぐらいなら、そんなに長期間じゃないし大丈夫」

なんて思ってましたが、いざ付け始めると…長い(汗)

でも、1日1日の積み重ねでグラフが出来上がっていくのは楽しく

タイミングを計って排卵日当日に旦那様と子作りできることを思えば

とてもワクワクします。



それから、基礎体温を計測する前に確認していて欲しいのが

「パートナーが協力してくれるか」ということ。

男女の産み分けは、単に排卵日の特定だけではなく

禁欲や、性交の濃度、体位など、男性側に協力してもらわなければ

成功する確率がどんどん下がってしまう状況に陥ります。

ですので、まずはパートナーとしっかり子作り計画を練ること。

そして、男女の産み分けをするには色んなことに取り組まなければいけないので

協力してくれるかどうかを確認すること。これが「はじめの第一歩」ですね。


今日の基礎体温 一般値36度4分 OV値18

無排卵性月経以外に分かること

昨日は基礎体温を測定していて「無排卵性月経」かどうかが分かる、

というお話を書きましたが、今日は「黄体機能不全」のお話をします。

まず、黄体というのは黄体ホルモンのことで

妊娠している女性の体を守ったり助けたりする役割があり

この黄体ホルモンが不足していると、基礎体温の高温期が

9日以下と短くなります。

(もちろん低温期もありますが、正常な人は高温期が約2週間あります)




こういった「黄体機能不全」の場合、不妊の原因となったり

流産しやすい可能性もありますので、子作りの為に基礎体温をつけていて

上記内容のグラフになってしまっている方は

できるだけ早めに病院の先生へご相談されたほうが良いかもしれません。


今日の基礎体温 一般値36度9分 OV値 28
(いつもは午前7時に計測してるが今日は午前10時になってしまった)           

なぜ基礎体温を付けるのか?

男の子が欲しい場合は、排卵日当日かその翌日ぐらいに

受精させないといけないそうで、(どうしてなのかは後日書きます)

だから自分の排卵日を知る為に基礎体温を計測し始めましたが

女性には“月経があっても排卵のない人”が居るらしく

それが基礎体温の測定で分かるらしい。


基礎体温は36度7分以上の「高温期」と

それ以下の「低温期」があり、個人差はありますが

一定の期間で、その2種類の温度が交互に繰り返されます。



しかし、高温期が全くなく低温期ばかりが続く人は

「無排卵性月経」の可能性があり、これが

“月経があっても排卵のない人”(=妊娠できない)

ということになります。



ただ、たまたま排卵しない月もあるそうですので

数ヶ月ほど低体温期が続く場合は婦人科等で診て貰った方が

良いかもしれませんね。

 

今日の基礎体温 36度2分 OV値 14.5

基礎体温表をダウンロードしました

基礎体温を毎日計測したら、それを書き留めるものが要ります。

かといって、数字で書き留めるのも非常に分かりにくい。

だから、一般的には折れ線グラフ状態にしたり

デジタルの体温計であれば、体温計に記録が保存されたりします。



でも私は朝起きて寝ぼけた状態で携帯をいじったりする自信もないし

デジタルの体温計ではないから、フツーに紙のものを使うことにしました。

あまり色々迷わずに探してすぐみつけた

枠に可愛いイラストがついた基礎体温表です。



グラフには普通の体温の他に「OV」と書かれた目盛りもある。

これが体温計を見ると同様の目盛りがあって

普通の体温目盛りよりも、見やすく書き込みやすいので

寝ぼけながら印を付ける。目盛りの数字から

遠い位置の辺りになると、書き間違えそう。


今日の体温 36度45分 OV値 19

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ