渋谷区笹塚のリフォーム会社◇koeihomeスタッフブログ◇


わたしたちは、東京都渋谷区笹塚・幡ヶ谷を拠点に活動するリフォーム会社です。
創業80年の歴史をもつ恒栄資材(株)の関連会社で、
資材調達力と女性ならではの提案力が当社の特徴です。

リノベーション・リフォームのご相談やご依頼は
http://www.koei-home.co.jp/ までどうぞお気軽にお問い合わせください

2013年01月


  女性スタッフ中心のリフォーム会社です   

       女性建築士・インテリアコーディネーターが
     「過ごすこと」を一番に考えたご提案をいたします。






昨日、昨年12月に内装工事をさせて頂いたN様邸にて
待ちに待ったソファの納品をさせて頂きました。

N様邸リフォーム工事事例はコチラ
case47 世田谷区駒沢 マンションリフォーム -白い空間に映えるインテリア-

ソファは日本では数少ないデザイナーズブランドとして知られる、
AD COREエーディーコアをお選びいただきました。

エーディーコアは「時代を超えて愛される商品であること」をブランドコンセプトとし、全商品社内デザイナー瀬戸昇氏によってデザインされており、洗練されたクラシカルなデザインからカジュアルモダンまでと多種にわたります。

お選びいただいたソファはこちら。
AD CORE
AD CORE MD-210A-3P 

年末に広尾にあるショールームにご来店いただき数十種類あるファブリックからお好みのものをセレクトしていただきました。
全て受注生産になっており、納期は約1か月かかるとの事。

そして待ちに待ったソファは搬入スタッフお二人と共にやって参りました。
しっかりとビニール・厚地の布で包まれて搬入。
(梱包は入室前に解かれております)

あまりに手際が良く、搬入時の写真が撮れず残念。
玄関~廊下の曲がり角も難なく搬入し、リビングにセット。 

 IMGP0001_R
こちらが設置箇所。 掃出し窓に面している為眺めも良く最適な場所です♪


011015

納品完了^^
生地はカフェオレ色・・・が一番近い表現です。メープルのフローリング、建具、ダイニングセットの色合いとマッチするよう悩みに悩まれて決まりました。
とても上品な色味に色違いのクッション。とても手触りが良い!
大きさはW200cm×D82cmであり、3人でもゆったりと座れます。

搬入スタッフの方はとても手際よく親切丁寧でした初めての家具搬入でドキドキでしたが一安心。

また前回お邪魔した時からお部屋のインテリア小物がさらに増えており、素敵にディスプレイされていました。
016

008

017

018
N様手作りのビーズ小物

ソファに合う素敵なテーブルを見つけられたとお話して頂きました。
そちらもお目にかかれる日が近い・・・かも?



  ↓ 恒栄ホームの施工事例は、こちら ↓ 
恒栄ホーム 施工事例


ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いします(^-^)


住まい ブログランキングへ




  女性スタッフ中心のリフォーム会社です   

       女性建築士・インテリアコーディネーターが
     「過ごすこと」を一番に考えたご提案をいたします。




普段、詩集を開くことはめったにないのですが
詩も絵もたのしめる、谷川俊太郎さんの「ことばあそびうた」(福音館書店)
という詩集の装丁&内容がすごく綺麗で心惹かれたのでご紹介させて頂きます。

ことばあそびうた

「いるか」 谷川俊太郎


 いるかいるか      いるかいないか
 いないかいるか     いないかいるか
 いないいないいるか   いるいるいるか
 いつならいるか     いっぱいいるか
 よるならいるか     ねているいるか
 またきてみるか     ゆめみているか



小学校一、二年生の国語の教科書に載っていた記憶が蘇りました。
「動物のいるかは何回出てくるでしょうか?」
といった発問が懐かしいです。

いるかいるか

いろんな解釈ができて、とてもおもしろい。


この本は、三鷹の森ジブリ美術館の図書閲覧室で初めて手に取りました。
宮崎駿館主とジブリ美術館おすすめの絵本・児童書が置いてあるこのスペースは
大人も長時間居たくなる、イメージの膨らむ場所。
のんびりと、ゆったりとした気持ちで詩を読む時間というのも、
たまにはいいかもしれません。


shirai


  ↓ 恒栄ホームの施工事例は、こちら ↓ 
恒栄ホーム 施工事例


ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いします(^-^)


住まい ブログランキングへ


  女性スタッフ中心のリフォーム会社です   

       女性建築士・インテリアコーディネーターが
     「過ごすこと」を一番に考えたご提案をいたします。





DIYというより、小物作りかもしれませんが、
今日はお休みなので不要になった昨年のカレンダーを使って
娘と一緒に「ブックカバー」をつくります。

カレンダーの絵柄にかわいいものがあったので
まずはそれをカットしました。
去年のカレンダー

柄の部分をカットしてブックカバーに

文庫本の形に合わせて折って、柄の合うマスキングテープを選びます。
補強もかねて縁にマスキングテープをはります。
布のマスキングテープ

できました。
ブックカバーの縁をマスキングテープで

柄違いを作っておけば日替わりでカバーを替えられます。
カレンダー絵柄

残り11枚も柄の違う紙ができたので・・・
色鉛筆ケースも巻いてしまうことにしました。
色鉛筆ケース

ケースの高さより1cmほど高く紙を切り、
裏面に両面テープを貼ります。
筒の形に合わせてカットし両面テープを

巻きつけたら切込みを入れてぺたぺたぺた。
巻いて切り込みを入れる

両面テープで貼る

底の形に合わせて丸く紙をカット。
丸く切って底面に貼る

底面に貼り付けました。
完成

蓋側のケースもおなじように紙を切り貼り付け、
境目の部分にマスキングテープを巻き縁を飾り完成です。
ケースの継ぎ目はマスキングでセパレート

不要になったものが、ちょっと手を加えてこれからも使えるものになるのは
見た目だけでなく気分をも良くしてくれます。
ちょっといいもの、できました。

Obara

  ↓ 恒栄ホームの施工事例は、こちら ↓ 
恒栄ホーム 施工事例


ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いします(^-^)


住まい ブログランキングへ


このページのトップヘ