渋谷区笹塚のリフォーム会社◇koeihomeスタッフブログ◇


わたしたちは、東京都渋谷区笹塚・幡ヶ谷を拠点に活動するリフォーム会社です。
創業80年の歴史をもつ恒栄資材(株)の関連会社で、
資材調達力と女性ならではの提案力が当社の特徴です。

リノベーション・リフォームのご相談やご依頼は
http://www.koei-home.co.jp/ までどうぞお気軽にお問い合わせください

2014年03月

前川國男邸~江戸東京たてもの園

小原です。

仕事について、独り言。

大変じゃない仕事なんてないと思うけど、このお仕事は大変です。
と、いきなりネガティブな発言。
でも大変だからやりがいを感じたりする。
と、ありきたりな表現。

そのような簡単な一言では言い表せない思いを今日は書きつづりたいと思います。

大変だーと思うこと
その1
体力が必要。
あちこち出掛け1日動き回ったり荷物を運んだり、それが毎日だとエネルギーの消費量はかなり高い。
年末12月はかなり忙しく(今も忙しいですが)、昼、時間通りにご飯が食べられないことも、昼御飯が夕方になったり夜になったりしたことも。
でも、食べる時は1人前以上食べて、夜寝る前にもお腹がすいて一食分ペロリとたいらげたり。
時間通りには食べられないことも多いけど、結局摂取カロリーは通常より多め。
それくらい食べても夜中食べても体重は変わらない。
それだけ昼間はエネルギーを消費する。
通常の食事量じゃ、痩せちゃって体力不足になってしまう。

その2
皆が休みの時は仕事。
法人のお客様は土日休みが基本だから問題ないけど、個人のお客様は土日がお休みだから打合せが土日になったりもする。
平日の昼間ということももちろんあるけど、平日の夜ということもある。
工事は基本平日で、現場にいくので平日は常に仕事。土日も仕事になるならいつ休む?ということもある。
そこは自分で仕事を調整し代休をとるしかない。

さらには子育てしながら、保育園に子供を預けながらの仕事は、周囲の理解と協力が不可欠。常に家族や仕事仲間の皆さんには感謝。
この仕事に限ったことではないけど。

その3
決断力
どんなことでも準備がその結果の良し悪しの8割を決めると思う。8:2の法則通り。
わかってはいるけど、見落としもあるし、やってみたら思わね事態にということもある。
そんなとき重要なのが決断力だと思う。

今の現状と最終的にたどり着きたいゴールとの距離や差分を見極め、素早く判断する。
迷えば迷った分職人さんたちの手が止まるし、ロスがでる。
だからその判断の結果に責任を持つという覚悟を持って判断する力が必要だと思う。

その4
板挟み
お客様の思いを形にするには大変なことを職人さんにやってもらわないといけない時もあるし、この日この時間までになんとかしないといけないこともある。
難題を押し付けられた職人さんはたまったもんじゃないだろうけど、そこはなんとか協力頂けるようにしないといけない。そのためには私ができること協力出来ることを伝えたり、どうしてそうしたいのかを聞いてもらったり。
時には現場で叱られることもあるけど、一歩一歩進むよう、行動しなくてはならない。

やりがいを感じる時
その1
人を思い、人に伝える、そして伝わる。
お客様と私達、私達と職人さんたち。
それぞれに色々な思いがある。
私達はお客様の思いを可能な限り拾い上げ形にしなくてはならない。私達はその思いを形にするためにどうしたいかを職人さんたちに伝えなくてはならない。伝えるだけではなくて、形にするためにどうしたらよいか相談にのってもらい互いに意見しあい一緒に作り上げるという感覚。
それぞれの思いがちゃんと伝わると満足していただける空間ができる。

伝える、伝わるということがこんなに大切だということは、この仕事をするまで理解していなかった気がする。

この仕事をはじめてから私が人と会話した量と、以前の仕事での会話の量とでは比較にならないほど、今毎日沢山の言葉を交わしている。
難しいことや耳のいたいこともあれば嬉しいことや楽しいこともある。
そういった人と人とのコミュニケーションが大切で嬉しいこと。少しずつ関係を深めて行けるその事にやりがいを感じる。

その2
形になるプロセスと最後の形が見れる。
とにかく図面が好きで、中学生のころから間取り図をかいていた。
実物から間取り図をおこしたり、自分でその間取りを変えてみたりということをやっていた。
今は自分でかいた図面をもとに、それが形になっていくプロセスを見ることができ、最後の形も見ることができる。
嬉しすぎてたまらない。
とにかく2次元の図面というものでしかなかったものが、3次元になるということに興奮してしまう。

その3
今あるものが形をかえる。
新築は新たに0から作り上げるけど、リフォームは今既にあるものから形を変える仕事。
これまで見ていた空間、景色が変わるのは、とても不思議な感覚。

今あるものに1プラスしたりマイナスしたり、そういったことで今までもこれからも、これまで以上にその空間がよいものになったらすごく嬉しい。




夜遅くなることも多いし、体力的にきついことも、精神的にダメージを受けることもある。
忍耐と根性が必要だったりもする。

でも人はあったかいな~と思えて、好きなことが仕事になっているから、幸せだなぁと思う。









先日立川駅に久しぶりに行きました。
その際ルミネのトイレによったのですがとても綺麗にできていて、思わず写真をとりました。
image
image


特に入口にあった案内図が素敵でした。
アイアンで造られていて、植物を思わせるラインが目を引きました。


デパートのトイレがこんなにきれいなら、
ちょっと足を伸ばしてデパートの中まで来てしまうかも。

中まで来たら回りのお店もついつい見ちゃう。

次回立川駅に行ってトイレに行きたくなったら、
またルミネに行くとおもいます。

で、時間があったら買うつもりがなくても何か買っちゃうかも知れません

Obara

このページのトップヘ