人魂灯の活用

実は小町と非常に相性の良いシステムカード。

【性能】
発生10F、相殺強度Bの射撃を3発放つ。
発生保障、ホーミング性能付き
スキルキャンセルできるタイミングでキャンセル発動可能。
体の中心部分から発生し、頭上やや後方に上昇後相手に追尾する。

発生保障付きというのがポイント。
発動さえしてしまえば小町の大振りな打撃の隙を補ってくれるので
DCや昇りJ6Aなどの1点読み行動を強気に仕掛けていくことができる。


<どんな状況で使うの?>

◆対空
・JAぶんぶんがうっとおしいけど落とすのが厳しい
・J2Aで降りてくるのがわかっていてもおとなしくガードせざるを得ない
・相手の霊力が少ない、または飛翔を使い切っている

こんな状況の時に試してみるといい。
代表的な所だと幽々子J2A、小町J2A、美鈴J2A、魔理沙JAなどに対応できる。
発生保障を上手く生かせるタイミングをつかんでいこう。
発生させさえすれば読み負けても人魂灯が守ってくれるため
相手空中からの攻めに対しては霊撃よりも有用な場面が多い。


◆立ち回り
発動時の隙をごまかしながら使う
 中央のAA>B>人魂灯の連携や
 相手の後ろ飛翔を見てからの発動など

一旦発動してしまえば、隙の大きい技でもある程度強気に振っていける。
中央でAA>B>人魂灯からDCの連携が簡単で強くおすすめ。

相手がグレイズして殴りに来た時は遅れてやってきた人魂灯が当たる。
人魂灯ヒットの際は3A>大鎌やJ6B>J6Cなどで拾う。
 人魂灯(3Hit)>3A>大鎌 2172
 人魂灯(3Hit)>J6B>J6C 2230
 人魂灯(3Hit)>JA>J6B>J6C 2410

DCガード時は人魂灯が連ガになり、大幅有利を取ってターン継続。
DCヒット時は人魂灯ヒット確認後J6Aで〆。
 DC>人魂灯(3Hit)>J6A 2256
 DCch>人魂灯(3Hit)>J6A 2643

結構馬鹿にならないダメージが出る。

DCが当たらないような位置に飛ばれる場合もあるので
昇りJ6Aなどの択も見せていきたい。
また発生保障を生かして空中飛翔で強引に引きずり下ろしに行くのもよい。


◆霊力が足りないときの補助
 白楼剣使用後や固め抜けた後に苦しかったら
 時間稼ぎにとりあえず使用するのも有り。

【キャラ別対策】VS美鈴 固め抜け編

<意識するポイント>
 美鈴の固めはノーキャンセルを利用した増長択が多めである。
 故に増長を通さないと端まで運ぶことができないといった欠点がある。
 「端まで運ばれる前に、中央でローリスクな読み合いをして抜ける」
 といった考え方で抜け方を模索するといいだろう。
 基本がレバー入れ打撃に結界というのは変わらないが、
 固め構成によっては結界後に追われやすいため
 ある程度タイミングを散らす必要があるということを理解しておこう。


 ◆中央>端への運びの抜け所
 4Aや2Aで触られた場合、そこからの美鈴側の選択は大まかに3つに分かれる。
 各種行動の抜け方をしっかり覚えて、リスクを抑えた読み合いをしていくことが大切。
 (反応できなかったときの基本はもちろんガードである。)
 ------------------------------------------------------
 ・レバー入れ打撃(6Aor3A)
  2A*n>6A>6C>〜
  2A*n>6A>6C>地龍波>〜
  2A*n>6A>6C>降華蹴    など。

  レバー入れ打撃が結界ポイントだが
  大抵誤ガードさせるよう仕向けてくるため、6Cで結界せざるを得ない場合もある。
  この結界は降華蹴で狩られるので6C結界するかしないかの読み合いとなる。

 ------------------------------------------------------
 ・ジャンプからの攻め
  2A*n>8HJ>J2B>3飛翔>JA>〜
  2A*n>低空J2A>〜   など。

  J2Bを見てからHJできるとターン交代できるので狙っていく。
  低空J2Aは見てから4Aで落とせればいいがリスクも伴う。大人しくガードが安牌か。
  ファジー4A暴れでジャンプの瞬間を落とせるので
  相手の攻撃が単調な時は狙ってみるのもいい。
  もちろん6Aを振られた時はカウンターヒット貰ってしまうのでほどほどに。

 ------------------------------------------------------
 ・ダッシュ4A
  4A>D4A>D4A>〜  など。

  増長択。非常に隙が小さく割り込みづらいが
  通されると端まで持って行かれてしまうので
  チキガによる食らい逃げやHJ、ファジー暴れを混ぜていきたい。
  同じく6Aでカウンターヒットを取られるリスクがあるのでそこは読み合いとなる。

 ------------------------------------------------------
 ※相手の手札に「星脈地転弾」が見えている場合、暴れは厳禁!
  4A、2Aなどからも繋がり約4kのダメージを貰ってしまう。

 ------------------------------------------------------

 ◆地上端固め抜け
 美鈴の宣言しているカードによって端固めの性質は若干変わってくるが、
 ここでは美鈴の固めの基本的な形とその抜け方を紹介する。
 ------------------------------------------------------
 ・Aor2A>6Aor3A>B>C>低空J2A
  美鈴の端固めの基本形。HJやチキガで抜けられない構成。
  
  結界ポイントはレバー入れ打撃(3Aor6A)だが、
  打撃択で狩られる場合もあるのでB射まで待って結界も有り。

 ------------------------------------------------------
 ・Aor2A>6Aor3A>B(>ノーキャンセル)>4A>〜
  B射の不利フレームの少なさを利用して増長する方法。

  結界ポイントは同じくレバー入れ打撃(3Aor6A)だが、
  この場合は結界を見てから追われるため、
  1つ霊球が減った状態で空中固めが始まり状況が悪くなる。
  よって上記で増長してくる場合は、B射ガード後の暴れorチキガも選択肢に入れる。

 ------------------------------------------------------
 ・Aor2A>3A(>ノーキャンセル)>遠A>6A>B>〜
  3Aの不利フレームの少なさを利用して増長する方法。

  最初の3Aで結界安定。
  3A正ガード後は小町側微有利で暴れることもできる。
  反応が間に合わない場合はおとなしくガードしよう。  

 ------------------------------------------------------
 ※クラッシュについて
  H6Aが中段クラッシュ属性 
  H3Aが下段クラッシュ属性 となっている。
  H3Aは正ガード後も美鈴側が3F有利なので注意。

  中段ガード後は小町のターン、下段はガード後も美鈴のターン、と覚えておこう。
   
  見えるのが一番だが、見えない人は
  クラッシュ音を聞いたら霊撃するのがいいかもしれない。

 ------------------------------------------------------
 ※「紅寸剄・烈虹拳」型の美鈴の場合、
  端固め抜けの難易度がガラッと変わるがここでは割愛する。

 ------------------------------------------------------

 ◆空中固め抜け
 JA>J8A(1段目キャンセル)>JB>66>JA>J8A(1段目キャンセル)>JB>66>JA>J8A
 美鈴の空中固めの基本形。降華蹴を宣言している場合この中に打撃択が追加される。

 かなり強力な固め。完走すると霊力削り4.5(+α)となるため
 地上2結界から追われた場合ガードしていると確定割りとなってしまう。
 
 この固めを抜けるにはJ8A1段目で結界する必要があるが
 J8Aを2段目まで出し切る択があるため、
 実際にはJ8Aの1段目と2段目のどちらで結界するかの読み合いになる。
 端ではなるべくこの状態に持ち込まれないように。
 (中央ではJBに後ろ結界を取ればほぼ安定である。)

参考リプレイ
 pass:komachi

【キャラ別対策】VS美鈴 立ち回り編

<意識するポイント>
 極力中央を陣取るように立ち回ることを意識しよう。
 美鈴の端固めは地上・空中共に非常に強力だが
 端までの運びの際は少々無理をする必要があるため
 中央なら捕まっても比較的ローリスクで抜けることができるからである。
 ただし近距離では分が悪いため、相手のJ8Aが届かない程度の距離は確保する必要がある。
 追いかけてくる美鈴を置きJAやバクステJ6Aなどで迎撃するイメージである。


 ◆空中戦
 C・JC・溜めJC(通称イカリング)に対しては付き合わず
 後方か上に回避しつつ各種打撃(JA・J2A・J6A・J8A)を置く。
 美鈴J8Aは真上の相手を狩るのには向かず
 追撃するために飛翔で一定距離追いかけなければならないので
 こちらの置き技が機能する。
 8飛翔>1飛翔などの動きで相手の射撃に重ならないように動き、
 追いかけてくる美鈴を撃退するイメージ。

 基本的には逃げる小町追う美鈴という図式になる。
 中央で立ち回るよう意識すれば
 捕まったときも後ろ結界などの選択肢があるので抜けやすい。
 当然だが霊魂が場にあると有利が取れるので
 イカリングを撒かない美鈴と当たった時は使ってみるのも有り。


 ◆地上戦
 基本的に付き合わない。
 小町の大ぶりな挙動と美鈴の素早い差し込みが噛み合っており
 大抵ロクな結果にならないからである。
 端固めの時くらい。


 ◆地対空
 ガード・結界を選択せざるを得ない状況が多いので
 近距離でこの状況は極力避ける。
 美鈴はB系統(J2B・J6B)を絡めてJA・J2Aで降ってくる。
 極力近距離でJ2Bをガードさせられないようにしよう。
 もしガードしてしまったら、その後の結界は

 ・J2Aの1段目に結界
  2段目の打撃に引っかかる
 ・J2Aの2段目に結界
  美鈴の立ちAが間に合う
 ・J2Bに結界
  美鈴のJAやJ2Aが間に合う

 と狩られてしまうため、固めに移行されてしまうことになる。
 (結界して食らい逃げというのも状況によっては有りだが、
  その後の状況は霊球を一個消費した状態で再び固められやすいことを理解しておこう)

 J2Bに反応してHJできれば位置によりJA差し込みが間に合うので
 相手の飛びを意識して狙っていこう。
 相手がめくりJ2Aなどを狙っている場合は8HJからのJAで迎撃できるが、読みが絡む。

 ある程度距離がある場合は
 先置きのB射撃や浮遊霊キャンセル昇りJAなどが有効。
 後者は相手が前飛翔を伸ばしているときなどに振ると
 美鈴J6Bなどの布石を消しつつ触るチャンスになる。
 相手のJAやJ2Aが刺さるリスクもあるのでタイミングをしっかり意識すること。
 (振れる機会はそう多くはない)
 
 真上対空は8HJからのJAと先置き2BからのJAを使い分ける。
 美鈴の2飛翔J2Aが強いので基本はガードだが、タイミング次第で対空できる。
 (前者は発生前にすれ違いざまに当てる、後者は高めJ2Aに対して先置きする)
 お互い上下飛翔を多用するため、割と振る機会は多いはず。
 

 ◆空対地
 美鈴は地上での後ろ歩きが速いため、J6Aなどで触りに行く場合は空振りさせられないように注意。
 「大鵬拳」「採光乱舞」「星脈地転弾」などを構えられているときは
 J2AやJ6Aに合わせられると確定ヒットしてしまうため、
 J2Bを先置きしたり6飛翔>1飛翔のような動きを混ぜたりで
 安易にぶっぱなされないよう注意する。
 他は別キャラを相手にするときと特段違いはない。


 ◆その他
・美鈴のJ6Aについて
 非常に伸びる。開幕時の距離ぐらいなら差し込まれる可能性があると考えてよい。
 不用意なHJに合わせられてカウンターヒットを貰った経験がある人も多いだろう。
 ただ、美鈴側としてはほぼ一点読みで振るしかなく
 これを合わせられているということは動きを読まれている証拠なので
 何度も引っかかるようなら動きが単調になっていないか一度チェックしてみよう。

・美鈴のJ8Aについて
 J6Aほどじゃないがこれも意外に伸びる。
 2段目を出し切るまで判定が残っているため
 距離が近いと置かれたときでも非常に手が出しにくかったりする。
 斜め上に伸びるような挙動をするので
 射程距離をしっかり把握して、JAガード後などで届く範囲では迂闊に動かないこと。


固め編に続く

超無限、無間を使った固め

基本的に小町の中央での固めは機能しないに等しいので無間や超無間を使った画面端での固めに徹底して戦うスタイルを書いていきます。


小町の中央での固めは6AやB射に結界をされるのがほとんどで、狩り択がほぼない。
小町は中央ではめくることや空ガ不可を狙うのが肝。
しかしチキガからの結界や足が早いキャラ(美鈴、アリス等)には狙いにくいので、一度画面端でダウンを取ったらスキル無間や、超無間をつかって固めていけば割りにくい小町でも画面端で割りを狙うことができる。

基礎コン3A〆C無間で起き攻めをすると画面端なら移動起き上がりをしても相手はほとんど画面端を背負った状態になるので、容易に画面端を背負わせたまま起き攻めがしやすい。
そこで中下択をかけつつ、超無限でゴリ押していけば割ることも狙えるようになる。

相手が結界を取ったとしてもJ8Aや上下飛翔からの空ガ不可を狙ったりできるのでそこを狩っていく。

超無限後の固め 6A>6C>JA
結界狩の択。相手の霊力を見て割れないのを確信したら狙うのもあり。

◆DA>白楼>2Axn
白楼を構えての増長固め。

:遠A>B無間>J2A
こちらはも結界狩の択。相手の霊力を見て。

等の結界狩りや、増長をかけていきながら崩していけば有利に展開するので。うまくいけばほぼセットプレイになるので、練習するのもあり。

立ち回りではJCを積極的に撒いていき、飛翔からターンをとっていこう。


基本固めやコンボはbaruさんAgoさんの記事を参考にして、あくまで個人的なセットプレイの内容です。

byゆる

固め<応用編>

■距離の意識
一通り固めのレシピをこなせるようになってきたら、
次に意識しなければいけないのは距離である。
小町の固めにおいて特に意識を割かなければいけないところで、
微妙な立ち位置の変化で連ガか否か、狩れるか否か変わってくる。
それぞれの利点・欠点を頭に入れた上で、
相手を見ながら調整し使い分けていくことが重要である。

【近距離】
近Aが発生する距離。この距離ではB射を確実に連ガにすることができる。
無間の狭間(以下、超無間)を持っている場合、
 A>Aor6A>B>超無間
 DA>超無間
などが確実な連ガ構成となり、割り込みを気にせずガードブレイクを狙うことができる。
反面、AAB>9Jc>66>J6A の連携が相手によっては前Dで抜けられたり、
姿勢の低い迎撃択(霊夢3A、咲夜2B、紫2Bなど)に負けることを理解しておこう。
上記の対応策としては、
 AAB>ノーキャンセル>2A>〜
 AAB>9Jc>2HS>〜
などの択を意識して使う、または近Aから2Aに移行して距離を離すなどがある。
距離を離した後の対応については下記を参照。
 
【近〜中距離】
画面端で2Aをガードさせていって、2Aが相手に届かなくなる位置。
この距離では上記迎撃択(霊夢3A、咲夜2B、紫2Bなど)にJAが刺さるので、
多用する相手にはこの距離を意識して固めていく。
B射が連ガにしにくい位置なので、HJや前Dで抜けられた時の対応も考慮する。
HJ抜けに対しては、8hjcからJ6Aと下りJAからの空ガ不可連携の択をかけていくとよい。
 遠A>B>8hjc>J6A
 遠A>B>8hjc>66>JA>着地>A>〜(空ガ不可連携) など。
前D抜けに対しては、8hjcで様子見。
JA読みで先にJAやJ2Aを置いておくのも場合によっては有り。


■2A刻みについて
固め中に2Aを刻む用途としては主に以下のものがある。
・距離調整
 密着状態から距離を離したいときに使用する。
 
・次の中段択(遠Aor3A)のタイミングをずらす
 誤ガードが取りやすくなる、結界のタイミングが絞りにくくなる等のメリットがある。

・時間稼ぎ
 2A*n>JA>2A*n などの連携を使用。
 白楼剣使用後の霊力回復までの時間稼ぎ、天候呼び込み、ゲージ溜め等に有効。
  
 
■運びのルート
運びルート

低空J6Aは相手によってはしゃがみや前Dにあたらないため、
状況によってJAやJ2Aを使い分けていく。
咲夜2B、紫2B、鈴仙2Cなどの対空射撃に対しては
J6Cを被せるのが基本だが、前飛翔伸ばしからのめくりJ2Aを狙っていってもいい。

B射に結界を取られると抜けられてしまうため、
DAはJAを絡めた連携から出していこう。
誤ガードが取りやすく、結界で抜けられにくくなる。

J2Cは極力高い位置から振ることをお勧めする。
抜けられやすいポイントな上に被フルコンの危険性もあるため
低空ではなるべく振りたくない。
端に持っていくことを目的とするのなら、低空JAからのJ2Bを使うのがリスクも少なく運びやすいと思われる。

固め<基本編>(Ago)

■基本の端固め
.拭璽鷏兮浬纏
・A>Aor6A>B>8Jc>66>JA>…
 66>JAを最速で入力できるように練習すること。
 密着状態からだとB射まで連ガなので、
 66JAが最速で入力できていれば前DやHJいれっぱに刺さる。

 多少距離が空いていると、上記が連ガにならない場合がある。
 この距離では反撃のリスクを抑えるために、
 2段目のAや6Aを正ガードされたときはB射の後HJで様子見し、
 誤ガードの場合は上記ルートで固め継続する。

・2A*n>3Aor6A>B>8Jc>66>JA
 こちらも66>JAの入力速度が肝。
 3Aまたは6Aが正ガードされたときはB射の後HJで様子見し、
 誤ガードの場合は上記ルートで固め継続する。

 一部の例外を除き、いれっぱや無敵以外の暴れで抜けられない構成。
 まずは上の2つのルートを押し付けることで、安易なHJや前Dでの抜けを防止する。


⇔醂郎錣蟒纏
・A>Aor6A>浮遊B>8Jc>66>JA>A(>Aor6A)>2C>…
・A>Aor6A>6C>浮遊B>8Jc>66>JA>A(>Aor6A)>2C>…
・2A*n>浮遊B>8Jc>66>JA>A(>Aor6A)>2C>…
 浮遊Bへの繋ぎは連ガではないため、
 ,鬚靴辰り意識させたうえで運用する。

・A>A>A>浮遊B>8jc>66>JA>…
 A2段目以降で安易に動かれないよう、こちらも混ぜていく


■回避結界への対処
○B射撃への結界 
・AA>B(結界)>9hjc>JA>…
 B射撃に2回避結界はJAの決め撃ちで潰すことができる。
 JAヒット後はJ2A>溜めJ2Cでフルコン。
  
・AA>B(結界)>9hjc>J2A>…
 上記より若干リスクを抑えた狩り択。
 一部キャラの前結界にも対応できるが、
 最速結界を狩れないという欠点がある。
 J2Aヒット後はJ2C>66>JA>J6Aでフルコン。

・AA>B(結界)>8hjc>2着地>8HJ>JA>…
 結界後に追うパターン。相手が動いたときのみ狩れる。
 JAヒット後はJ6A>J2B>44>J6A>J6Cでフルコン。
  
○6Aor3Aでの結界
 基本的には結界狩りは無理だが、見てからHJで追うことができる。
 8HJからJ6A、または3飛翔J6A>3Aの択を仕掛けていく。
 

■意識を割くポイント
固めや回避結界狩りを有利に進めていくには、
試合中に相手の癖を把握することが重要である。
もちろん全てを読み切ることは不可能なので、
大ざっぱに以下の3タイプで判断する。

・決まった攻撃で結界決め撃ちタイプ
 B射、6A、2C等でとりあえず結界、という人は多い。
 このタイプは捕まるのを嫌い早めの結界を多用するので
 結界された後にすぐ追う準備をし、ターン継続に重点を置く。
 固め中に無理に動かない傾向があるので
 刻みや増長を多めにして霊力割りを狙っていくのがよい。

・霊力ギリギリまで粘って結界タイプ
 霊力が減ってきたタイミングで結界狩り択を振る。
 霊力枯渇で被フルコンのリスクが減っているため、
 狩り択を強気に振っていきたい。
 
・グレイズ抜け、割り込みを狙うタイプ
 ,慮任畸羶瓦縫螢好を抑え、相手のミスを誘う。
 不意のその場J2Aや置きJ2Aに引っかかりやすい傾向があるので
 意識して多めに振っていく。


参考動画を追加予定。

更新履歴

■更新履歴
2012/3/6 【キャラ対策】VS美鈴 作成  <-new
2011/6/12 固め<応用編> 作成
2011/4/9 固め<基本編> 作成
2011/4/9 更新履歴 作成

■以後、更新するかもしれないテーマ
<攻略記事>
・固め
・立ち回り
・起き攻め
・スキル/スペカ攻略
・キャラ対策
<コラム>
・空ガ不可連携
・超無間の有効活用
・天候別立ち回り
・余命の有用性

白桜剣を使ったコンボ(baru)

DA(白桜剣)>JA>J2A>J2C(ホールド)
DAHIT確認からのフルコン。白桜剣を持った時に最も狙いやすいのでDAのHIT確認は確実に。自信がない場合は白桜剣から4Aを振って、ガードされていた場合は固めへ、HITしていた場合はBへ。

A>A>B(4~5HIT、白桜剣)>A>A>A>A
立ちA地上HITからのフルコン。スペカ船を使ったコンボとほぼ同等のダメージが出るが使い道の多さが白桜剣の売り。

JA>A>A>B>6C(白桜剣)>DC
JA始動の場合、上記のコンボを使おうとするとA4段目が繋がらないのでフルコン取りたければこちらへ。画面端付近だと繋がらない、消費霊力4、しばらく回復しないと使いどころを選ぶので状況次第。大鎌を宣言すると使わなくなる。

JA>A>A>B(白桜剣)>2Axn
霊力を多く使いたくないが白桜剣をさっさと使いたい時や、一部の起き攻めが安定しないキャラ相手等に使う。この後6A>B等に繋げて補正切りから固め。十分な火力が出るので狙う場面は多い。

JA>A>A>B(白桜剣)>A>A>A>(ディレイ)超浮遊
カードをさっさと吐き出してデッキを回しつつ、フルコンの取りづらいJA始動からのフルコン。

A>3A(白桜剣)>J8A>死神の大鎌
立ちA空中HIT確認始動コンボ。立ちAHITが低めならばBに繋げればフルコン取れるが高くHITした場合にフルコンを取りたい場合に使う。



小町の立ち回り(対全キャラ共通)前編

baru「んじゃ、話して行こうか。」

Ago「じゃあ、やろっか。」

baru「んじゃあとりあえず、小町の立ち回りにおいて、意識しなきゃいけない事から話そうか。」

Ago「そうだね。やっぱり一番はリーチのある打撃とそのポケットを補う使い分けから、かな。」

baru「そうだね、小町の打撃は一長一短だけどポケットを補う手段はいくらでもあるからね。所で小町の打撃の中で一番強い打撃はなんだと思う?」

Ago「今回のバージョンはJ6Aかな。色んな所で、色んな使い方を出来るし、やれる必要があるんじゃないかな。空ガ不可連携に持っていけるし、繋ぎにも使える。それとJ2Aかな。判定は弱くなったけど空中から押し付けて自分のターンに持ってこれるのは強いよね。」

baru「俺もほとんど同じ意見かな。まぁ小町の一番の長所がその二つに顕著に出てるしね(笑)。とりあえずこの二つを上手く使えないと勝つのは難しいよね。」

Ago「まぁ具体的にこの二つの使い方を話すと、当て方とかも大切なんだけど、ガードさせたときの動き。ガードさせた後の状況をどういうシチュエーションに持って行きたいか。なるべく低空でガードさせたいよね。何故なら空ガ不可か、飛翔狩りのJAか、っていう択取りが出来るからね。」

baru「そのために必要になってくるのが空中の敵にくっついてからあえて攻撃を出さずに低空に引きずり降ろしたり、って行動の話が出てくるよね。」

Ago「うん。例えば空中でお見合いになった場合って攻撃を出すのが基本だよね。まぁその行動を見せておく必要がある。出さない、って行動だけしかやっていないと逆に攻撃されちゃうからね。先に空中攻撃をガードさせて、ここは動いちゃダメだよ、ってのを意識させてから攻撃を出さないっていう読み合いを始める。それが大切だよね。」

baru「あれはやられると結構困るし、やってても強いからね(笑)」

Ago「そう。そこでやっぱリーチが長い、ってのがすごく生きてくるよね。小町の立ち回りに置いて、ここで動いたら狩れるんだぞ、って意識を相手に持たせるのが重要かな。」

baru「やっぱこっちが一方的に有利なタイミングってあるじゃない。お互い空中で、自分が上取ってる状態とか。そういうタイミングでは相手が何出しても勝てないタイミングってわからせるってのが大切だよね。その後にあえて攻撃を出さずに相手を降ろすような裏の択みたいなもんが発生するよね。」

Ago「うん。この話はここで一旦終了させたいと思うけど、次はJ6Aの振り方なんかを話したいかな。J6Aって色んな使い方が出来るから、次は押し付け方の話をしたいね。」

baru「んじゃこの記事は一旦これで終わろうか。」

参考動画

二人の自己紹介

Ago


緋想天暦:緋想天Ver1.02からの小町使い。

スタイル:リーチを生かした押し付け、空中からの上下の揺さぶり・空ガ不可連携を得意とする。

baruからのコメント:ブレがない。常に自分自身を制御しながら丁寧に戦う事が出来るプレイヤー。





baru


緋想天暦:緋想天発売初日からの小町使い。緋想天後期ではパチュリーも本格的に練習を始める。

スタイル:暴れ・ぶっぱが大嫌い。自分は暴れやぶっぱをしない事を意識するが、それ故に増長を許してしまう。相手の出方を伺って後手後手に戦う。

Agoからのコメント:固め・立ち回り等全てにおいて高いレベルでまとまったプレイヤー。特に巧みな飛翔から有利状況を作る技術は必見。
最新コメント
  • ライブドアブログ