市長に申し入れと抗議文を提出(抗議文の内容)

                  
                                  2010年7月29日
小金井市長  稲葉 孝彦 様
                                 小金井東部の環境を良くする会
                                      会長  小出 廣志

               抗 議 並びに 要 求 書(申入れ?)
 
1.5月15日の説明会で取りあげられた問題と、その共通認識
「新ごみ処理施設の建設場所を二枚橋焼却場跡地と決定しました」という市報での広報につき、説明会では、その決定があたかも市民に対しても拘束力を持ち、動かせないかの様な印象を与えるものとなっているが、「決定」とはどういう意味か、ということが問題とされた。そして、そこにいう「決定」とは、「市の方針」、「案」を「庁議」で決定したということであり、市民に対して「法的拘束力は持たない」し、「現在ある方針は変更も可能」なものである。法律的な効力を持つためには、都市計画法上の手続(公聴会、縦覧、意見書提出、都市計画審議会の決定、告示、等)が必要であることは、市を含む説明会参加者の共通の認識となった(議事録14頁、15頁、20頁、25頁)。

2.稲葉市長の「一陽来復」
 ところが、市報7月1日号では、稲葉市長の「一陽来復」に、説明会での質問、指摘につき、「市報を見た多くの市民が、建設場所に係る諸問題が解決し、建設が可能となったと理解している。今回の『決定』とはどういうことなのか。」とのご質問をいただきましたので、改めてお知らせします。
 市では、市報小金井4月15日号でお知らせしたとおり、この決定を具体化するためには、跡地利用に係る関係市のご理解を得ること、並びに施設建設に当たり周辺住民の皆さんのご理解を得ることの2点を不可欠な課題と認識しています。」 
 と述べているだけである。
 
 この周辺住民の皆さんのご理解を「不可欠な課題」とする認識は正しい。しかしそれは説明会以前から分かっている当然のことで、前記のように説明会で問題とされたのは「決定具体化のための課題」ではなく、そこで使われた「決定」という言葉の意味、その「法的な効力」であった。市報の記事では多くの市民に誤解を与えているから、この点を明らかにせよ、ということが求められたのである。そしてこの点で、前記の共通の確認が得られた。

 市長はその広報に、「市報の同じ一面で、できれば同じ面積でやってほしい」という要望は実行できないとしたが、市民に誤解を与えるような広報をした場合、新たな広報によりその誤解を解くことは、市民との信頼関係を築く最小限の義務である。市長自身、「施設周辺にお住まいの皆様との信頼関係の大切さを改めて痛感しております。今後は、これまでの反省を生かし、・・・」(議事録3頁)と述べていた。
それにも拘らず、市長の「一陽来復」の記事は、説明会での論点を逸らし、説明会の意義を無にすることである。それで、どこが「これまでの反省を生かし」たことになるのか。そのようなことで、「施設周辺にお住まいの皆様との信頼関係」を築けるはずはない。

3.抗議と要求
 私たちは、こうした市長の態度に強く抗議するとともに、市長がこれを謝罪し、あらためて上記の説明会での確認を、市報で広く住民に知らせることを要求する。
この点については上記説明会でも、司会者(佐藤)が、「今回の説明会についても、こちらの質問と、それに対する答えというのを明確にして、記録を配布してもらいたいということを(事前に提出した申入れ書の議事)進行についてで書いてありますが、そのことも市当局、よろしくお願いします。」(議事録13頁)と述べ、これに対し、当局の異議はなかった。また都市計画法3条は、「地方公共団体は、都市の住民に対し、都市計画に関する知識の普及及び情報の提供に努めなければならない」と規定している。こうした経緯と、法令順守の点からいっても、市長は、上記要求の実現を怠ることは許されない。
                                                    以上

説明会に対する質問書と抗議文を提出(質問書の内容)

                                    
                                    2010年7月29日
小金井市長  稲葉 孝彦 様
                                   小金井東部の環境を良くする会
                                        会長  小出 廣志

                   質 問 書(申入れ?)

 本年5月15日に行われた新ごみ処理施設についての説明会に関し、以下の事項を質問しますので、8月12日までに文書でお答えください。
 1.説明会については、司会者(佐藤)から、質問とそれに関する回答(提出された質問で、時間の関係で答えられなか  った項目を含め)を文書ではっきりさせて、あらかじめ配布してもらいたいと念を押し、また参加者の発言もあり、そ  れに市当局も異議をとどめなかった(議事録13頁、14頁、52頁、54頁。議事録の正確性について、記憶と違って疑念  もあるが、とりあえず議事録の頁数による)。これは、黙示の合意を意味する。また実質的にも、説明会を形式に終わ  らせず、周辺住民との信頼関係を築くための必須の条件である。それなのに、説明会後2カ月を超えても配布がないの  はなぜか。

 2.ことに庁議決定については、氏名や各人の意見を明らかにして、1丁目、5丁目の各戸に配布するということについ   て、「配布する形で検討させていただきたい」(稲葉市長、議事録19頁)ということだったのに、2か月以上たっても  全然音沙汰がないのは、どういうわけか。

 3.庁議決定でも、「地域との対話を継続的に行い、信頼関係の構築を図っていくものとする。」(議事録4頁)という  ことであったのに、これに反して継続的対話が行われないのはなぜか。

 4.二枚橋ごみ焼却場について、説明会では「現在も焼却施設としての都市計画のまま」(議事録21頁)ということで  あった。だがこれに対しては疑義が出され、司会者(佐藤)から、市によく研究してもらいたいというまとめがされ   た。研究の結果は、先の答弁に間違いはなかったか。
  仄聞するところでは、二枚橋ごみ焼却場の廃止が行われ、新たな処理施設のためにはその都市計画決定が必要なことを  市は昨年9月に知ったということだが、そのような事実はないか。

 5.跡地の等積3分割に関し、焼却場の土地は小金井市として市域の4,200平米を提供したものではないという説明であ  った(議事録35頁)。それでは、各市が組合に拠出した金額はいくらであったか、同額であったか否かを示していた  だきたい。

 6.1ヘクタールを超す土地をもつ事業所が営業をやめているという情報について、状況をつかんでいないということで  あるが(議事録52頁)、二枚橋についての課題がクリアできない場合、その土地が取得できれば解決の可能性が出て  くる。それについて状況をつかもうとしないのはなぜか。

 7.議事録では、説明会における市民の発言者の氏名が伏せてある。しかし、
 (1)私人間の対話でなく、公開の場での発言は、その氏名を明らかにするのが当然である。ことに市議の発言につい
て事実の認識について食い違いのある場合、党派の信用にかかわる問題なのに、氏名を伏せるのはどういうわけか。
 (2)「市民」についても、特に氏名を伏せたいとの要望があれば格別、そうでない限り氏名を明らかにすることが、今
後とも会議のルールを無視し、司会者に対する無責任な非難を繰り返させないため必要と考えるが、この点につい
ての見解はどうか。
                                                  以上

5月に開催された説明会に対する申し入れ

この間の動きについて、このブログで久々に報告します。長い間更新ができませんでしたこと、お詫び申し上げます。

2010年5月13日に、小金井市は新ごみ処理施設を「二枚橋焼却場跡地」と決定したのち、5月13日に市民説明会を開催しました。
私たち住民は、これまでの説明会のあり方に疑問をもつ会員が多く、説明会の改善を要求しました。以下の申し入れは、個人の申し入れですが、賛同するところです。ご本人の了解を得ており、ご紹介します。


2010.5.13

ごみ処理施設担当部長  三上 順本 様
佐藤 昭夫

申入れ書(5月15日の「説明会」について)

(1) 議事進行について
 a.これまで3回の説明会で、市の「方針」は分かっているので、繰り返しで時間を無駄にしないこと(議論の前提とするなら、要点をA4の1枚にまとめて配布すればよい)。
 b.今回の開催案内ビラで、「説明会に参加された皆さんからは大変厳しいご意見を多くいただいた」というが、
ア その「ご意見」はどういうことで、
イ それにどう答えるのか
を書面にして配布すること(論議の繰り返しでなく、それを先に進めるために必要。これまでの説明会の議事録も用意してもらいたい)
 c.これまでの司会者は、次々に発言者を指名するだけで、問題は煮詰まらない。論点を拡散させるのでなく、1項目ずつ答弁と関連発言を集中し、その問題についてまとめを付けること(司会者は市職員だけでなく、住民からも共同司会者を出すこと。必要であれば私が担当する用意がある)。
 d.この申入れ書も参加者に配布すること(討議の効率化のため)
e.会終了後、その記録(討議内容・確認事項)を作成し、市民に配布すること

(2)返答を求める質問事項
 前回質問したのに返答のなかったことが多いので、今回改めて次の各項目について答弁を求める
1.二枚橋に「決定」したことについて
 a.50年も被害を与え続けていながら、今後もそれを続けさせるのは市民の平等に反する(沖縄の基地問題と同じ)。
ア それを敢えてするのは、正義に反すると思わないのか。
イ 思わないとすれば、その理由は何か
ウ 負担の公平を図るためには、場所の持ち回りが必要と考えないのか
エ 考えないとすれば、その理由
 b.武蔵野公園内も候補に挙がったが、付近住民の了解が得られないので外したという説明があった。付近住民の理解が得られないのは二枚橋も同じである。むしろこれまで50年も被害に堪えてきたということで、より強い理由がある。
 ア それなのに二枚橋に決定するというのは矛盾であり、差別ではないか
 イ 周辺住民の強い反対にかかわらず、二枚橋に決定したのは何故か
 ウ 反対があってもそれを推進するつもりか
 エ もしそうであるとすれば、その理由は何か
 c.二枚橋は最も不適地である(ア50年も被害を強いてきた。イ崖(ハケ)下の窪地なのに煙突の高さ制限がある。ウ付近に他市の保育園がある。ニ国分寺市と共同処理をするとすれば、同市から最も遠い場所である、など)という反対意見について。
ア その理由が合理的だとは思わないのか
イ 思わないとすればその理由

2.場所選定の「市民検討委員会答申」との関係について
d.市の二枚橋決定の理由について、
ア「委員会答申を尊重すると」というのが唯一の理由か
イ そうでないなら、どのような理由か
e.「答申を尊重する」ということの内容について
この点について私は前回、次のような意見を述べた。市として答申を尊重するということは、市が現在やっているように、住民にやみ雲にその結論だけを押し付ければよいということではなく、その経過、討議内容を住民に十分に知らせて、その合理性を検証可能にし、専門家を含む市民の科学的な検証・批判を仰ぐことが、市として真に答申を尊重し、合理的決定を可能にすることではないか。
ア この意見を正しいと思わないか
イ 思わないならその理由
f.答申内容を見直さないことの理由について
ア 答申は、十分な情報に基づかない瑕疵(傷)あるものだということが、当時の委員長に指摘されている。それなのに、見直さないのは何故か
イ 答申は、跡地全部が使用できるという前提だったのに、その前提は崩れている。それでも二枚橋に固執するのはなぜか

3.施設内容と場所との関係について
 a.処理施設はどのようなものか
 ア 施設内容は確定しているのか
 イ 確定しているなら、現在それが最善であるという保証がどこにあるのか
 ウ 確定していないなら、場所の選定は、施設内容に適したものとして決定されたのではないということか
 エ そのような選定を強行しようとする理由は何か
 オ 例えば蜂谷博さん(流通経済大学教授)のような方の研究成果を聞こうとしないのはなぜか
 カ 大型焼却炉の危険性(安全面、経費面)について、どのような認識を持っているのか
 キ 焼却炉の健康被害について、調査したことがあるのか
 ク あるならば、その調査方法、結果はどうであったか
 ケ 調査していないなら、それで強行しようとするのは、安全保持義務違反ではないか

4.跡地処分について
 a.跡地を3市で等面積に分割した理由はなにか
 b.それは、ゴミ処理場のために組合に提供した市の財産を減らす、不当な財産処分ではないのか

5.建設場所の「決定」について
 a.他市の了解なく、他市の土地の使用を「決定」することのできる根拠はどこにあるのか
 b.「場所の決定」ではなく「案」の決定ではないのか
 c.その「決定」は、変更できるのか、できないのか
 d.ごみ処理施設の「決定」が、都市計画法の手続によらず決定できると考えているのか
 e.そう考えているとしたら、その法的根拠は何か
 f.この「決定」は庁議でされたということだが、そこに参加した方の役職と氏名、及びその際の各人の意見を明らかにしていただきたい                                    
                                                以上

市の行政決定に対する抗議文を市長に提出しました


 二枚橋焼却場跡地を新ゴミ処理建設場所とする行政決定に抗議します
平成22年4月11日
小金井市東部の環境を良くする会
代表 小出廣志
                      
 小金井市は平成22年3月31日に二枚橋焼却場跡地を新ゴミ処理施設建設場所とする行政決定を行いました。この決定には条件として今後、1用地取得に不可欠な調布市、府中市の理解を得ていく、2周辺住民との信頼関係を構築することの2点が挙げられています。
 条件にあるように、周辺住民、跡地の所有者である調布市、府中市の理解を得ない、用地確保もできていない中での決定です。
 この決定は多くの市民と関係市に、誤解を与えるものであり、法的にもなにも意味をなさないものであります。一方的な決定をした小金井市に対し、断固抗議し、決定の取り消しを強く求めます。

1.行政決定の経過は、周辺住民を軽視しており、市民をバカにしています。小金井市による周辺住民との対話集会は今まで1回も開催されませんでしたので、周辺住民は全く納得していません。
突然3月に「新ゴミ処理施設建設場所決定に向けての説明会」が開催されましたが、市は、一方的に「二枚橋焼却場跡  地」の決定を宣言するだけで、参加者のほとんどが、小金井市の方針に反対の意見でした。「説明会」とは名ばかりで、 市の決定を一方的に通告する集会です。
開催された3回とも最後に参加者が「二枚橋焼却場建設に断固反対する決議」を読み上げ、圧倒的多数の賛同を得ました。
この様に説明会に参加した住民の民意は明確であるにも拘らず、市長は住民の意見を無視して行政決定を強行しましたが、この行為は民主主義を冒涜しているとしか考えられません。

2.当該地には調布市・府中市の所有地も含まれますが、府中市は小金井市への譲渡を正式には決定しておらず、調布市は反対を貫いておられると聞いています。このような状況で、自市の都合で勝手に他人の土地を利用するという行政決定は非常識の極みです。

従来から繰返し述べてきましたように、二枚橋は窪地にあり、調布飛行場の高度制限がありますので高い煙突が建てられません。この為、周辺住民は真横からの煙害を永年被ってきましたが、再度公害を受けることは負担の公平性の観点並びに健康上の問題から避けるべきです。まさに焼却場には不適地な場所です。市はまた問題を先送りし、場当り的な対応でこの場を乗り切ろうとしています。これではいけません。小金井市が悪くなるばかりです。
私たちはゴミの安定的処理をすすめるため、早期に本決定を取消し、実現可能な処理場所等を選定することを求めます。
                                                     
                                                     以上

3回の説明会の主な意見

<22年3月小金井市の説明会意見抜粋>

○二枚橋は窪地且つ調布飛行場があるため煙突の高度制限があり不適地である。
3回の説明会の主な意見を掲載します。


○半世紀に亘って被害を被ってきたこの場所に再度建設することは負担の公平性から見て絶対に行うべきではない。
健康・安全の観点からも行政が最初から除外するべきであったもの。ところが、市長はこれに対して何の努力もしていない。

○市は周辺住民との信頼関係を構築したいと言うが、周辺住民との対話は過去一度も行われていない。このような状態で突然の決定は住民無視も甚だしく、不信感が増すだけ。徹底的に反対せざるを得ない。

○二枚橋の近隣には府中市民が多数居住しているが今まで一回も説明を受けた事が無い。国分寺市に問合わせたところ、住民の承諾を得るとの条件があると返答があったが、府中市民の承諾は不要なのか?絶対に拒否する。(府中市の方)

○所有者が反対している他人の土地で勝手に決定するとは非常識の極みである。

○市長は二枚橋決定の理由を「市民検討委員会の答申を尊重する」のみしか言わないが、複数の元市民検討委員会のメンバー等からも下記クレ−ムがあった。

・市長が「二枚橋は交渉の余地がある」と言ったから答申したが、この発言は嘘であることが判った。再度検討するべきである。

・二枚橋の隣地に保育所が建築されることを市は隠匿した。この他にも市は必要な情報を開示せず、このような状況で出した答申には瑕疵がある。(元委員長)

・市は21年2月までに決定しないと大変な事になると委員会を追い詰め、20年6月にあわただしく決めさせられ不愉快である。期限に決められないばかりか今回は決定時期も未定ではもう白紙撤回しかない。
・「答申を尊重する」とは検証の上民意を問うことである。検証もせず説明責任も果たさないままの強行は行うべきではない。(弁護氏の方)

○(他市で広域支援ゴミを受け入れている方からも)説明会を聞いてこのまま二枚橋に決定されたら小金井市の民意が疑われ、他市から馬鹿にされる。
今まで被害を受けてきた場所に絶対建てるべきではない。
場所決定の検討を市民に委ねると地域エゴが出るので避ける必要がある。市長は基本的なことが判っていないのではないか。
プロフィール

koganeitobu

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ